借金返済に必要な知識

マイナンバー制度で周りに借金がばれる?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

2015年10月からマイナンバーが国民一人ひとりに割り当てられ、順次制度が開始されていきます。

まだマイナンバーというものをしっかり理解していない人も多くいるため、副業がばれてしまったり、借金返済していることがわかってしまう心配をする人もいます。

マイナンバー制度はが国民に12桁の番号を割り当てることにより、社会保障や税に関する手続きを簡略化するためのものです。

企業がマイナンバーからその人の個人情報を収集することは今のところできません。

現状では行政や一部医療機関が情報を利用できるだけです。

2018年からは銀行口座もマイナンバーと連携させることが可能となり、銀行で口座を作る場合にもマイナンバーの提出が必要になってきます。

マイナンバーは災害時に個人の安否を確認することにも利用できるため、今後さらに利用できる場所は広がっていく可能性があります。

マイナンバー制度で周りに借金がばれる? 02

さて、借金返済をしている場合、条件によっては会社にばれてしまう可能性があります。

直接借金返済が判明することはありませんが、税金や社会保険料を滞納している場合、行政機関から会社に通知が行くことがあるためです。

通常滞納による差し押さえは資産から行われ、給与の差し押さえは最後の段階となります。

借金返済をしている人は資産を持っていることが少ないため、税や社会保険料を滞納していると給与の差し押さえの可能性が高くなります。

 

会社が住民税や社会保険料を支払いっているような場合は特に心配する必要はありません。

 

借金返済で借入先で滞納をしてしまったとしても、現状では会社に通知が行くことはありません

2018年以降、銀行口座とマイナンバーが連携した場合は借金返済をしていることがわかってしまう可能性が現状より高くなります。

銀行がマイナンバーから情報を収集することができるようになれば、会社に直接連絡が行ってしまう可能性も出てくるためです。

しかしあくまでも可能性ですので、借金返済がばれることを極度に恐れるような必要はありません。

借金返済が会社の給料だけで支払いきれず、隠れて副業をしているような人もいるかもしれません。

その場合、副業をしていることは会社にばれてしまうのでしょうか。

結論から言えば直接ばれるようなことはありませんが、副業によって収入が大きくなれば、住民税の支払額も大きくなります。

給料から天引きにしている場合、この時点で所得に見合わない額の住民税の請求がくることになりますので、他に収入がある可能性が浮上します。

場合によっては経理の人から質問されることも覚悟しておきましょう。

Tax return

副業をしていて収入が20万円以上の場合は必ず確定申告が必要になってきます。

これはマイナンバーの導入と関係なく現状でも必要です。

住民税の支払い方法には2種類あり、「普通徴収」と「特別徴収」があります。

普通徴収は自分で支払いをする方法、特別徴収は給料からの天引きです。

副業の収入が給与所得であった場合は特別徴収として会社に住民税額が通知されますので、結果から言えばばれてしまうこともあります。

しかし借金返済で給料だけでは賄いきれていないような場合、ばれてしまった場合のことも覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

正直に借金返済のために副業をしていることを話すことによって、特別に副業を認めてもらえたり、場合によっては借金の一部を肩代わりしてくれるような可能性もあります。

借金返済で大変なのは金利です。元金が少しでも減ることで負担が減り、本業に注力してもらえるのであれば、会社としても借金返済に協力するメリットはあります。

また信頼関係のある上司がいれば、無金利で貸して貰える可能性もあります。

借金返済に協力してくれるかどうかは、その人がどれくらいその会社に勤めており、どのようなポストにあり、どれだけ重要な人物であるかによって大きく変わってきます。

会社に入ったばっかりや、重要なポストについていないような場合は過度に期待してはいけません。

借金返済で大変なのは周りに借金の存在を隠し、一人で背負い込むことです。

自分の上司に相談することによって、思わぬ解決に向かうこともありえます。

マイナンバーが導入されて副業の存在が発覚する可能性が高くなれば、話を始めるきっかけは増えるでしょう。

副業がばれることを恐れて他人のナンバーを教えることもいけません。

マイナンバーは個人と結びついたナンバーですので、悪用されないためにも不用意に他人に教えないようにしましょう。

 

現在日本人の3人に1人は借金をしていると言われています。

借金と言っても住宅ローン、奨学金ローン、自動車ローン、教育ローンなどさまざまなものがあります。

日本人の多くは借金に対してマイナスのイメージが強く、借金返済をしていることを周囲の人間に知られるのを恐れます。

マイナンバーが導入されたからと言って、借金返済が周りの人にわかってしまうことはまずありません

マイナンバーは高度なセキュリティーによって保護されており、個人情報が漏洩する可能性は非常に低くなっています。

現状銀行や消費者金融、信販会社などは個人の借金の状況を把握するシステムが出来上がっています。

 

これは信用情報機関というところに、個人のカードの利用履歴や契約しているカードの種類、借金の金額などが全て保管されているためです。

信用情報機関は日本に3つありますが、最近では相互に情報共有が進んでいるため、借金返済の状況はほぼリアルタイムに更新されています。

信用情報の取得は個人でも行うことができます。

マイナンバーもそうですが、こういった情報の漏洩する大きな可能性としては、身内によるデータの不正利用が挙げられます。

クレジットカードの番号やパスワード、マイナンバーなどはいくら信用している人物でも不用意に教えるのは控えたほうが良いでしょう。

借金返済をしていることがばれる以前に、個人情報を悪用されてしまうリスクがありますので、非常に危険です。

教えた人が直接悪用しなくても、教えた人の携帯やパソコンなどからデータが流出してしまう可能性もあるからです。

マイナンバーは一度割り当てられたら変更されることはありません。

生涯同じ番号と付き合っていくわけですから、大切に取り扱いをしなくてはなりません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.