借金返済に必要な知識

消滅時効の援用の条件、借金が踏み倒しにくい理由

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

時効援用とは、援用権者(時効で利益を受ける人の意味)が消滅時効主張することです。

消費者金融や信販会社に最後に借金を返済した日から5年以上経過した後、司法書士が時効援用通知を送付したときに消滅時効が完成します。

本人が抱えている債務額に関係なく、今までの借金を全て白紙化することができます。

もちろん闇金融には時効という文字はございませんのでどのような理由があっても絶対に借りないようにしてください。

止むを得ない事情で多額の借金をした方はお悩みになってはいませんか?

 

時効援用とは?

時効援用とは借金の返済などで用いられる用語です。

概要としては借金には時効があり、その期間が経過した後です。

それが過ぎたのでもう自分には返済の義務がないことを相手方に伝えることで、法律上は返済を免れることができるということを指します。

勘違いしてはいけないのは、単に一定の期間、借金の場合は5年ですが、その5年を経過すれば自動的に返済しなくてよくなるわけではないことです。

あくまで法律に定める期間が過ぎたので自分にはもう返済する意思がないということを相手に伝えて初めて返済の義務がなくなることです。

このことを援用と呼んでいます。

あまり聞きなれない用語ですが、援助を用いるというような意味であり、法律の援助を受けるというような感じになります。

逆に言うと、5年を経過したからといって、相手からの督促に応じて自分には返済の義務があると認められるような言動を取ったりすると法律上も返済の義務はなくなりません。

例えばあと1ヶ月待ってくれと言ったり、たとえ一部であっても返済したりするようなことは、客観的に見て自分には確かに返済の義務があると認めていると判断されてしまうわけです。

時効援用は法律の専門家でないと適切に行うことが難しくいです。

素人が思いこみで行っては適切に受理されなかったり、逆に返済の義務があると認めたことになってしまわないとも限りません。

ですから、ここは弁護士など法律の専門家に行ってもらうことが適切です。

 

時効援用が適応されるケース

借金は特定の条件が揃うことで時効になり、返済の義務がなくなります。

では、具体的に時効になるケースはどのようなものでしょうか。

銀行や消費者金融からの借金を例に挙げると、未返済期間が五年以上になった場合、時効にできる可能性が出てきます。

ただ、この期間はケースによっては延長されることもあります。

債権者が裁判所を通じて支払督促を送る、あるいは債務者が債権者に対して借金の存在を認めて、返済を待ってほしいという発言をしたり、文書を送った場合などです。

また、内容証明郵便で督促状を送った場合も期間が変わってきます。

この場合では、半年間、延長されます。

もし、支払督促、借金の承認、内容証明郵便による督促などが一切なく、最後の返済から五年以上経過した場合は、その時点で時効を成立させることがほぼ可能になります。

しかし、時効は自動的に成立するわけではなく、債務者から債権者に対して援用通知を送ることで成立します。

なので、もし五年以上経過していても、援用通知を送らず、そのあと借金の承認をしてしまうと時効は不成立で返済義務が消えることはありません。

援用通知についてですが、簡単にいうと「借金の時効制度を利用します」と書いた書類を債権者に送るだけで済みます。

こう書かないといけないというフォーマットはありません。また、書類の送り方も普通郵便でも問題ありません。

ただ、普通郵便だと債権者が「援用通知の書類など届いていない」という主張をしてくる可能性があるので、内容証明郵便を使って送るのが確実です。

 

認めない姿勢が大切

道徳的には全く褒められたものではありませんが、借金の返済を時効で免れようと目論んでいるのなら、自分には借金があること、返済の必要があることを認めない、承認しない姿勢が大切です。

そもそも借りたお金というのは5年という時効がありますが、5年が経ったからといって自動的に返済を免れるわけではありません。

援用という用語で示されるのですが、法律で認められた権利を行使する意思を示さないといけないのです。

これが援用です。

5年が経過しただけでは自動的に消滅しないことを逆に言うと、5年が経過していようが経過していなかろうが、自分には借金があり、その返済の必要があるということを承認したと理解される言動を取ってしまうと時効は成立しません。

簡単にいうとそのような言動を取った時点で、5年という時計の針は、5年が既に経過してしまっていても、あるいは年月を刻む途中であっても、ゼロに戻ってしまうということです。

ですからこの見出しのとおり、とにかく認めない姿勢が大事です。

自分としては返済したくないという姿勢ではなく、そもそも自分には返済すべきお金など一切ないという態度を取ってください。

ただ、当たり前のことですが冒頭にも書いたとおりこれは道徳的には決して褒められた方法ではありませんし、これが100%全て通るなどと思ってはいけません。

そんなことになっては世の中の秩序は崩壊してしまいます。

相当な困難が待ち受けていることは間違いありません。

 

