借金返済に必要な知識

本当に大丈夫?夢見るマイホームと借金にまつわる落とし穴

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

消費者金融や銀行などにローンの申請をし、審査が通ると借り入れが可能です。

多くの方はマイホームを夢に思っている一方、一括で購入することができないためローンを組まざるを得ない場合がございます。

これはあくまで借金です。

このことには留意しておきましょう。

では、このことについては次の項目で説明します。

 

本当にあったこと

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_s

ある家庭は夫婦共働き、主婦の方は派遣社員という不安定な収入でした。

なんでも、「頭金なしで家を買える」という言葉に踊らされ、

さらに景気が上がるにつれて不動産も値上がりするというプレッシャーで衝動買いしたそうです。

しかし、肝心の頭金は用意していなかったことが仇となり、住宅ローン地獄に陥ったそうです。

何でも、入居一日で価値は値下がりするため、「債務 > 売却費」という構図になってしまいます。

何とか売却した後、主婦の方は転職に失敗して職を失ってしまいました。

もしその時に住宅ローンを諦めていなければ、確実に借金地獄に陥っていたでしょう。

これは2006年の話です。

 

マイホームを購入する際に注意すること

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

さきほど話した通り、家を持って良い家庭を作りたいという方はいらっしゃるでしょう。

しかし家を持つということは、常に家を管理しなければならず、毎月の借金を返済しなければなりません。

つまり、負債の意味を理解していないと夢見ていた天国も、あっという間に地獄に変わってしまいます。

特に頭金なしで借りることはギャンブルをするようなもので、返済が滞った場合に住宅の売却ができなくなります。

 

マイホームの維持にあたって、劣化した際にかかる修繕費(日曜大工ならある程度はどうにかできる)

土地の所有者への固定資産税がかかってしまいます。

家を持つにあたって、これらがかかることを覚悟しておきましょう。

また、現在は年収が安定していても、女性の場合は妊娠や出産を期に退職、

不景気による会社の倒産、リストラなど、何時退職してしまうかわかりません。

住宅ローンが破綻してしまい手放すことにもなりますが、こればかりは防ぎようがありません。

要するに収入もないのに借りようとする無鉄砲な家族は大抵こういう目に遭ってしまいます。

そのためにも、それにあった準備をするべきではないでしょうか?

 

 

住宅ローンについての情報

e879288fc89975645488eca73265325e_s

これから住宅ローンで失敗しないためにもある程度の調査しておきましょう。

住宅ローン控除などの金利に関係するサービスを説明すると不動産屋になりますので除外します。

金利は1%でも差があると住宅ローンでは大きな差がついてしまいます。

固定型はある意味では最も現実的な方法で、完済までの計画を立てやすいですが、消費者金融によっては高いことがネックです。

また、変動型は経済状況や市場金利で年間で変わってしまいますが、

場合によっては金利が高くなるため、一種のギャンブルに値します。

固定期間選択型は一定期間は金利が固定され、後に変動しますが、やはり景気に左右されやすいので安易な考えはやめましょう。

住宅ローンにはいくつかの種類に分けられます。

一般的な住宅ローンは様々な金融機関が取り扱っており、

金利の低い都市銀行とネット銀行がおすすめですが、審査は厳しいです。

フラット355は住宅金融支援機構と民間金融機関が提携、提供しているローンです。

保証人と繰り上げ手数料不要で、安全性の高い物件の購入に適しています。

財形融資は公的融資の一つです。

緒系貯蓄を1年持ち、50万円以上がある方のみが利用でき、貯蓄額の10倍か4000万円までを融資することができます

このローンは固定期間選択型です。

 

 

万が一、返済に息詰まった場合

eb878753cc3d0df9f65d6d097237adba_s

前述のことを話した通り、収入面でたとえ安定していても住宅ローン返済に関わるトラブルで首が回らなくなってしまうこともあり、

将来が保証できるわけではございません。

もし頭金を支払っていても本当に払えなくなった場合には、心残りかもしれませんが、

諦めて任意売却をしましょう。

そうしなければ生活の困窮では済まない事態になってしまいます。

どうしてもあなたのマイホームを手放したくない場合は、法律事務所で無料相談してみて、

本当に返済の目途が立たない場合は個人再生や任意整理を依頼して住宅ローンの総額を減らしていきましょう。

 

 

後書き

住宅を持つということは、借金を背負うことと同じですね。

何の下準備もしていないことは差し詰め"ギャンブル"といってもよいのではないでしょうか?

