借金返済に必要な知識

詐欺に遭って借金を背負った場合にどうする?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

世の中には借金絡みで詐欺に遭う人が多数います。そのための警告文としてここに記しておきます。

実際に詐欺にかかってしまった人の体験談

とある30代女性(以下T氏)の会社員の体験談では、教材購入という胡散臭いものにローンを組み込んだことから、ファッションやエステなどの女性特有の理由で浪費してしまったことで借金を抱えてしまいました。

T氏は20代だったこともあり、浪費癖も酷かったそうですが、前述の理由でおまとめローンをしたところ、仲介手数料を請求される、債務ができないといいながら別の消費者金融に誘導するという、サラ金詐欺に遭ってしまったそうです。

その後も返済しようとして奮闘した結果、返って首が回らなくなり、両親に迷惑をかけてしまったそうです。

またある男性(以下N氏)は、20代の頃にアルバイトで稼いで生活をしていた貧乏生活を送っていたそうです。ある時、N氏は知人から儲け話を持ち出され、「M社」が税金対策のために名義貸しの協力を求め、借金の10%を負担してくれたそうです。

しかし、「M社」の社長が逮捕された際に被害者説明会に呼び出され、そこで詐欺会社と判明し、契約は口約束だったため証明する書類がなく借金を背負う破目になりました。

後に190万円を返済するために高収入の仕事の面接に落ち、自転車操業で返済を繰り返していくうちに270万円に膨れ上がり、自己破産でどうにかなったそうです。

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

借金がらみの詐欺

「実際に詐欺にかかってしまった人の体験談」で話した通り、消費者金融を装った手口の詐欺で儲けようとする悪質業者は、高金利で貸し付ける闇金業者よりもかなり立ちが悪いです。

例えばおまとめローンの際に手数料を支払わせたり、様々な理由で金銭を振り込ませた挙句一方的に「信用できない」と告げてだまし取ったり、アルバイトで一方的に借金を背負わさせてりと、悪質極まりない手口で儲けようと企みます。

そしてそれ以外にも、サクラサイト(悪質な出会い系サイト)、競馬やパチンコなどの必勝法や予想といった胡散臭い攻略法、オレオレ詐欺(これに引っかかる人はごく少数だと思われる)など、明らかに分かり易すぎる内容で、多額の借金を背負って身動きが取れなくなるというケースもあります。

おいしい話には裏がある、これを教訓にしましょう。

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

もし詐欺に遭ってしまったら

この手の詐欺は書類上の契約ではなく口約束が多く、ボイスレコーダーがない限り証拠を掴めることは不可能ですが、詐欺被害に遭った人は流石に使っている人はごくわずかです。

一応警察は被害届を受理してくれますが、如何せん証拠が少なすぎるし、相手は裏に潜んでいるため逮捕できるとは限りません。例え逮捕されたところで加害者が返済能力がない場合、現金の奪還は諦めるしかありません。

もし借金で苦しいのであれば、法律相談所で弁護士に相談し、債務整理をして借金を軽減するなり、無理であれば自己破産して一からやり直しましょう。その後は悪質業者の情報を流して注意を呼び掛けておきましょう。

f9bf40ee672bf861d356d0459dca978f_s

詐欺踏み倒し 詐欺罪

自己破産すると借金を帳消しにできることをいいことに、次々とお金を借りて大儲けしようとするやり方ですが、普通の人は督促の電話や書類で精神的にダメージを負います。しかしこういう人種は性格上全く動じることがない悪い意味で精神が強い人です。

返済意思のない借金は立派な詐欺ですが、刑事事件にはならないため警察に捕まることのない、債務者の思うつぼです。消費者金融が被害者になってしまうという逆のパターンもあるため、ここに関してはかなり複雑です。

しかし自己破産を利用して踏み倒すのはあまりにも効率が悪い過ぎる(5~10年はブラックリストに入ってしまう)し、人間としてもどうかと思います。普通に社畜として働くなり、副業で稼いだ方が軍資金が溜まるのではないでしょうか。

後書き

明らかに悪臭がする内容でも片足を突っ込む人もいれば、普通の人は気づくことがない内容で搾取しようとする詐欺内容もありますが、一方で知識不足や心の弱みを利用して相手に漬け込もうとすることが手口の人がいます。自分の安全は自分しか守れません。情報収集をするなどで対処しましょう。

あと、借金を踏み倒す行為は道徳的にも効率的にもかなり悪いのでやめておきましょう。

⇒詐欺でも借金で困ったらここに念のため相談しましょう

 

