必要な知識

金利についての、簡単な知識。これで、借金も計画的に

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

急な出費で急にお金が必要ということになった時、カードローンなどで借金を行うといった方法があります。

しかし、そうなると元金だけでなく、金利の発生で、その分多く返済をしていく必要があります。

そのような時に生じる 借金の金利とはいったい何なのでしょうか?

正しい金利とは何なのでしょうか?

金利には実際に借り入れをするという場合に、覚えておくと役立つ知識があります。

そこで、これらの点について具体的な数字などを上げながらご紹介してみたいと思います。

金利についての、簡単な知識。

急な冠婚葬祭などがあってお金が急に必要になったという時にキャッシングやカードローンを利用するとすぐお金を用意することができます。

しかし、キャッシングやカードローンは借金をした後には必ず返済しなければいけません。

この場合に1万円借金したからといって1万円を返せばいいというのではなく、借りたお金にあらかじめ決められた利息を 上乗せして返済すること になります。

この上乗せされた分を金利といいます。

 

返済の時に借りたお金と合わせて返さなくてはいけない借金の利息を計算する時に使われます。

例えば15%や12%といったように示され、利率が15%であれば、借りた金額に対して15%の利息をいっしょに返済をする必要があるということになります。

基本的に金利は1年間お金を借りた場合の利息の割合を示します。

カードローンなどの広告やホームページには必ず金利というものが載っており、4.3%~15%といったように、金利は年率で示されており、%をつけて表されます。

 

仮に、1万円を借金した時の金利が15%であれば、1年後に支払う利息は1,500円ということになります。

1万円を1年間借りれば1,500円の金利が生じるということです。

そのため、返済額は1万1,500円ということになり、キャッシングやカードローンにはこの利率のことは実質年率と表示されている場合が多いのです。

実質年率は金利のことをいい、1年間お金を借りた時の利息を計算する時、借りたお金に実質年率を乗じて計算をするようになります。

 

この利率は基本的に借りる金額が小さい時は高めに、借金をする金額が大きくなると低めに設定されているのです。

1万円を借りるという場合には15%となっていても、100万円を借りるという場合には8%といったように、借りる金額が大きくなれば低く設定されるといった傾向があるということです。

つまりこうした利率は、1年間お金を借りた時、余分に返さなければならない金額を計算する時に必要です。

正しい金利と違法な金利の違いとは?

お金を貸して利子を得るというビジネスを行っている金融業者は法律の規制を受けます。

そのため、金融業者は全て法律に則って業務を行う必要があります。

こうした業者が守るべき法律には利息制限法出資法があります。

 

利息制限法は利息の利率の上限が定められてあり、借主を守るための法律といわれています。

そして、利息制限法には利率の範囲が決められており、金融業者はこの範囲内で貸付をすることになっています。

 

また、他にも出資法という法律もあります。

この法律は貸す側の金融業者のための法律といえ、金融業者が利息利率の上限を超えてお金を貸していたという場合は厳しい罰則の対象となると定められているのです。

 

じつは、以前は利息制限法と貸金法では上限金利が異なっており、この点を踏まえ、上限の利率の引き下げが行われました。

従来の出資法は金銭貸付けをする側が金銭貸付けを行う場合は、上限が29.2%とされていたのです。

対して、 利息制限法ではそれぞれの金額に応じて20%から15%が上限の利率となっていました。

そして、出資法の上限金利が20%に引き下げられたのです。

 

この法律により、2010年6月18日以降に金銭貸付けを行う場合、 年利率が20%を超えていると出資法違反となり刑事罰 が課せられることになりました。

そして、利息制限法と出資法の上限利率の間の金利で貸付けを行うと貸金業法の法令違反による行政処分対象となるのです。

 

つまり、利息制限法に基づき、貸付額に応じて15~20%というのが上限になっており、この数字を超えない範囲に貸し付けの利率が設定されているものが正しい金利といえます。

金融業者が貸付額に応じて上限率の範囲を超えて貸し付けを行っていないかどうかということは 借り入れを行う前にきちんと確認しておくようにしましょう。

過払い金請求で払いすぎたお金を取り戻せる可能性がある

貸金業者は利息制限法に基づいて、貸付額に応じて15~20%の上限金利で貸付けを行わなければならないと定められています。

出資法の上限金利も20%に引き下げられましたが、以前の貸金法の上限の利率の29.2%という部分は法律が改正後も貸付額に応じて15~20%という上限金利になっておらず、 利息制限法に引っかかる業者は多い といわれているのです。

 

また、 遅延損害金についても同じように引っかかる業者がいます。

利息制限法では通常の利息と同じように遅延損害金についてもこうした利率の制限が設けられており、制限利率の1.46倍までとされているのです。

そして、この制限利率を超えるような遅延損害金の定めは認めておらず、超えている部分については無効の扱いとされるようになっているのです。

 

10万円未満の借金の場合には年率20%の1.46倍であるため、29.2%になります。

そして、借金が10万円以上100万円未満の時には年率が18%の1.46で、26.28%となり、借金が100万円以上の場合には年率15%の1.46倍なので21.9%ということになるのです。

こうした利率を超えているという場合は過払い金請求で取り返せる可能性があります。

過払い金とは払いすぎた金銭のことをいいます。

特に利息制限法の定める利率を超える高利借入れをした人が法律上、借入金返済は終わったにもかかわらずに返済を続けたために払いすぎた金銭のことを指しています。

つまり、過払い金請求で 返済しすぎたお金を取り返せる 場合があるということなのです。

貸金を行う業者は利息制限法に則って、貸付額に応じ15~20%の上限金利で貸付けを行う義務があり、出資法の上限金利も20%に引き下げられており、同様に遅延損害金についても上限金利が変更になっているのです。

まとめ

金利とは基本的にカードローンなどでお金を1年借りた時に必要になる利息を計算する場合に利用される数字で、%をつけてあらわします。

この金利については借り入れをする人を保護するといった観点から法律で上限金利が定められています。

金融業者はその業務を行う場合には法律に則って営業を行う必要があり、貸金法の上限金利が20%に引き下げられたのです。

また利息制限法に則って、貸付額に応じ15~20%の上限金利が設けられています。

このようなことから、借り入れを行うという場合にはこうした点などをよく知っておくことが大切です。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-必要な知識