しかし、住宅ローンをいつまでも引きずっていると精神的にも経済的にも悪影響を及ぼします。

そうなる前に早く対処しておきましょう。

夢のマイホームのための借金(体験談)

若い時ではマンションやアパートなどの賃貸物件に住むとしてもそれほど抵抗はないのですが、

ある程度の年齢になると、自分の住処を持ちたいと思うのは当たり前のことでしょう。

それが早かれ遅かれ、その人のタイミングで欲しいと思える時期があるものです。

夢のマイホームのための借金02

私の場合では、20代も早々に結婚をして子供もいたので、生活自体には満足をしている状態でした。

それでも30代になってすぐに引越しをする機会があったため、その際にはずっと住み続けるマイホームを夫と相談することにしました。

夫は8つ年上である程度の収入があり、私も公務員であるために安定した収入がありました。

しかし、事情があってそれほど貯金がなかったのです。

若い時というのはそれぞれ事情があります。

夫には大学院までの奨学金の返済もあったりしたのです。
夢のマイホームのための借金03

貯金がほとんどなかったので、頭金として出せる金額がそれこそ200万円程度しかありませんでした。

それもほとんどが土地の地盤強化と浄化槽などの設備に消えました。

最終的にはお金の借り入れは3千万円という金額になりました。

地方都市であり、土地と住宅で3千万円の借金で済んだのは、上物である住宅がそれほど高くないメーカーに注文をしたからなのです。

借り入れはいろいろと検討しましたが、地元の銀行で国内でも優良企業といわれるところに借りることにしました。

共働きなので、その当時に低い金利を提示されていた変動金利にしました。

二人で働いていると銀行の審査はスムーズに通り、借り入れもすぐにできました。

当初は3千万円を毎月とボーナスの併用の返済で20年という予定にしていました。

夢のマイホームのための借金04

借金をしているのがあまり好きでない私たちは、とにかく繰り上げ返済をしていきたいと思い、

質素倹約といった生活を心がけました。

毎月の返済は11万円、ボーナス月には18万円ほど上乗せされた金額になっていました。

住宅ローンを組んでいて、メリットとして考えられたのが税金の控除です。

年末調整ではローン残額に対して一定の割合で税金の戻りがありました。

その額は20万円以上にもなったので、ありがたい臨時収入でした。

家を建てて4年目で一度繰り上げ返済をしました。

一度に1200万円をまとめて返済をして残額が半分程度に減りました。

そして、変動金利なので途中で返済額が少し上がりましたが、そのまま毎月とボーナス月の返済を続けました。

そして丸7年経ったときにはローン残額のすべてを繰り上げ返済することが出来ました。

2人で働くことで、ローンの返済をしながらも毎年5百万円くらいの貯金をしていったので、返済をすることができたのです。

今考えると住宅のローンというのはとても苦しいものだと思ったけれど、

返済を終えてしまうと家や土地が全て自分たちの物になったという充実感にあふれるようになったと感じています。

我が家の場合では、夫の仕事がサラリーマンであってもハイリスクハイリターンの仕事であり、リストラの可能性もあります。

実際、そういった状況になることも経験しているので、ローンがなくなったことでもしもの時にも余計な心配もなくなりました。

 

借金というのはないのが一番いいのですが、人生においての住宅や車などの大きな買い物をする時にはつきものになるのです。

そういった時に、自分たちの判断というのはとても重要だと思います。

いかに借金を速やかに返して、心穏やかに生活をしていくのかということは、

夫婦や家族でよく話をして計画を立てていくことで解決できることでもあるのです。

ですから、借金をしたとしても前向きに努力をして働くようにしていくことで、明るい未来が見えてくるものなのです。

いつも思うのが、マイホームというのはとても素晴らしいということです。

マイホーム購入のための借金(体験談)

