必要な知識

副業で借金をかえす方法を改めて考えてみる。

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

何かいい仕事ないかなぁ。

給料がいい仕事、

空いた時間でできる仕事、

あぁ、お金が足りない。

 

そんなことを呟いているあなた。

副業をしようか悩んでいますね。

 

今の収入じゃ足りない。

もう少し余裕のある生活がしたい。

借金の返済に充てたい。

副業を始める理由は人それぞれです。

 

この記事では、

まずはじめに、

副業にまつわることを

おさらいします。

 

次に、

副業の選び方と注意点を

体験談も踏まえて

ご紹介します。

 

最終的に

これを読んだあなたが

副業で借金が返せるかどうか

きちんと答えが出せるよう

お手伝いいたします。

 

副業とは

では、はじめに

副業にまつわることから

お話ししましょう。

 

副業とは、本業以外の仕事

収入を得ることです。

本業の空いた時間をお金に変える。

ということですね。

 

サイドビジネスが本業になった!

副業で借金が完済できた!

なんて羨ましい話も

耳にしますよね。

 

副業といわれることから、

これを考えている人は、

本業があるわけですから、

どこかの会社に勤めている方が

多くいることでしょう。

 

あなたもどこかの会社に

勤めているのでしょうか。

 

しかし、

残念ながら日本国内における、

多くの民間企業副業を

 

禁止しています。

 

 

 

副業がダメな国、日本。

なんでだよぉ~!

 

いやはや。

ほんとに、なんでですかね。

 

会社の言うことを

きちんと守ってくれれば、

あなたの生活を

会社がすべて保障します。

という、

終身雇用制度を名残が

まだ残っているのでしょうか。

 

ウソだ!

終身雇用なんていつの時代だ!

保障なんてしてくれるものか!

なんてツッコミたくなる方も

いらっしゃいますよね。

 

会社側としては、

競合関係の可能性、

企業の信用が失うなど、

様々なリスクを考慮していることが

副業を禁止されている要因でしょう。

 

その割には、

サービス残業や飲み会、

意味不明な企業文化に、

従わなければならないのは

おかしい話ですよね。

 

実はこれ、

企業文化での話であって、

労働基準法には、

他の会社との雇用契約を結ぶこと、

自営業を兼業することなど、

副業に関した規制は、

一切書かれていません。

つまり、

副業は禁止されていないのです。

 

 

 

マジで!?

はい、マジです。

 

そもそも、

勤務時間外の副業は、

友人と食事に行く、

資格試験を勉強するなどの、

個人のプライベートな時間と

何ら変わりがないはずなのです。

 

最近では、

働き方改革などで、

副業への足枷も、

軽くなってきていますが、

まだまだ会社側も、

もちろん雇用者側も、

副業=ダメなこと

と感じてしまう人が

少なくありません。

 

一方の海外では

副業はごく当たり前です。

 

ここではアメリカを例に挙げます。

アメリカは良くも悪くも、

「個人主義」

「自由主義」です。

同調圧力が強い日本とは

対照的ですね。

 

副業の人口割合にも当てはまります。

アメリカでは、

人口の1/3の割合の人が

副業をしています。

 

インターネットビジネスは

当たり前ですが、

手話通訳、

ソフトウェア開発、

オンライン・コミュニティ管理が

特に時給が良いそうです。

 

恐らくこれは

アメリカ人の自立心の強さ

あるのかもしれませんね。

 

「会社に頼らない自立心」

「副業への寛容的な姿勢」

そんな良いところは

積極的に見習った方が、

経済的にも人間的にも

良い影響が出るのではないか

考えてしまいます。

 

 

副業の選び方と注意点

さて、いざ副業を始めるにしても

いくつかの課題や注意点があります。

 

会社にバレないようにしたいなぁ。

あんまり無理せず働きたいんだけど。

なんて要望もあることでしょう。

 

それではいくつかの副業と

それにまつわる体験談をご紹介します。

あなたの現状と合わせて

考えてみてください。

 

アルバイト

副業と言えば、

真っ先に浮かんでくるのが、

アルバイトではないでしょうか。

 

アルバイトの中でも、

シフトによる定期で働くアルバイト

一日で終わる単発のアルバイト

があります。

 

