借金返済に必要な知識

奨学金と学習期間終了後の借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

奨学金とは学業成績が優秀で大学進学を控えている、

もしくは大学生を対象に、低金利で現金を給付する学生支援制度のことです。

日本においては債務者が求めている条件に合った制度を利用することができますが、

世帯の家計、学業における成績、出身地域などが条件に絡んでくるので、奨学金の債務は生半可ではありません。

 

日本には「貸与型奨学金」と「給付型奨学金」の大きく二つに分かれています。

給付型奨学金は財団法人などの団体に所属する大学側が提供する奨学金で、学修期間を終了すれば返済義務が発生しません。

貸与型奨学金は日本学生支援機構(JASSO)が提供している奨学金で、目的に応じた奨学金の種類を選ぶことができます。

ちなみに銀行やほかの金融会社からでも借りることができます。

・奨学金制度を借りる際に読む項目

d44461e38ebf5edd6b02774fef3840ad_s

奨学金は経済的・金銭的な理由で生活に厳しい家庭のためにある支援制度で、地方自治体や民間企業などから学資金として受給されます。

うまく活用すれば、学費を免除することができます。

しかし貸与型も給付型もそうですが、借りる際にそれぞれの種類に対して、考えておくべきことを適当に書いておきます。

給付型奨学金の場合は確かに返済義務が発生しませんが、これは就学期間終了後の話です。

中退なんかしてしまうと、後に返済義務が発生し、一括請求書が自宅に来てしまいます。

折角借りられてもやめてしまえば元も子もありません。

給付型奨学金を借りられる大学のほとんどは国立大学で、募集枠が少ないこともあってか、

申請を受けられる学生は一部しかいません。

貸与型奨学金の場合は学修期間終了後に学生ローンが生じ、給金の高い企業でもなければ返済に息詰まってしまう危険性があります。

利子が高い奨学金、学費の高い私立大学を卒業された方は特に返済に困っているのが現状です。

お金がない状態で奨学金を申請した結果が、かえって借金を抱えてしまうとは皮肉な話です。

・実際に合った奨学金の返済の例

bc1979a3905fb456dbf0d01c6cf8a85c_s

多くの債務者の話によりますと、大学を卒業して定職についたはいいですが、ブラック企業だったり、

ある事情で退職したり、基本給が少ないなどの経済的な事情で貧困に陥ってしまうことがあります。

そこに容赦のない取り立て、延滞金で返済が困難になるといったことが度々あり、保証人に迷惑がかかってしまいます。

借金返済の傍ら生活費を考えなくてはならないし、生活の困窮のあまり

他所から借金を作らざるを得ない事態になってしまい、首が回らない状態も珍しくはありません。

場合によっては法律事務所で弁護士と相談して自己破産を依頼したという方も少なくはない、それほどリスクのある奨学金です。

奨学金ばかりが頭にしかないあまりに、アルバイトの掛け持ちで余計に医療費がかかってしまった、

勉強や自己投資への資産が使わなかったことを後悔した、女性の場合は風俗で働いている、

といったことがインターネットでいくつかみられます。

今もなお、学生ローンのために将来の選択肢が狭まる債務者が多く存在するのが日本の現状です。

・奨学金の制度と現状

c1b62eadc5e9df269685dad0befe1014_s

日本学生支援機構の奨学金制度には、減額返還や返還期限猶予など、借金の返済に関した救済制度を設けられています。

他にも繰上返還、、在学猶予、返還免除といったものもありますが、いずれも審査に必要な条件が必要です。

しかしいくら有効活用しても債務者にとっては気休め程度の効果しか発揮されないのが今の現状としか言いようがないです。

以前はもっと重荷が大きく、2003年以前は自己破産しても、奨学金の債務者がくたばっても、

今度は保証人もしくは連帯保証人に支払い義務が発生しました。

また、奨学金に関したデモが起きたほど深刻であります。

昔と比べれば大分改善はされてきましたが、アメリカと比べると明らかに後れを取っています。

近年では学費が高騰している傾向がありますので、早く給付型奨学金が流行るといいですね。

・終わりに

086adb3e1ba02d24883bf1c7fca7ffee_s

奨学金の天文学的な返済額を考えると、自動車が買えるどころか、マイホームも一括払いができそうな金額です。

しかし名門大学の卒業証明が欲しい、将来の勉強に投資するという方は結局のところは茨の道を通らなければならない、

日本の教育環境においてはまだ不十分な問題点がたくさん存在してあります。

ひとついえることは、日本学生支援機構から借りることは計画的に。

これに尽きます。

⇒借金で困っているならこの方法なら匿名相談できる

 

