借金返済に必要な知識

どうしたらいい?借金の一括請求がきたらやるべきこと

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金返済で払えずに滞納していると、

債権者から一括請求書が届いてしまうことがあります。

その内容は、

「払わない場合は、裁判を起こします。」

という記述です。

 

督促状でもビクビクしているのに、

一括請求書が届いた日には凍り付いてしまう、

それを考えただけでも恐ろしいですね。

まるで脅迫文のようにも感じ取れますが、

借金を滞納してしまった結果なので、

このようなことになりかねません。

 

もしこのようなことがあった場合、

一括請求書への打つ手が必要です。

 

なので、一括請求について知っておくべきこと

そして一括請求への対処方法についてこの記事で紹介します。

 

一括請求について

一括請求とは、

生活費や急な出費などの経済的な問題で、

借金返済が停滞して年月が経つと

消費者金融などの債権者から届く、

一括返済を促す書類や電話のことです。

 

金融業者によって異なりますが、

滞納期間が2~3ヶ月以上、遅くて1年以上に、

一括請求の督促状が

あなたのポストの中に届いてしまいます。

 

一括請求の督促は、

消費者金融や銀行などの

借入専業者から通達されます。

その内容とは、

「上記借金につき○○年○月○日限り一括にて返済します。」

などの記述がある借用書が届いてしまいます。

 

どこからもお金を借りていない限り、

一般人が今の借金を一括返済しろだなんて到底不可能なです。

もしこれが届いてしまうということは、

あなたの債務は末期な状態といってもよいでしょう。

 

さらに一括請求書には、

遅延損害金(年利約20%の利率)

加算されています。

 

例えば今ある債務額が970,000円とすると、

合計1,164,000円(延滞損代金+194,000円)

を請求されることになります。

 

このように借りたお金の額で変動しますが、

ただでさえ払えなくて、

弱っているというのに、

この追い打ちはみごとなまでに

心を粉々に砕いでしまいます。

 

とてもじゃありませんが、

払える金額ではありませんよね。

 

では、なぜ支払い不可能な金額を請求してくるのでしょうか。

一括請求を受けた時に知っておくべきこと

一括請求を受けて、

はい、わかりました。

と素直に支払える債務者は

ゼロに等しいでしょう。

 

では、

なぜ債権者は

無茶な請求をしてくるのでしょうか。

 

わたしを脅すために決まってる。

さらなる借金地獄へ落とそうとしているんだ。

 

そんな悪意のある通達に、

思えてきますが、

 

一つ確かなことは、

「もうあなたからは

回収できないと判断しました。

こちらは回収に移りますので、

あなたも適切な手を打ってください。」

と、法的手段への宣誓と捉えてください。

①一括請求(←今ここ)

②放置・無視

③裁判

④放置・無視

⑤強制執行

ここでの対処法として、

他の金融会社から借り入れを行い、

一括返済しようと考える強者が

いるかもしれません。が、

一括請求が届くほど滞納している債務者は、

ブラックリストに載っている可能性が、

非常に高いです。

 

そのため、

他の消費者金融から

借り入れすることは不可能です。

 

とはいえ、

ほとんどの方は、

さすがにこれ以上の借金を

重ねる気にはなれない。

と思いますよね。

 

そもそも債務者本人は、

生活費を工面することに

手一杯になっているでしょう。

 

失業や奨学金など、

やむを得ない事情で

借金をするのは仕方がないです。

このような場合は

運が悪いとしかいいようがありません。

 

しかし、中には、

パチンコや競馬などのギャンブル、

自分の身の丈に合わない

買い物や課金ゲームなど、

とんでもないことで

借金を背負ったパターンもあります。

 

いずれにしろ、

多重債務で苦しんでしまいますが、

一括請求が届いてしまった以上、

早急に対処しなければ、

債務者に悲劇が降り掛かってしまいます。

ここの段階での対処は後述します。

 

まず、知っておくべきことは、

債権者からの一括請求の通達は、

あなたからの返済をあきらめました。

法的手段へ移行します。

という宣誓だと覚えておきましょう。

 

では、

債権者からの一括請求を放置、

または無視した場合はどうなるか。

次の法的手段に移ります。

裁判所から一括請求が届く

債務者が一括請求に応じなかった場合に、

債権者側が行う最終手段です。

 

