借金返済体験談

退職するために借金完済

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

先日、日本IBMの5人の元社員が会社に不当に解雇されたとした裁判に対して、地方裁判所が判決を下し、解雇は無効であるという判決が下されたという報道がありました。

そんなことがあったのかと、一般的には思われるかもしれませんが、私もこの会社に25年余り働いていましたので言いますと、実際にはその何百倍もの社員が会社を辞めさせられたと言ってもよいでしょう。

退職するために借金完済00

つまり、ゴキブリを1匹見つければ、本当は100匹いると考えたほうがよいというのと同じです。

私の場合は、この会社に入社後3年くらいで、2,000万円くらいの住宅ローンを組んでマンションを購入することになりましたから、若い頃は毎月借金返済をしていたということになります。

ですから、もしこの時期に会社を辞めざるを得なかったとしたら、苦しい状況に追い込まれたのではないかと思います。

でも、別の考え方をすれば、まだ若いうちであれば転職することができるとも言えます。

それに、住宅ローンの借金が残っているとすれば、まだ働かざるを得ないと言えるでしょう。

私の場合には、会社を辞める時には住宅ローンの返済を全て終えていましたので、お金の面では困ることはなかったと言えます。

まあ、ある程度の年齢まで会社に勤めていたならば、借金は返済し終えて、ある程度の貯金をしておかなければ、賢い生き方ではないと言えるかもしれません。

先に紹介した日本IBMの5人の元社員は、解雇は無効であるという判決が下されて勝利したわけですが、それで本当に経済的・精神的に恵まれた状態になるのか、それとも現実にはそれほど得をすることにはならないのか、詳しいところはまだわからないと言えるでしょう。

仮に、本当に経済的・精神的に恵まれた状態になるのだとすれば、それは良いことですが、その陰には何百倍もの社員が会社を辞めさせられていて、これらの人達には何の救済もないのだとするならば、不公正であるようにも思えます。すなわち、会社の言う事に従って辞めていった人はただ損をしただけで、会社の言う事に逆らって文句を言い続けた人だけが得をするというのは、正義という観点でどうなのかと思うわけです。

私の場合には、借金は全て返済し終えていたわけですが、まだ借金をかかえたまま会社を去っていかざるを得なかった人もいることでしょう。

そして、中高年ともなれば、今の日本社会では再就職することはかなり難しいと言えるでしょう。

もちろん、全ての企業がこのような不当解雇をやめるべきだと思いますが、このような判決が出たからといって、このような不当解雇が社会からなくなるのかと言えば、そうはならないのではないかという気がします。

つまり、立派な法律を定めたり、素晴らしい判決を下すというのは良いことなのですが、大切なのは本当にそのような立法や判決の趣旨が世の中で実践されるのかということです。

では、日本IBMという会社が何故このような不当解雇をするような会社に成り下がってしまったのかと考えますと、まず人事制度がまずかったと言えるのではないかと思います。

すなわち、きちんとした人事制度が整っていれば、このような不当解雇をするのが非人道的な行為であり、日本社会に認められるものではないということは判るはずです。

このようなちゃんとした人事制度がなかったために、ドイツからやってきたリストラで有名な社長の命令のまま、日本独自の判断をすることもなく、裁判に負けるようなロックアウト解雇のような愚行を犯してしまったわけなのです。

でも、これが世の中ですから、このような社会で生き残るためには、我々は借金をなるべく早く返済するようにするべきだと言えるでしょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.