借金返済体験談

欲しいものを欲しいだけの生活で借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

今は30代後半に入ったところですが、結婚をする前の20代半ばくらいのころのことが懐かしく思い出されます。

私の生活の立て直しができたのも、夫と結婚をしてからになります。

今は主婦業の傍らで、パートに出て家計を助けています。

ちょうど12年ほど前のことです。

大学を卒業してから就職して間もないころのことですが、正社員として働いてはいたのですが、

東京での一人暮らしで誰にも頼ることができずに販売の仕事をしている収入で生活をしていました。

景気が良い時代の人間でもないのですが、大学生の頃の習慣が抜けずに欲しいものを欲しいだけ手に入れるのが当たり前でした。

食費などにそれほどお金をかけるわけではなかったのですが、私が興味を持つことというと、ファッションでした。

仕事も本当はファッション関係につきたかったのですが、うまくはいかずに食品関係の仕事だったのです。

 

欲しいものを欲しいだけの生活で借金00毎月の収入も額面では16万円くらいでしたが、実際に手元にくる手取り額は12万円くらいだったのです。

その中で家賃や光熱費、交際費、食費などの生活に必要な費用を賄いながら、

おしゃれにもお金をかけようと欲しいものを買っていた状態です。

大学生のころでは親からの仕送りがあったり、足りない分はアルバイトでお小遣いを稼いで購入することができていたのです。

しかし、社会人になってしまうと仕送りもなく、親にも言えませんでした。

それでも最新の流行りの洋服やブランド物のバッグや時計なども欲しいと思って、購入していたのです。

もちろん、毎月の手取り額やわずかなボーナスでは生活を成立されることが難しく、

結局クレジットカードなどで買い物をしてその支払を先延ばしにしたり、

カードでできた借金の返済をさらにほかのカードのキャッシングなどであてていたのです。

 

8e26b7542c284553b7d8dceb55779c81_s社会人2年目のことでした。

学生の時につくったクレジットカードで買い物をし続けた分の支払いがうまくまわらなくなってしまい、

キャッシングで一時的に返済をしても間に合わなくなってきてしまったのです。

確かにクレジットカードというのはとても便利で、お金がなくても欲しいものが手に入ります。

そのころは今ほどクレジットカードが普及していなかったのですが、

私が当時所有していたカードは3枚で、結果的には当時で100万円近い借金を抱えてしまったのです。

 

主婦になって、夫と子供がいる状態の生活の今でこそ、100万円というのはそれほど大きな金額ではないのですが、

当時ではどうにもならないほどの借金を抱えてしまったという感覚だったのです。

クレジットカード会社からの督促が電話や封書できたりして、本当にその時は困惑しました。

 

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

同時に今の夫と知り合ったタイミングであって、市役所に勤務する公務員である夫は堅実な人でした。

夫にふさわしい人間にならなければならないと感じるようになった私は彼には内緒で弁護士に相談をしました。

行政の無料相談を利用して、その借金についてのアドバイスを受けました。

後にも先にもその時だけだったのですが、100万円のすべてをすぐに返済できるわけでなかったので、

半分の50万円を実家の母に相談をして用立ててもらい、半分を自力で返済しようと決意したのです。

 

9bcff3a858b4d61ba5c5cce29d8fa286_s
その後の生活は節約をする毎日でした。

しかし、彼も堅実で節約派であったので、借金については話をしていなかったのですが、

デートは外食をせずに自宅で自炊をしたり、公共の無料の施設を外出先にしたり、

地味でありながらも幸せを感じる毎日を過ごすことができました。

そして1年後、残りの50万円も完済することができたのです。

親にも家庭が出来てから、少しずつパートの稼ぎで返済をして、完済しました。

今はもう借金はしたくありません

毎日の生活でつつましくても幸せに生きていけることを学びました。

浪費癖は人生を狂わせるものだと思いました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.