奨学金で借金をした方に聞いた、借金の経緯と返済方法

親が失業し、学業を続けられなくなりそうでしたので、貸与型の奨学金を借り、学業を続けることができました。

奨学金といえども、あくまで借金ですので、正直不安でしたが、勉強を続けるためには仕方なかったというのが実情です。

返済は卒業後に就職し、少しずつ給料の中から返済しました。

こういった経緯は今では格好のネタになっています。

私は奨学金制度を大学生の時に利用しました。

これは、一言で言ってしまえば「借金」なのです。

どのような経緯で借りるようになってしまったかは人それぞれですが、「返さなければいけないお金」であることを忘れてはいけません。

私の返済方法についてお答えしますと、37歳まで14000円です。

第一種で無利子のものを利用することが出来たからこの程度ですが、借りる際には返すことを考えておくべきでしょう。

実家が裕福ではなかったために、国立大への進学に限っては大丈夫だと言われていたので高校時代は猛烈に勉強しました。

その結果、現役で地元の国立大に合格できたのですが、同時に奨学金を受ける事にもなりました。

卒業後に地元の市役所に就職したものの、月額で2万円程度の返済を続けています。

奨学金は利率は低いとはいえ借金であることを意識する必要があります。

ある程度お金がたまったら全額を一度に返済する予定です。

奨学金をもらって、大学に通いました。

卒業後は、月2万円の返済予定でしたが、これが意外ときつく、生活を圧迫するようになったんです。

足りない時は、キャッシングをして返済していたため、月々の支払いに、キャッシングの借金も加わって、さらに生活が苦しくなったんです。

このままではダメだと、弁護士の先生に相談し、債務整理をし、奨学金は今では月々の支払いを半額にして負担を減らしてもらうことができました。

親の収入が少ないので国立大学に進学を希望しましたが不合格になりました。

それで第二希望だった私立大学に進学することになりました。

学費が高いので奨学金を借りて、それが自分の借金となりました。

自分が国立大学に進学することができなかったので仕方がありません。

社会人になって、給料の中から毎月少しずつ返済しています。

大学時代に学費を支払うのことが困難になり、奨学金を申し込みました。

借金をした経緯としては自分の給与では生活する事が困難で奨学金の返済も考えず、滞納してしまいました。

最速の連絡も日を押すごとに増し、手詰まりになってしまった際に親から借金して半分ほど返しています。

ただし、奨学生支援の担当の方へこちらから連絡し、きちんとして事情を話せば月々の返済額を半分にしてくれたりと対応して頂くこともできます。

生まれつき貧乏な家庭に育ったこともあって、常に貧しい生活を強いられてきました。

学校に通うこともままならない中で逆境に負けないように勉強を続け、念願の大学に入学することができました。

しかし、学費を支払うことができないため奨学金アルバイトで賄うことにしたんですよね。

現在は無事に卒業をして、会社員をしながら借金返済を続けているのでした。

私の家は生活に余裕がある家ではなかったので、大学に通うためにはどうしても奨学金を借りなければ通うことができない状況でした。

借金をしてしまうことになるけど、両親に金銭的な負担をかけさせたくなかったので仕方がありませんでした。

大学を卒業してから社会人になり毎月、返済しています。