それぞれの

メリットとデメリットも

併せてみていきましょう。

 

①定期アルバイト

 

<メリット>

最大の魅力は

安定した収入

見込めることです。

また、交友関係や

知見も広がるため、

本業への思わぬヒント

手に入れる可能性も

少なくありません。

 

<デメリット>

長期間、働くことで

責任がつくようになります

本業と副業に挟まれる状態に

なることもあります。

また、

給与が就労収入にあたるため、

会社側にバレやすいことが

あげられます。

②短期(日雇い)アルバイト

 

<メリット>

無理なく働くことができるので、

精神的負担は軽く済みます

給与は即日貰える場合が多いので

利用しやすい副業だと言えます。

また、収入においても

雑収入にあたるため、

会社にバレにくい点も

メリットと言えます。

 

<デメリット>

単発のアルバイトのため、

計画性、安定性に欠けます。

また、肉体労働が多いので、

本業に差し支えのないよう

肉体疲労には注意が必要です。

 

会社に内緒で副業をした結果。

私は現在30歳。

普通のサラリーマンです。

副業で日雇いのバイトをしていました。

 

恥ずかしい話ですが、

少し借金をしていまして、

その返済のためにと考えました。

 

勤めている会社は

副業は禁止されいました。

副業をしている同僚に、

詳しく聞いてみると、

 

副業禁止は名目だけで、

ちゃんと仕事していれば、

特に罰則はないと思うよ。

 

と言っていたのを聞いて、

さっそく始めました。

 

空いた休日に、

仕分けのバイトなどをしました。

月に5万円ほどの収入になりました。

借金の返済もはかどり、

私は喜んでいました。

 

しかし、数か月後、

副業がバレてしまい、

上司から呼び出されました。

 

私は謝罪し、

借金のことも話しました。

 

上司が掛け合ってくれたおかげで、

免職という最悪の事態は

まぬがれましたが、

減給処分を受けました

 

あれ以来、

上司には頭が上がりません。

 

アルバイトをやってみて気付いたたこと

23歳の会社員です。

僕も副業をしていたことがあります。

当時は生活に不安があったので、

副業をしたいと思っていました。

 

副業が可能かどうか会社に

確認をとってみると、

業務に支障がないなら問題ない。

と言われたので、

帰宅途中の飲食店で

アルバイトを始めました。

 

週末と水曜日でシフトを組み、

職場も良い感じだったので、

楽しく働いていました。

月に6万円ぐらい稼げました。

 

新しい友人も増えて、

会社と違う意味で

楽しかったです。

でも、本業が忙しくなり、

バイトを休みがちになりました。

 

僕が休むと、

他の誰かが出勤をしたり、

勤務時間を変更したり、

迷惑をかけることになります。

 

仲は良かったのですし、

僕も責任感はありました。

 

でも、

やはり僕にとっては副業で、

みんなにとっては本業です。

僕は本業を優先します。

次第にみんなと溝を

感じるようになりました。

 

僕はこれ以上迷惑を

かけられないと思い、

飲食店をやめることにしました。

 

長期アルバイトの副業もいいですが、

どこかで割り切りが必要なんだ

あの時に感じました。

 

内職と在宅ワーク

アルバイトと違って、

自宅にいながら仕事ができる

魅力的な仕事もあります。

代表的なものとして、

①内職

②在宅ワーク

があります。

 

①内職

 

<メリット>

簡単な単純作業が多いです。

・箱の組み立て

・シール貼り

・袋詰め

など誰でも行えり

敷居の低さが魅力です。

 

<デメリット>

報酬が納品数(完成した数)に

左右されることが多く、

作業が遅ければ、

稼ぎが低くなります。

元々高い報酬ではないので、

稼ぎにくい副業と言えます。

また、黙々と続ける、

単純作業なため、

飽きやすい方には

おすすめしません

 

②在宅ワーク

 

<メリット>

インターネットを使うことで、

大きな収入を得られる

可能性があります。

また、手段や方法も

多岐にわたります。

代表的なものとして、

・アフィリエイト

・クラウドソーシング

・投資

・創作

・転売

などがあげられます。

 