一度でも認めてしまったら

借金の時効を考えている場合、単に返済をしないだけでは不十分で、借金の存在そのものを認めてはいけません。

時効は5年間ですが、その間に一度でも存在を認めてしまったらその時点で時効は中断され、5年の時計は振り出しに戻ってしまいます。

つまり、認めたその時点からさらに5年経過しないといけなくなるわけです。

存在を認めるとは何も自分には確かに借金がありますと承認するとか、宣言するようなことだけとは限りませんから注意が必要です。

例えば、相手方の督促に対して、今は無理だから1ヵ月待ってくれと言うようなことは、事実上存在を承認しているのに等しいわけです。

あるいは、同じく相手方の督促に対して、たとえその一部分であっても、利息分だけであっても返済することもまた、存在を承認していることになってしまいます。

ですから、本気で考えているのなら、とにかく存在そのものを認めない、自分には相手から借りているお金など一切ないという態度を取らねばなりません。

言うまでもないことですがそんなことが道徳的に許されるはずはなく、また法律的にも相手方にも当然対抗手段が用意されていることを忘れてはいけません。

なお、無事に5年が経過したからといって気を緩めてはいけません。

5年たったからといって自動的に借金が無くなるわけでは決してなく、援用という手段を講じて初めて返済の必要が法律的に無くなるのです。

援用とは時効という法律の取り決めを使うというような意味です。

 

債権者もそう甘くはない

ff2ac404e30e81194e39032d5a4221b4_s

返済がずっと滞った状態であっても、時効を主張することで、借金を踏み倒すことができます。

主張するのは援用権者です。

援用権者とは時効を主張することで利益を享受できる人のこと、つまりは債務者が該当します。

借金の相手である銀行や消費者金融、信販会社などの債権者への最後の返済から5年が過ぎた際に時効援用通知を送れば、支払いの義務が消滅します。

借金に苦しむ債務者としては助かる制度ですが、債権者が黙って見逃すことはありませんので、甘く考えないように注意しましょう。

期日までに返済がないことが判明すると、最初は普通に返済を促す通知がやってきます。反応がなければ電話をかけてくるようにもなります。

それでも無視を続けていると、内容証明郵便で督促が送られてきます。

法的効力はない郵便物ですが、郵便局が郵便物の内容を確認して保管していますので、確かにこの内容で相手に連絡したという証明になり、裁判の結果に影響を与える場合があります。

内容証明郵便を無視すると、債権者が裁判を起こす流れになり、裁判所から支払督促が届きます。

これさえも無視すれば強制執行、つまりは差し押さえとなってしまいます。

差し押さえになると、給与や銀行預金から強制的にお金を取られてしまい、大変なことになります。

このように、債権者は借金が時効になるまで待っていることなどなく、期日までに返済しない契約違反の相手に対しては、法律を利用してお金を取り返そうとしますので、簡単に借金を踏み倒せると考えないようにしましょう。

 

悪質な債権者もいる

借金時効の援用可能期間になっても安心することはできません。

中には悪質な債権者が存在するからです。

たとえば、最近増えているのは、ほかの債権者から焦げついた債権を買い取り、債務者に対して請求を行う業者です。

こうした債権には時効の援用が可能なものが含まれていますが、債務者の中にはそうした事情、あるいは知識を知らない人が存在していて、うっかり返済してしまうことがあるのです。

もし、「100円でもいいのでお金を入れてもらえませんか」と言われ、100円ぐらいならと債権者に対してお金を払ってしまうと、そこで借金を時効にできる期間のカウントダウンがリセットされてゼロになり、援用することができなくなってしまいます。

悪質な人はそうした事情がわかっていて、あえて焦げついた債権を安く買いたたき、片っ端から督促を行うわけです。

また、時効の援用を行ってそれが成立したとしても、債権者から「援用通知が送られたので、あなたの借金は時効になりました」という通知を送ることが義務づけられているわけではありません。

さらに、負けることを覚悟で裁判を起こしてくる債権者も存在します。

そうして債務者を不安にさせて、援用などお構いなく、取り立てを続けるというわけです。

こうした人に対処するためには、個人の力ではどうにもならないので、できるだけ弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

一人で対応しようとするとさらに状況が悪化することがあるので注意が必要です。

 

