借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

ノウハウ 返済経験談

車のために借金をしても大丈夫!今から挽回する方法

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

車のために借金を重ねる人がいますが、今からでも大丈夫!

体験談から学んでください。

車に魅せられた先輩の借金

私は、高校を卒業し、とある製造業に新卒で入社しました。

入社して配属された部署の先輩は、車が好きで、たまに遊びに連れ出してくれたり、免許を取って間もない私の助手席に座り運転を見てくれていたりしました。

しかし、先輩はあるときお金を一気に失うことになってしまいました。

ある日のこと、先輩は、私と同期で入った同僚に車を売る話を持ちかけ、そのとき乗っていた車を売りました。

欲しい車があるからそれを買うための足しにしたいということで、販売業者を仲介に入れ、そのとき乗っていた愛車を売却しました。

その車の代わりに購入したのは、いわゆるアンティークカーと呼ばれるようなもので、購入したときはとても楽しんで乗っておりました。

私も何回か助手席に乗せてもらい、夜のドライブに連れて行ってもらいました。

先輩は車のことになると、とても楽しそうに車について話しながら運転し、私の知らないところにも良く連れて行ってもらいました。

しかし、その車が先輩が借金を重ねる元となってしまいました。

先輩が車を調べたところ、事故車であるということが判明し、ところどころ壊れた箇所などがあり、販売業者に対して、損害賠償請求の訴訟を起こすと言って、弁護士費用などにお金が掛かることになりました。

それから先輩は少しずつおかしくなっていきました。

社内の私も含め数名の社員に借金をし、また、お金に対する執着も強くなっていきました。

そして、とうとう闇金にまで手を出し、会社にはひっきりなしに闇金からの電話が掛かってきたため、会社には自分が辞めたと説明するようにとお願いしていました。

何回か借金をしているときの彼とドライブに行く機会があり、状況について聞かされましたが、相手のバックにヤクザがいて、相手の条件を飲まないと裁判は行わないという姿勢で、ほぼ泣き寝入りするしかないようなことを言っておりました。
車に魅せられた先輩の借金02

先輩が借金をしてから、かなり太めだった体もだいぶ痩せて、顔もやつれておりました。

何か食べさせてくれといわれて家で食事を提供したこともありました。

その後、会社にも来なくなり、音信不通になり、同じ寮に住んでいたのですが、寮にいるのかいないのかもわからない状態になりました。

私たちの借金についても、返ってくるのかこないのかという不安も出てきました。

また、もともと借りていた駐車場から追い出されたらしく、別な駐車場に無断で停めていたらしく、ある日その無断駐車をされていた駐車場の持ち主が、レッカーで見覚えがある先輩の車を私たちが働いている会社まで引っ張ってきました。

私が借りている駐車場のオーナーで、たまにその先輩とも顔を合わせており、車もその先輩のことも知っていたため、無断駐車していたのが先輩だとわかったみたいで、何日も無断駐車されているから持ってきたということでした。

結局先輩はそれでも現れず、そのままその車は処分されることになりました。

その後、何日かして、先輩の上司の説得に応じ、今後のことについて話合うことになりました。

会社は、辞めることになり、両親が迎えに来て、私を含めてお金を貸していた人にたいして、返済の方針などを決め、両親が一括で返済するということに決まりました。

先輩の両親は、田舎でそれほど裕福な家系でもなかったのですが、私が貸していた金額の10数万円は全額戻ってきました。

他の人にも結構返したということでした、闇金に対してはどうしたのかは知る由もありませんが、周りの人については借金の返済をしておりました。

寮なので、部屋を明け渡す際には、かなり汚くなっていたため、業者に清掃を頼み、先輩の部屋をあけて、出て行くことになった当日、タバコを買いに行くと、両親に少しのお金をもらい、失踪してしまいました。

失踪した後、携帯電話に電話をかけてみたりもしたのですが、通じず、先輩の両親からも、一回彼から連絡はなかったかと電話があったきり連絡を取っておりません。

闇金業者に拉致されたのではないかという噂もありましたが、真実はいまだ闇の中です。

車好きで借金を負った飯尾さん(仮名)