詐欺で借金をした方に聞いた、借金の経緯と返済方法

当時の彼に、ある日、家族で夜逃げをしなければならなくなるから100万円金融機関で借りてきて来て欲しい、1週間後に返すと何度も頼まれ世間知らずの私は最後にはそんなに困っているならと金融機関へ足を運びました。ローンを組んだ後怖くなり彼の事を調べたら、独身も嘘、全て嘘の詐欺だとようやくわかりました。残ったのは借金と、利息だけ。親に頭を下げ金融機関へ一括返済してもらいその後親に分割で返済していきました。
いわゆるキャッチに引っかかってしまい、高額な絵を月に数万円ずつ支払うという契約で購入してしまいました。最初は詐欺だとすら気づかなかったので、本当に世間知らずだったと反省。高い勉強代だったと割りきって、この借金を節約しながら払っていくことにしました。なお、実際の絵の価値は10万円程度。5倍以上の価格で買わされたことになります。絵に罪はありませんが、今も飾ってあるその絵を見るたびに苦笑いです。
結婚詐欺にあいました。彼が新しい事業を始めるにあたって資金が足りないと言うので、その資金の一部を私が借金をして貸すことにしました。彼には貯金からお金を出したと言っていました。結婚したくて、薄々おかしいと思いながらお金を貸した自分に責任があると思っています。これから一生懸命働いて、少しずつ返済していくつもりです。
私は学生のときに、詐欺にあって10万円くらいの借金をしました。ギターを購入する予定だったのに、借金を返すためにバイトをするはめになりました。警察にも相談しましたが、被害額が少額だったので動いてくれませんでした。「勉強代だったと思うといい」とアドバイスをされましたが、何百万円も騙し取られている人もいるので、1つ経験ができたことで今後だまされずにすむのならよかったのかもしれません。
アルバイトとして、自分の名義で携帯契約をしてほしいと言われました。携帯1台で約5,000円もらえるという話でした。
そのときは、簡単にお金が手に入るので契約をして本体を渡してしまいました。しかし、その後連絡ができなくなり詐欺だとわかり契約解除をしました。
後に残ったのは、本体の代金が借金となり残りました。被害届を、出しても警察は受理してくれず分割で借金を返済しました。
架空請求のメールに騙されて多額の借金を抱えてしまいました。
当時は有料サイトをよく使用していたこともあり、詐欺だとは気が付かず請求通りに支払ってしまったのです。
後に弁護士に相談して債務整理の手続きをしてもらい、どうにか総額を減額してもらえたのですが、今も昼の仕事に加えてアルバイトを掛け持ちして返済を続けています。
架空請求のメールにまんまと騙されてしまい大きな借金を抱えてしまいました。
その時は多くの有料サイトを利用していたこともあり、詐欺だとは気が付かずに借金をして支払ってしまったのです。
騙された自分が悪いと泣き寝入りして返済することにしましたが、欲しいものは全て我慢したり、ボーナス月は多めに返済するなどして完済しました。
30歳を過ぎた時に既に周りの同僚は結婚して退職していたので自分自身とても結婚を焦って居ました。そんな時飲み屋で知り合った軽い男の口車に乗って付き合うようになり、まさか結婚詐欺とは思いも付かず言われるままに手持ちのお金をすべて出してしまい、気が付いた時は既に遅く男性に逃げられた後でした。借金の分はキャッシングで返済出来たものの先が不安です。
婚活パーティーで知り合った人と結婚を前提にお付き合いをしていました。その男性が新しく事業をするために、お金を貸して欲しいと言われ、借金をしてお金を用意してあげました。結婚詐欺に気が付いた時には、彼とは連絡も取れませんでした。結婚に目がくらんだ私が馬鹿でした。昼間の仕事以外に、コンビニでアルバイトをして必死で返済しました。
詐欺を働く人は友達であったりもします。私の場合は元同僚でした。儲ける話でなく、資金はあるから事業を始めようと言い、少し時間が掛かるから、建て替えて欲しいという話になり、借金をして資本金を出しました。事業の話は辻褄が合っていて疑う余地が無く信じていましたが、結局資金の手当てが出来ず、借金のまま事業を始めましたが、事業は低調で返済しながらWワークで働く毎日です。

 

詐欺で借金を増やした太田さん(仮名)

太田さん(仮名)は、不労収入という言葉にあこがれがありました。会社では出世コースから外れ、ただただ定年退職までを全うすることだけを考えていた太田さんです。昔はそれでも血気盛んなころもあったのですが、元会社でのちょっとした行き違いから出向させられ、戻ることなく今の会社に転籍しました。様々な会社があるので出向イコール条件が悪くなるとばかりへ言えませんが、太田さんは著しく条件が悪くなりました。また頑張ってもその会社で出世することはありません。