人生において大きな買い物というのはあるものです。

通常、現金で支払うことができないくらい大きな買い物としては、車の購入や住宅の購入になることでしょう。

車は選び方にもよるのですが、現金が準備できなければ購入をしないという人もいますが、

住宅の場合では現金で支払うことが出来る人の方が珍しいでしょう。

マイホーム購入のための借金02
地方でも家と土地を購入するのに2~3千万円くらいかかるといわれます。

ましてや都市部であればかなり高額になります。

5~6千万円という場合もあります。

そして一戸建てがいいという人もいれば、マンション暮らしがいいという人もいます。

自分たちで所有している家であれば、賃貸とはまた違った感覚になることでしょう。

住宅の購入には金融機関で借金をしてローンを組むというのが一般的です。

私の家の住宅ローンのことについて触れてみましょう。

土地が2100万円、住宅建築のために1500万円という金額でしたが、当然一括で支払うことができるわけではありませんでした。

600万円を頭金として準備をして、残りの3000万円を銀行から借り入れました。

計画を立てる際に当初は2500万円の借金になると考えていたのですが、住宅購入というのは予想外のお金がかかってしまうものです。

地盤の調査をすると造成地であるために地盤の強化をしなければならない状態になってしまいました。

また、その地域は下水がまだ入っておらず、予定外で浄化槽を入れることにしたのです。

そのほかにも家具を購入したり、エクステリアで外構工事などにもお金がかかることがわかって、3000万円の借金になったのです。

銀行での借入はスムーズでした。

なぜなら、夫は上場企業の社員でしたし、私は事務職ではありますが、公務員だからです。

いろいろな費用を考えると、夫の名義で借り入れをして私が保証人になるという形が

一番コストがかからないことがわかり、その形で進めました。

検討をしはじめて7か月で家は完成しました。

そこから返済の日々が始まりました。

10万円を少し超えるくらいの毎月の返済額にボーナス月にはプラスで15万円くらいの返済になりました。

銀行の方の金利は変動なので、一定期間経過すると金利が切り替えになります。

 

リスクもあるのですが、今のところでは順調に返済をすることができているのです。

あれから8年ほどの月日が経っています。

借金の返済も残額が減ってきており、当初に予定していた20年までかかる前に繰り上げ返済をすることができそうです。

今は年末調整で一部住宅ローン控除で税金の戻りがあるのがとてもうれしくものです。

しかし、金利なども事も考えると、一刻も早く返済を終了して、借金のない生活をしたいと考えています。

子供が大きくなると、教育費にもお金がかかるようになります。

それにも備えることができるように、返済できるときにしっかりと返済をしていけるように

やりくりをしていきたいと考えているところです。

夢のマイホーム購入で借金(体験談)

生活をしていくためには、器になるべき家が必要になります。

しかい、住まいというのはそれほど欲張らなければ、寝るだけと割り切って最低限の住宅にするということもできます。

特に若い人や経済的に大変な家庭では、安い賃貸物件や公営の住宅に安く住まうこともできるのです。

しかし、家族がいるとやはり自分たちの納得できる形で家に住みたいと思うことでしょう。

それこそ、夢のマイホームになります。

夢のマイホーム購入で借金02
夢のマイホームを手に入れるためには、多くの人が借金をすることになるでしょう。

なぜなら、多額の費用がかかるからです。

一戸建てやマンション、そして新築や中古などでも販売価格帯が異なります。

たいていは、一括で現金払いなどができないのが住宅購入であって、

いろいろなところで借り入れをすることを検討してみることでしょう。

これは私の職場の同僚の住宅購入に関する借金の話です。

まだ返済が続いているので、現在進行形になるものです。

私は公務員なので、女性にしては安定した収入を得ることが出来るようになっています。

その同僚はいつも机を並べて仕事をしている女性であって、

旦那さんも同様にほかの職場で働く公務員です。

ある時、住宅購入の話題が出たときにローンの話があがりました。

4年ほど前のことのようですが、まずは土地を購入してその後、

そこに旭化成のへーベルハウスを建てたということでした。

 