<デメリット>

即効性に欠けるものが多く、

長い時間をかけて基礎を作り

後から収入がついてくる

という性質を持ちます。

また、選択肢によっては、

相応のリスクを負うことも

覚悟しなければいけません。

少なくとも、

今すぐにお金が必要な方には

向いていない副業です。

 

内職をやってみて

私は35歳主婦です。

普段はパートに出ています。

家の収入を増やすため、

ハローワークから

空いている時間で

出来そうな内職をはじめました。

 

私が行った仕事は

付属品を袋に入れいく作業でした。

本当にカンタンです。

ただ、

片手間にできるとはいえ、

やっぱりまとまった時間に

集中して行うほうが

作業が捗ります。

 

報酬は時間給ではなく、

成果報酬なので、

収入を上げるためには

スピードが必要だったのです。

 

私は家事とパートの片手間で

内職をしていたので

稼ぎとしては微々たるものでした。

 

その内、

お金と時間が

つり合わなくなり、

内職はやめました。

 

クラウドソーシングで詐欺に

私は29歳で事務仕事をしています。

ネットで副業をしていました。

 

クラウドソーシングと言われる、

ネット上で仕事を受注する仕事です。

アルバイトよりだんぜん楽でした。

 

ある日、

私は写真の加工の仕事を

引き受けました。

簡単な加工で報酬もそれなり。

おいしい仕事でした。

比較的スムーズに仕事は終わりました。

しかし、

この依頼者とは電話でやり取りし、

個人での直接やり取りの上で

引き受けた仕事だったのです。

いわば、口だけの契約。

 

仕事を終えて、納品した後、

いつまでたっても、

お金が振り込まれません。

一体どういうことなのか、

いろいろ調べました。

 

そうです、

私はまんまと騙されたということです。

契約は何も残ってないので、

逃げられてお終いです。

今後は気を付けようと思います。

 

 

 

インターネットビジネスの注意点

今日では在宅ワークといえば、

インターネットビジネスが

イメージに根付きました。

 

ネット環境があれば

個人の力量によって

稼げる可能性があります。

逆を言えば、

力のない人には向きません。

 

例えば、

アフィリエイトにおいては

サイトを運営する会社も

参加しているため、

個人が組織と戦うことになりますので、

非常に集客が難しいです。

 

また、

転売は商品が多くても、

人間を相手にする仕事なので、

商才も必要になってきます。

 

現在2018年では、

情報過多による飽和状態により、

インターネットビジネスの

敷居が高くなっています。

 

情報の質や

提供者の信頼性なども

厳しく見られる傾向になり、

ますます個人で稼ぐことが

難しくなってきています。

 

分かりやすい例として

ユーチューバーがあげられます。

あまりに過激な動画が乱立したため、

YouTube内の規定が厳しくなりました。

それにより、

広告収入などの敷居が高くなり、

一定の水準に満たないユーチューバー達は

大きな損害を受けました。

引退を余儀なくされた人

少なくありません。

 

 

このように、

誰でも参加できるイメージがあった

インターネットビジネスですが、

実際は弱肉強食の世界なのです。

素人にお勧めできる

副業ではありません。

 

その中でも特に

素人が手をだしてはいけない

危険なインターネットビジネスがあります。

 

 

 

 

株式投資です。

株式投資やFXは

他のインターネットビジネスとは違い、

人に勝つか負けるかという

側面はありません。

 

結果は自分次第だと

考えにいきついてしまいます。

ブログ収入やアフィリエイトより、

短期間で稼げることから、

素人が手を出しやすいです。

 

しかし、

投資で儲けることも

簡単ではありません。

 

大きな損失を被ってしまい、

生活費まで手を出し、

最終的には消費者金融から、

借金を背負ったというパターンは

本当に多くあります。

 

負けを取り戻すために、

奮闘するもかえって

借金を増やしてしまうという

ギャンブル依存症と

全く同様のパターンに

陥ってしまう人も

少なくありません。

 

そもそも、

ハイリスクで

利益を狙うこと自体は

ギャンブルのそれと

全く変わりありません。

 

こうなってしまうのは、

何の予備知識や予行練習を

行っていない方に多く見られます。

生活が破たんしたのは

本人の自己責任としか言えません。

 

