借金返済に必要な知識

誰にでもありえる、借金をする心理の落とし穴

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

生活苦から借金を負債してしまうと思うのですが、そう言った状況を体験する人には共通した特徴があるのではないか?と考えることはありませんか?

例えば、自分自身が借金を負債してしまい、

自分の性格・何か癖のようなものが原因で借金を作ってしまうのではないか?と返済をしながら考えることがありますよね?

ここでは、そう言ったことをテーマにあげたいと思います。

借金をしたり、癖として習慣づいている人の心理(特徴)

どういった人を想像できますか?

性格1つ、お金にだらしがなかったり。

何事にも計画性の無い、ルーズな人だったりと、まず、借金癖のある人隠し事をしたり、嘘を言うことをするそうです。

しかし、これは周りや家族に心配を掛けたくないからという理由でつくそうです。

 

しかし、嘘(借金)が深刻化してしまった状態まで、隠されてしまうと、

どうして早く事情を言わないの?と思ってしまいませんか?

借金は良いイメージはあまり無いと思いますが、悪化した状態になっている時に、

借金を隠していました。と言われるとこちらも動揺してしまいますよね?

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s

 

バレた際も、借金の額(少額だと)をごまかす人もいたり、催促状の事も隠し通そうとするそうです。

バレるきっかけが見つかったとき、全部、隠さずに言うべきだと思いますよね?

これには、周りに心配をさせたくないと言う気配りよりも、自分自身の評判が下がりたくないと言う心理が読めませんか?

 

つまり、バレた時の修羅場を最小限にしたいと言う、安全を求めるあまり、

隠したい部分は隠したままにしようと言う心理が読める気がします。

 

借金が癖として習慣ついている人は、止めたいのに止めることが出来ないと言う心理状態らしいですね。

誰かにこれはしてはいけないと、言われたら、してみたくなると言う心理状態に陥ったことありませんか?

(子供のころなら食べ物の、つまみ食いをしてはいけないよ等)一度だけなら、バレないし。

しっかり、一度で完結できると思ってしまうのでしょうね。

c1b62eadc5e9df269685dad0befe1014_s

 

しかし、美味しい思いを覚えてしまうと、止めることが出来なくなりませんか?

何かのきっかけで楽が出来たり、美味しい思いを味わうと、癖みたいになって次も無いかな?と思うことありますよね?

(宝くじが一度、当たった。次も買い込んで当ててみようかな等)

借金を癖として繰り返す人は心の風邪(病)のように、貧乏ゆすりをするような仕草の癖と言う次元ではない、深刻な心理状態なのです。

 

仕草の癖ならありますよね。

特に強い緊張感があるときに、凄く癖(仕草)を出していませんか?

仕草を治せと言われると、難しいですよね?

だらしがない仕草(癖)なら、社会人としての意識で直さないととは思いますが。

 

借金癖話し合いで解決が出来ないと言われているそうです。

意志の強さがあれば、なんとか治りそうなイメージですよね?

何事も忍耐だと、意識したら治りそうな気もしますし。

でも、話し合いで、解決できそうなイメージも想像できませんよね?

専門の知識を持った方と話をして、ステップを踏み更生に挑むと言うような感じで、

借金癖を背負った人・専門的な解決方法を知らない自分たちで、

なんとか話し合って解決させようと話し合っても解決するのかは、曖昧なところです。

ただ、なにも話さずに溜め込むよりは突破口が見えると思いませんか?

なので、段取りを組むのなら、問題を話し合って、次のステップへ進む際に専門家の指導をつけて行う感じでしょうかね。

次は借金をする人の特徴についてあげていきましょう。

b153d921eb5be5fdf354d6052a8265cc_s

 

知っておこう。借金をする人の心理(特徴)

 

いったい、どんな心理で借金をするのでしょうか?

生活に追い詰められて、切羽詰まっている。

切羽詰まると言う、心理状態なら体験することはありますよね?

生活でも、仕事でも。人間関係でも。どうでしょうか?

