借金返済に必要な知識

問題放置で追い詰められる。老後まで借金で考え込まないためには

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

老後に借金が残っていると不安ですよね?歳もとってしまい体力もあまり無いのに、借金の返済のためにお金を稼ぐため仕事をしないといけない状態です。若いころは受け入れられても、歳を重ねると体が悲鳴をあげてしまいませんか?

仕事の内容も簡単な仕事の作業なら、体の負担は少ないですが。体を酷使してまで働かないといけない場合もあるかもしれませんね?そう考えるとつらいですよね?

8927426e2238e8bb0206dcf419888e29_s

若いころは毎日はたらいていたけれど、老後はのんびりしていたいですよね?借金の事は老後を迎えてまで、考え続けていたくない内容だと思います。

では、どうしましょう?なにか気をつけないといけないことがあると思いますよね?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

老後まで借金ことを考え込まないように、気を付けるべきことは?

25994ca015e7776cf7d21ec1f8a5945f_s

借金を持ってしまうことについて、思い浮かぶ原因はなんだろうと考えてみましょう。老後まで借金を引きずってしまうということは、負債額は少ない金額ですか?

もしかしたら、老後に借金を作ってしまうことも思い浮かびますよね?これらを見てみると根本的なところは、生活とお金に対する意識だと思いますが。どうでしょうか?

b6c26ae18ecb4bef864e7d7159f63914_s

【今までのお金の使い方、老後のお金の使い方を考えてみよう】

どうですか?若い時は貯金をする人は少ないようです。出費が増えていつの間にか、お金を借りていたことはありませんか?老後の生活にお金がいくら必要かも考えることも必要かもしれませんね?

借金の返済が終わってからのことも考えていきましょう。返済が終わってからが厳しいと思いませんか?返済を終えた。気を付ける意思の強さは身につきます。しかし、誰でも失敗はします。

3cf668985b6a5d4b04fc2dc63ce35f33_s

また、お金を借りてしまわないように気をつけたいですよね?

【老後になると雇ってくれる職業が無いので、どうしても無職になります】

老後は年金で生活することになるようです。退職までにしっかり貯金をしておくことで、老後を迎えたときお金の問題で悩むことが無いと思いませんか?

浪費癖を作らないように気をつけたり、無謀なお金の使い方さえしないなら。老後はのんびり出来ると思いませんか?意識するところはわかりましたが、老後にまで借金を残したくないですよね?

どういった方法があると思いますか?

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

老後の暮らしを迎える前に、借金は片づけよう

58ded0368977dd90b37bf4daf4bda051_s

老後まで借金の事で悩みたくないですよね?では、なにか意識することはあるのでしょうか?若いときみたいに豪遊することは無いと思います。しかし、若いときよりも裕福な暮らしをしているでしょうか?

しっかり貯金をしていれば、老後は安定感のある暮らしを想像できますよね?トラブルに巻き込まれないなら、のんびり暮らせると思いませんか?

すると、どんな答えが見えますか?

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

(図)

安定感のある老後←しっかりした貯金←借金を返す・作らない←しっかり働く。

わかりやすいですが、体が元気なら若い時にお金を得ることになりますよね?借金があるようでしたら、若いうちに返しておいたほうが老後は悩まずに済むと思います。

しかし、若いときは真面目に働いていたけれど、老後を迎えたときに失敗をしてしまうことがあると思いませんか?老後に借金を作る理由は気になりませんか?

17a3edbc0fa21fac4f59811abd836d7f_s

老後も油断できない。借金の問題はいつでも起きる

a0002_006864

お年寄りの方に対して、どんな印象を持っていますか?素朴で派手なことはしないような印象ですよね?実際はどうなのでしょうか?老後を迎えた状況でも、借金の問題はあるのでしょうか?

【老後に抱え込む借金の問題】

(例)

・自営業の経営が悪化して借金を。

・残っているローンの返済のために預金を切り崩し生活。

・年金がもらえるので気分転換にギャンブルで遊んでみるのですが、たしなむ程度で落ち着けば良かったのに没頭してしまい浪費癖の習慣がついてしまう(1年間で数社から、お金を借りて遊ぶ人もいるようですね)

464311d58146fc6f556a8601089a92a5_s

経営は順調に続けば不安はないですよね?しかし、経営には浮き沈みがありますし、常に順調に経営を続かせることは難しいようです。仕事は難しいですよね。

ローンの記事が出てきましたが、老後を迎えたときローンが原因で問題が起きるようです。いったい、なんでしょう?

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s

住宅ローン(借金)から、老後破産が発生しないようにするには?

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

住宅ローンの破綻。そこから、借金の問題になることがあるようです。

・破綻しないように気を付けるには?

①借りれる額を返せる額と勘違いしないこと

②売却の際にローンで支払える金額で売ることが出来るのか?資産の価値を意識するように。

もし、生活が出来なくなるくらい追い詰められたらどうしますか?

3c618a26a0b5b481cbd283649ef4a0f5_s

老後もし借金で、生活が追い詰められたら?

aa86b4a7bd59c0264b0b593141e8be1e_s

生活が苦しくなったら市区町村役場に相談する事で、自宅を担保に生活資金を貸してもらえる可能性があります。もし、解決しなかったら生活保護を受ける形を取りましょう。

老後の借金の問題を、根本的に解決するには?

2b8a7e6ede9903e42f498e2a1ad07684_s

ここまで読んだと言うことは、解決方法がほしいと考えていますよね?でも、どうしたら良いのかわからない状況だと思います。なので、ここからは専門家の知識を載せてみましょう。専門的になりますので、勉強したことが無いからわからない。

ついていくことが出来るか心配になりますよね?なので、文章はなるべくわかりやすく、説明してみましょう。

①任意整理

手続き完了後は利息の免除が出来ます。債務総額の減少も期待できます。しかし、ブラックリストになり、数年間はお金を借りることが出来ません。減少効果は高くは無いようです。

②個人再生

債務が5分の1に減額されることで、返済がたいへん楽になります。財産を没収されることもありません。しかし、ブラックリストの扱いになります。こちらも、数年間(長くて10年は)お金を借りることが出来ません。

③自己破産

全部の債務が無くなります。必要最低限の財産は残ります。しかし、これもブラックリストになりますので、お金を借りることが出来なくなります。警備員の仕事に就くことが出来ないようです。

気になりますか?

95d7f95ed192393f124b926cfe60ad93_s

まとめ

老後の貯金や借金の不安を考えてしまうのなら、若いときに計画をたてて貯金をすることが無難なのかなと思いませんか?老後は浪費癖さえ作らないなら、大きな借金を作る可能性は低いかもしれませんよね?

しかし、若いときに真面目に貯金を心がけても、老後はどんな暮らしや環境になっているかはわからないですよね?

b032bf53cf2d46f108eabdb2fd66078c_s

老後も問題は山積みですよ。しかし、不安にならずに構えてみませんか?貯金があればこん詰めず悩むことは無いと思いますが。どうでしょうか?難しいですよね。借金の問題は解決して、老後はのんびりが一番です。

⇒このような方法をすすめます。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.