実際にあった事件

2014年、20代銀行員が、

1億5500万円を

FXや株式オプションで

全額溶かしてしまった

という事件がありました。

 

自分に出資してくれたら

資産を増やす。

 

と、企業経営者ら3人に

個人と法人名義に出資するよう

持ち掛けたそうです。

 

素人が投資に成功するはずもなく

残ったのはわずか2000万円でした。

 

このようなことは

金融商品取引法に

抵触する違法行為ですが、

 

如何にも胡散臭い交渉に乗った

企業系者らも大概です。

 

出資されたうちの

1億5500万円の大半は

株式投資に溶かしてしまい、

プレッシャーに耐えかねた彼は、

自ら命を絶ってしまいました。

 

銀行員に連絡が取れなくなったことで

発覚した事件でした。

 

銀行においての就業規則では

業務外で現金を集める、

FX取り引きをすることは

禁止されており、

懲戒解雇処分に相当します。

 

就業規則はともかくとして、

会社経営者らから集めた現金を

私的に運用すること自体は

関心ができません。

 

銀行名は伏せていますが、

この事件が発覚したのを期に、

広報側は

再発防止に向けて行院教育を徹底したい。

とコメントしました。

 

私的目的で運用された

1億5500万円があっという間に

消えてしまったことは、

過去に事件のあった銀行に

さらに追い打ちをかける結果に

なってしまいました。

 

素人判断で

株式投資してはいけないこと

再確認させる事件でした。

 

副業で借金が倍増

28歳会社員です。

ある時インターネットの掲示板で

「FXで儲かったンゴ」という

スレッドを発見しました。

 

そこには見たこともない

残高の通帳写真がありました。

「マジか、こんな儲け方があるのか。」

と、鵜呑みにしてしまい、

興味がわいた僕は

FXについて調べました。

 

全財産1万円だった俺が1億円儲けた

もう一生遊んで暮らしていける!

など、羨ましい話がたくさんありました。

 

そのあと、僕は、

おすすめと紹介されている

FXの口座を開設したことが

今回の借金の始まりでした。

 

最初は少額でやっていました。

時に儲かり、時に負け。

負けても少額。

勝っても少額。

 

いつしか僕は、

これじゃやってる意味がない。

と思い始めました。

 

そして、僕は勝負にでたわけです。

レバレッジを使いました。

レバレッジを使うと、

手持ちが1万円しかなくても

10万円を動かしたりできます。

 

手持ちの何倍もの金額を使いました。

そして僕は一瞬で…

ほんとにあっという間に

どん底につき落とされました。

え…うそ。

夢…だよな。

は?金が…なくなった?

 

しばらく呆然としました。

一瞬で借金状態になったのです。

 

意識を取り戻した僕は、

借金を返そうと焦って、

消費者金融からお金を借りて

投資額を増やしていきました。

 

かくして、

典型的な投資の失敗パターンに

踏み込んでしまったわけなのです

 

債務額は合計300万円、

三社から借りていて、

多重債務者となったわけです。

何でこんなことに!

俺の金!俺の金!

 

夢でもなんでもなく、

現実に起きてしまったことです。

生きている気がしないまま、

しばらく過ごしていました。

 

しかし、

何とかして返さないといけません。

僕はもうネットには懲りて、

真面目に働いて返そうと決めました。

 

ガスや水道は止められ、

督促の書類がポストの中に入ったり、

その生活は地獄以外の

何物でもありませんでした。

 

少しでも早く完済するため、

会社の仕事に加え、

スーパーのアルバイトを

始めました。

 

食費は一日一食。

飢えと戦って、

睡眠時間も削って、

借金の完済を

目指していました。

 

そんな無茶苦茶な

生活をしていた僕は、

ある日、仕事中に

意識を失い倒れてしまいした。

 

気づいた時には、

病院のベッドの上でした。

栄養失調と過労

精神疾患の疑いもありました。

 

入院中は医療費がかかり、

借金は増えていく一方

さらに収入は減っている。

もうどうしたらいいのか

わからなくなって、

夜中に一人で泣いたこともありました。

 

返済が滞るどころか、

余計に借金を作ってしまう

結果になったのです。

 