そんな中で「不労収入」に憧れる気持ちは、理解できないでもありません。太田さんは退職を5年のに控えた時に、とある人から出資を持ちかけられました。いわゆる発展途上国でのエビの養殖への投資の話でした。しかも「儲かればその分還元される」と言うことではなく、5年後から年金方式で一生涯収入を得る権利がこれで発生するといったものです。ちょっと考えればおかしさに気が付きそうなものですが、幸か不幸か、太田さんのごく身近な人に、同じような出資で成功していた人がいました。その人はキャッサバからアルコール燃料を作るといったものへの出資だったようですが、それなりに成功していたわけです。太田さんの中には「こういったこともある」という経験として、その人の成功がありました。エビの養殖への投資も、すっかりまっとうな物として映ったのです。立派なパンフレットには、一口いくらの出資でいくらの年金といった例が明らかにされ、2000万円の出資から画期的にその割は良くなっていました。太田さんのうちはさほど貯金はありません。

奥さんに相談すると、そんなものに投資するなら離婚してほしいと言いました。その投資話を千載一遇のチャンスと受け止めていた太田さんとは明らかに温度差があり、奥さんの離婚に応じました。奥さんは持ち家を分配される代わりに貯金のすべてと太田さんの退職金の半分を要求してきました。太田さんは出資のために退職する気でいましたので、退職して退職金の半分と貯金を奥さんに渡し、離婚をしました。手元に1200万円弱が残り、家を抵当に入れて2000万円を銀行からの借金で作り、合計3000万円を投資に回しました。太田さんはコンビニのバイトを探し、働きながら年金開始の時期を待ちました。その間にも家を抵当に入れて作った借金の返済は発生しています。バイト代はその借金の返済に充てられますので、実につましい生活を強いられていました。とうとう5年経ったのですが、全くその年金実行されず、会社の実態も把握できません。そのころ、同じような手口の詐欺のニュースをテレビで見ました。もしやこれも詐欺ではないのかと、初めて疑いを持ちました。弁護士に相談を行い、調査依頼などもして、ようやく騙されたことに気が付いたのです。他にも被害者がいたようで、集団訴訟を行うということですが、お金が返ってくる見込みは薄いとのこと。

太田さんは絶望しました。5年間5年間と思っていたからこそ、今の生活にも耐えられました。しかしそれが詐欺だった事に気が付いた今、その生活を続けることはあまりに苦痛です。しかし借金の返済は残っています。どうしたものかと落胆し、弁護士への依頼は詐欺被害の話から、借金の解決方法の話へとシフトしてゆきました。このままではなにかあって働けなくなれば、担保として取られてしまいます。弁護士からは少しでも条件が良いように、任意売却のアドバイスを受けました。交渉は弁護士が行ってくれるとのこと。太田さんはその方向での解決を決断しました。任意売却によってそのまま賃貸としてその家に住むことが可能となり、表面上は全く生活は変わらないように解決したのですが、太田さんの心はボロボロでした。そんな折、奥さんが手を差し伸べてくれました。奥さんは太田さんとの離婚で自分名義の財産となったものには全く手をつけていませんでした。また夫婦として暮らすことになったのです。

 

詐欺にあって借金を増やした人

金策は人の判断を狂わせてしまうことがあるものです。破産する人の多くが、そのい借金の半分は借金返済のために作った借金。返済するためにもっと状況を悪くさせてしまい、最終的には破産の選択しかできないところにまで追い込まれます。坂上さん(仮名)も、借金返済のための金策に焦りを感じていた人でした。小さな町工場を営んでいましたが、ピンチに陥っていました。ここで何らかのアクションを起こさないと、根本的な解決はできません。

詐欺にあって借金を増やした人02

しかしメインバンクはもはや坂上さんを見放していました。テレビドラマなどで有名になった言葉に、銀行は晴れの日に傘を貸して雨の日に傘を取り上げるというものがありますが、借りている方にしてみれば、まさにそのような感じでしょう。銀行も商売ですから致し方ない面がありますが、なんとも理不尽に感じるものです。そんな坂上さんに「耳寄りな話」が飛び込んできました。退職を控えたとある銀行の支店長が、融資の決裁を下ろしてくれるというものでした。書類がそろっていさえすれば融資は下ろすが、条件として融資額の30%を謝礼として欲しいというものでした。

あと、その支店長が退社するまでは支払ってほしいとのこと。こういった話は良く聞かれますが、それが本当のことなのかどうかというのは話が別です。まして人気テレビドラマでその話に近いことが題材になっていました。坂上さんのように世間を知らない職人上がりの社長では、「詐欺」か「本当の話」なのか、その判断もできなかったでしょう。というか、その話がよもや本当であったとしても、それ自体が詐欺。冷静に判断すれば乗れる話ではありません。

