借金返済に必要な知識

特定調停ってなに?メリット、デメリットは?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金返済に困った時にするのが、債務整理です。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という手続きがあります。

順番に解説していきます。

特定調停ってなに?メリット、デメリットは?

任意整理とは、借金返済に困った人が、債権者である金融機関と交渉をして借金の利息や遅延損害金をゼロにしてもらう手続きです。

個人で交渉をすることは難しいので、弁護士が間に入って交渉をするのが一般的です。

裁判所を通さない手続きであり、法律的な根拠のもとに行われるものではないため、違法でなければどのような内容の和解となってもかまいません。

しかし実際には、利息と遅延損害金をゼロにしてもらい、残った元本を3年もしくは5年かけて借金返済していく計画を立てるという和解の内容になるのが一般的です。

債権者としても、自己破産や個人再生をされるよりははるかにマシなので、弁護士に依頼をした場合の任意整理の成功率はかなり高いです。

個人再生は、任意整理と自己破産の中間のような手続きと言われています。

任意整理では元本までは減額できないのに対して、個人再生では元本も大幅に減額できるのが特徴です。

自己破産のように借金をゼロにできるわけではありませんが、マイホームを残したまま借金を整理できるというのが大きなメリットです。

減額後の借金は、原則として3年、特別な事情がある場合には5年をかけて借金返済していきます。

自己破産は、借金返済に困った人が最後にとる手段であり、免責が下りればすべての借金を帳消しにできます。

他の債務整理の方法では、整理をした後も借金返済を続けていかなくてはならないのに対して、自己破産ではすべての借金をゼロにできるので、借金返済を続けることができない無職の人や、生活保護受給者などでも行うことができます。

ギャンブルや浪費によって大きな借金を作った場合には免責不許可事由となるので、免責が下りないケースがありますが、実際には免責不許可事由となる場合でも裁判官の裁量によって免責が下りるケースも多いです。

mom wearing short sleeve clothes is pointing

さて、それでは本題である特定調停について解説します。

他の3つの方法とも比較しながら解説していきます。

特定調停も、借金返済に困った人が行う手続きという意味では他の3つの方法と変わりません。

特定調停では借金の利息や遅延損害金を減額もしくは免除してもらうことを目指すので、任意整理とよく似ています

個人再生や自己破産のように法的な根拠のもとに行うわけではないという点も任意整理と共通します。

特定調停は、簡易裁判所で行う手続きであるということが、任意整理との大きな違いです。

簡易裁判所で行う手続きなので、弁護士に依頼をせずに行うことができ、費用を節約できるという点が大きなメリットです。

個人再生や自己破産も裁判所で行う手続きですが、特に個人再生はとても複雑な手続きであるため、弁護士に依頼をしないと難しいでしょう。

自己破産についても、個人で行って失敗するリスクを考えるとやはり弁護士に依頼をしたほうが確実です。

また、任意整理と同様に、対象とする借金を自由に選べるのもメリットです。

例えば連帯保証人がついている借金を債務整理してしまうと、連帯保証人に必ず迷惑をかけることになります。

住宅ローンや自動車ローンのような抵当権がついている借金を債務整理してしまうと、抵当権が実行されて家や車を失うことになります。

連帯保証債務や担保付ローンを自由に対象から外すことができるという点も、特定調停のメリットです。

特定調停は、法的手続きとなるため手続きがやや複雑になることがデメリットです。

借金返済に困っている人は、すぐに借金の請求を止めてほしいというケースも多いですが、特定調停では申し立てが完了するまで借金返済の催促は止まりません。

任意整理では、弁護士に依頼をするとすぐに催促が止まります。

また、特定調停は法的根拠の元に行われるのではなく、あくまで交渉による手続きです。

そのため、債権者が同意をしてくれないと和解は成立せず、不調に終わります。

不調に終わった場合は、引き続き借金返済をしていくことになりますが、遅延損害金までしっかりと請求されてしまいます。

これは大きなデメリットです。

また、他の手続きでは過払い金が発生している場合には過払い金の返還請求も行われますが、特定調停の中で過払い金返還請求を行うことはできません。

Woman who is worried

過払い金とは、利息制限法の上限を超えた金利で借金返済を行っていた場合に発生する払いすぎた利息のことです。

過払い金返還請求の時効は最後に借金返済をしてから10年なので、また借金返済中の人はもちろん、すでに完済してしまった人でも時効にかかっていなければ過払い金返還請求をすることができます。

過払い金を引きなおし計算することができないので、過払い金も含めて借金返済をしていかなくてはならないことは大きなデメリットです。

過払い金が発生していない場合にはこのデメリットはありません。

以上のように、特定調停はデメリットが大きく、現在はそれほど行われていません。

任意整理という方法をとることが一般的です。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.