裁判所から一括請求書が届きます。

債権者側から郵送されるよりも、

危険度が高い書類です。

 

裁判所からの一括請求書には

訴状支払督促申立書

二つの書類があり、

いずれも対応しないと非常に危険です。

 

この二つを放っておくと、

裁判において相手の主張通りになり、

給料を始めとした債務者に関わる、

すべての財産を根こそぎ差押えられます。

これは絶対に防がなければいけません。

 

以下で訴状支払督促申立書について説明します。

 

訴状とは

裁判の申し立ての内容が記述された書類です。

借入先業者を通じて裁判所から郵送されます。

 

もし、

訴状に対して、

債務者側が二週間以内に、

異議を申し立てなかった場合、

もしくは訴状を無視した場合、

裁判を起こした相手、つまり、

債権者の主張がすべて通ってしまいます

 

訴状は、

二週間以内になんとかしないと、

財産をすべて取られる可能性がある。

と覚えておきましょう。

 

支払督促申立書とは

訴状と似たような内容でありながら、

借金の残高と延滞損害金を

請求する内容を記述されている書類です。

こちらも放置している

借入先の主張が成立してしまいます。

 

繰り返し伝えますが、

ここまでくると、

とても危険な状態です。

 

多重債務や一括請求の件で、

目を背けたくなるのはわかりますが、

ここは踏ん張りどころです。

今のうちに打つ手は打っておきましょう。

 

以下はある男性が、

一括請求がきてしまった場合の体験談です。

 

実際にあったこと

当時私は20代後半、働き盛りでした。

その頃の生活はそれなりに安定していました。

急な出費でもある程度の貯金はあったので、

問題はありませんでした。

お金に大きな悩みもなく、

毎日を過ごしていた私でした。

 

ある日、友人たちと飲んでいると、

「こいつ、レクサス買ったんだって!」

と、車の話が始まりました。

私『え?レクサス?よく金あったな。』

友「お前バカだろ。ローンに決まってるじゃん。」

 

私『…ローンって借金だよな。大丈夫なのか?』

友「平気、平気。

ちゃんと給料もらってるし、

まぁちょっときついけど、

なんとかなるっしょ。」

 

私『んー…そんなもんなのか。』

友「そんなもんだって。

みんな借金して買ってんだよ。

お前も買ったらいいよ。」

 

そんな友人の話を聞いて、

私も中古でしたが車を購入しました。

たしか当時は80万円だったけど、

毎月の返済額でも10ヶ月ほどで

完済する予定の金額でした。

 

しかし、

自動車ローンを組んで一ヶ月後、

私の会社は経営難で大赤字。

その後倒産。

私の今月分の給料は未払いのままでした。

 

私は気が気ではありませんでした。

給料が振り込まれていないって

どういうことですか!!

 

と会社に問い詰めたが、

一方的に電話を切られてしまった。

 

結局、給料はでませんでした。

こんなことってありえるのか…。

失業者の中には、

子供を二人抱えているシングルマザーの方や、

家のローンを抱えているおじさん、

家計が苦しそうな人たちがたくさんいました。

私もその内の一人です。

 

私は自動車ローンに加えて、

国立大学の奨学金の返済額も残っていたのです。

 

家族に相談はしてみたけれど、

「うちにお金がないことは知ってるでしょう。」

と力を貸してくれることはありませんでした。

 

確かに、うちは貧乏な家庭でした。

それでも大学時代に仕送りをしてくれた両親に、

強く言うことはできません。

借金の返済は自分で何とかしないと。

私は一人で借金と戦うことを決意しました。

 

倒産後、

私は必死に就職活動をしました。

でも、就職先はなかなか決まらず、

近所のスーパーでアルバイトや

失業手当の給付金で生活費を

食いつないでいました。

 

酒やタバコもやめて、

趣味だったパチンコもできず、

イライラすることも多々ありました。

 

わずかに残っていた貯蓄も、

生活費や家賃にほとんど回していたため、

借金の返済は次第に行き詰っていきました。

数か月後、借金の返済を滞っていた私に、

とうとう督促状が届きました。

見たときは一瞬凍りつきました。

消費者金融は失業者にも一切容赦がないです。

血も涙もない奴らめ。

怒りと同時に恐怖を感じました。

 

