借金返済に必要な知識

個人再生ってなに?メリット、デメリットは?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金返済に困って債務整理を考える方が最初に思いつくのは自己破産だと思います。

個人再生ってなに?メリット、デメリットは?02

自己破産は裁判所ですべての債務を免除してもらう手続きですが、一定以上の価値のある財産も同時に手放すことになってしまいます。

住宅をお持ちの場合には手放すことになってしまいます。

せっかく建てた住宅ですし、なんとか手放さずに借金を整理したいと思うのが普通です。

個人再生とは、そうした方に、住宅を手放さずに借金を減額することができる制度です。

自己破産とは違い、住宅や車などの財産を手放さずに債務整理を行う制度です。

借金は5分の1に減額されるだけで、全額免除になるわけではありませんが、住宅や車を残して債務整理をしたいと考えている方には向いている制度です。

実際には、残った債務の額により返済額は変わってきます。

500万円未満の場合には100万円ですが、1500万円未満の場合には、借金額の5分の1になり、3000万円未満の場合には、300万円。5000万円以下の場合は、借金額の10分の1になります。

Asian businessman standing next to gold coins

このように減額された金額を、個人再生計画が認可された後、通常は3年間で分割で払っていくことになります。

借金返済に困っている方で住宅等を残し債務整理を行いたいという方には向いている債務整理の方法が個人再生です。

個人再生の手続きの中では、再生計画の中で「住宅ローン特則」という住宅を手放さないで債務整理を行う借金返済の手続きをしていきます。

消費者金融や銀行カードローンなどの借金返済は行わないが、住宅ローンの借金返済に限っては今まで通リに支払っていくことを裁判所に認めてもらう制度が個人再生という債務整理の手段です。

住宅ローン破たん mny0138-001

住宅ローン特則を認めてもらうためには、不動産に、住宅ローン以外の抵当権が付いていないことが絶対な条件になります。

もし、不動産に住宅ローンの抵当権以外が設定されているようでしたら、まうは、その抵当権を外すことから始めないと個人再生という債務整理方法は使えません。

この他にもいろいろな条件がありますが、実際にどういう条件が必要かは個別に弁護士さんに相談したほうがいいです。

個人再生を用いて借金返済金額の減額を実施すると住宅ローン以外の資産を失うと誤解されがちです。

なかには、保険を解約して解約返戻金も借金返済に充当する必要があるのはと誤解される方もいるのですが、特に保険を解約する必要性はありません。

また、個人再生を実施すれば借金返済金額が5分の1になり、滞納している税金も免除されると誤解する人もいるのですが、それは誤解です。

自己破産と同様に税金の免除は行われません。

あくでも借金返済金額が5分の1に減額されるだけです。

Businessman standing on the road turning into an arrow with interest rates words on it

個人再生が自己破産と違う点は住宅ローンを残して借金返済金額が減額されるだけではありません。

自己破産では、借入の原因次第では免責がおりない場合があります。

たとえば、ギャンブルで作った借金返済金額などは免責されません。

ですが、個人再生では、原則として借入の原因については言及されていません。

原因がギャンブルや浪費であっても免責が認められます。

そこが、自己破産との大きな違いです。

個人再生で借金返済金額を5分の1にしても特に家族等に影響はありませんし、会社にも知られることはありません。

ただ、他の債務整理方法と同様に、信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまいますので、個人再生で借金返済金額を5分の1に減額したあとでは、新規の借入が難しくはなっていきます。

それも、個人再生で借金返済金額を5分の1に減額したあとは、借金に頼らないように生活も再生するように心がけていけば大丈夫といえば大丈夫です。

雇用面については、会社に借入等がない限り何も変わらないはずです。

Overworked businessman with laptop and a stack of books in the office

もし、会社に債務があり、個人再生と同時に借金返済金額を5分の1にしてしまった場合には、会社によっては処罰を受けるとこともあるかもしれませんが、基本的には何も変わらないはずです。

個人再生後の再生計画も、当初は3年で返済していくものですが、裁判所に再生計画の申し立てを行い、返済計画の変更が認められれば、返済期間を5年に延長してもらうことも可能になります。

