借金返済に必要な知識

借金と生活費を両立。一人暮らし返済の黄金ルール。

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

憧れていた一人暮らし。

住みなれた町を離れて、

見知らぬ土地で

住み始めました。

 

すべてが自由。

自分だけの空間。

何をしても怒られない。

小言をいう親もいない。

そんな快適な暮らしを

思い描いていましたよね。

ところが、、、

 

一人暮らしには

自由と同時に責任があります。

とくに、

陥りやすい問題は

お金の問題です。

慣れないお金の管理は

とても難しいですよね。

 

きっとあなたも

お金の管理が

うまくいかなくなったのでしょう。

気の合う友人でもお金の悩みは

話しにくいですよね。

 

手持ちが少ないのに、

友人の誘いを断りきれずに、

出費を重ねてしまうケースも

多いのではないでしょうか。

 

ましてや、友人に

「お金をかして。」

とは言いづらいですよね。

 

金の切れ目が縁の切れ目。

 

ジュース代ぐらいならまだしも、

何十万円という金額は

やはり気負ってしまいますし、

友人を失う可能性もあるでしょう。

 

だからといって

親に頼るのも気がのらない。

 

独りで悩んでいると、

憧れていた一人暮らしが

気づけば、

憂鬱な暮らしへと

変わってしまったのではないでしょうか。

どうしてこんなことに…。

 

 

他人事だと思っていた借金

一人暮らしのお金の管理は

ホントに難しいですよね。

 

ついつい、

無駄づかいをしてしまったり。

予想以上に使いすぎて、

食費を極端に削ったり。

 

明日から気をつけようと意識しても、

うまくいかない…。

 

一人暮らしの生活だと、

そんなことが多々ありますよね。

 

なにか物を買うときに、

値段が高いのだけれど、

今どうしても欲しい。

で、

勢いで買ってみたり

 

食費を削れば何とかなるかぁ。

なんて不健康で我慢した生活をしたり。

 

でも、ほしいものは

仕方がありませんよね。

 

そんな、

我慢できないあなたに、

ぴったりな返済アイデアを

いくつかご紹介します。

あ、これならできそう!

 

と思うものがあるかもしれません。

あなたのぴったりの節制スタイルを

選んでみてはいかがでしょうか。

 

返済の黄金ルール3つ

と、その前に、

大事なことを言い忘れました。

 

これから、

あなたが借金返済のために

ぴったりの節制スタイルを

選ぼうとしています。

 

ですが、

その前に、

これだけは知っておいてほしい、

黄金ルールがあります。

 

ルールその1|出費をおさえることを”意識する”。

借金返済するために

出費をおさえることを意識する。

が、ルールその1です。

 

そんなの当たり前でしょ。

と聞こえてきそうですが、

大事なのは”意識する”ということです。

あなたは毎月の出費を

把握できているでしょうか。

今月はコンビニでいくら使った?

光熱費はいくらでしたか?

 

うっ…正確にはわからない。

で、でも、だいたいはわかってるよ。

 

みなさん、同じこと言うんです。

大丈夫です。

何も家計を細かくチェックしなさい。などと、

小うるさい親みたいなことは言いません。

わたしは使い過ぎている。

という意識を持つだけで、

最初はオッケーです。

それならできそうですよね。

 

出費をおさえるというと

大きな買い物をしない。と

考えてしまいがちですが、

実際に効果を出すには、

細かな出費の積み重ねを

気を付けたほうが

期待できます。

あなたもきっと

出費を抑えよう、

抑えようと、

大きな買い物を

我慢した経験があると思います。

どうでしたか?

うまくいきましたか?