返済期間は長くなりそうですが、確実に返すことができるように、

生活に影響の出ない範囲で少しずつ返していくようにしています。

大学1年の時に父が亡くなりました。

母の稼ぎだけでは学費を賄うことはできなかったので、奨学金を借りました。

そのお金は学生時代の生活費の一部にあてました。

社会人になって、毎月1万円ずつ返済して、やっと先日借金を全て返すことができました。

長かったですが、あのお金のおかげで今の自分があるのだと思っています

とても感謝しています。

奨学金の返済がまだまだ残っている段階で、社会人になりクレジットカードでの買い物や生活費での借金が慢性化していました。

奨学金も自動引き落としでしたが、カードの引き落としのタイミングの方が少し早く、

いつもぎりぎり残高で大丈夫だったのですが、間に合わないことが2回ほどありました。

すると実家に電話で催促がきてしまい、家族に心配されて母親がお金の工面をしてくれました。

 

新聞社の奨学金制度という借金(体験談)

私は、学生時代に新聞配達のアルバイトをしていました。

最初は、当時住んでいたアパートのすぐそばに新聞配達所があったので、そこで新聞配達でもすればお金を稼げるし

運動にもなるのではないかというような考えだったと思います。

このような生活を暫く続けていると、新聞配達所の店主が「大学に通っているなら、新聞社の奨学金制度というものがあるから、

これを利用してみたらどうか」と誘われました。

国立の大学に通っていましたので、それほど高い授業料ではなかったと思うのですが、

低収入の私にとってはありがたいことだったので、私はこの申し出を受けることにしました。

新聞社の奨学金制度という借金02

そうして暫くすると、今度はまた新聞配達所の店主に、

「アパートを借りて住むよりも、うちの二階の部屋が空いているから、ここで住み込みで働けばいいのではないか?」と誘われました。

最初は、住み込みというのはどうなのかと思ったのですが、この新聞配達所の店主はけっこう良い人柄で信頼できそうな人でもあったので、

私は住み込みで新聞配達の仕事をすることにしました。

確かに、このような生活がずっと続くのであれば良かったのではないかと思いますが、

新聞配達所というものはどうも不安定な職場であったようです。

 

でも、新聞社の奨学金制度から借金をしているという身で、

この借金は大学を卒業するまで新聞配達の仕事をすることによってはじめて免除されるという制度でしたから、

不安定でも新聞配達を続けるしかありませんでした。

何が不安定だったのかと言いますと、まずこの人柄の良い新聞配達所の店主は、

ある日急にいなくなってしまいました。

どうも、経営がうまくいかなくなって夜逃げをしたようです。

そして、ちょっと傲慢な感じの若い店主が代わりにやってくることになりました。

私は、この新聞配達所が大学に近くて便利だったのですが、仲間を連れてきたこの若い店主によって、

私は別の新聞配達所に移転させられることとなってしまいました。

まあ、住み込みで働いていなければこういうことにはならなかったのかもしれませんが、

新聞社の奨学金制度という借金に縛られていた私は、

言われたとおりに別の新聞配達所に移らざるを得ませんでした。

そして、この新しい新聞配達所は大学から遠くなって不便になってしまいましたし、

都市部ではなくて郊外の辺鄙な地域でしたので、

一軒一軒の配達先の距離が長くなって新聞配達も大変になりました。

 