大きな金額ですと、借金返済金額を5分の1に減らしても3年間で支払っていくのは難しいものです。

当初は、3年間で支払う予定でも、実際は難しい場合もよくあることです。

住宅ローン等を残して借金返済金額を減らしたいと考えていても、払っていけるか心配だと言う人は、返済期間の延長も可能だということを頭に入れておいてください。

借金返済に困って弁護士さんに債務整理をお願いする人は多いです。

young Japanese woman worries about something

ただ、住宅は手放したくはないと思います。

住宅ローンを残して借金返済金額を5分の1に減額すればなんとかなるだろうと思う人にはおすすめの制度です。

まずは、一人で悩まずに弁護士さんに自分の状況を正確に伝えて判断を仰ぐようにしてください。

きっと、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

個人再生した方に聞いた、メリット、デメリット

浪費癖があり、ブランド物のバッグやアクセサリーをキャッシングで購入して多額の借金を抱える羽目となりました。

現在は個人再生をして解決できていますが、個人再生をして良かったと感じることは手続きを始めた時点から催促の通知や電話が全てストップしたことです。
おかげで精神面でも随分楽になりました。

デメリットは官報に載る事くらいです。

Japanese woman thinks about something

 

消費者金融のキャッシングを返済できなくなり、弁護士に依頼して個人再生をしました。

すると500万円ほど合った借金が100万円まで圧縮され、それを3年返済していくことになりました。

大幅に借金が減額されたので返済が楽になりましたが、ブラックリストには登録されたのはデメリットと言えます。

しばらくローンは利用できませんでしたが、個人再生から7年経過した現在は自動車ローンの審査に通過できました。

3073097

 

とある事情があり、大きな借金を作ってしまいましたが、個人再生の手続きをして今は完済することができています。

個人再生をして良かったのは、利息をカットして総額を大きく減らしてもらえたこと、また分割で返済できたので生活に支障なく完済できたことです。

唯一デメリットだと感じることは、一定期間はキャッシング全般を利用できないことです。

3067750

 

ちょっとした気の緩みが原因で多額の借金を抱えたのですが、今は個人再生の手続きをして全て完済しています。

個人再生をして良かったと思ったことは、総額から返済額を大きく減らしてもらえたこと、また無理のない額で毎月返済していけたので、普段の生活にも支障はありませんでした。

デメリットといえば手続きに少し時間がかかるということです。

3070398

 

ギャンブルは毎日、また浪費癖が酷かったこともあり、借金をしてまでショッピングやギャンブルにお金をつぎ込んでいました。

当然、自分では返済できなかったので、弁護士の先生に相談して個人再生の手続きをしてもらい、解決に至ることができました。

個人再生をしたことで借金が大幅に減額できたし、分割で返済するので月々の負担が軽減しました。

ただローンを組めないのはデメリットだと感じます。

3066310

 

浪費癖が原因で個人再生をしたのですが、無事に借金を完済することができました。

個人再生でのメリットは大きく減額できる点と分割で返済していくことができるという点です。

負担の無い額だったので、それほど返済も苦痛に感じることはなかったです。

ただし官報に情報が載ってしまうので、しばらくは金融機関からお金を借りることができません。

A sad japanese employee standing holding a paper feels headache and worries about paying a lot of bills. Problem, worries concept. A Contemporary style. Vector flat design illustration isolated white background. Vertical layout

 

ギャンブルが原因で多額の借金を作ってしまったのですが、弁護士の先生に相談して個人再生の手続きを取り、何とか完済することができました。

個人再生をして良かったのは、やはり借金の総額が大幅に減らせることです。

また分割で支払っていけるので、生活するのにさほど負担がなかったのが良かったです。

デメリットはしばらくの間借り入れができないということだと思っています。

3d small people pulling hands to symbol of yen

 

仕事でのストレスが原因でホストクラブに通うようになったことがきっかけで、多額の借金を作ってしまいました。

その借金は個人再生で完済に至ったのですが、個人再生をして良かったと感じたのは利息をカットした上に分割で月々返済していけるので、無理なく支払いができたことです。

デメリットといえば、しばらくの期間は借り入れができないという事くらいです。

3066312

 

ギャンブルで作った借金が原因で個人再生の手続きをしましたが、現在は完済に至ることができています。

個人再生のメリットはギャンブルが原因でも債務整理ができること、また大きく減額できるので思ったよりも返済が楽に済んだことです。

また取り立てからも解放されるので、気持ちの部分でも随分と楽になりましたが、しばらくは金融機関から借り入れができないことがデメリットです。

3067752

 

会社での人間関係が上手く行かず、ストレスを発散するために借金をしてまでブランド物を買いあさった結果、多額の借金を作ってしまいました。

今は個人再生をして完済できましたが、個人再生のメリットは浪費が原因でも債務整理をすることができる点です。

また返済額を大きく減額してもらえたので返済が楽でした。

ただ一定期間はローンを組めないことがデメリットだと感じます。

3066313

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.