借金返済に必要な知識

借金返済の総合サイト|賢い借金返済方法

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金返済を確実かつ簡潔に行う為に大切なことは「事前計画」です。いわゆる「返済計画」と呼ばれるものの事で、債務を負う際には必ずと言って良いほど登場するものです。今、借金をする方法と言えば消費者金融が代表格となっています。最近では銀行などでも消費者金融並みに利用しやすいカードローンやキャッシングなどの商品が扱われる様になってきましたが、未だに利用者数という意味では消費者金融の方が優位に立っています。消費者金融の大きな特徴となっている「無担保・無保証人」という点ですが、あまりにも借金をするまでのハードルが低くなっていることによって「無計画」で利用を開始してしまう人が非常に多く居ます。しかし、冒頭で紹介したような「適切な返済計画」を立てていないと、最終的に借金返済が滞ってしまい債務整理や自己破産などを検討しなければならない状況に陥ってしまうリスクが格段に高くなってしまいます。

賢い借金返済方法 (2)

借金返済を確実に行う為に作成する「返済計画」ですが、ただ単に作成すれば良いというものではありません。どれ程適切な借金返済の計画を立てることが出来るのかという点が重要になってきます。例えば、「毎月自由に使えるお金が3万円位あるから、1万円位だったら問題なく借金返済に充てることが出来るだろう」と考えたとします。この場合、家賃や水光熱費、食費などの必須となってくる経費を除いた余裕を3万円として見ているのか、そこから更に保険としていくらかの貯えを除いたものを3万円として見ているのかなどが返済計画作成時には重要になってきます。適切な借金返済を行う為に必要な返済計画を作成する際には、「適切な収支状況を把握する」という事が最も基本的かつ大切なことです。

また、借金返済をどのように捉えているのかも大切なポイントになります。単に「借りたお金を返せば良い」、「毎月少しずつ返済なら楽だろう」などと考えていると、実際に債務を負ってから大きな後悔をする原因となってしまいます。まずは「債務とは何か、借金返済で失敗しない為に大切なことは何か」という事を強く意識し、「絶対に失敗しない」という強い意識を持って利用していく必要があります。無計画で安易な利用では失敗してしまう可能性が非常に高くなるため、どれだけ少額の債務であっても徹底して借金返済の計画を立てておいた方が良いです。

では、次に少し具体的な借金返済のポイントを紹介していきます。ほぼすべての状態で影響を受けるポイントがほとんどなので、しっかりと覚えておく必要があります。

借金返済を考えていく上で切り離せないものの一つに「金利」があります。金利とは、簡単に言ってしまうと「どのくらい余計なお金が必要になるか」を数値で表しているものです。消費者金融や銀行などの「貸し手」は、この金利で得た金額が利益という事になるのですが、利用者側からするとただただ無駄なものでしかなく、「如何に低い金利でお金を借りることが出来るか」が非常に重要です。現在、消費者金融・銀行・銀行系列などの区別で金利の設定を大きく分けることが出来ます。最も金利設定が低いものが銀行で、最も高い金利設定をしているのが消費者金融になります。借金返済にかかる負担を軽くするためには、借金返済に掛かる費用をどれだけ少なくすることが出来るのかが直接的かつ大きな要因となってくるため、貸し手側の利益となる金利(利息)を低く抑えるという事は非常に大きな意味があります。

金利を低く抑えることが出来れば必然的に発生する利息が少なくなり、同じ返済金額であっても「元金として充当される金額が増える」ことになる為、借金返済の期間を短くすることが出来ます。あくまでも途中で追加の借入が無いと仮定すると、毎月1000円程度の金額差であっても最終的には数万円以上の金額差になってくる可能性が高いです。途中で追加の借入がある場合は、数十万円~数百万円の単位で差が出る可能性が高くなるため、契約の段階で少しでも金利を低くしておくという事はとても重要なポイントになります。各カードローンやキャッシングごとに金利は決まっていますが、あくまでも「目安」というものである為、実質的には人それぞれで金利が変わります。もし、自分が利用するカードローン・キャッシングの金利が高いと感じた場合には、契約前にしっかりと相談しておくことが必要です。相談したからと言って必ずしも希望が叶うと言う訳では無いにせよ、可能性を高めるという意味では相談しないことのデメリットの方が遥かに大きくなります。各消費者金融・銀行などでは「無料相談窓口」などを常設している為、契約以前でも無料相談窓口で疑問や質問をすることも可能です。