 

疲れと、ストレス、

それに耐えきれず、

買ってしまう自分に

自己嫌悪したり

我慢が続いたご褒美に

大きな買い物をして

結局、努力が水の泡になったり

あるある。ですね。

焦りは禁物です。

 

そうは言っても早く返したいし…

と、思う気持ちは

もちろんわかります。

 

後ほど詳しく説明しますが、

意識するのと、

実際に抑えようとするのは

ストレスが10と100ほど違います。

いきなり抑えようとすると、

ムリがかかり、大きな反動となって

返ってくることが少なくありません。

 

まずは、ルールその1

出費をおさえることを”意識する”。

 

ルールその2|収入を増やすことを”意識する”。

借金返済するために必要な原則として、

収入を増やすことを”意識する”。

が2つめに挙げられます。

 

それも当たり前でしょ。

はい、その通りです。笑

繰り返しますが、

意識することがとても重要なのです。

 

さて、収入を増やすというと、

仕事を増やしたり、

アルバイトのような時給制なら

労働時間を増やすことです。

 

体力の面や、時間の面を考えると

出費をおさえることより、

難しい面もあるかと思います。

 

でも、安心してください。

ここでは、

意識するだけで

構いません。

実際に、

新しい仕事を探したり、

労働時間を増やしたり、

行動しなくても構いません。

意識するだけです。

 

ルールその2

収入を増やすことを”意識する”。

 

ルールその3|頑張りすぎない。

さいごに

借金返済するために、

必要な原則として、

頑張りすぎない。です。

 

ルール1ルール2で軽く触れましたが、

頑張りすぎないことが重要です。

無理をした返済計画は

しっぺ返しが多いです。

 

それでも、

無理をしてでも

短期間で返済を終わらせるんだ。

と思う方がいたら、

ストレスと戦う覚悟、

自分の怠け癖や逃げ癖を

抑え込む強靭な意志力。

そんな屈強なハートの持ち主ならば

ムリをした短期間の返済計画を

しても成功するでしょう。

 

でも、

あなたは借金返済を

短期間のうちに

全力ダッシュで

成功させる自信はありますか?

 

多くの方が自信がない。

と答えるでしょう。

わたしも自信がありません。

 

なので、

頑張りすぎないでください。

少しずつ、少しずつ、

あなたの考え方を変えるだけで

借金は自然に減っていきます。

 

借金を返せないかもしれない。

と、怯えて暮らすより、

借金を返せるかもしれない。

と、希望をもって暮らしていけるようになれば、

ゴールは目前です。

 

さいごのルールは

頑張りすぎない。

 

それでは、

次からは、黄金ルールに合わせた

具体的なアイデアを集めました。

ぜひ、ご覧ください。

 

【おすすめランキング】出費を減らすアイデア TOP3

3位 家電の設定が重要。

まずは、第3位。

さきに答えを言いますと、

光熱費の節約方法です。

 

光熱費は生活する上で

どうしてもかかる費用です。

しかし、

毎日の暮らしと直結する費用で、

少しの見直しから、

出費が抑えられるケースが

多くみられます。

 

光熱費の見直しって

あまり関心が向きませんよね。

 

よく耳にするのは、

LED照明に買い替えたり、

冷蔵庫の開け閉めを短くしたり、

エアコンの設定温度を上げたり、

 

こんな方法はすでにご存じかと思います。

わかってるけど、

正直言って、

面倒くさいですよね。

 

LED電球への交換は

確かに一度で済むのですが、

でもね、

LEDの電球って高いんですよ。

 

長期的に見れば、

安くなるんだろうけど、

賃貸だと、

いつ出ていくかわからないし、

わざわざ買い替える気にもならない。

 

そ こ で 、

 

何度もやる必要がなく、

難しいことを考えずに

快適さを損なわずに、

節約できる方法があるとしたら、

絶対知っておきたいですよね。

ズバリ!!

家電の設定を変えることで、

実現可能になるかもしれません。

 

洗濯機をタイマー設定にする

あなたは知ってましたか?