そもそも時効を待つだけ無駄

借金がどれだけ多額でも時効援用により消滅時効が完成すれば借金をゼロにすることができます。

なら時効を待って時効援用をしたほうが得なのではと思われるかもしれませんが実はこれデメリットだらけなのです。

まず消費者金融のほうも時効を適応させまいと必ず取り立てをします。

どれだけ取り立てをされてもまともな人間が平気で生活できるでしょうか。

暴力団ではありませんので激しい恫喝などはありませんが債権者と話し合いはしますし、返済する意図がないと主張しなければいけません。

今すぐ返済できないなら少し待ってあげると消費者金融から提案されても拒否する必要があります。

それに乗ってしまうと返済の意思があるとみなされ成立しなくなるからです。

逃げればいいと思われるかもしれませんが引越しをすると住民票をうつすことになるので新しい住所が割れてしまいます。

住民票を移動させずに成立するまでの間どこかに潜んで暮らします。

しかし、犯罪者のように日の目を見ずに暮らすこともできなくはありませんがそんな生活を何年もしていたら生活が崩壊してしまいます。

家族のいる方でしたら家族にも不便を強いることになるのです。

子供のいる方でしたら住民票をうつさずに学校に通わせることなどできませんしかなり不可能な話です。

逃げ回っているうちに金利が増えていきとんでもない額になることもあります。

びくびくしながら暮らすくらいなら早いうちに債務整理をしたほうがいいでしょう。

 

時効援用を待たずとも

b835e3eb7f6b3e526a61a4b6c762eb2a_s

借金地獄という言葉があるように、多重債務状態などになると毎月の返済で大変苦しい状況になることが多くあります。

何とかして、この苦しい状況から逃れたいと誰しも考えるのですが、実は、いくつかの条件を満たすことができれば、借金を無効にすることができます。

その条件とは、時効の期間が経過していること、その間いっさい返済していないこと、時効援用の手続きを行うこととなります。通常、カードローンやキャッシングなどの時効期間は5年間となりますので、5年の間、ひっそりと取り立てを無視して生活することになります。

そして、5年間が経過したら、内容証明郵便で援用通知をすることで借金を無効にすることが可能となります。

言い方を変えれば、合法的に借金を踏み倒したということになります。

従って、完済したわけではなく、強引に問題解決したことになりますので、以後は各種のローンを利用したりクレジットカードを利用することもできなくなります。

割に合う方法かどうかは考え方によるでしょうが、実は、時効援用を待たずとも借金を合法的に無効にできる方法もあります。

返済能力を超えて負債を抱えてしまった場合や、失業などで返済不能な状況になった場合には債務整理をすることで債務を減額できたり、場合によってはゼロにしたりすることができます。

債務整理の場合には、5年もひっそりと暮らす必要はなく、数か月で借金を減額できたりゼロにしたりすることが可能です。

債務整理については、法律事務所などで無料相談を受け付けてくれますので、少しでも早く相談することが大切です。

 

借金の時効援用に成功した体験談

a6ac1b479402f945940f87669a882c79_s

借金の時効援用に成功したことがあるので、体験談を書きます。

私はフリーターをやっていましたが、借金の支払いができなくなって、ギリギリの生活を送っていました。

支払いから逃げようとしたのではなく、本当に生活がギリギリだったので、借金の返済ができませんでした。

途中で精神病にかかってしまい、生活保護を受けるようになりました。

その後、金融機関から催促のハガキや電話がこなくなりました。

私が本当にお金を持っていないことがわかったので、取り立てのためにコストをかけることが無駄だと感じたのかもしれません。

精神病の治療は長引き、2年くらいかかりました。

働けるようになってからも、ブランクがあったため、まともな給料の仕事にはつけませんでした。

そうこうしているうちに、気がついたら借金が時効にかかっていることに気がつきました。

時効にかかっていても、援用をしなければまた請求される可能性があったことと、いつまでも延滞が続いている状態はデメリットが大きいので、援用をしました。

インターネットで調べながら、時効援用通知を内容証明郵便で送りました。

借金の返済義務がなくなれば、信用情報機関から延滞の情報も消されますが、手続きをしてもらえないこともあるようです。

私の場合は、後で調べましたが、信用情報機関からきちんと延滞の情報が消えていました。

しかし、私の体験談から、病気などの事情でどうしても返済ができない場合を除き、デメリットがとても大きいので、債務整理を検討するべきだと思います。

借金から逃げているとずっと延滞が続いた状態になるので、クレジットカードなどの審査にいっさい通らなくなります。

 

まとめ

 

5f0caf00def0aea21e34c75555a18be1_s

これはあくまで借金からの逃げ道の一つを教えただけにすぎません。

収入のある方なら分割払いなどで債務責任を果たすことができるので、まずこのようなことはないです。

結局は借金を滞納しないことに越したことはありませんね。

 

もしくは今ある借金にどう対応していくが、今後の生活においての重要なポイントとなるでしょう。

夜逃げは本当に損しかないので絶対に行わないようにしましょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識
-,

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.