借金返済に必要な知識

金利についての、簡単な知識。これで、借金も計画的に

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

借金を借りるときには。金利の知識を、ある程度知っておくと。

借金の借り入れの際に、返済に対して計画的に向き合えて、返済の際、お金の負担が軽くなるかもしれないと。

思いませんか?

お金を借りるときに、返済に支障が出ない、計画をしっかり考えた方法で。

 

お金の借り方をしないと、借金の返済の際に問題に遭遇してしまい。

大変な苦労をすると、思いませんか?

専門家のような、難しい知識を、並べたようなことを載せられると。

難しくて、戸惑うと思いますよね?なので。

ここであげるのは、最小限の小さな知識を。

簡単に、わかりやすく。あげてみようと思います。

 

借金を負債するのなら、知らないよりは、知っておく方が良い、金利の簡単な知識

 

b9dad749fa61d889ae69fd81e20089c3_s

 

金利とは何でしょう?

ここでは、必要最低限の範囲で。

金利の知識を、少しだけあげてみましょう。

金利について知識を知っておくと、借金を負債する際。

比較的に計画性のある、借金の借り入れが、出来るかもしれないと思いませんか?

では。実際に考えてみましょう。

あなたはお金を借りるために、金融会社に来ました。

そして、借り入れについて、説明を受けています。

しかし。その際に、金利の知識を、もし少しでも、知っていたなら。

借り入れの際、都合が良いと思う機会が出てくると思いませんか?

 

実際、返済の際。知識を持っていて。

役に立つことがあったと、思う機会が多いと思いませんか?では、あげてみましょう。

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s

 

・先ずは金利って何でしょう?

簡単に例えるなら、お金のレンタル料です。

返済の際に、借りたお金+レンタル料も返す感じになります。

 

・借りたお金には、返済期日があります

返済期日までに、借金を返せなかった場合。

遅延損害金を払うことになります。

利息は利息制限法という法律に基づいて、上限金利が決められています

d2b1900a91486177b62647d6168cbe4f_s

 

最低限の知識ですが。金利について、意味を知る機会が、出来ましたよね。

それでは。金利には何か、決まったルールがあるのかと、気になってきませんか?

最低限でも、そのルールを知っておくことで。

金利や借金について、小さな知識が身につき、生活の役に立つと思いますよね?

覚えた知識は、早速、使ってみたいと言う気持ちも、出てきますよね?

次は、金利についての、簡単なルールをあげていきましょう。

 

知らないなら、簡単に知っておこう。知らないと不都合?金利のルール

da583c7364ff3db44bb342bffe279e32_s

 

金利を払う際。ルールがあるそうです。

適正から違反して、違法な金利を求めることはダメだそうです。

しかし、違法な金利で返済を求める、金融業者もいるそうです。

実際に考えてみましょう。

返済の際、金融業者の違法な金利で、借金を返済していた。

そう考えると。過払いしてしまった金利全額。

返してほしいと、くやしい思いになりませんか?

自分たちにお金の、管理能力が無いから。

過払いしてしまう、状況になる。

しかし、それでも、過払いに対しては、憤りを感じ。

お金を返して欲しいと思いますよね?

では、過払いの金利を防ぐために、金利の基礎をのせてみましょう。

 

・正しい金利とは?

金利は高くても、上限は20%まで。下限に関しては、制限が特に無いそうです。

※期間限定で、無利息と言う展開があるようです。(キャンペーンの模様です)

ポイントは金利については、法律で限界が決められています。

過払い請求を相談すると言う、方法もあることです。

金利が安い分には、違法性は無いと思いそうですよね。

安い金利を設定しているのなら、優良だと思ってしまいそうですよね?

借り入れの際は、金利の安さなども視野に入れてみると良いと思いますが。どうでしょうか?

3064204

 

金利の上限について、記事をあげましたが。

次のテーマで。

その上限について、深くほりさげてみましょう。

 

もう少し、借金について知る機会を。金利について、もう少し深い話を取り上げてみよう。

51c0922dd82ec67ce2485c32889bf20d_s

 

金利には上限があります。

前のテーマであげましたね。

もし、金利に秩序が無ければ。

悪い考えを持つ方は、お金を貸した後。

高い金利で、お金を貸すと言う金融業者もいると思います。

お金を借りている立場だと、金利が違反しているように思えても、泣き寝入りしか出来ない気がしませんか?

 

そういった、暴利を防ぐために、利息制限法と言う法律があるそうです。(適正な金利相場で、お金を貸し借りするための法律)

・利息制限法とは、金利の相場を20%にすること

 

利息の計算方法も、あげてみましょう。

算数の勉強に、近い気がしますね。

お金の計算なので、似たようなものになるかなと思います。

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

 

【図】

円×金利×借りていた日数÷365日=利息額

どうでしょうか?見出し通り、専門的で深いと思いませんか?

自分で図を読んでいて、あまり理解できてないです。

算数の勉強みたいで、懐かしいですよね?おまけなのですが。

個人同士での借金の問題、金利はどう影響をするのか、あげてみましょう。

 

・金利は金融業者などでの、発生する。

手数料のようなもの、なので。

個人同士なら、金利は無くても、問題は無いそうです。

 

しかし、口約束でも、無理の無い範囲での、金利を取り決めたなら。

守るべきだと、思いませんか?

個人同士でも、借金の問題が発生すると。

大きな問題が起きる、亀裂になると思いませんか?

お金の問題は、大きな衝突を作り出すと、自分は思いますが。

どうでしょうか?

借金について。上限を超えた金利に対しての対処方法

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

 

金利の上限は、利息制限法と言う法律で決められています。

上限金利を超えた借り入れ、返済していた場合。

利息を取り返すことが出来ます。

払いすぎた利息を取り返せるということになります。

【図】

払いすぎた利息-元金の残高=過払い金

※時効があるため、時効を過ぎた場合。取り返すことが、できません。

※過払い金の着服をしてくる、弁護士もいるらしいです。

まとめ

9d11f5e23c413c97a569f274503c120e_s

 

借金を負債する際は。

金利について、ある程度の知識を備えておくと。

返済の手助けになりそうだと思いますよね?

金利についても知識を持って取り組まないと、借金の際に。

過払いしていることに、気が付かなかったり。

高い金利と、気がつかないまま。

違法性のあるような、金融業者とかかわってしまいそうですよね?

もし、そういった金融業者とかかわってしまい。

お金の問題が、深刻化してしまったら。。。そんな時が来たら。ここを、見てみませんか

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.