借金返済に必要な知識

待ちなさい!借金の借り換え前に読んでおきなさい

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借り換えローンとは、高金利で組んでいるローンを別の金融に移転することにより、低金利でローンを組み直す、借金返済を目的とした金融商品です。

毎月の返済額に付属する金利を1%以下でも抑えられた場合は借り換えメリットになり、総返済額を軽減することができるでしょう。

申込の際にはもちろん運転免許証や健康保険証などの身分証明書が必要になりますが、家計の負担を少しでも減らすためそれくらいは辛抱しましょう。

一見すると道徳的によくないように思えますが、債務に関係する身近な商品の一つなので特に問題はありません。

しかし借り換えた金融機関によっては経済的を被る破目になる可能性もございます。これに関しては以下で説明します。

 

借り換えとは

借金の借り換えとは、いま借りているお金と同じだけのお金を別の金融機関から借り、その借りたお金で既に借りているお金を返済してしまうことを指します。

これにより、既に借りていた借金は無くなり、新たに借りたものだけが残ることになります。

これが借り換えの概要ですが、こんなことをして一体何になるのだろうと思われた人もいるかもしれません。

少なくとも、借りているお金の総額が変わろうはずはありません。

既に借りているお金を返済してしまうためには、それと同じだけのお金を新たに借りる必要があるのは小学生でも分かることで、借金の総額は変わらないはずです。

では何のためにわざわざこんなことをするのかといえば、それは金利面での利点があるからです。

というか、もし金利面での利点がない場合には、わざわざ借り換えのようなことを行う意味は基本的に存在しません。

とくに複数の、小口の借り入れをしている場合、個々の金利は高くなることが普通です。

これを、合計としては同じ金額であってもまとめた金額を借りることができた場合、金利が低くなるのが普通なのです。

ここに借り換えのメリットがあります。もし年率で1%違うだけでも、100万円のお金を借りていれば年間で1万円の差になります。

年率で3%%程度違うことは全く珍しいことではありませんが、そうなると100万円で年間3万円もの差になります。

たかが3万円と思うかもしれませんが、単に手続きだけでこれだけ浮くのです。

 

ローンの審査

借金の借り換えを上手に行うことで、総支払額を大幅に減少させることが可能な場合があります。

特に高い金利で複数の金融機関からの借金がある場合などには、返済先の一本化ができるおまとめローンへの借り換えが有効であると言われています。

もちろん、多重債務ではなくても適用金利によって借金をする金融機関を変更することは、返済額を圧縮する手段として有効です。

借り換えを考える時に重要なのは、金利の違いについてです。

借り換え前の時点で、どの程度の金利が適用されているのかを確認しておくことが必要です。

多くの場合はまとめ先のローンは金利が低めに設定されている場合が多いので、安心して一本化を進めることができます。

返済先が1つになることで返済日も集約され、金銭管理の観点からも有効だといえるでしょう。

また複数の債務を抱えているという心理的負担からも解放されるという、気分の面でのメリットも見逃せません。

複数の金融機関から借金をしている人にとっては、借り換えを行って一度整理をして見ることがおすすめです。

なお、通常のローンと同じようにおまとめローンの場合にも審査が行われます。

審査に必要な書類を揃えて、ローンの借り換えを希望する金融機関に申し込みましょう。

一般的な場合には、申込書のほかに本人確認書類(運転免許証など)が必要となります。

また金融機関によってはどの程度の収入があるのかという確認のために、給与明細表や源泉徴収票などの写しを提出することが必要となる場合もあります。

詳細については各金融機関の担当者に相談することがおすすめです。

 

借り換えの審査が通る理由

借り換えとは現在の借金をしている相手とはまた別の相手からお金を借りることにより、借りたお金を以前の相手の返済に充てる手段になります。

借入残高を一括返済して、一括返済用のお金を借りた相手に対して、今後は返済していく流れになります。

新規の申し込みと同じく、借り換えであっても同じ審査が行われますが、一般的に借り換えの方が審査基準が厳しくなるとされています。

審査に通りやすい人の特徴として、信用の高さが挙げられます。

お金を貸すときにその人物が返済できる能力を持っていることが最も重視される部分ですが、勘違いしやすいのが収入の多さです。

300万円の年収の人より、1000万円の年収の人の方が返済能力があると評価されやすいのは確かですが、実は年収の多さだけで審査に通るわけではありません。

担保の評価や、現在の債務状況などを総合的に評価します。

年収が少なくても、担保がある人は契約しやすくなります。

年収が多くても多額の借金を抱えている人は、契約できない可能性が高くなります。

債務の返済状況は非常に重要視される部分です。

延滞を頻繁に繰り返したり、現在延滞中であれば、かなり厳しい審査結果になる確率が高まります。

期日までに返済をしっかりしている人、年収と比較して多額の債務を抱えていない人は借り換えの契約がしやすい人に当てはまります。

また、毎月のように安定した収入が得られる人も評価が高くなります。

これは自営業者や会社経営者においても同じです。

 