借金する人の金銭感覚なのですが。

 

・無責任

・現実を考えない

・だらしがない

 

等が、あげられるそうです。

(自分自身も当てはまります、最近になって緊張感を持って物事に挑んでいます)

何かこの3つには、共通しているものが見えますよね?

心理学者ではないので、説明は詳しく出来ないのですが、なにか共通点やつながりが見えるワードだと思いませんか?

人は大金(借金で借りたとしても)を手に入れてしまうと、真面目な使い道よりも、娯楽の方に偏る使い方を考えてしまうそうです。

a70ff43439853225ad8b3b9e0e92abe2_s

 

漫画でも見たことありませんか?

大きな大金を手に入れ、それは借金の返済にしたり。

生活のために、使わないといけないのに、別の目的で使ってしまったと言う展開。

目の前に大金があると、真面目になれないと言うことですよね?

まして、借り入れ最低限の作業をしただけで、大きなお金が手に入る、そうなると、

お金の大切さを、忘れてしまいそうですよね?

体力も心も、辛い思いをしながら、給料と言う形で、お金が入る。

そういって状況で、お金の価値観が沁みてくるのですが、

借り入れは簡単な作業で、働く以上の金額のお金が借り入れと言う形で入る。

どう思いますか?

次は借金を返せない人の心理的な特徴について、あげてみようと思います。

 

借金を返せない?返さない?心理的特徴

借金を返すことが出来ない、そうした状況に陥り、状況が悪化してしまう。

本当に計画性の無さから、きているのでしょうか?

生活の環境上、借金を負債してしまうと言う展開もありますよね。

計画性の無さだけで、借金を負債してしまうことは極論すぎますよね?

計画性がある行動を取っても、負債をする場合もありますし。

ただ、心理的な特徴はあるそうです。

ここでは、それをあげてみましょう。

 

①見通しを考えず、短期的

どの程度の利息を払うかの計算を考えず目の前の事しか視野に入れることが出来ないと言う考えだそうです。

実際にどうでしょうか?

金融の取り立てが来ました。そして、返済を払いました。

すると、今回はなんとかなったと落ち着きますよね?

確かに、次の事を考え返済を意識と言うことは、考えている以上に、難しいと思います。

実際に取り立ての連絡が着たら、焦りますよね?

次の返済の、お金まで準備と言うのは。簡単ではないですよね?

 

②目標の小分けが出来ない

小分けと言うのは、どうでしょうか?

こちらは、小分けで良いと、最後まで目標はしっかりと通すで、意見がわかれると思いませんか?

自分も昔、仕事に参加していたとき、目標は小分けと、最後までしっかり目標を考えてくださいと意見を言う方がいました。

実際にどちらが、良いのでしょうか?

借金の返済の場合は、小分けに返済を意識する方が上手くまとまるそうです。

955728a628424429458e7c4d2c5b3447_s

 

③預金残高と借入限度額を混同している

借り入れで借りたお金と、自分の預金を一緒にしてしまう

(借りたお金も自分のお金だと、考えてしまう。錯覚ですかね)

預金が少額で、気分が沈んでいたとき、借り入れでも、お金が入ると、一瞬だけ、裕福感を味わえますよね?

どうしても、自分のお金だと思ってしまいますし。

借り入れたお金だと言うことも忘れて、自分のお金にしてしまいたいですよね?

 

 

まとめ

心理(特徴)を見てみると、誰でも陥りやすいかもしれないような状態にも見えましたよね?

小銭程度なら、冷静に考えることも出来るのですけれど、大きなお金になると、その冷静さも忘れてしまいそうですよね?

でも、それが普通だと思います。

大きなお金が、入ってくると、そうなりますよね。

注意しようの一言で、片付くような問題に見えないですよね。

しかし、心理(特徴)を知れたところで、借金が減るわけでは無いですし。

どうしたら良いかと、思いますよね?

そこで、こういった方法があります。

http://ventagafassolrayban.com/knowhow/hensai/

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.