無料相談でどのような対応をしたからと言って本審査で不利になることは基本的に無い為、少し図々しい内容であってもしっかりと確認しておくことは大切です。無料相談窓口は土日祝日でも営業していることが多く、窓口での無料相談だけでなく電話やメールでの無料相談にも対応していることがほとんどです。まずはカードローンやその会社に関する情報を知る為に無料相談を活用し、契約後は契約状況を改善する為に無料相談を活用すると言ったスタンスを意識しておくと失敗が少なくなります。特に、契約後に「金利の引き下げや融資限度額の増額」などを希望する場合、いきなり申請をするよりも無料相談窓口で相談してからの方が賢明です。無料相談のなかで可能性が高いと判断された場合、そのまま手続きを進めることも出来ます。逆に、手続きを案内されない状況であれば否決されてしまう可能性が高いという事になる為、余計なリスクを負わずに済みます。

最後に、「同じ債務でも借金返済の方法によって重さが変わる」という事について紹介しておきます。簡単に言うと、同じ100万円という債務であっても、どのような返済計画を用いて借金返済を行っていくのかによって倍以上も負担が変わってくる可能性があるという事です。仮に金利10%だったとすると、年間(12か月間)で発生する利息は約10万円です。つまり、年間で10万円を超える金額を借金返済に充てた場合にしか元金が減少しないという事になる訳です。年間で10万円の利息が発生する状況の中、同じ10万円しか年間で返済しなければ利息としてしか充当されず、元金が減らない為に翌年も同額のままです。毎年10万円を「消費者金融などにプレゼントしているだけ」と言えます。

実際には数百円であっても元金が変動することになる為、全く元金が減少しないという事はないです。ただし、借金返済によってできた貸し付けの余力をすぐに引き出してしまうような状況では、先に紹介した状況とほぼ変わらないような状況になってしまうので注意してください。

借金返済における重要なポイントは、「如何に早く債務を減少させることが出来るか」という事です。前述の例で言うと、毎月10万円の利息が発生するので12回の返済で完済した場合でも112万円の金額が必要になります。ところが、5回で完済することが出来たとすれば5万円弱の利息で済むので、完済時で105万円以下に借金返済の負担を抑えることが出来ます。もし、返済回数が1回であったならば利息はわずか数千円で済むことになる為、借りた金額とほぼ変わらないだけの負担で完済することが出来ます。

つまり、1回でも少ない回数で完済をするという事は、「完済する可能性を高める」という意味で非常に重要なポイントになる訳です。毎月の返済を出来る限り増やしていくことにより1円でも多く元金を減少させることを意識すると、次回以降に発生する利息が減少して相対的に元金充当分が増え、更に発生する利息が減り元金を減少させやすくなるという状況を誘発することが出来ます。いつまでも負担が少ない金額を返済していると元金が減らず、いつまでも債務を負った状況を続けなければならなくなります。また、もしも新しく借り入れが必要になった場合には他の消費者金融や銀行を利用しなければならなくなる可能性が高くなり、多重債務を引き起こす大きな原因となり得ます。

このように、賢く借金返済をするためには基本的なことを知るという事が非常に大切です。「早く完済すれば返済総額が少なくなる」、「金利が低ければ利息も少ない」と言った至極当たり前の事であっても、知っているかどうかで債務の負担は大きく変わります。そして、それを自分自身に当てはめて効果的な計画を立てるために「返済計画」が重要になります。「自分の持つ返済能力の中で、如何に少ないリスクで返済を行うことが出来るのか」を強く意識して返済計画を立てていくことで、最終的な負担減に大きな影響を与えてくれます。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.