電気料金が時間帯によって変わることを。

時間によって値段が違うんですよ。

プランによって若干違いますが、

一般的には深夜帯の電気料金は、

日中に比べて安いです。

そこで、

日々の洗濯機を回す時間を

深夜に設定してみましょう。

 

タイマー機能がある洗濯機に限りますが、

タイマー設定を利用し、

深夜帯で洗濯を行うことで

月に700円以上の節約になります。

年間でおよそ8,400円以上の節約です。

 

 

テレビの明るさを”暗め”に設定する

あなたは部屋に戻ったら、

まずテレビをつけるタイプでしょうか。

 

もし、あなたがテレビをよく見る人なら、

明るさ設定を暗めに変更してください。

 

もし、最大の明るさになっていたとしたら、

 

小銭をドブに捨ててるようなものです。

今すぐ設定し直しましょう。

 

テレビの明るさを

最大から中に設定するだけで、

液量テレビだと年間で約400円、

プラズマテレビだと

年間で約1,400円の節約になります。

 

電力会社の契約を見直す

根本的な問題で一番効果の期待できる方法です。

 

2016年から電力自由化がはじまり、

個人が自由に電力会社を選べるようになりました。

 

ここ数年で、

自分に合った電力会社のプランに

変える人も増えてきています。

 

あなたは見直しましたか?

生活はそのままで、

電力会社の契約を見直すだけで、

年間10,000円以上の節約が期待できます。

 

ちょっとやってみようかな。

と興味がわいたら、

電気料金プランを探してみましょう。

 

それでは、

ランキングに戻ります。

出費を減らすアイデア TOP3

 

つづいて、第2位を紹介します。

 

2位 コンビニゼロを目指す

 

出費の大敵。

ゲームで例えると、

ムリゲーというほどの

ボス的存在の強さを持つ彼。

また、個体数もバカみたいに多い

 

彼の名は

コンビニエンスストア。

 

借金を背負って、

弱っているわたしたちが

彼と戦っても、

到底、勝てる相手ではありません。

 

彼はあらゆる作戦で、

弱っているわたしたちから、

着実にお金を奪っていきます。

(コンビニ関係の人が読んでいたらごめんなさい。)

 

では、勝てないならどうするか?

 

”逃げるが勝ち”です。

 

 

立ち読みでも、

トイレでも、

休憩でも、

支払いでも、

コンビニには、

入らないようにしましょう。

 

これだけでも、

出費は確実におさえられます。

 

コンビニの平均客単価はご存知ですか?

 

んー、300円くらい?

500円くらい?

 

正解は

 

 

580円です。

(2018年2月期の営業数値より算出。)

 

つまり、

あなたが1度コンビニに入るたびに、

約580円を使っている計算です。

 

では、

あなたは週に何回コンビニいきますか?

 

ん~どのくらいだろう。

少し考えてみてください。

 

もしも、あなたが

コンビニ大好き人間で、

毎日行ってるとしたら。

(一ヶ月を4週間とした場合。)

580円×7回×4週間

=16,240円

 

週に4回ぐらいの方ですと、

580円×4回×4週間

=9,280円

 

コンビニへ行かなくなるだけで、

これだけ手元にお金が残る計算です。

 

コンビニ行かない作戦は、

わたし自身も

貧乏学生時代に試しました。

おかげで何とか乗り越えた実績があります。

 

食品スーパーなら、すべてうまくいく。

コンビニへ行かなくなると、

食料を買う回数が極端とに減ります。

 

では、どこで買うか。

これは予想通りだと思います。

家計の女神。

彼女の名は、食品スーパー。

(食品スーパーの回し者ではありません。)

 

スーパーの魅力といえば、

特売セールや見切り品のセール。

 

お金のない一人暮らしの

わたしたちにとって

見切り品のセールは

まさにオアシスです。

 

どれくらい助けになるか、

具体的な金額を

これからご紹介します。

 

1日の食費を

1,200円と仮定します。

 

理由は、

総務省統計局のデータ(2015年)を

参考にしました。

 

参考データによると、

一人暮らしにおける

一日の平均食費は、

1,296円

と、算出できました。

よって、キリがよい、

1,200円とします。

 

1日1,200円と聞くと、

高いと思いがちですが、

1食あたり400円となるので、

余裕はない金額です。

 

ちなみに、1,200円という金額に、

お酒や外食費も含まれています。

もし、あなたが、

お酒を買ったり、

外食をした場合は、

400円の予算をオーバーするでしょう。

すると、

1食200円や300円

生活しなければならなくなる計算です。

耐えられますか?

