体験談

強制的にギャンブルで作った借金を返済する方法って?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ギャンブル、借金。まるで絵に描いたような転落を想像できると思います。

そもそも、既にあなたがその道に進んでいるのかもしれません。

当ページでは、あなたがギャンブルの借金から抜け出すための参考書になればと思います。

ギャンブルをやって破滅した体験談、どうやって立ち直ったのかを投稿してもらいました。

ギャンブルの借金は返済できてないけど、ギャンブルをやめることができた方法

+ クリックして下さい

クリックで開かれる内容です

ギャンブルは依存性がありますよね。

私も借金してまでしていました。

そんな私がなぜやめたのでしょうか?

それはお金の価値観を改めて考えたからです。

負けたお金で何が出来たか?このお金はどれくらいの汗で稼いだかを。

収支をとりひと月の負けた残高を見てもったいないと感じました。

Woman with shopping bags

そして、ギャンブルで使っていたお金を趣味やファッションに使い、お金がなく行けなくする方法で私はやめました。

参考になれば有難いです。

就職して間もないころ、ストレス発散のためにパチンコをはじめました。

最初のうちは勝てば、すぐにチャラになると思って、少しづつ借金してはパチンコを続けていましたが、気がつけは150万円も借り入れてしまっていたんです。

返済は親に頭を下げて払ってもらいました。

ただ、それは親が老後にとこつこつ貯めたお金だったので、申し訳ないというきもちでいっぱいで、ギャンブルを辞めることができました

私がギャンブルで借金をしたのは大学生の時でした。

当時、パチンコに夢中になって借金をしてしまいました。

Friend arguing, two asian women.

その返済に困って友人にお金を借りたのですが、お金を返す際にトラブルになってしまい、

その友人との関係が終わってしまいました。

それ以来、こんな事をしていては駄目だと自己嫌悪に陥り自然とギャンブルをやめることが出来ました。

失った友人との関係は戻ってくることはありませんでしたが。

ギャンブルで負けると悔しくなり、貯金を下ろし、なくなると友人から借金をしました。

しかし、お金を誰も貸してくれる人は誰もいなくなり、借金すらできなくなりました。

そこで、パチンコを止めたい気持ちはあったので、パチンコに通っていた時間帯にできそうなアルバイトを探しました。

単発や短期のアルバイトはすぐに見つかるので、できるだけバイトを入れて、パチンコに通う時間を減らしていくようにしました。

趣味が競馬とパチンコだったので、負けた日は意地でも取り返してやろうと借金をしてまでギャンブルにお金を継ぎこんでいたのですが、とうとう返済不能に陥ってしまいました。

 

healthy lifestyle young woman runner running on sunrise

 

ギャンブルを一切やめるためにパチンコ屋のある繁華街はなるべく通らないようにしたり、気分転換にランニングを始めました。

今ではレースを目標にするくらいランニングが趣味になっています。

昔は、借金してまでギャンブルに熱中していました。

時たま当たるのが楽しかったのですが、ある時期仕事が無くて、しばらく預金を切り崩して生活していました。

それでも借金は返済しなければなりません。返して行くうちに、

一体何のためにこんなことをやっていたのか、何だか情けなくなってしまい、結局それがギャンブルから足を洗う動機になりました。

少なくとも、お金を借りてまでやることではありません。

月給の2割は借金の返済に充てることに決めました。

また自分は、シャンブルでお金が欲しいのではなく、夢中になるものがほしい、現実逃避をしたいのだということをわかっていたので、ギャンブルに代わるものに移行してみることにしました。

BANGKOK - MARCH 16, 2016: Unidentified teenagers play on game machines at the Hero city at the MBK Center, a large shopping mall. Bangkok is one of the worlds top tourist destination cities.

