借金返済に必要な知識

深刻な問題、親の借金は、子供にも影響するのか?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

もし、自分の親が借金を負債していたと知ってしまったら。その時に子供(社会人)は、親の借金の返済にかかわってゆくのか?肩代わりをしないといけないのか?と、疑問に思いますよね?今回は親の借金について、子供(社会人)はどう向き合ってゆけば良いのかを、あげてみましょう。

 

親の借金は、子供(社会人)も一緒に返さないといけない?

家庭の状況は、いろいろありますよね。裕福な暮らしを送ることが出来たり、逆の環境で暮らすことになったり。お金の問題は仕方がないと思います。今は裕福でも、将来。生活が苦しい環境に、なるかもしれませんし。逆にきっかけで、裕福になると言う展開もあるかもしれませんし。

 

親は子供に借金のことを、隠していると言う状況が多いようです。相違が原因になっているらしく。親の方は「子供には、迷惑をかけないように。。。」子供の方は「親なんだから、借金の事はなんとかしているだろう」と思っているようです。なので、借金が山積みになるまで放置されて、取り立てが発生したときに借金の問題が明るみになるようです。

d0dffede384190f0b3bce16ebab6ad41_s

 

先ず、答えをあげるのですが。子供には親が負債した借金に対し、返済をする義務は無いようです。しかし、注意をしたいのは。闇金融の違法金融から、親がお金を借り入れしていた場合、情報を調べて。子供にまで、返済を強要する可能性があるそうです。違法行為ですので、不安に思った際は要求に応じず。弁護士・警察へ一度、相談をしてみましょう。完璧に解決するかは、状況次第ですが。被害を和らげることが出来るかもしれません。

 

しかし。親の負債を見ていると、気が気でない状態だと思います。事情や理由はいろいろあると思いますが、なんとか助けることが出来ないか?と思うこともありますよね。子供側の意思になるのですが。第三者側から、借金を肩代わりをすることは問題は無いそうです。つまり、自分から親の借金を、肩代わり・サポートをすると言う形になります。借金の原因をその際に、話し合う機会も作ってみましょう。浪費癖など、話し合うことでハッキリと原因を見つけることが出来るかもしれません。

 

しかし。子供が親の借金の保証人になっていた場合。立場は、変化していきます。返済能力が親にないとわかったとき、子供に借金の返済の請求が行きます。なんとか、親の借金を減らす方法は無いか?と思いますよね。いくつか、その方法をあげてみましょう。

da583c7364ff3db44bb342bffe279e32_s

 

【債務整理】

債権者と債務者と任意で、話し合いを行い。借金額の減額・返済額の減額を交渉すること。借金の大幅減は無いと思いますが、確実に返済・完済するための方法を話し合い協議します。

 

負債している額が減ると、少し落ち着きませんか?。無難に返済していくため、どういった案が出るかと言う感じでしょうか。一般の金融業なら、そう言った相談も聞いてくれるかもしれませんね。

 

【個人再生】

裁判所を通して、3年程度。借金に対しての返済計画を、考えること。こちらは、借金額を大幅に減らすことが出来る制度だそうです。デメリットは借り入れを行うことが、5年程度できない状態になります。それに。闇金融へ借金についての、トラブルの情報を知られてしまい借り入れの誘いがくると思います。

6c06bc979db56cc86c70bf9643706e5b_s

 

負債額が大幅に減ることは、助かりますよね。大幅に額が減る、そう聞くと頼りにしてしまいそうな気がしませんか?。しかし。悪い条件として、闇金融へ借金の事情を知られてしまう。そうしたことで、もしお金に困る機会が出てきたときに。そういった違法金融に、借り入れをしてしまうかもしれないと言う展開が出てきます。

 

【自己破産】

税金以外の借金の問題から免れることが出来ます。しかし。住宅・車・高額な財産を失うことになります。(負債している金額が深刻な場合、視野に入れてみることも)