しかし、この新しい新聞配達所の店主は優しい人でした。

でも、その奥さんがアルコール中毒で昼間からビールを飲んでいるような感じでした。

それで、暫く働いていると、この店主もまた経営不振で夜逃げをすることになってしまいました。

そして、代わりにやってきた店主というのが、どうも前はキャバレーで働いていた人だったようで、

ちょっと粗っぽい感じの人でした。

それで、結局私はこの新聞配達所を出ることになったのですが、新聞社の奨学金制度という借金に縛られていますから、

また別の新聞配達所を見つけなければなりませんでした。

そして、今度は自分でアパートを借りて、ある新聞配達所に通って働きながら大学を卒業し、

無事借金を返済できることになったのですが、今振り返ってみますと不安定な職場に翻弄されたものです。

もちろん、このような職場は社会の最下層に近いところなので、不安定になっても仕方がないことなのかもしれませんが、

その後私は中堅の企業を経て世界に名だたる超大企業の社員となりました。

でも、このような超大企業においても、景気の良い時には社員の待遇は恵まれていると言えるのですが、

が横行し、半沢直樹のドラマに出てくるような世界になってしまうということを実感しました。

奨学金は利息つきの立派な借金です(体験談)

私は今年で54歳になった壮年の男です。

現在は、上場企業の中間管理職として仕事に子育てに親の介護そして住宅ローンに追われる慌しい日々を送っています。

そんな私の人生は、常に借金に追われながらの歴史です。

最初に借金をしたのは、大学2年生のとき。かれこれ30数年前のことです。

2年生の終わりの2月頃、いつものように授業の履修の確認か何かで何気なく学部の掲示板を見ると、

そこには「学費未納者一覧」が。

他人事かと一覧を見ると、そこには自分の名前が。

学部事務所までお越しくださいというメッセージに従って出向いてみると、

2年生の前期・後期分の学費48万円が未納であることが発覚しました。

さらには、前期分の24万円は年度末の3月31日までに支払わないと除籍になるとの通達でした。

目の前が真っ白になり、実家の母親に確認するとただ「すまない」と言って泣き崩れるばかり。

 

c4d9db7d2c159f74f30745bb3ebd44f6_s

実は、実家の商売が立ち行かなくなっており、実家が借金まみれ

家財には抵当権の張り紙までされている始末でした。

とても親に頼れる状況でないことは明らかで、大学を退学するか自分で賄うかの二者択一でした。

母親からも「何とか大学だけは出て欲しい」と泣きつかれ、自分で捻出することを決心したのでした。

まずは、2ヶ月足らずで24万円を調達しなければなりません。

学生がアルバイトで捻出するにはあまりに高額でしたが、日給8000円の夜勤の肉体労働に精を出し、

10数万円は貯めましたがそれでも10万円以上は足りません。

当時学生が借りられるローンはマルイのカードローンくらいしかなく、そこから10万円を借りました。

それでも足りない分約5万円は学生ローンで借りて賄うしかありませんでした。

学生ローン会社の怖い顔のおじさんは今も忘れません。

 

37c9974bbc253174720f28dfbd1167d4_sそんなこんなで、2年生までの学費は何とかしましたがあと2年の学費とそのときに作った15万円の借金を返済しなければなりません。

授業にもろくに出席せず、明るいキャンパスライフを投げ捨てて肉体労働に明け暮れる毎日

それでも、借金は増え続けていきました。

そして迎えた最終学年。自転車操業の資金繰りもさることながら、3年生のときに学業を疎かにしたつけは当然のごとく襲いかかり、

4年生の時には1科目でも単位を落とすと留年決定というカド番状態になっていました。

就職活動もしなければなりません。

運よく就職活動はうまくいき、一流企業に内定をもらうことができました。

もし留年が決定したら退学、内定取り消しと覚悟もしていました。

 