飯尾さんは大学でも自動車部に在籍していた車好きで、週末になると峠に自分のドライビングテクニックを磨きに行っていました。

車は外装をカッコ良くするのにもお金がかかりますが、自分の納得できる走りの仕様にするのは、数段お金がかかります。

外装と違って走れば走るだけ消耗するものといったところも、お金がかかる原因でしょう。

車中心の生活をしていましたので、お給料のほとんどを車につぎ込み、食生活やおしゃれなどには目もくれず、普段はカップラーメンを食べながら頑張っていました。

車のパーツを買ったり改造するのにクレジットが使えないところも多く、現金を用意するために消費者金融などからも借金をしていました。

車のローンもありましたのでギリギリの生活を強いられる返済額でしたが、それでも飯尾さんは幸せでした。

ドライビングテクニックは申し分なかったのですが、何が起こるか分からないものです。

車保険はしっかり入っていましたが、車両保険に入っておく余裕はありません。

独り相撲で事故に遭った時は目も当てられません。

充分気をつけていました、とある真夜中の細い山道で、突然イノシシが出てきました。

回避できるような道幅もなく、そのまま飯尾さんはイノシシに突っ込みました。

イノシシの破壊力は、都会に住んでいる人にはわからないでしょうが、車は大破してしまうこともあります。

その衝撃で道脇の杉の木に衝突して、ようやく車は止まりました。

車は自走出来ないほどになってしまっていました。

これはいくら飯尾さんが車の運転が上手く、普段は慎重派であっても、避けることが出来なかったでしょう。

車はローンが終わっていませんし、事故で使える部品ほとんどないのですから、それまで掛けてきた部品のお金も全てが消えてしまいます。

借金だけが残るのです。

車のローンとショッピングローン、そして消費者金融からの借金で、ざっと350万円程度ありました。

職場への通勤には必ず車が必要です。

車は新たに買わなければなりません。

また借金が増えてしまいます。

飯尾さんはどうしたものかと悩みました。

しかし信用情報を傷つけてしまうと、今後自分のタイミングで車にお金を投じることが出来なくなってしまいます。

車好きで借金を負った飯尾さん(仮名)02

とりあえず飯尾さんは弁護士のところにいって、どのような方法があるのかだけでも確かめておこうと思いました。

提案されたのは、自己破産と任意整理でした

自己破産はその後で契約をすることが難しくなり、車の購入すらローンが組めなくなる可能性があるということで、「それはできないな」と感じました。

任意整理に関しては、もっともデメリットが少ない借金の解決方法ですが、完済するまでは新たな借金が作りにくいという面はあります。

完済してからは、数年経過のあと、信用が回復する可能性もあります。

任意整理は自由度の高い解決方法ですので、ある程度の方針を決定すれば、弁護士が代理人となって交渉を進め、債務者と債権者の主張の丁度いいところで話を納めてくれます。

飯尾さんは一度家に帰って、再度考えたようです。

兄が車を買い替えるといっていましたので、とりあえず古いほうの車を何とか譲ってもらい、通勤の足は確保する。

そして今ある借金を一度クリーンにして、今度は計画的にお金を投入する方向で再出発した方がいいのではないかと心に決めました。

しばらくは車とお別れですが、情熱は変わりません。

弁護士には返済金額が増えても良いので、短期で返済することを条件に金利面で交渉するという方向で話し合いを進めてほしいとお願いしました。

完済した後は、できる限り借金をせずに現金決済できるように生活を立て直したいという思いからです。

自動車のローンも一般的な物と比べて高めの金利でしたし、消費者金融も以前の高金利の時期もありました。

このような交渉は無理なものではありません。飯尾さんは今、懸命に短期で返済する方向で頑張っています。

車の借金で失敗した話について

今の時代は、車社会になっています。

特に都市部でなく、地方に暮らしていると手放せないものです。

地方では一人一台所有しているのが当たり前であったりする場所もあります

軽自動車では税金も安く、手軽なので若者や高齢者や主婦などが乗っているのを見かけるものです。

しかし、車は便利ですが、初期費用や維持費もかかります。

そういったことを心得て選ぶようにするといいでしょう。

車の借金で失敗した話について01
これは友人の話ですが、車を購入する際に借金をしてローンを組んで返済ができなくなってしまったというものです。

友人の陽子は大学を卒業して、民間企業に就職をした女性です。

彼女とは高校生の時のクラスメートで大学は地方に行ったものの、地元に戻って就職をしたのです。

もともとそれほど派手な生活を好まない彼女は車も軽自動車でしたが、アウトドアが好きで四駆の新車を購入したのです。

就職をして6か月したころのことです。

それまでは自宅にある親の所有の車に乗っていたのですが、どうしても四駆の車が欲しかったらしく、購入を決意したようです。

新車でしたから、諸費用なども含めて180万円くらいしたのですが、それは農協のマイカーローンで全額借金をしたのです。

当時、彼女の手取りの給料が14万円で毎月3万円ちょっとの返済額で5年間のローンになっていました。

自宅から通っていたし、それほど高額の返済にならないと思っていた彼女は気にせずに返済をしている状態でした。

しかし、社会人というのは何かと付き合いがあります。

飲み会もあるし、合コンもあるし、友達の結婚式もちらほらあり、毎月の収支では間に合わなくなりつつあったのです。

それに年頃の女性ですから、洋服やバッグ、時計なども欲しいものがあったのです。

毎月で不足する分は半年に一度のボーナスで補うようにしていたのです。

しかし、車を所有するというのは意外に予定外の出費もあって、税金はもちろんのこと、新規登録から3年で車検があったり、駐車場もほかで借りていたり、自動車保険の費用などもあったりしたので、月割にすると車

