借金返済に必要な知識

ほっておくの?きつい借金の返済を考えよう

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金の返済がきつくて、かけもちで働いても足りない...すぐにお金を抜けていくし、どうしたら良いんだろう。

普通の生活も出来ない。意識すること?他の人たちも悩んでるのかなぁ?

毎月、借金の支払日が来るたびにキツイ!

そう感じるのであれば、一度チェックしてほしい8つの方法があります。

きつい借金を返すための8つの方法

 

①返済するために計画をしっかり立てて、返済表を作る。

無計画に借金を返すよりも、先ずは自分には借金がいくらあるのか?

金利はどうなるのかを正確に計算することで、借金をより早く返すことが出来るのです。

 

効果的なものとして返済表があります。必要なデータ給料」「借金残高」「金利」「毎月の返済額」「返済終了予定日」です。

 

そのデータを使って、借金の額を数字で記しましょう。パソコンのエクセル表計算ソフトを使うことで、電卓を使うことがないので計算表を簡単に作ることができます。

 

返済表を作り計画をたてて、借金を早く返せるようにしましょう。

 

②固定費を削減する方法で節約

固定費は毎月に支払う費用、家の家賃・住民税・所得税の事を言います。

 

固定費は毎月の支払いで一番の割合を占めているので、削減することが出来たらその費用で借金を返済することが出来ます。固定費で一番の負担は車の維持費です。

 

借金で苦しんでいて車を手放せば1年間で25万円ほどの節約が出来ます。保険制度はどうでしょうか?病気とケガをしたときにお金がどれくらい降りるか?プランを選ぶことが大切になります。

 

③日雇いで出来るアルバイトを探す

日雇いで収入を得られるアルバイトを探すこと。日払いでお金がもらえるので、返済資金がその日にできるメリットができます。

 

④ネットを通じた仕事(クラウドソーシング)をする

お金を稼ぐ方法でネットを通じた仕事を受注する方法もあります。在宅で出来るので好きな時間に作業できます。

 

作業の内容は幅広く、タスクでのデータ入力、専門的なスキルが求められる仕事と幅広くあります。作業に慣れていけば、アルバイトと同じくらいの金額を稼ぐことができます。

 

⑤ヤフーオークション・質屋で売る

インターネットの身近になったことで、ネットオークションとネットフリマを利用する人が増えています。ネットオークションで使わないものを売ることで、買い取り業者へ売ることが出来ます。

 

必要が無くなった物があるのなら、売ることでお金を作り借金の返済へ使うことが出来ます。

 

⑥車を売り、そのお金で返済

車を持つと、固定費で車検・ガソリン代と費用を使ってしまいます。その車を売ることで、お金を得ることが出来て借金の返済に使うことが出来ます。

 

その時に「車買取」「車下取り」がありますが、「車買取」を選びましょう。時間がかかる欠点がありますが、金額は下取りよりも多く買い取ってもらえることがあります。

 

維持費も必要なくなるので、借金の負担を少しだけ軽くすることができます。

 

⑦親にお金を借りる

申し訳なくなります...

しかし、肩代わりしてもらうことで助かる可能性があります。その前に自分で出来ることは全部しましょう。それでも、悪化して潰れそうになったら。打ち明けてませんか?

 

⑧債務整理の方法を取る

金利がますます高くなって返済できなくて、借金が全然減らない。もしくは、過払いしている場合もあります。

もし、借金が高額で返済が不可能になったとき、債務整理する方法を取ることも考えてみてください

 

※債務整理?

借金を整理でき、支払うことが出来る金額まで借金を減額できます。借金の帳消しもできることがあります。返済できない額になったときに金利のカットができます。

金融業者へ取り立てられている場合、債務整理を申請すると取り立てを止めることが出来ると、法律で決まっています。

 

・デメリット

信用情報機関にブラックリスト登録されます。クレジットカードを作ることが出来なくなり、ローンを組むこともできません。

なので、しっかり考えてほしい事は借金は減額するときに発生する、メリットとデメリットを絶対に忘れてはいけません。弁護士事務所で無料相談をしているところもあり、聞いてみると良いでしょう。

 

借金の返済がきつくて...相談したいです

 

Q、借金の返済がきつくて、どうしたらいいかわかりません。自業自得と言われても仕方ないです...でも、助けてください。

年間の手取り/12カ月
(夫)25万円
(妻)10万円

 

(夫の借金)200万 月々計8万+(C社 25000)返済
(A社)100万(キャッシング)13% 月々25000返済
(B社)55万円(ショッピング)15% 月々35000円返済
(銀行)45万(フリーローン50万まで)10% 月々20000円返済
(C社)25000円(ショッピング一括)毎月ガソリン代の支払いで利用

 

(妻の借金)52万 月々計27000円返済
(A社)35万(ショッピング) 15% 月々17000円返済
(銀行)35万(フリーローン20万まで)11% 月々10000円返済
 車ローン(夫 6800円払い10万 妻13700ボーナス払い63700円)口座から引き落とし。


借金のことを知られたくありません。相談するところもわからないので、困っています。
しかし、収入を増やすために努力して、費用も削れるところは削ります。

A、どうあがいても、借金はどんどん増えてしまいます。弁護士へ相談することで解決方法を知ることができるはずです。

 