それはゲーセンでした。

惨めな気もしましたが、夢中になることが出来たので、パチンコに足を運ぶ時間を少しずつ減らし、半年から1年かけて断つことが出来ました。

負けが続きお金が足りなくなると「どうせ増えたお金で返せるから」という軽い気持ちで借金をしてしまいました。

一時的に手持ち金が増えても返済に充てられず、借金は増えるばかりでした。

勝っている時もあるのに何故お金が増えないのか?と不思議でした。

当時は負けている時の金額の事が頭になく、友人にたしなめられて初めて考える事にしました。

気付いてからは他に趣味を作る事でギャンブルから手を引く事が出来ました。

自分はパチンコにはまっていました。止めるための方策をネットで色々さがしました。

これはいいと思ったのは海外に行くことでした。海外にはギャンブルはあるけれど、パチンコ店はないということだから。でもそんな資金はありません。

そこで、パチンコ店が目に入ってこないような田舎で生活してみたいと考えました。

田舎で住み込みの仕事を探しました。

飛騨 白川郷 合掌造り 世界遺産|jut0002-004

借金が返済できるまで数年間、田舎での住み込みを続けました。

パチンコが趣味でしたが、きっぱりとやめました。工場の期間工の求人に応募して、寮に入って働いたことで、パチンコをやめられました。

毎日筋肉痛で、体はくたくたでしたが、パチンコなどする余裕がなくなり、また寮に入って同僚と付き合っているうちに、パチンコをしていた自分が時間を無駄にしていたと感じるようになりました。

借金を返済できて、ギャンブルもやめられました。

 

 

 

ギャンブル借金を返済した方に聞く、ギャンブルのやめ方10選

ギャンブルが原因で借金をしてしまった方。

まずギャンブルに費やしている時間がもったいないと考えましょう。

パチンコが原因の場合、空気の悪い環境で、長時間座っているだけの生活は健康にも悪影響をもたらします。

私の場合、その時間をランニングする事に変えてみました。

目標タイムを設定し、少しづつ続けて行くうちに早く走れる様になり、体調も良くなりました。

気がつけば、パチンコ屋に行く気にもならない自分がいました。

借金後にギャンブルをやめるには、やはりほかの楽しみや趣味などを探すことが大事だと思います。分の場合はジムに通って気分転換を図ったり、昔好きだったプラモデル作りなどもまた始めたりして、ギャンブルとは無縁になるように心がけました。