に6万円ほどの費用がかかっていたのです。

どうにも借金の返済がうまくいかなくなってきて、親に相談をしたところ、再び親の所有の車を借りることにして車の借金の残額は相殺をしてもらうことにして、購入から3年半でお気に入りの四駆を手放すことにした

のです。

ローンについては、若干買取業者からプラスでもらうことができたのですが、今までの3年半の期間の返済は何だったのだろうと考えさせられるような状態だったようです。

このように、人生における大きな買い物である自動車や住宅の借金というのは、慎重に考える必要があります。

最終的には金利などを考えると損をすることが多いのです。ですから、なるべく借金をしない形で自動車を購入できるのが一番でしょう。

しかしながら、それが難しい人もいるので、無理なく返済できる範囲で余裕を持って自動車を所有するようにしたほうがいいのです。

借金をして新車か、現金で中古車か

お金の使い方というのは人によって違うものです。

金銭感覚ともいえることでしょう。

物の価値観というのはそれぞれですし、それを人に押し付けるのもよくありません。

しかし、自分とは考え方が異なると感じることもよくあるものです。

私は贅沢をせずとも普通の生活をしていきたいタイプであり、それほど見栄を張りたいという感じでもありません。

借金をして新車か、現金で中古車か02
車の購入のことで感じたことがあったので、それを例に挙げてみようと思います。

私はなるべく借金をしたくないという考えです。

車も状態が良いということに越したことはないのですが、新車にこだわるわけではありません。

それに対して職場の同僚は借金をしてでも新車を購入したいと考えるようです。

そこに考え方の違いを感じるのです。

私が乗っているのは、ドイツ車の青のゴルフです。

ワゴンの形がよくて、2年落ちの車を半分くらいの価格で購入しました。

走行距離も2万キロ程度、まだまだ新車のようなにおいが漂うお気に入りの一台です。

初めに購入した時にはオークションで160万円くらいで購入したのです。

幸い特に問題もなく、ゴルフでは良く見られる窓落ちくらいのトラブルに留まっています。

私としては、安く購入できて、好きな車に乗ることができることで、とても満足です。

同僚もゴルフに乗っています。

ワゴンではないのですが、赤の新車で購入をしてもうすぐ初めての車検になるそうです。

新車で購入をしているので、ほとんど今のところではトラブルもなく、順調に乗っているようです。

赤いゴルフはとてもかわいく、彼女らしい雰囲気の車になります。

新車で購入をしているので300万円を超す金額を半分頭金を入れて、半分借金をしてローンを組んでいるということでした。

5年ローンなので毎月の支払いは3万円くらいになります。

もうすぐ3年なので、あと2年程度の残りのローンが残っているのです。

今比較をしてみても、同じ程度の年式の車でありながらも、お金の支払いが異なります。

そのあたりはそれぞれの感覚によることでしょう。

私の場合では、無理なく経済的な計画を立てて生活をしていきたいので、借金は基本的にはしないという主義です。

また中古車であっても状態のよい年式の新しいものを選び、それを大切に乗りたいと考えているのです。

二人のパターンを考えて見ても、それぞれが自分のやり方で満足をしているように見えます。

新車に乗りたいというように考える人はそのあたりは絶対に妥協できない部分でもあるのでしょう。

ですから、人のことはどうであれ、自分が考えるようにしていきたいものなのです。

しかしながら、借金を抱えるということは精神的にもプレッシャーがかかるものです。

先の計画もしっかりとしていないと返済できなくなる可能性もあるからなのです。

私の場合では、頭金になる程度の費用で購入できているので、返済をする必要もないのですが、返済が残っている場合には大変だろうと思ってしまいます。

ですから、自分の身の丈に合った生活をしていくのが一番なのです。

車のドレスアップの為に借金を重ねる

私の彼氏は、車のドレスアップにお金をつぎ込んでいます。

私も車をいじるのは好きな方なので、彼のお金の使い方が気にならないでいました。

自動車関係の工場勤務をしている正社員なので、ボーナスも多いほうです。

車のドレスアップの為に借金を重ねる02

しかし、まさか借金をしてまで車にお金を使っていたなんて知りませんでした。

彼は、どうしても欲しいパーツがあると我慢ができません。

数日間は悩みますが結局、購入してきます。

ボーナスも全て車に使う時もありました。

彼の借金に気がついたのは、そろそろ結婚を考えていこうと私が言ったことから始まりました。

彼の貯金額を聞こうとすると、貯金がなくて借金があるというのです。

もう、ビックリしてしまいました。

いつも外食に行ってもお金は二人で出し合っていたので、少しは二人の将来の為に貯金をしていると思っていたのです。

借金の金額を聞いて、またショックを受けました。

結婚式にもお金がかかるというのに、彼と結婚なんて考えられなくなってしまいました。