A、地域によりますがボランティアで相談を聞いてくれるところもあり、そこに相談をしてみてはどうでしょうか?専門家なので生活が成り立つよう、アドバイスをしてくれます。

 

A、貸金業法の改正もありますし、あなたはどうにもならない状況へ向かっています。専門家へ聞くしかありませんよ。

 

体験談。借金がきつくて底を見た

35歳、男性、アルバイトをして生活しています。奨学金の返済が出来ずに借金を作ってしまい、5年間くらいホームレスをしていました。

高校の時は成績がトップだったことがあって入試で合格が出来た。いざ入学してみると、バイト代は遊ぶ金に使ったから貯金が無かった。奨学金が無利子だったこともあって、就職後に返そうと気が緩んでいた

 

大学時代、アルバイトをしてたから遊ぶ金はありました。もちろん、遊んでばかりいたので貯金するようなことは考えていなかった。こんな大学生活だったから就職に苦労しました。

やっと、会社へ就職できました。

 

奨学金を返していこうと意気込んでましたが、家賃と生活費、奨学金を返すとお金が空っぽ...どうしようもなかったです。

 

数年後に会社がつぶれてしまい、奨学金が返せなくなりました。滞納していて裁判になったと言う出来事をネットで知って怖くなりました。焦りから消費者金融でお金を借りました。

しだいに、借入額も増えていって、催促がくるようになりまっした。

 

両親には会社がつぶれたことを言っていません。誰にもうちあけれずに、催促の電話におびえていました。

逃げ出したい気持ちから夜逃げをしてしまいました。借金から逃げたい。頭の中はそれだけでした。

 

行くあてもなく、公園で一日中過ごしました。親友たちに助けを求めましたが、断らてしまい何もできませんでした。

ホームレスとして生きていく覚悟を決めました。しかし、ホームレス仲間を作ることができて、それなりに楽しいなと思ってきました。このままじゃダメだと考えつつ、数年間過ぎてしまいました。

 

ホームレス仲間が栄養失調で亡くなったことが、辞めるきっかけでした。彼は息子に会いたいとつぶやいて、息をひきとりました。

 

このままだと、僕も家族を悲しませてしまう。仲間同士で葬式を済ませた後、実家へ戻ることにしました。

 

両親は驚いていました。僕もどんな顔をしていいかわからなかった。けれど、懐かしかった。早く帰ってくれば良かったと、みんなの前で泣いてしまいました。

 

しばらく、休んだ後、奨学金と借金を返すためにアルバイトを始めました。返済が終わったら、新しい人生を生きていけたら良いなと思います。

 

きつい借金と向き合った女性の体験談

 

私は35歳のOLです。

13年前に借金をしました。理由は彼にネットワークビジネスの会場へ付き合わされたことがきっかけです。私には場違いで早く帰りたいのが本音でした。50万円の生ごみ処理機。彼に入ってと頼まれました。もちろん、断るつもりでした。しかし、消費者金融から50万円もお金を借りました。

 

別の子にもネットワークビジネスの話を持ち掛けられて、また50万の借金をしてしまいました。どうしよう...ネットワークビジネスで稼ぎが無いまま、借金が100万になりました。きつい状態の中、少しづつ返していきました。借金は20万円にまで減らせました。

 

ある日、1社から融資枠を100万円にしますと言われて、再契約をしました。1回全部借りてほしいと言われて、借金の返済に使うことにして、50万を借りました。お金の感覚がわからず、自分のお金に思うこともありました。

このお金は月々の返済に使っていました。この頃の月の返済額は10万円だったと思います。つらかったです。返済が滞ってしまい。催促の電話におびえる日もありました。

 

食事もご飯に焼き肉のたれをかけて食べる生活。洗濯する水道代がもったいないので、ファブリーズをふる生活でした。

入浴の回数も少なくして、ウエットティッシュで体をふいていました。借金のせいで本当に苦しかったです。

友人が社長をしていて、返すあてが無かった私は借金の申し込みのお願いに行きました。けれど、貸してくれるはずが無く、これが原因で疎遠になってしまいました。

 

毎日、きつい借金生活を過ごしていたある日、借金の返済方法について知りたいと思ってインターネットで探していたところ、法律事務所で無料相談ができる、そして債務整理の方法があると知りました

法律事務所に頼りたい気持ちがあったけれど後ろめたさがあり、債務整理をしたらどうなってしまうのだろう?と不安がありました。

なにをしたら良いのかもわからなかったので、体験者の意見を見た後に覚悟を決めて無料相談をしました

 

普通の法律事務所相談に行かないとダメで、相談は30分だけでもお金がかかってしまいます。しかし、私が相談したところは、場所も選ばず匿名で無料で出来ました。

 

電話がかかって来て、自分の借金の状態を話しました気が楽になりました。

法律事務所の人と相談して月の支払いは4万になりました。毎月、4万を振り込み、借金を完済することができました。

 

まとめ

 

僕だけが酷い思いをしたんじゃなかったんだ。計画も考えておけば、借金の返し方も工夫できることはわかったけれど。体験談のような酷い思いはしたくないよ...

返せなくなったら、僕も路頭に迷ってしまうのかな?

もっと簡単に解決しますよ

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.