またなるべく現金を自分のまわりに多く持っておかないというのも手だと思います。

ギャンブルで気が付くと、借金をしてまでもしている自分がいました。

そして、限度額がいっぱいになるともう借入をすることはできなくなります。

そこで、初めて大変なことをしたと気がつきます。お金がないとギャンブルはできません。

Young woman shows her empty wallet, isolated on white

そのために、今は外に出かけるときにはお財布に500円だけ入れて出かけています。

外でやりたくなくても、お金がないと我慢ができます。

ギャンブルは一度でも大勝ちしてしまうと、その時の快感が忘れられずに何度もやってしまいます。

お金がなくなっても借金をしてまた遊び、お金を無くしていくのです。

このままではいけないと思い、ギャンブルをやめるために休日に無理やり用事を入れるようにしました。

一人になるとパチンコなどをやってしまうので、休日などはできるだけ友達や親族と一緒に過ごすようにしました。

そうしてるうちに自然とやめることができました。

ギャンブル依存で嵩んだ借金を完済しました。

正直、ここまでくるのに3回ほど挫折しているのですが、ギャンブルを辞めるためには使えるお金を手元に置かないことが大切です。

また、物理的に離れることも必要です。

Horse Racing

例えばパチンコ依存なら店舗がある場所に近づかない、競馬依存ならテレビ、ラジオ、新聞を見ない、聞かないなど意図的に距離を置くのがいいでしょう。

借金を返済するときには、ギャンブルはやめなければなりません。

なぜなら、圧倒的に負ける確率のほうが高いからです。

一時的には勝てても、長期的に見ればかなりの損をします。

私がギャンブルをやめるときに使った方法は,自分を拘束するということです。

物理的な拘束ではなく、アルバイトを入れるとか、友達との約束を入れるなどして、時間的に自分を拘束して、暇を作らないことです。

ギャンブルでは大きく勝てば一夜にして大金を手に入れることができるので、平凡な主婦としては一攫千金を夢見てしまうのです。

しかし、勝つ金額よりも借金をしてまで負ける金額の方が大きく、さすがに自分に呆れ果ててしまってからはギャンブルをやめることができました。

代わりにスマートフォンのアプリでパチンコをバーチャル体験して寂しさを紛らわせています。

ギャンブルで借金した時に、家族にはとても迷惑をかけました。

妻は昼間も夜も仕事をかけもちして働き、体を壊してしまいました。

Japanese bullied child

娘の学費を払えなくなり、学校を続けさせてあげられなくなってしまったことはとても後悔しています。

それでも私を責めることのない家族には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

家族の写真を常に持ち歩き、この気持ちを忘れないようにしています。

ギャンブルをやめるには何よりも強い意志が必要となるでしょう。

借金をして遊ぶようになったら厄介なので、返済できない借金なら債務整理してしまうのがいいでしょう。

これによりブラックリストに載り、5年間はローンを組めなくなります。

その後は借りてギャンブルを楽しむことができなくなるので、必然的に収入の範囲で遊ぶようになります。

ギャンブルで借金をした方に聞いた、借金を返済した方法

以前はかなりのギャンブル好きだったので、借金してまでお金を注ぎ込み、債務整理をしなければならなくなりました。

その時自己破産をしようと思ったのですが、遊びが目的という理由でできず、結局200万ほどあった借金を、ボーナスも含めて、すべて自分の収入で返済しました。

かなりしんどかったですが、返済し終わった時の喜びはまた格別でした。

その後はギャンブルをやめ、お金を借りることもしていません。

あまりギャンブルには興味はなかったのですが、たまたま友達に誘われてパチスロを打ちに行ったところ、ビギナーズラックで大勝ちしたのです。

そこから毎日のように通うようになり、大金をつぎ込んで借金を抱える羽目になったのです。

両親に正直に事情を話して代わりに返済してもらったのですが、今でもコツコツと両親に返済をし続けています。

競馬やパチンコが趣味で毎週のようにギャンブルにお金を使っていたのですが、負けると意地になって取り戻そうとするのでお金はどんどん手元から消えていきました。

お金 計算 帳面 貯金|mny0004-001

当然ですが残ったのは多額の借金で、とても自分では返済していくことができなかったのです。

家族に事情を話し、今は家族に協力してもらって返済中ですが、安易な気持ちで借金をするべきではないと痛感しています。

昔からギャンブル好きで学生時代にスロットにハマってしまってから、負けては借金しての繰り返しで、気づくと100万円を超えてしまいました。

自己破産だけは絶対に避けたかったので、気持ちを入れ替えギャンブルから一切手を引き、収入のほとんどを返済に充てる生活を半年続けました。

半分に減ったところで、その様子を見ていた彼女が残りの半分を出してくれました。

本気で返済に取り組む姿を見せたのが良かったと感じています。

仕事によるストレスからパチンコや競馬などのギャンブルに手を染めるようになったのですが、初めのうちは勝てていたものの、どんどん負けてしまって借金をしてまで負けた分を取り返そうとしましたが結局はダメでした。

多額の借金を抱えることになり、自分では返済できなかったので両親に事情を話して立て替えてもらったのですが、今でもコツコツと返済を続けています。

ギャンブル好きが高じて、たくさんの借金を作ってしまいました。

 