家族に相談もできない

かといって、

法律事務所に依頼する金もない

 

俺にはどうすることもできない。

一体これからどうなるんだろう……。

 

借金返済ができない後日、

ポストに一括請求書が届きました。

その金額は奨学金、自動車ローン、

遅滞損害金と合わせて

いち、じゅう、ひゃく、せん、まん…

見たこともない請求額。

140万円ぐらいあったと思います。

どうやったって払えない。

今まで何とか踏ん張ってきたけど、

この時、精も根も尽き果てました。

 

もう人生おわったな…。

訴訟されることは知っていました。

すべてを失った未来を覚悟しました。

 

同じような人いるのかな。

私は仲間を見つけるために、

インターネットで調べました。

ところが、

 

インターネットの法律相談所で

弁護士との相談が無料だったのです。

 

ウソ?ほんとに?

 

もう私には疑ってる暇もありません。

失うものがない私はすぐに連絡をしました。

 

弁護士との相談の元、

自己破産の依頼をして、

一括請求は免れました。

 

車などは失いましたが、

それでも、

あのまま放置していたら、

消費者金融の言いなりです。

どうなっていたかわかりません。

 

首の皮一枚つながった……。

 

就職先が見つかるまでは、

深夜のアルバイトをしながら、

生活費を賄っています。

 

公園の水で水道代を浮かせたり、

ゴミ箱から廃棄食品を漁ったり、

他人から見たら、

もう底辺の生活です。

 

もし病気になった時は、

人生終わる時だと覚悟しています。

 

なんでこんなことになったんだろう。

車を買ったせい?

会社が倒産したせい?

それとも、もっと以前、

大学へ進学したせい?

貧乏な家庭に生まれたせい?

 

結局、答えはわかりません。

ただ、あの時弁護士さんに相談して、

首の皮一枚つながったことは、

奇跡だったと思います。

 

情けない人生ですが、

まだかろうじて続いているので、

ひとまず就職先を見つけることが

当面の課題です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

体験者の方のように

例え計画的な借金をしても、

何かしらのトラブルで

借金まみれの生活になってしまい、

一括請求書が届くまでに

至ってしまいます。

 

体験者は

一括請求書が届きましたが、

法律相談所に相談し、

債務整理を行ったおかげで

最悪の事態には至りませんでした。

 

しかし、

それでも不幸に陥ったことには、

変わりはありません。

 

同じ状況にならないように、

一括請求通知が届いてから、

順に振り返ってみましょう。

 

”債権者”から一括請求通知が届く

諸事情で返済が滞ってしまった時、

借入先業者の場合は内容証明郵便として、

ポストに送られてくることが多いです。

 

この時点で、

ブラックリストに載っているので、

ローンやクレジットが利用できない状態です。

他社から借り入れての

一括返済はできないと考えてください。

また、

請求された債務残高には、

遅滞損害金が加算されており、

到底払える金額ではありません。

よって、

必然的に裁判に持ち込まれてしまいます。

理不尽なようにも思えますが、

これは借金をする上での

契約上のルールなので

仕方がありません。

 

ここでの対処法は、

・一括返済する。

・債権者と返済の交渉をする。

・弁護士や専門家に相談する。

の実質、2つの対処法に絞られます。

 

”裁判所”からの一括請求通知が届く

債権者からの一括請求書を放置した場合、

裁判所から一括請求書の通知が届きます。

この時点で

債権者は裁判を起こしている

といっても過言ではありません。

ただし、

裁判所からの申し立てがきたからといって、

逮捕されることは絶対に有り得ません。

 

裁判所から届く一括請求書は、

"訴状""支払督促申立書"が届きます。

裁判所からの一括請求の伝達を

二週間以内に応対しなければ、

債権者側の言い分通りの支払い命令が出てしまい、

強制執行をされます。

 

もし、体験者の方が、

法律相談所で相談をしなかったら、

債権者側に裁判に持ち込まれてしまい、

強制執行で人生が破綻していたかもしれません。

 

それでは、

"支払督促申立書""訴状"への対処法を

それぞれ復習しましょう。

 

支払督促申立書への対処法

もし裁判所からの一括請求書で、

支払督促申立書が来てしまった場合には、

異議申立書をできるだけ早く作成し、

裁判所に提出する必要になってきます。

 