それでも、彼の車への執着は止まりませんでした。

人よりもかっこよく見せたいという気持ちでドレスアップを重ねて借金も増えていきました。

私がどんなに借金しないでと言っても聞く耳を持ってくれません。

このままではいけないと感じながらも、彼にも止められない様子でした。

しまいには、お前には関係ないなどと暴力的な言葉も言ってきてとても悲しくなりました。

そんなうちに、私の妊娠が発覚しました。

こんな借金している彼に妊娠のことを告げるのは、とても勇気がいりました。

もしかしたら、おろせと言われたらという不安がありました。

彼に、妊娠のことを告げると彼は驚きを隠せない様子で泣いて喜んでくれました。

それからの彼は変わりました。

今まで車のことしか考えていなかった彼ですが、あんなに大事にしていた愛車を売ったのです。

少しでもはやく借金を返して、二人とこれから生まれてくる子供の為にいろいろと考えてくれるようになったのです。

今まで以上に仕事にも精を出して頑張るようになりました。

早く返していくという目標ができたからです。

私も借金返済の足しになればと、若いころに買ったブランド物のバックなどを売りました。

あと、少しで完済します。

赤ちゃんが生まれてくる頃には、スッキリとした気持ちで迎えられそうです。

彼も、父親になるというきっかけがありこの借金から抜け出すことができました。

当時は、あれも欲しいこれも欲しいという気持ちの方が強くて借りてまでドレスアップをしていましたが今ではだいぶまるくなりました。

性格的にも良い方向へ変わってくれました。

いろんな事が起こって私もビックリしましたが、精神的にも辛い時も彼を見捨てることなく信じて良かったと実感しています。

今は、普段の買い物の時も冷静にお金がない時は買わないということが身につきました。

良い経験になりました。

無事に結婚もできて、これからもいろんな困難を乗り越えていきたいです。

マイカーローンという借金

一生のうちで現金では買い物ができないような大きな買い物をすることもあります。

例えば、マイホームのように高額になると一括で現金払いというのは難しいことでしょう。

ですから、ほとんどの人がお金を借りて住宅ローンを組んだりします。

その家庭に合った借金の仕方というのがあるので、生活スタイルに応じたローンを選ぶようにしていきます。

マイカーローンという借金02
銀行などでは変動金利などでかなり利率のよいこともあったりします。

しかし、変動というのはその時によかったとしても将来的には金利が上がる可能性も高く、危険性があります。

しかし、安定した収入があって繰り上げ返済をすることができたりすると、安い金利のうちに蓄えて一括で返済することができたりするのです。

住宅ローンのみならず、マイカーローンというものもあります。

マイカーローンは住宅ローンに比べて額は少なくなるのですが、やはり生活の中では高額のお金が動くものです。

車の購入にあたって借金をするというのもよくあることです。

以前中古車で車を購入する際に、とても状態のよくて年式も新しい四輪駆動車の検討したことがあります。

その時はバブルが崩壊してしばらく経過した時期であり、前のオーナーはその影響もあって車を手放すことにしたそうです。

会社員だった前のオーナーは仕事で残業も多く、毎日遅くまで仕事をしていたのですが、その分残業手当もたくさんついたそうです。

しかし、会社の業績などの関係もあって徐々に残業自体が減ってしまい、残業手当もつかなくなってしまったそうです。

残業手当なども含んだ給与はかなりよく、その時に選んだ三菱のパジェロはマイカーローンで購入をしていたのです。

給与自体が下がってしまい、ローンで購入した分の支払いができなくなってしまったためにこの車を手放したということでした。

こういったケースは良く見られることで、あてにしていた収入を得ることができなくなってしまったために車の借金を返済できなくなってしまったものなのです。

車の借金を返すことができなく、さらには維持をしていくことさえ難しくなってしまったというわけなのです。

できることならば、先に入ってくる収入をあてにするのではなく、今持っている現金を使って買い物をすることができれば一番いいでしょう。

これは何事においても同様のことがいえます。

クレジットカードで買い物をしたりする際には、すでに持っているお金から支払うという感覚で、支払いをする分をしっかりと確保しておきたいものなのです。

そうすれば、返済に困ることもないでしょう。

毎日の生活を送っていく中で、大きな買い物であればその場で支払うことがなかなかできないものです。

しかし、それをしっかりと計算をしながら返済することができるようにローンを組むなどをしていければいいでしょう。

借金というのは、いずれは返済をしなければならないものです。

しっかりと返済できるだけの借り入れをするようにしましょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-ノウハウ, 返済経験談