New residential and vacant land

返済するために、実家の土地を売りました。

本来なら自分で働いて返済するべきでしたが、こんなことになって両親には申し訳なく思っています。

ギャンブルとは縁を切って、これからは助けてくれた両親に恩返しをしていこうと思っています。

少しずつですが、お金を親に返しています。

ストレスが原因でギャンブルにハマり、毎日のようにパチンコを打つようなりました。

給料全てをつぎ込み、借金をしてまでギャンブルをしていましたが、その結果大きな借金を抱える羽目になりました。

成す術がなく、法律事務所に駆け込んで債務整理という方法をとってもらったのですが、そのおかげで無事に完済することができました。

ギャンブルと言ってもパチンコや競馬ではなく、FX投資で借金が出来ました。

FXでレバレッジの倍率を25倍にして投資を行ったところ、損失が出てしまい大きな借金が出来ました。

働けど働けど、金利を返すのがやっとで、自己破産をする覚悟で、FX 投資で再び倍率を高めてレバレッジを掛けました。

これより、大きな儲けが出て、大方の返済が済み、現在は余裕のある資金で投資を行っています。

仕事が上手く行かない時期があり、ストレス発散のために競馬にハマってしまったのですが、半年後には多額の返済額に膨れ上がったのです。

Businessman and book,studio shooting

ひとりではどうすることもできなかったので、法律事務所へ足を運んで弁護士の先生に相談したのです。

ギャンブルが原因でも債務整理の手続きが行えることを知り、手続きをしてもらったことで現在は何とか借金を完済することができました。

仕事が上手く行かない日々が続いてストレス解消のためにパチンコに通う毎日でした。

ビギナーズラックで大勝ちした快感が忘れられず、負けても取り返そうと躍起になってお金をつぎ込んだ挙句、手元には多額の借金しか残りませんでした。

自分では返済できず、両親に相談してお金を立て替えてもらったのですが、今でも両親には少しずつ返済を続けています。

ギャンブルを楽しむのはお小遣いの範囲で抑えるべきだと反省しています。

ギャンブルにハマって借金

もう5年以上前の私の姉の借金話です。

当時姉は25歳でとある飲食店でアルバイトをしていました。

その頃姉には付き合って1年ぐらいの彼氏がいたのですが、何の前触れもなくある日突然別れを告げられ姉はかなりのショックを受けました。

その日から姉はフラれたストレスを発散するためにギャンブルにハマっていきました。

slot machine

当時私は姉と同じバイト先だったので姉の行動をだいたい把握しており、バイトが終わった後でほぼ毎日スロットをしにホールへ行っている事も知っていたのですが、一体いくら使っているのかまでは知らなかったのであまりその事について深くは考えていませんでした。

当時の姉の収入は月に7、8万程度で、よく毎日スロットに行くお金があるなあとはちょっと疑問に思う事もありましたが、私はスロットをした事がなかったので、負けたり勝ったりする額が一体どのぐらいなのかがさっぱり分かりませんでした。

そんな状況が3、4ヶ月続いたある日、姉にお金を貸してほしいと言われ仕方なく貸したのですが、また数週間経ったある日、前回貸したお金を返してもらってないうちにお金を貸して欲しいと言われ、さすがの私もそこまでお人よしではないので断ったところ、実は借金の返済に追われていてとても困っていると告白されました。

最初にその言葉を聞いた時は自分の耳を疑いましたし、しかもその額を聞いてびっくりです。

なんと150万もいくつもの消費者金融から借り入れをしていたのです。

バイトで稼いだお金はその返済で全部飛んでいくと言われ、正直どうしてそんな状態になるまでスロットを止めなかったのか信じられませんでした。

Tokyo, Japan - May 13, 2016 - Slot machine venue in Tokyo

 

何でそんなバカな事をしたのか姉を責めましたが、姉が言うには、スロットをしている間はフラれた彼の事を考える事もなくその時間だけは楽になれたと言っていました。

それにスロットは大勝した時の快感が病みつきになるらしく、止めようと思ってもまたその快感を味わいたくなってついついまたやってしまう人が多いみたいです。

確かに好きな人にフラれるのは辛い事だけれども、借金をしてまでスロットを止められなかった姉を理解する事はできませんでした。

当時はまだ姉も私も実家暮らしだったので生活するには困りませんでしたが、やはりそんな大変な事を親に隠しておけるはずもなく、親にもばれてしまったのですが、ばれた事によって借金問題も解決する結果となりました。

親の知り合いがその借金を肩代わりしてくれて、その後の返済はその知り合いにしていくと言った形で何とか最悪の状況を抜け出せたのです。

今は昔と違って簡単に借り入れできない仕組みになっているようですが、昔は姉のようなフリーターでも150万も借りられたんですから怖いなと思いました。

そんな借金話も昔の事で、今では姉も結婚して立派な母親になっていますが、もしもあの時借金を肩代わりしてくれる人がいなかったら今頃はどうなっていたのかなって思います。

