必要な知識

借金で夜逃げしても意味のない理由とは?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

多額の借金の返済を抱えてしまった場合の対処法として、「夜逃げ」を選択する人がいます。

夜逃げとは金融会社などの債権者に知られないように別の土地に移り住むことで、返済の督促から逃げる行為を指します。

 

個人間で少額のお金を貸し借りをする程度であれば、夜逃げをすることで返済を逃れることができる場合があります。

しかし、金融会社から融資を受けた場合には、 夜逃げをしたとしても債務が消える訳ではありません。

夜逃げをした事が債権者にばれると、再び返済の督促が行われ意味がなくなります。

ここでは借金から逃れる目的で夜逃げをすることのデメリットとリスク、また根本的に問題を解決するための方法を解説します。

借金から逃れる目的で夜逃げをする理由と逃亡中の生活とは

多額の借金をして返済ができなくなった場合に、問題に対処する方法のひとつとして「夜逃げ」があります。

この方法を選択する理由で考えられることは、返済の督促を受けなくなることと、時効で債務が帳消しにすることの2つです。

《返済の督促を受けなくなる》

債権者に知られないようにして逃げてしまうことで、返済の督促を受けないようにすることができるからです。

返済の督促から自由になりたいという理由で、借金を抱えて夜逃げをする人が多いです。

 

《消滅時効を成立させて債務が帳消しにする》

夜逃げを選択するもうひとつの理由として、民法の時効で債務を消滅させるという目的があります。

5年間(個人間であれば10年間)にわたり返済の督促から逃げ続けると、消滅時効が成立することで債権が無効になるという法律(商法522条または民法167条)が存在します。

金融会社から多額の融資を受けた人が督促を逃れる目的であるケースがほとんどです。

夜逃げ中の生活とは

夜逃げをすれば一時的に返済の督促から逃れることができるかもしれませんが、大きな代償を支払わなければならなくなってしまいます。

債権者から逃げることの大きなデメリットは、 各種の行政サービスが一切利用できなくなってしまうことです。

 

住民票を移動させると、金融会社に知られて居場所がばれる危険性がありますので、逃げている間は住民票を移動させずに別の場所で生活をしなければなりません。

住民票や各種証明書類を取得することができないため、契約・派遣社員やパート・アルバイトなどの仕事にも就くことも非常に難しいです。

また、住民票やパスポートなどの公的機関が発行した証明書類の取得ができないので、新規に銀行口座を開設することもできません。

さらに、逃亡中は国民健康保険証を取得することができず、病気になっても医療機関を利用することができなくなります。

 

夜逃げをすると、これだけ多くのハンディキャップを受けることになります。

逃げている間は、普通の生活ができなくなってしまうことが容易に想像できます。

しかし、これだけではありません。

夜逃げをしても債務が消えない理由とリスクとは

カードローンなどの無担保融資の借金から逃れる目的で夜逃げを選択する人がいますが、逃げたとしても根本的に問題の解決ができる訳ではありません。

債務者が逃げ続けていたとしても、債権者が時効を成立させないようにする方法が存在するからです。

 

《夜逃げをしても債務が帳消しにならない理由とは》

債権者が消滅時効が成立するよりも前に債務者に訴訟を起こすと、その時点で 時効がストップしてしまいます。

金融会社は行方が分からない債務者に訴訟を起こすことで時効が成立しないように対策を講じるので、債務者が5年間以上逃げ続けたとしても借金が帳消しになることはありません。

逆に逃亡中も契約書に基づいて利子が加算されるので、借金の金額が雪だるま式に増え続けることになります。

訴訟を起こされなくても、5年以内に債権者に居場所が知られて督促を受けてしまうことで消滅時効の カウントがリセットされてしまいます。

 

《夜逃げをすることのリスクとは》

借金から逃げている間に訴訟を起こされて裁判所で支払い命令が出されると、債権者は債務者の給料・銀行預金・自動車などの 財産を強制的に差し押さえることができる ようになります。