借り換えを選ぶにあたって

ローンの借り換えを検討する上で注意したいのは、今よりも利息を減らせることです。

利息がまったく変わらないのであれば、借り換えするメリットはないでしょう。

例えば消費者金融から実質年率18.0%で借入した場合、15.0%の銀行ローンに乗り換えることで3.0%の節約となります。

たった数%と思われるかもしれませんが、消費税が5%から8%に上がったときは大きな負担を感じた方が多いでしょう。

借金の金利も同様であり、借入額がまとまった金額なら数%は非常に大きなものです。

借金は将来的に増えていく可能性もあり、そうなると金利の差はさらに大きく感じるようになるでしょう。

数万円の借入なら数%の金利は微々たる差にしか感じないでしょうが、債務が高額になると大きな差となります。

現在、消費者金融から借入をしている方の場合は、借り換えにあたって銀行ローンを選ぶのが一般的でしょう。

消費者金融の場合、どこから借りても極端に金利が低いことはないと考えてください。

実質年率18.0%が17.8%になることはありえますが、銀行のように15.0%やそれ未満の金利で借りるのは難しいです。

現在と金利がほとんど変わらないのであれば、あまり乗り換えるメリットはないと言っていいでしょう。

借金の借り換えで注意したいポイントには、今後の支払い方法もあります。

返済方法が基本的にリボになっている、繰り上げ返済の手数料がかかる、といったローンだと不利になることもあるのです。

返済方法もよく比較した上で、使いやすいローンを選んでください。

 

借り換えローンの利点

借り換えローンの利点、メリットは大きく分けて2つあるでしょう。

一つは借金の利息負担が少なくなることが多いことです。

必ず負担が少なくなると決まっているわけではありませんが、多くの場合は借り換えにより借金の利息負担は少なくなります。

これは、借り入れの金額が少ないほど一般的には金利は高くなるからです。

複数の借り入れをまとめることができれば、それだけ大きな金額になりますので金利も下がり、利息負担も少なくなることが多いのです。

具体例を挙げますと、例えば3つのローン会社からそれぞれ50万円ずつ、金利はいずれも年18%で合計150万円を借りているとしましょう。

ここで、合計金額にあたる150万円を金利年15%で借りることができたとしますと、金利の差は3%で、150万円の3%は4万5千円です。

この分だけ一年当たりの負担が小さくなるメリットがあるわけです。

実際の返済はリボルビング方式が多いでしょうからこの数字がそのまま当てはまるわけではないでしょうが、一応の目安にはなるでしょう。

借り換えのもう一つのメリットは、複数件の借金がある場合に、返済期日の把握や管理をしやすくなるということです。

上の例でもそうですが、借り入れが3件あると、毎月の返済日も3回来ることになります。

その都度、ATMから返済をしなければならなかったり、口座からの自動引き落としの場合は残高を気にしておかなければなりません。

まとめるとこれが1つになるメリットがあります。

 

借り換えローンの欠点

6fe4e3c3d05490f0e47285f967561277_s

ローンの利息の支払いが厳しくなったとき、借り換えを検討する方は多いでしょう。

借り換えをするメリットは低金利ローンに乗り換えることで、利息の支払いを軽減できることにあります。

総支払い額にも影響してきますから、乗り換えるメリットは大いにあります。

デメリットは借金した金額自体は減額されないことであり、多額の借金を抱えており返済が逼迫している状況では、借り換えだけでは対処できないことが多いです。

借金返済が厳しいときの切り札と考えている方が多いですが、債務整理ほどの減額効果は期待できません。

例えば実質年率18.0%のローンを利用しており、毎月6,000円の利息を支払っている状況なら、実質年率12.0%のローンに乗り換えることで利息を4,000円まで減らすことができます。

利息が減るのは大きなメリットですが、借入金は減額することはありません。

あくまで将来に発生する利息を軽減するものであり、返済が厳しい状況を脱するのは難しいでしょう。

すでに延滞をしている状況なら、借り換えだけでは対処できないことが多いです。

延滞をすると遅延損害金が発生してしまいますし、最終的にブラックになる可能性があります。

ブラックになるのは債務整理をしたときだけだと考えている方が多いですが、長期延滞をした場合も登録されるのです。

個人信用情報に登録された状態だと、借金の借り換えをするにも審査に通らなくなります。

そのため借り換えを検討するのは、ローンの延滞をする以前に決める必要があるわけです。

 