 

親が貯蓄して、購入した家や車・財産なども。失うと言う形ですかね、子供にとって、親と一緒に暮らしてきた。住宅を手放すことは、昔から過ごしてきた時間も借金の問題で潰してしまったような。やりきれない気持ちになるんじゃないですか?。

29faed3dfb835d323a6cfa7282d6bd38_s

 

では、親の借金を、もし、子供(自分が)将来、背負う形になってしまったら、どうしよう?と思いますよね。次のテーマは子供の立場からみて、親の借金の疑問点をあげてみましょう。

本当は肩代わりをしたくない。親の借金から、逃れるには?

親の借金を本当は負債したくないと、思うのが本音かと思いますが。表面的には、なんとかできないかと考えるけれど。お金の問題が、かかわってくると。少し距離を置いて考えてしまうと言う展開になると思いますが、どうでしょうか?ここでは、親の借金について、どう向き合ったら良いかの話を子供(社会人)側の立場から。最小限に出来ないかを考えてあげてみましょう。

 

【親の負債している、借金の金額を知ること】

全国銀行協会・全国銀行個人信用情報センターで、問い合わせることが出来ます。

 

【両親が亡くなったとき、借金の相続が始まる】

そのとき、遺産相続が開始されますが。親が持っている財産は、配偶者へ分配されます。その際に借金の返済義務を負いたくないときは、相続放棄と言う方法を取れば、借金の相続を防ぐことが出来ます。(利益として得られる遺産も、放棄することになります)

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

 

遺産を得ると言うことは、得られるものの方が多そうなイメージですが。負債を背負うことにもなり、良い展開ばかりでは無いようですね。遺産を相続する機会が出てきた際、把握をしていないと利益にならないものばかりを負債してしまいそうですよね?。親の借金を回避する方法が、いくつかあるのですが。3つあげてみましょう。

 

①親が自己破産をすること

②相続を放棄すること

③限定承認をすること

 

相続放棄についてなのですが、期限に注意をすることを意識しましょう。相続放棄は好きな時に出来ることではなく、相続が開始を知った、3か月以内での期限で考えられています。(専門家の方も悩みほどで。いくつかの、仮説を考えているそうです)ポイントは親が亡くなってから、3ヵ月以内に裁判所へ手続きを行うことを意識。

 

繰り返し説明をするのですが借入先が、違法の金融業者なら弁護士に相談するようにしましょう。弁護士や警察が介入することで、悪化の進行を緩めることが出来るかもしれません。しかし。親の借金の連帯保証人になっていた場合は、相続放棄をすることが出来ません。では、次のテーマは原点に返り。親の借金は、肩代わりをしないといけないのか?をテーマに説明をしてゆきましょう。

親の借金、結局は子供が返さないといけないのか?

おさらいのようになるのですが、親の借金は最終的に子供にも返済を求められるのか?をおさらいで、記事をあげていきましょう。

 

【第三者請求は違法の返済行為】

借主以外の他人に肩代わりをさせることを、第三者請求と言います。「協力をお願い致します」等の言葉遣いで、回収を迫る金融業者もいるそうです。(貸金業法の改正のため、現在は取り締まりがあるそうです)

 

【親から、肩代わりを頼まれてしまったら】

自分次第だと思います。一度、解決が出来たとしても。また、親が借金をしてしまうと言う展開も無いとは言い切れません。

b3efe3f4f74a916db6a6d191ccda6488_s

 

まとめ

子供の立場としては、自分の親が借金をしていたら。心配に思いますし、この先どうなるのだろうと言う不安もありますよね。親の立場から見ても、子供に心配をさせたくないと思うでしょうし。しかし、借金の問題は変わらないまま。どうしたら良いかと思いますよね。そこで、こういった方法があります。

http://ventagafassolrayban.com/knowhow/hensai/

 

何か、解決の手助けが出来るかもしれません。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.