差し押さえの危険性があるので逃亡中は自分名義の銀行口座を利用することができませんし、もしも債権者に居場所がばれると持ち物などが差し押さえられてしまう恐れがあります。

日本では社会と一切関わりを持たないようにして自給自足の生活をすることは不可能です。

日本国内に居る限りは逃亡中も何らかの形で社会との関わりを持つことになり、生き続けるためには何らかの形で他の人と接したり、会社や行政などのサービスを利用しなければなりません。

つまり、債権者が居場所を知るきっかけになるような痕跡を消すことは実質不可能であり、常に居場所がばれるリスクと隣り合わせだということです。

夜逃げをしても問題が解決されない理由

借金から逃れるために夜逃げをしても債務が消えることがありませんし、その間に債権者に居場所がばれて督促が再開する危険性が高いです。

仮に債権者から逃げ続けることができたとしても、不自由な生活を強いられることになります。

借金から逃れるために夜逃げをしても債務が帳消しになる訳ではありませんし、利子が加算され続けることで状況を悪化させてしまうだけです。

夜逃げをしたとしても、 返済の督促が止まったり債務が帳消しになるようなことはない ので無意味です。

借金問題を根本的に解決する方法とは

多額の借金を抱えて返済ができなくなってしまった場合には、法的な債務整理を行うことで問題を根本的に解決することができます。

債務整理が専門の法律事務所に相談をすれば、法的に債務を減額したり無理のない方法で返済をするための方法を提案してもらえます。

 

《債務整理の方法とは》

法律事務所で提案される法的な債務整理は、借金の金額や本人の収入・返済能力に応じて3通りの方法です。

債務整理の方法は債務が少なくてダメージが軽い順に、任意整理・個人再生・自己破産の3つがあります。

本人の収入や借入残高などの状況に応じて、いずれかを選択します。

借金の金額が多くなければ任意整理が選択でき、比較的ダメージが少ない方法で問題を解決することができます。

返済の見込みがなければ自己破産を選択して負債が全額免除してもらいますが、不動産・動産などの財産を失うことになります。

 

《法的な債務整理を行うメリットとは》

法的な債務整理を開始すると、いずれの方法でも債権者が返済の督促をすることができなくなります。

債務整理によって、借金返済の督促から自由になるというメリットがあります。

違法に貸し付けを行う闇金から取り立てを受けている場合にも、弁護士に相談をすることで問題を解決することができます。

もしも弁護士が違法な闇金業者を警察に告発すると、非常に重い刑罰が科される可能性が高いからです。

法的な債務整理では本人の返済能力に応じて長期分割で借金を返済したり、債務の一部または全額が免除されます。

債務整理を利用すれば合法的に債務を減額することができるので、借金問題を根本的に解決することが可能です。

借金問題を抱えてしまった場合には

一般的に借金の返済ができなくなると、利子が加算されて債務残高が大きくなってしまいます。

借金の残高が少ない間に債務整理を行えば、比較的ダメージが少ない任意整理を選択することができます。

任意整理であれば家や自動車などを手放す必要がありませんし、裁判所に手続きを行わなくても済みます。

借金の金額が大きすぎると任意整理や個人再生が選択できず、自己破産をしなければなりません。

自己破産をすると全ての負債が免除されるかわりに、財産のほとんどを失うことになってしまいます。

借金問題を抱えてしまった場合には、 早めに弁護士に相談をすることが大切です。

まとめ

 

借金から逃れるために夜逃げを選択する人もいますが、逃げても債務が帳消しになることはありません。

夜逃げをしている間にも利子が加算されて債務残高が大きくなってしまいますし、居場所がばれると再び返済の督促を受けることになります。

夜逃げをしたとしても、借金問題を根本的に解決することにはなりません。

多額の借金の返済を抱えてしまった場合には、問題が大きくなる前に弁護士に相談して法的な債務整理を始めることが大切です。

債務整理を開始すると返済の督促が止まりますし、借金の一部または全額の返済を免除してもらうことで根本的に問題を解決することができるからです。

 

もし、あなたがまだこれを読む力が残っているのであれば、こちらの記事が参考になるかもしれません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-必要な知識