総額でしめて6千万円ほどかかったようです。

頭金として、夫婦で貯金をしてあった1千万円を入れて、

そのほかはネット銀行で借金をして支払いにあてたそうです。

ネット銀行のよいところは、金利が安いことや

手続きがネット上でできるので、簡単で速やかにできるということだそうです。

共働きの公務員で二人とも安定した収入があるということで審査はすぐに終了して、

2500万円ずつ2人とも借り入れをしたそうです。

返済は一人が一か月に6万円弱ほど、そしてボーナス月に10万円弱上乗せされます。

これが二人ともなので、返済額はかなりかかることになります。

返済期間は30年、ちょうど旦那さんが65歳になる時まで続くそうです。

いつも借金があるという意識がありながらも、生活自体を楽しみながら暮らしているように見えます。

もしも繰り上げ返済ができたら、その都度返すということですが、特にその予定も今のところはないようです。

しかし、二人で満足して建てた家なので、思い入れも人一倍あって、とても快適に過ごしているようです

子供ももうすぐ小学生、私立の小学校に進学をすることが決まっているのですが、とても明るく、

のびのびと育っているのがわかります。

夢のマイホームも自分たちの好きなメーカーで、便の良い場所に建てることで、

とても有効に住まうことができるようになることでしょう。

借金をしても安定した収入があれば、

ある程度は落ち着いて返済をしながら生活を送ることができるのです。

ちなみに我が家は夫が民間企業なので、公務員ほどは安定していない状態です。

マイホームの購入で借金をした親戚の話

親戚が以前、借金問題を抱えていました。

借金の理由は住宅ローンでしたので、借金の額はかなり高額でした。

その親戚は20代半ばで結婚をして20代後半の時に、金融機関の住宅ローンを利用して念願のマイホームを手に入れました。

住宅を購入した当時は、多少は資金的にも余裕がありましたので、出来るだけ早く借金を完済しようと意気込んで、20年ローンを利用することになりました。

マイホームの購入で借金をした親戚の話02
しかし、いざローンの返済を続けて行くと、意外に月々の返済負担が大きいことに気付きました。

少し家計に余裕が無いなと感じていた時に、運悪く会社の経営状態も悪くなってしまい、給与が下がってしまいました。

ただでさえ精一杯だった毎月の住宅ローンの返済が、給与が下がることによって一気に苦しくなってしまいました。

最初の頃は預金を切り崩して返済を続けていましたが、

それも長く続けることは困難になってきましたので、金融機関に相談することにしました。

金融機関に状況を説明して毎月の返済額の見直しをお願いしたところ、何とか受け入れてもらえることが出来ました。

しかし、それでも金銭的に苦しい状況には変化はありませんでした。

この頃、親戚は当初の契約内容について判断ミスがあったことを非常に後悔していました。

20年ローンではなく最長の35年ローンを選択して、月々の返済負担を抑えつつも、

資金的に余裕が出来たときに繰り上げ返済する方法を選択すべきだったと言っていました。

 

仮に返済期間を見直す場合でも、35年ローンを20年ローンに変更することは可能ですが、

逆に20年ローンを35年ローンに変更することはかなり難しいです。

それらの判断ミスを非常に後悔していましたが、もうどうすることも出来ませんでした。

会社の業績が傾いたことは運が悪かったですが、契約内容に関してももっと慎重になるべきだったと私自身も感じました。

親族などから援助を受けることが出来れば良かったのですが、残念ながら援助が出来るほど資金的に余裕がある人が居ませんでしたので、

結局自力で返済するしか方法が無かったです。

専業主婦だった嫁もパートに出るなどして家計を助けましたが、結局はマイホームを手放すことになってしまいました。

返済を続けて行くことが不可能となり、このままでは自宅が競売に掛けられてしまうことが避けられませんでしたので、

金融機関にお願いをして任意売却を出来るようにしてもらいました。

住宅ローンの契約に関しては判断ミスがありましたが、この任意売却を選択したことは得策でした。

競売によって住宅を売りに出すよりも高く売ることが出来ましたので、少しでも残債を減らすことに貢献することが出来ました。

親戚夫婦の間にはまだ子どもは居りませんでしたので、自宅を手放した後は何とか二人で節約をしながら残りの借金を返して行っています。

住宅ローンは長期の返済スケジュールを立てることが必要となりますが、その間には状況が変化する可能性は大いにあります。

親戚の状況を見ていると、住宅ローンを利用するにしても状況が悪化した場合にも対応出来るように、

無理をせずに余裕を持った上でローンを利用することが大切だと思いました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.