退院後、

督促状が届いてしまったのを期に

yahoo知恵袋で意見を募集して

解決を探していたところ、

 

あなたはもう自力では

再起が不可能です

ネットの法律相談所などを

利用してみてはいかがですか。

 

というような書き込みがありました。

 

後がない僕は、

法律相談所に無料相談、

弁護士さんとの相談の結果、

任意整理を依頼しました。

 

借金を80万円に減らしてもらい、

10%以上あった金利も0になりました。

 

改めて自分が作った借金が

恐ろしく感じました。

 

その後、

今度こそ真面目に働いて、

8か月後に完済することができました。

今では以前と同様の生活を取り戻しています。

 

しかし借金を返済するために

一生分の力を使い果たしたました。

本当に心身ともに疲労が来てしまったので、

しばらくは会社を休みました。

 

ある時、

FXに関連する動画が目に入り、

生活費は使わずに1万円だけ、

というルールが紹介されていました。

 

結局、勢いだけで

レバレッジを使ったことが

最大の原因でした。

 

というより、

ハイリスクハイリターンを

狙っていたなんて

ただのギャンブルと同じだと

気づきました。

 

僕の人生は何とか繋がりましたが、

あと一歩間違っていたら、

僕はここにいなかったでしょう。

 

失敗から学ぶべきこと

投資の典型的な失敗は

負けを取り戻そうとする

負のスパイラルに

陥ってしまうことです。

 

簡単に言いますと、

FXなどの投資で、

負けてしまう多くの場合は

損失を取り戻そうとするあまり、

投資の勢いが増してしまうという

単純な理屈です。

 

本来なら

勝率に関わらず、

投資額を減らしていくこと

当たり前ですが、

 

初心者の場合は

精神的に弱いため、

負けたら投資額を

増やすという逆のパターン

走ってしまいます。

 

ルールを決めずに、

高い投資額で

大きな見返りを求めることは

ギャンブルと変わりません。

 

体験者のように

生活費に手を出したり、

借金をしてでも

損失した分を取り戻そうとして、

破滅を辿る人がたくさんいます。

 

その後、

ネットに懲りた体験者は

アルバイトで借金を返そうとします。

ここまでは間違ってはなく、

まっとうな返済の仕方でしょう。

 

しかし、

返済を急くあまり、

無茶な働き方をしたため、

身体を壊してしまい

再び彼の借金は増えてしまいます。

 

アルバイトは時間給のため、

働けば働くほど収入が増えます。

しかし、

それは健康あっての話です。

借金返済のために

身体を酷使して働いた先には

再び、借金が待ち構えていること

忘れないようにしましょう。

 

 

借金を返済するために副業をするなら

借金を返済するなら、

副業で返済する方法より、

自己責任として腹を括って

法律相談所に無料相談をしましょう。

 

ほとんどの方はこの時点で

多額の借金を背負っているため、

債務整理を前提とした返済方法

考えることをお勧めします。

 

もし株式投資やFXに手をだしてしまい、

さらに借金が増えてしまったら、

株式投資はいわば

"射幸行為"として、

転売の失敗で作った借金は

"浪費"として扱わるため、

『免責不許可事由』に引っかかり、

自己破産ができません。

これは覚えておきましょう。

 

 

後書き

副業というのは

成功すれば

莫大な利益を

生むことができます。

 

借金を一括で返済できる。

家や自動車も一括で購入できる。

そんなことも夢ではありません。

 

しかし、

副業として紹介される

多くのインターネットビジネスは

すでに飽和状態です。

 

今までずっと積み上げてきた

世界中の強者たちが

しのぎを削っている市場です。

そんな場所で素人が勝てる可能性は

非常に低いと感じます。

 

それでも

副業に挑戦したい!

という勇気のある方がいれば

私は応援しています。

 

反対に、

俺は無難な副業でいいから

アルバイトで十分だよ。

って考えている方もいるでしょう。

 

でも会社が副業禁止だとしたら?

副業で借金を返そうとしても

副業が禁止されていたら、

打つ手がありません。

 

副業もダメ。

借金もなかなか返せない。

そうなったら、

法律事務所に相談しましょう。

弁護士さんが力になってくれます。

手っ取り早く借金が解決できます。

 

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-必要な知識
-