異議申立書は、

基本的に内容や理由はあまり重要視されませんが、

滞納してしまった理由については、

具体的にできるだけ書き、

和解の交渉をしましょう。

 

また、

支払督促申立書を無視、放置した場合、

債権者側の主張が全て通ってしまいます。

強制執行で給与や預金などの生活に、

必要な財産が全て差し押さえられてしまいます。

 

訴状への対処法

訴状の場合は

答弁書を提出しましょう。

「失業してまともに払えなくなったから」などの

債務者本人の事情の答弁書では、

交渉力がありません。

 

きちんと法的に効果のある

主張を記述した上で裁判所に提出し

債権者と和解に持ち込みましょう。

 

答弁書を裁判所に提出して、

和解が成立すれば、

分割払い利息カットなど、

債務者の返済が有利になります。

その間に返済の計画を

立てることができます。

 

もし訴状に応対しなかった場合、

こちらも支払督促申立書同様に、

債権者側の主張が全て通ってしまい

あなたの財産は強制執行で

全て差し押さえられてしまいます。

 

しかし

異議申立書答弁書も

あくまで一人で対処する方法です。

 

和解が成立しても、

分割払いにできたとしても、

現状の返済が困難な現実

残念ながら変わりません。

 

だからこそ弁護士が必要

一括請求書が届いたからと言って、

債務者が分割払いの交渉をしても、

ここまでに至った以上は、

債権者側からの信用は、

ほぼ失われているといっても過言ではありません。

 

よって、

一括請求を受けたあなたが

債権者に立ち向かうことは

賢い選択とは言えません。

誰にも頼らなずに

一括請求への交渉は

諦めるのが得策です。

一括請求の解決には、

インターネット上で公開されている

法律相談所の弁護士や司法書士が活躍してくれます。

 

法的知識や金融知識が

あなたに備わっているのなら、

交渉することは可能かもしれません。

しかし、一般的には、

そのような知識に乏しいか、

持っていたとしても人並み程度です。

 

債権者から一括請求書が届いた時点で、

弁護士および司法書士との無料で相談

することができるので、

利用しない手はございません。

債務整理で金利を減らす、

分割払いにしてもらう、

現在の債務額を払える範囲にまで減らすなど

借金の負担を少しでも軽できます。

 

また、

もし裁判で判決が出たとしても

強制執行をされる前なら、

個人再生や自己破産で

給与などの財産の差し押さえを

ギリギリで食い止めることができます。

 

つまり、

裁判所からの一括請求

法律相談所なら対応できます。

 

 

 

債務整理には

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産

の4種類がありますが、

 

万が一、

現在の生活で、

借金の完済の目途が見えなかった場合は、

自己破産を依頼しましょう。

自己破産という言葉に抵抗はあると思いますが、

心臓を治すために胸を裂くように

最悪な事態を防ぐための、

お金の救命救急です。

一括請求が届き、

なおかつ、返済の目途が見えないということは、

もう打つ手は限られています。

すでに、お尻に火がついている状態

あなたの人生は一刻の猶予もなく、

適切な対応が求められていることを

自覚しましょう。

 

いつまでもそこで悩んでいると

あっという間に二週間が経ちます。

その前に重い腰を上げて

一括請求書を目の前から消してやりましょう。

 

あとがき

どれほど気を付けていても、

さまざまな事情により、

借金をしてしまう可能性は

誰にでもあります。

 

何度も繰り返しますが、

もし一括請求が届いてしまった場合は

 

二週間以内に債務整理をして

裁判沙汰を防ぎましょう

 

裁判所から一括請求書が

届くほど放置した場合は

書類を作成し、裁判所に提出して

強制執行を防ぎましょう。

 

もしくは

法律相談所にアクセスして

無料相談の元で

債務整理を依頼するなどして、

差し押さえられる前に

済ませましょう。

上記の債権者側からの

一括請求への対処法は

知って損はない内容ですので、

 

万が一のためにブックマークをしておき、

そのようなことになった場合に

読み返して何とか対処しましょう。

 

借金問題は決して一人で抱え込まないでください。

法的手段や金融知識のある、

専門家に相談するのが、

一番的確で合理的な手段です。

 

きちんと返済の目途を立てて、

あなたの人生を取り戻しましょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.