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_s

しかし4年生最後の試験で神風が吹いたのです。

大学の学費値上げの学生運動が巻き起こり、試験が中止になったのです。

学生運動など全く興味がなかったノンポリ学生の私が、初めてデモ行進にも参加しました。

今でさえ高額な学費をこれ以上上げて欲しくない後輩たちのためにも自分のような境遇の学生の負担を増やして欲しくないという正義感

闘争が続けば試験が中止になるというよこしまな気持ちとが同居した、何ともほろ苦い気分での参加でした。

そんな願いが叶い学費値上げの可否は記憶にありませんが、試験は中止になりました。

そして、全科目レポート提出で無事卒業単位は取得できました。

親も親戚、知人を駆け回り30万円ほどは調達してくれて、

自身も就職内定で消費者金融からの借金ができて何とかかき集めたお金で大学の授業料は払って無事卒業となりました。

卒業時に残った借金は総額約100万円。完済するのには社会人になってから5年以上かかりました。

その中には、貸与奨学金30万円も含まれていましたが、これも年利10%のローン

もちろん消費者金融などと比較すれば金利は半分以下ですが、借金であることには変わりはありません。

近年では滞納者も多く出ていて社会問題となっているのも経験者としては肯けます。

 

奨学金は利息つきの立派な借金です02そして今、2人の息子は大学3年生と1年生です。

自分の大学時代の思いだけはさせまいと、学資保険と100万円の教育ローンで賄っています。

しかし、定年まであと10年、住宅ローンと合わせて返済していくのも大変ですが借金と向き合いながらもうひと分張りして生きていかなければなりません。

奨学金で借金をした人の話(体験談)

進学をする時には、学費のことが心配になります。

これは知り合いの人の話です。

定時制の高校に入学しなおし、4年間で卒業を控えていた彼女は、保育士になるための専門学校の進学を決意しました。

しかし、母子家庭である上に上と下に兄弟がいて、自分の学費を捻出するだけの経済的な余裕が母親にはありませんでした

そこで、彼女と母親が頼りにしたのが日本学生支援機構の奨学金でした。

秋になっていて、一種の無利子の申込は終わっていて、二種の予約申し込みしかできない時期でした。

二種というのは有利子の奨学金になります。

奨学金で借金をした人の話02
どうにか学費を工面しなければならなかった彼女たちは申し込みをしたのです。

専門学校の入試は無事に終わり、合格通知がきたのですが、まずは入学金などを支払う必要がありました。

しかし、それだけの余裕がなく、まだ高校生で奨学金も出ない段階だったので、進学をする専門学校に相談をしたのです。

そこで、専門学校側としては良心的な対応をしてくれて、入学をしてから奨学金の一時金を充てればいいということにしてくれたのです。

入学時の増額一時金を50万円でお願いをして、毎月8万円の奨学金を借りることになりました。

専門学校では3年間の在学期間がありました。

毎月8万円で3年間で300万円弱、そして入学時の増額金として50万円、合計で350万円ほどの金額の借金をしていることになりました

しかし、二種の奨学金というのは有利子なので利息がかかります。

3年間で借りても返済する金額は期間にもよるのですが、500万円近くにまで達している状態でした。

奨学金は借金であり、返済をする必要があります。

これは卒業をしてから半年後から返済を開始するという約束になっているのです。

専門学校で3年生も半分過ぎたころに彼女が私の所に来ました。

まだ就職が決まっていないということでした。希望しているのは幼稚園なのですが、なかなか内定をもらえずに焦りが見られるような状態でした。

その上、卒業をしてから半年したら借金である奨学金を返済をしていかなければならないというプレッシャーも感じているようでした。

返済が始まると毎月2万円もの額を20年返し続けることになるのです

これはとても大変なことです。

彼女が専門学校を卒業するのが24歳ですから、返済は40代半ばまでになるということなのです。

そして、専門学校卒業時には自宅近くの幼稚園に就職が決まり働くことになりました。

しかし、女性だけの職場であり、人間関係がうまく築けない彼女は2か月くらいで仕事を辞めました。

そして、奨学金の返済開始がせまり、最終的には託児所のアルバイトで収入を得るようになったのです。

返済を開始し、経済的には大変だったのですが、しばらくしてから素敵な相手と巡り合うことができて、

今は幸せな結婚生活を送りながら、仕事をして奨学金である借金も返済しています。

まだまだ借金の返済は続くのですが、彼女が得た資格は一生ものであり、ずっと生き続けることになるでしょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.