ギャンブルの借金でごみ屋敷

幼馴染の彼女は、昔から金遣いが荒くて有名でした。

結婚し、三人のこどもに恵まれマイホームを購入したのは20年前、とても素敵な家でしたが、その数年後には近所でも評判のごみ屋敷と化したのです。

原因は夫が家庭を顧みない事。

彼女は尽くすタイプの女性で、夫は当たり前のように彼女に甘えていました。

夜勤のある会社だったので、そのシフトに合わせた生活でした。

ギャンブルの借金でごみ屋敷02

現在夫は定年退職し、パート勤務をしながら以前の会社で働いています。

家の借金も退職金で完済しました。

夫は仕事以外ではパチンコに投じる時間が多く、ほとんど家にいません。

その上、奥さんがありながらも、暇を見つけては風俗に通うのを楽しみにしていました。

これは彼女にとってかなりの屈辱で許せないことでした。

夫は会話が苦手なようで、彼女の不満に対し黙り込むか外へ逃げるかの対応しかできませんでした。

なので、彼女のストレスは高まる一方、三人目として生まれた長女は、年子の長男、次男とは7歳離れています。

その娘を生きる糧とし、常に手元から離しませんでした。

夫が家庭を顧みないなら、自分も家事をしない。

そういう我流のルールを作り、掃除は一切せずごみを溜めるようになりました。

Young female cashier helping a customer pay

食事作りもやらず自分もパチンコにはまり、食事は買った弁当や菓子パンで済ますことが常となりました。

娘が小学生、息子たちが中学生の頃です。

そういう育ちも影響してか、息子たちは学校で荒れ、娘は中学から不登校となり、高校は通信制の学校を選びました。

学校に通えない娘がいても彼女は逆に満ち足りていました。

自分のそばにいつでも娘がいるからです。

息子二人は思春期となり両親に反発し口もきいてくれません。

夫は相変わらず仕事とギャンブルに逃げて自分に背を向ける、

しかし、娘は素直でまるでマスコット人形のようにそばに置け、思い通りに操れます。

新築当時はきれいに掃除し大事にしていた家も、いつの間にか憎い夫への復讐を誓うだけの箱になりました。

掃除がされず埃とゴミにまみれ、白かった壁もたばこのヤニや埃ですすけてきました。

弁当のパックやペットボトルが散乱し、リビングどころかダイニング、お風呂、廊下や階段、和室に二階の客室まで山積となり、来客があっても玄関の扉越しにしか応対できないようになりました。

娘が中学生頃、友人の荒れた生活が心配となり、他の友人と連れ立って何度か訪問したことがあります。

いつも彼女は不在で、日中家で猫と遊んでいた娘が玄関に顔を出すのが常でした。

「お母ちゃんはパチンコ」と笑う姿が痛々しかったですね。

Pile of dirty dishes in the kitchen - Compulsive Hoarding Syndrom

友人はそれからもずっと借金とごみ屋敷生活を続けています

こうなったらギネスものですね。

台所のガスも使えず、電磁調理器でお湯を沸かし、レトルトやカップ麺の夕食を作るようです。

お風呂もごみだらけでお湯が張れないため、スーパー銭湯へ娘とともに通っています。

洗濯はコインランドリーを使用し、一階部分はごみの山で身動きとれないらしく、一家は二階で生活しています。

ごきぶりの糞で家中シミがついていると聞きました。

そんな環境でも不思議と人は生活できるのですからたくましいですね。

娘は今23歳、派遣でパチンコ屋に勤務しています。

休みには遠方まで好きなアーテイストのライブに出かけます。

もれなく母親つきで。友人はパチンコや生活費での借金を長年抱えています。

以前から金銭感覚は乱れていましたが、パチンコの借金はどれだけ膨らんでも苦にならない様子です。

辞められないと言います。

まさに恐ろしいほどのギャンブル依存症ですよね。

パチンコは何も考えないでいいからと多くの愛好者は言います。

友人もきっと煩わしい日常や夫との関係でストレスが膨らみ発散しているのでしょう。

しかし、いつまでもそんな生活を続けることは破滅的ですね。

友人がギャンブル依存から抜け出し借金を返済し、家をきれいに整え家族が揃って気持ちよく暮らせる日が一日も早く来るように祈っています。

ギャンブル好きの私の借金

私は、今まで生きてきて、ギャンブルといわれるギャンブルは全てやってきたつもりです。

競馬、競輪、競艇、スロット、パチンコ、ネットカジノ、今までほとんど経験をしてきましたが、大抵はお金がなくなって終わってしまいます。

私は普通の企業で会社員をしているのですが、給料をもらってはじめの方はギャンブルでお金を使い、生活するためのお金がなくなってきた時点で、自炊などをして、どうしても必要なときは借金をして食費を作っておりました。