しかし坂上さんはその話を持ってくいた人が神に見えるほど喜び、飛びついてしまいました。その人は自分のことをコーディネーターと呼んでいました。自分には粉飾決済が作れる税理士もいるしその他のブレーンもいる。あなたは印鑑を持ってただ待っていればいいと言われました。その人たちに対する謝礼は、融資額のうちの2割。もし1000万の融資が下りても、支店長への謝礼で3割、このコーディネーターに2割となれば、手元には5割しか残りません。おかしな話です。

大変な高利で借りているも同然。そんなお金は作れば作るほど、クビが締まります。また諸経費と称してコーディネーターに先渡しするお金もあり、それを消費者金融や商工ローンなどで作り、その借金は既に280万円を超えました。銀行に申し込む金額は3000万円。成功しても手に乗るのは1500万円、すでに280万円が経費として出ている。これは明らかに詐欺です。そんなことにも気がつかないほど追いつめられていた坂上さんだったと考えるしかないでしょう。

ある日突然、そのコーディネーターのチームとは、一切連絡が取れなくなりました。貸してくれることになっていた銀行に行き、その支店長とも会いました。しかし全く知らないことだと言われ、ウソはついていない様子でした。これは警察に届けるべきではないのかアドバイスをうけ、協力できることなら協力いたしますとまで言ってもらいました。しかし消費者金融や商工ローンの支払いはおいかけてきます。半ば「死に体」であった坂上さんの会社は、この件で本当に息の根がとまり、倒産となりました。

年金型の詐欺で借金まで作った老夫婦

私が保険の外交員をしていた時のお客さんの話です。その方は長年いい形の保険に入っていらっしゃいました。利回りはたしか5.8%ほどで、それも福利ですから大変な勢いで増えてゆきます。一度「転換していただいたらどうだろうか」と先輩から勧められましたが、いくら私が成績が欲しくてもそれはできません。満期になればそのままの形で据え置くこともできますし、その時になって受け取る楽しみもあります。大変羨ましい保険でした。

年金型の詐欺で借金まで作った老夫婦00

しかしその方から満期を待たずに解約するという連絡。びっくりしてすぐにお宅へ伺いました。一応解約書類は持って出ましたが、余程の理由がない限り、解約防止に努めるつもりでした。これはもう、会社のためでもなんでもありません。会社としてはこれだけ利回りの良い保険は、解約してもらった方が良かったかもしれません。貯蓄性の高い保険は、保証型に変えてもらいたいのが保険会社の考え方です。私にはまったくそのつもりはなく、ただただ「ご損になるから持っておいた方がいい」という気持ちでした。

いざお宅に伺うと、ご夫婦は投資のために解約するという話をなさいました。もしただの投資であれば、利回りを説明して、これ以上のものはないということをお話すればよかったのです。しかしその投資は全く違いました。あとから事件としてニュースにも取り上げられましたので、ご存知の方も多いでしょう。会員は一定以上の金額をその会社に投資することで、仮想マネーを年金として受け取ります。年金として受け取る仮想マネーの額は、実際に投資した金額よりも価値としては何倍にもなっているというもの。投資した金額が多ければ多いほど、その仮想マネーも大きくなるわけです。仮想マネーは会員の中で物の売買に使えます。

会員の中には不動産屋さんから八百屋さんまで、様々な職種の人がいますので、デパートと変わらない品ぞろえか、それ以上なのだということです。この権利は遺産として残すこともできるので、子供や孫のためにもなります。商才こそ覚えてないのですが、どう考えても詐欺です。辞めた方がいいと一生懸命お止めしましたが、聞き入れてもらえません。最終的には本のご意思を尊重することしかできません。仕方なく、解約書類にサインを頂きました。その時に、家を抵当に入れて借金までして投資しているということを聞きました。背中に嫌な汗をかいてしまいました。このご夫婦は、自分の持っている金額以上に借金までして、この詐欺会社に投資を行います。遅かれ早かれ、全ての財産を失くしてしまうでしょう。戻ってくるものはほとんどないはずです。せっかく働いて得た退職金も投資に回し、銀行にまで借金をし、貯蓄もなく、これから先どうするつもりなのでしょうか。

私たちは業務上知り得たことを、家族といえど他者に話してはいけません。このことを息子さん夫婦にお話ししたくても、絶対に話せないのです。それから3カ月も経たなかったでしょう。テレビにその方たちが投資した会社が詐欺としてニュースを賑わせました。そしてその老夫婦のご自宅には「売り家」の看板が立ててありました。それだけでは借金のカタに取られてしまったのか、任意売却なのかわかりません。しかし手放さなければならなくなったということは明らかです。もし借金までするようなことまでしていなければ、状況が違ったかも。しかし全てが「もしあの時」の話で、むなしいだけです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.