難しいですよね。

あ、

食事を抜くのはおススメしませんよ。

後に医療費として倍返しされます。

(体験談)

 

では、

スーパーで見切りセール品のラインナップ。

食パン6枚=79円(半額)

お弁当=299円(半額)

おにぎり=49円(半額)

野菜サラダ=49円(半額)

煮物=99円(半額)

揚げ物=149円(半額)

※わたしのいきつけスーパーの売値です。

普段からこのくらいの値段だと

どれだけうれしいでしょうか。

これなら400円でも

お腹いっぱいになりますね。

 

さいごに

出費をおさえるアイデア TOP3

第1位です。

 

1位 早寝早起きで納得。

早寝早起きは三文の徳。

本来は金銭面の意味で使うことはありません。

しかし、

金銭面からみてもお得がいっぱいです。

 

まず、

光熱費がおさえられます。

そして、

夜遅くに出かけない分、

無駄な出費が減ります。

これが大きい!

朝より夜のほうが

お金を使っちゃいますよね。

なので、

早寝早起き

試してみてはいかがでしょうか?

 

できない人は、

早起きが苦手な人が多いです。

早起きをするためには、

早い時間に寝ることです。

すると、

自然と早く目を覚ますことができます。

早寝早起きは

お金も時間もかけずに、

自然と出費をおさえることができる方法です。

ぜひ、試してみてください。

 

では、ここからは、

収入を増やすアイデアをご紹介します。

 

【おすすめランキング】収入を増やすアイデア TOP3

3位.プチアルバイト

収入を増やす上で、

一番手っ取り早いのは、

仕事を増やすことです。

いわゆる副業ですね。

 

なんか副業って難しそう。

 

不安に思うこともあるでしょう。

簡単なアルバイトならどうでしょうか。

 

会社に勤めながら

アルバイトをやっている人もいれば、

アルバイトを掛け持ちしている人も

もちろんいます。

 

また、

残業手当や深夜手当のような

特別手当をもらうことで

上手に収入を増やすことができます。

 

短時間のアルバイトもあるので、

ムリなく続けられる仕事が

きっとあると思います。

 

でも、

これ以上どこかに勤めるのは嫌だなぁ。

って思っているあなたには、

自宅にいながらできる、

内職のアルバイトもあります。

 

クラウドソーシングといわれる

インターネットを通して、

受注できる仕事もあります。

 

WEB知識がある方なら、

記事を書く仕事や

データ入力の仕事もあるので、

空いた時間に収入を増やすことができます。

 

2位.不用品使いこなし術

いらなくなったもの、

使わなくなったものは、

すべてお金に変えましょう。

 

現在では、

メルカリなどのアプリを使えば

カンタンに物を売ることができます。

 

あなたがいらないものでも、

ほかの誰かにとって

必要なものって結構あるんですよ。

 

もしかしたら、

捨てようと思っていたものが、

高く売れるかもしれません。

 

1位.無貯金、一発解消。

あなたは貯金できてますか?

わたしは大の苦手でした。

財布にあれば使ってしまいます。

いつまでたっても、

貯金ができない自分に、

あきらめていました。

 

そんなわたしの無貯金生活を

一発解消してくれたのが、

コレです。

そうです。

ぶたの貯金箱です。

ぶたは昔から幸運の象徴として・・・

って、ぶたの話じゃなくて、

ぶたは完全にわたしの好みです。笑

貯金箱を買いましょう。

 

貯金ができない。

浪費癖。

見栄っ張り。

超めんどくさがりなわたしでも

500円玉貯金で

なんと、

500,000円も貯めることが出来たんです。

ブタさんってスゴい!(違

 