借り換えローンにおいての注意事項

複数の業者から借金をしている場合には、毎月の返済額も大きくなり生活に支障をきたす場合があります。

いわゆる多重債務状態ということですが、こうなると毎月の返済にくろうすることとなり、最悪の場合には返済のために新規借り入れをするようなことになります。

最近では、このような多重債務状態に陥った人たちが急増していることが社会問題化しています。

しかし、これに対応するような形で提供されている金融商品に借り換えローンがあります。

これは、その名の通りに借金を一本化することで、毎月の返済額を減少させ、大きな額の借入ですから金利も低く成ることも多く利息負担も減少できます。

結果として総支払額を大きく減少させることができるという魅力的な商品です。

しかし、借り換えローンにも注意点はあります。

多重債務者にとっては、非常に都合の良い商品ですが、そもそも金融機関が返済能力に疑いのある多重債務者に借り換えとは言え、大きな額の融資を簡単に行うか問う問題があります。

つまり、審査に通るのが非常に難しいということです。

通常は、4~5社以上の借り入れがあると審査通過が難しくなると言われています。

また、運よく審査に通ったとしても、それで問題解決するといいことではありません。

一時的には楽になっても、余程しっかりとした返済計画を作らないと元の木阿弥となることも多くあります。

従って、自分の返済能力を客観的に見つめなおして、借り換えローンで本当にやっていけるのか見極めなければなりません。

このような場合には、借金問題の専門家である法律事務所などで無料相談を受けてみるのも非常に役に立ちます。

 

返済で行き詰ったら

住宅ローンやキャッシングは借金にあたりますので、期日までに返済する義務が生じます。

最初の頃は順調に返済できても、様々な事情から返済が困難になる場合もあります。

返済が困難になった人のために、借り換えのサービスが提供されています。

他社からお金を借りて、現在の借金を完済します。その後は借り換えで契約した会社に返済する方法です。

以前の会社よりも金利が低い、借金が一本化されて返済の管理がしやすいなどのメリットがありますが、必ずしも返済が楽になるとは限りません。

借り換えのサービスが変動金利だと、状況によっては以前よりも金利が高くなることがあります。

また、一本化しても返済期間が長引いてしまうと、利息の負担が増えてしまいます。

借り換えを利用しても返済が難しいなら、債務整理の利用をおすすめします。

法律相談所の弁護士や司法書士などの法律の専門家の力を借りて、借金解決を目指す方法です。

専門家が債権者と交渉して返済を和らげる手段が任意整理です。

まだ返済できる力が残っていれば、任意整理でも解決できる可能性があります。

任意整理が難しければ、個人再生か自己破産を選ぶようにします。

個人再生は住宅ローン以外の債務を減額して、定められた期間までに返済すれば完済の扱いにしてもらえる方法です。

自己破産は全ての債務が免責になり、返済の義務が消滅する方法になります。

債務整理をすれば借金の苦しみから解放されますので、問題が深刻になる前に、早めに専門家に相談するようにしましょう。

 

借り換えローンで借金が返済できた体験談

カードローンを初めて利用してからは簡単にお金を引き出すことができるのをいいことに利用をしすぎて、気づいたらあちこちに借金を作ることになってしまいました。

最大で5社ほど借りていた時期があったため、返済をしたと思ったらまた次の返済をしなければならず総額も大きかったことから、かなり苦しい状況に追い込まれていたのです。

このままでは返済をするのは難しいと思っている時に、借り換えローンと言うものをあるのを知り、借り換えローンを利用して借金が返済できたという体験談も多く目にしていたので試してみることにしました。

問題は借り換えをすることができるだけのお金を借りることができるのかということだったのですが、無事に第一関門をクリアしてひとまず、それまで借りていた借金を返済してローンの一本化をすることができました。

月々の返済額はそれほど変わっていなかったのですが、金利が安くなったのと返済日がひとつの日になったことで精神的な負担は大きく軽減されるようになりました。

返済日に追うわれることもなくなりましたし、返済の計画も立てやすくなりました。

返済をしていくと確実に元金が減っていくというのもかなり気持ちが楽になるもので、とにかく早めに完済をしたい一心で返済を続けて至ったのです。

その結果、一時期は返済が難しいのではと思われるほどあった借金も綺麗に返済をすることができたので、借り換えローンを利用したのは正解だったと思っています。

 

まとめ

aa6387cc74bcf53a089aaa44345dd98f_s

インターネットで詳細を調べてもいまいち把握できていないという方も少なくはないでしょう?その場合は街角相談所を利用することを推奨します。

弁護士は借金に関わることなら何でも相談してくれますし、それに関しては債務整理という選択肢もないわけではないですが、返済が可能な状態での安易な判断で行うのはやめておきましょう。

一般の法律相談所での弁護士との相談は30分5,000円はかかりますが、街角相談所でのインターネット相談は原則無料です。

上記の通り借り換えローンにはメリットがあれば、予想外のデメリットも孕んでいます。

住宅ローンの借り換えをご検討になられている方は現在のローンをご確認の上、弁護士だけではなく現在の貯蓄とも一度相談して借り換えローンを検討されてはいかがでしょうか?

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.