借金返済体験談

辛かった借金生活から抜けだして

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

まもなく40歳になる男性です。ごく普通の中小企業の会社員で、10年前に結婚した妻と小学生の娘が一人いるという、傍目からは何の問題もない幸せそうな家族に見えるかもしれません。ですがつい最近まで、借金という闇を抱えた家庭だったのです。私は借金の怖さというものを身にしみて体験しました。もう二度とこのような思いはしたくありません。

 

d801a1e16cb25dd38bb63c0c52f14ca6_s

借金を初めてしたのは5年前の春でした。ネットの懸賞サイトで、ローンカードを発行すると高いポイントが貰えるという企画があり、どうせ使うことはないからポイント分だけ得をしようと思ってカードの発行を申請したのがすべての始まりでした。
結婚と同時に3LDKの新築マンションを購入したために、35年の長期ローンを抱え、家計は決して楽ではありませんでした。さらに妻は出産を機に会社を退職したので、収入はわたしの手取り25万円ほど。その中でやりくりをしなければならず、私のひと月の小遣いは1万円という少なさでした。それでも妻や娘のために文句ひとつ言わずに、欲しいものも我慢し、飲み会の誘いも断るなど、節約に努めていたのです。しかし、申請したことを忘れた頃、おもむろに自宅に届いたローン会社のカードが私の感覚を狂わせてしまいました。

 

d2b1900a91486177b62647d6168cbe4f_s

カードの借入可能額は「50万円」となっていました。つまりそのカードをATMで使えば、すぐに50万円までなら現金を引き出すことができるというのです。しかも返済額は毎月一律の「リボ払い」というシステムでした。多額の現金を借り入れしても、返済は月に8,000円で済みます。これは魅力的でした。
しかし、その当時はまだ借金に関する後ろめたさや恐怖心もあり、「試しにやってみるだけだから」と1万円だけを借り入れてみることにしました。そのカードではインターネット上でも手続きができましたので、必要事項を打ちこむだけであっという間に銀行口座の残高が1万円増えたのです。これは衝撃でした。

毎日我慢に我慢を重ねて、節約生活を数ヶ月重ねてようやくの思い出貯金できた1万円が、本当に、何の苦労もなく、一瞬で「手に入る」という事実。もちろん借金なので、自分のお金ではないことは理解できたのですが、それでも残高の数字が増えたという高揚感は凄まじく、そのお金を使って今まで我慢していた服をネット通販で購入してしまったのです。

 

7adf72305a0fc4b3ca5bab1d2a7c969c_s快感でした。お金を使うことがこんなに気持ちの良いことだとは知らなかった私は、気づけば少しずつ残高をカードによって「増やし」ていき、自分の好きなことに使うようになっていったのです。 暫くの間は月に支払う額はずっと8,000円の一定額でしたが、ある時を境に請求額が急に増えて驚きました。

よく確認しなかったので知らなかったのですが、借り入れ額が一定以上になるとリボ払いの額も段階的に引き上げられるというシステムだったのです。しかし驚いたのは一瞬で、どうせ返せる額だからいいやと気にも留めなかったのが悔やまれます。一度お金を使う快感を覚えた脳は、既に判断能力が失われていたのかもしれません。
その後も借金はエスカレートし、ついには限度額の上限に達してしまいました。

 

52c83e9b40b042afc7f59b6cd6f4075b_s

その時で既にリボ払いの額は月の小遣い額を超え、返すために借りるという負のスパイラル。考えることは常にお金のこと。仕事も疎かになり失敗を繰り返し、家ではイライラし怒鳴り散らすようになってしまいました。
そんな私の異変に気づいたのが妻でした。これ以上迷惑をかけられないと思い、とても勇気が必要だったのですが思い切って告白しました。妻は黙って聞いていたのですが、その後本当に反省しているの?という言葉をかけてくれたのです。私は涙を流しながら頷きました。妻は自分が会社員時代に蓄えていた自分の貯蓄を使って私の借金を肩代わりしてくれました。ただしその条件は、今後一切のカードローンを使わないこと、家族サービスを第一に考えることでした。

 

59b7e7ad7d13241cd295dfe3846a1e81_s今は心の底から反省しています。ようやく心の平穏を取り戻せましたが、失った信用は大きいと思います。これから信頼を回復できるように、一切の借金の誘惑をキッパリ切り捨てられるように努力したいです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.