最初は500円が

勿体ないなぁ、なんて思ってました。

500円玉が出てくる度に

貯金箱にいれると、

手持ちがすぐになくなります。

何度も貯金箱を開けてしまおうかなぁ。

と、思ったのですが、

 

貯金箱を開けるのがめんどくさい。笑

私が買った貯金箱は、

専用の工具が必要で、

気軽に開けれるもので

はなかったのです。

 

結局、開けないまま、

500円玉を入れていきました。

 

入れなきゃ!とは思わずに、

あ、入れとこうかな。

って気が向いた時に入れてました。

 

そのうち、

ずっしりと貯金箱に重みがでてきます。

 

だいぶ重くなってきたけど、

いくらぐらいたまったんだろう。

 

って楽しみになってくるんですよ。

 

それだけじゃありません。

 

貯金ができていることがうれしくなるんです。

わたしでも貯金できた!

って。

 

最後に開けるのは

すごく勿体なかったのですが、

開けてびっくり!

504,500円も、

貯まっていました!

超めんどくさがりなわたしでも

ちゃんと貯金できる方法が

この世にあったんだと、

感動しました。

 

それでもだめなら

これまで、

出費をおさえる方法と、

収入を増やす方法について

出来るかぎり、

カンタンなものを、

ピックアップしてきました。

 

それでも、

やっぱりめんどくさい。

できる自信がない。

と思う方もいると思います。

 

そんな方は、、、

 

もう、ムリです。

あきらめてください。

と、言いたいところですが、

最後まであなたにお付き合いします。

 

ここまできたら、

もはや借金返済の最後の切り札です。

 

あなたに必要なのはお金じゃなくて力。

出費も減らせない。

収入も増やせない。

ここまできたら、

もう打つ手は1つしかありません。

借金を減らしましょう。

 

え?そんなことできるの?

なんだか、こわいんだけど。

 

ごもっともです。

最後の切り札ですので、

そんな簡単に使う代物では

ございません。

 

あなたが、

これまで紹介した方法が

どれもできそうにない。

 

もしくは、

それどころじゃない。

おかしくなりそうなくらいで、

どうしたらいいかわからないんだ。

 

もう、いっそのこと、、、

このまま人生を終わらたい―。

 

そんな風に考えたことがあるなら、

この切り札を使うべきです。

 

とてもつらかったですね。

誰かに気軽に打ち明けれる悩みではありません。

ずっと、ひとりで抱え込んでいたのですね。

 

あなたのような、

一人暮らしで、

借金に苦しんでいる方に、

絶大な力になる人たちです。

その名は街角法律相談所

ここでは、

借金返済のプロ弁護士

登録されています。

 

でも、弁護士って何だか怖い。

バカにされそうで傷つくのが怖い。

 

不安ですよね。

なんだか弁護士って聞くと

身構えてしまって、

 

わたしたちと住む世界が

違うんじゃないか。

 

そんなこと考えてしまいますよね。

心配しているあなたに、

わたしは信じてください。

なんて無責任なことは言えません。

 

誰だって弁護士への相談は怖いです。

わたしだって怖いです。

 

そんなときは、

信じないかわりに

疑わないことです。

不安でも、怖くても、

たくさんの借金問題を、

解決してきたことは事実です。

まずは、疑わずに、

事実を受けとめてみませんか。

 

わたしたちのような

借金で悩んでいる人たちと、

たくさん向き合ってきた人たちです。

 

きっと、

わたしたちの力になってくれると思います。

わたしたちの借金問題を解決できる、

数少ない人たちかもしれません。

 

頼れる友人もいない。

家族にも相談できない。

自分でもどうにもできない。

 

そんな今のわたしたちには

ふたつの道があります。

あなたならどちらを選びますか?

①一度だけ勇気を出して弁護士に相談する。

②このまま、ずっと借金を抱えたまま生きていく。

 

 

もう返済に苦しむことはありません。

もう人生を終わらようなんて、

バカなことは考えなくていいんです。

さぁ、わたしといっしょに、

元の暮らしに戻りましょう。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.