借金返済に必要な知識

どうしても、借金が苦しい。誰か救いの手を。

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

借金で負債を背負ってしまうことは、苦しいですよね。返済のことで、パンクしてしまいそうですし。それが、原因で体調を悪くしてしまったり。性格が暗くなってしまう人も、いると思います。周りから見ると、心配にも思われますし。もしかしたら、距離感も作られてしまうかもしれません。暗い気分の時に、明るくはふるまえないでしょう。楽しくないのに、笑えるわけがないと言う状態です。

 

どうして、借金返済が苦しいと言う事態にまで悪化したのか。返済にむけての、アドバイス。借金と一緒に暮らしていくうえでの、生活の知恵や簡単な解決方法もあげれる範囲であげていきましょう。では、始めましょう。

b6c26ae18ecb4bef864e7d7159f63914_s

 

どうして、借金で苦しい状態に。。。?

クレジットカードに頼り切っていませんか?買い物・食事・遊ぶ際にクレジットカードを使い、どんどん使ってしまうと言う癖がありませんか?最近、クレジットは利用するとポイントが、いろいろ入るサービスもあるらしく。利用者を増やそうと言う、試みでしょうね。

 

気をつけたいのが、使うと便利と言う罠です。使うと便利なので、使いすぎると言う状態に陥ってしまうようです。今、どんな状況だ?と忘れたころに、チェックしたら使いすぎていて、返済金額が高額だった。と言うことも、珍しくないでしょうね。ここで、あまりにも呑気に構えていて、深刻な状況が近づいていると。気が付かない素振りをしていたら、借金で苦しいとつぶやくことになりそうです。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s

 

しかし、深刻なことほど。忘れてしまいたい、気が付かないふりをしていたい、と言うことありますよね。物事は考えたくないことは、考えないでいる。と言う人もいるようです。(考えすぎるなと言う、意味で)しかし、計画性・調和を取って動くのも時には必要です。何事もバランス。偏った考え方にならないように。(ネガティブすぎず、ポジティブすぎず。時と状況に似合った物事の受けとらえ方を)

 

意外と豪遊で借金を作ると言う人も、珍しくないそうです。身近にひそむもの。ギャンブル・ショッピング・キャバクラ・交際費。都会を歩いていれば、そんな建物もありますし、普通に過ごしていても。ショッピング・交際費は使う機会はあります。ケチケチと使わない人は、それはそれで避けられますけれど。問題は過剰に使いすぎること。

 

加減をしないのでしょうね。無計画な浪費、見栄を張りすぎる。自分自身に対する、抑制能力の無さかもしれませんね。自分自身の直感で、これに対しては、どっぷりと使ってしまいそうだなと。思うことには、ストイックにしないことも、良いかもしれませんね。ギャンブル好きからの、誘い。酒に酔った友人から、歓楽街へ出かけようと言う誘いも。

b3efe3f4f74a916db6a6d191ccda6488_s

 

たしなむくらいなら、良いと思いますが。帰宅した後、どっぷりした感覚がでてきそうだと、感じそうなら、誘いはなるべく断りましょう。と言うストイックさも、規律と秩序ですよ。

 

しかし。危なそうなものには惹かれますよね。成人したばかりなら、ギャンブルもキャバクラも、入店に許可がでてくるはず。興味が無いはずは無いでしょう、未成年の壁が取れたんだから。さぁ、一度は見に行こうと。盛り上がっている、成人者もいるでしょう。まあ、何事もほどほどに。

 

根本的に借金が苦しくなる理由は、過剰な浪費が原因と言う感じですね。第三者にのめりこみ、使い込みそうなものがあるから、不安だと。相談して、深刻化しそうなときには、チェックしてもらい。止めに入ると言うルールつくりも。ストイックさを、求めるなら。

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

借金を作ってしまい、周囲に知られて気持ちが苦しい

では、次のテーマは最初にとりあげたことに、失敗をしてしまい。借金を作ってしまった。返済が苦しいのに、周囲にも知られてしまい。噂の中心で、肩身が狭いと言う方もいるでしょう。

 

先ずは、気休め程度に。物事は取り越し苦労と言うパターンもあります。(自分も取り越し苦労で物事を、考え受け止める気質です)、周囲は雑談の小ネタに話題に出す程度で、そんなに、ぎっしりと周りの人の事に関心を持たない。と言うことです。これは、事件性のあるような取り立て・催促の現場の光景を周囲の人が目撃して。恐怖感があるからと、愚痴を漏らすイメージ。

 

これは、一理ありますがね。自分の近所の人の家に、高圧的な取り立ての業者の方が、押しかけてきていたら。近所の人も、怖い思いを少なからず感じると思います。しかし、最近は規制もありますし。表面的には、ドアを叩いて名前を連呼するような、恐ろしい雰囲気の金融業は少ないと聞きました。しかし、いないわけでは無いので。不安感として、消えることは無いと思います。

 

周囲の反応が気になるのなら、まだ借金を負債していることに対し。後ろめたさがあり、なんとかしたいと思っている。と言う、救いがあります。開き直るような態度で負債者が、対応していると。深刻化すると思います。

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

借金が苦しい、返済のアドバイス

借金を負債することは、世間体の風当たり。イメージダウンだと取り上げましたが。借金を返済すると。そのことが、信用情報機関に登録をされるのですが。金融機関側は、借金をしたことがない人や。借金を借り入れに来ていない人よりも、借金をしっかり返済できた人の事を、評価してくれます。(違法の金融・闇金などはわかりません。むしろ、返済不可能と言うような条件ばかりを組み立ててくると、思われます)

 

金融機関からの信用、それはなんだろう?と疑問に思うと思いますが。金融機関からの信用は、住宅ローンの審査に影響力を与え。金利を引き下げてくれると言う、可能性も発生します。諸刃ですが、返済が出来なかった場合。信用も失い、事態が悪化。見出し通りの、借金が苦しい、とつぶやくことになります。

まとめ。

最後になるのですが。借金とは作るべきなのか、それとも。お金に困っていないのなら。借り入れをせず、関わらないようにするべきなのか。賛否両論な展開になっていきますよね。自分は専門家では無いですし、お金や借金に対しての知識も無いです。なので、まったくわからない、例えるなら。地図も方位磁石(借金の知識や、お金の知識)も持っていないのに、危ない森(金融の例え)は歩きません。なので、借金と言う物には、お金に追い込まれていない現状だったら。触れないで、働ける環境から。収入を得ていく、と安全な歩き方を選びます。

 

シンプルに。デメリットとメリットを見て、メリットがあるような金融なら、お金に困った状況に追い込まれたとき。視野に入れて、動いてみると良さそうですね。ポイントは欲だけで動いて、借金を負債。それにより、多くの額を返済していかないといけない、と言う状況を生み出すと。タイトル通り、借金が苦しい、誰か救いの手をと。ぼやく展開になりそうですね。

 

どうでしたか?借金はやっぱり、苦しいイメージが強いです。苦しい状況から、良い条件を見つけ出して、活用していく。そんな、器用なことは、なかなか出来ないでしょう。なので、結局は返済の問題を解決したいために、情報や相談をしたいと言うことになりますよね。では、どうしましょうか。

 

そこで、こういった方法があります。

http://ventagafassolrayban.com/knowhow/hensai/

 

 

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.