ギャンブル好きの私の借金02

はじめのうちは給料がなくなったらギャンブルをしないようにして、さらに節約してぎりぎりのお金で生活をしていたのですが、だんだん、ギャンブルで使ったお金をギャンブルで取り替えそうという気持ちになってしまい、将来のことはまったく考えずに、パチンコやスロットなどでお金が足りなくなれば消費者金融でお金を借金してさらに注ぎ込むということを繰り返しておりました。

消費者金融のカードをお金が足りなくなったら作り、給料で払うことができなくなったらさらに借金をしてそれを返すということを繰り返していたところ、どの業者にいくら借りているかわからなくなってしまいました。

借金の総額もどのくらいあるかわからず、月々の支払額は給料のほとんどを占めてしまいました。

ギャンブルをするために、返済した企業からまた借金をするということを繰り返していたため、とうとう、毎月の支払額が給料を超えてしまいました。

そうなってから初めて、やばいと思い、借金を何とかしなければいけないと感じ始めました。

まず、そのためには、自己破産をするしかありませんでした。

自己破産をした後は、しばらくの間反省をして、ギャンブルにも手を出さなかったのですが、少ししたらまたギャンブルを始めてしまいました。

借金をしなければ大丈夫と思っておりました。

しかし、そんな私に有悪の電話がかかってきました。

私に対して融資をしてくれるということでした。

自己破産をすると借り入れができなくなると聞いていたのですが、借りることができるなら借りたいと思い、軽い気持ちで10万円ほど借りました。

しかし、それが間違いの始まりでした。

数万円借りて、ギャンブルに注ぎ込み、お金がなくなったら数万円借りるということを繰り返して20万円まで借金をしました。

Middle women who suffer from head to look at the passbook

しかし、その後、25万円という請求が来ました。

今考えると明らかに違法な利息だったのですが、その当時はそういった知識はなく、利息分だけ返済すれば大丈夫と言われ、利息分だけ払っていたところ、借金の元金は減らず、少しでも返済が遅れると家にまで取り立てに来ました。

相手は私が自己破産をしていることを知っており、返済をしないと周りに自己破産をしていることが知られることになり、社会的に不利な状態に陥ることもあると、脅しをかけてきたため、そうなっては困るので、とにかくがんばって返済をしておりました。

我慢ができなくなり、そういったときは、法律事務所で相談すると良いとネットで書いてあったため、弁護士事務所に相談しました。

自己破産のときにお世話になった法律事務所に再び電話を掛けることになり、今回は自己破産をしてあまり経っていないため、自己破産をすることはできないし、どうやって解決すれば良いのだろうという気持ちで相談したところ、一切返す必要はないと言われました。

闇金の違法な取引で借金をした場合、一切返す必要はなく、毅然とした態度で臨むことが大切だと言われました。

弁護士が間に入ってくれたおかげで、一切の取立てがなくなりました。

おかげで、闇金からの請求は一切来なくなり、平穏な生活を送ることができるようになりました。

現在はもうギャンブルも辞めて、コツコツお金を貯めております。

借金とギャンブルで身を持ち崩したかつての同僚

社会人になった頃、同じ職場にいた同期の男が、借金を作って困っていたことがありました。

仕事もできて真面目な奴なのですが、ギャンブル好きで、金を派手に使いたがるところがあり、給料日前はいつも金が無い状態でした。

何度か注意はしたのですが、なかなかギャンブル癖は直らないようでした。

その後私は部署を異動したため、彼とはあまり会わなくなりました。

それからしばらくして、街中で偶然彼と会ったため、一度一緒に食事でもしようということになり、次の日の夜に待ち合わせて一杯やりました。

その時初めて知ったのですが、彼は離婚をしていたのです。

借金とギャンブルで身を持ち崩したかつての同僚02

理由は金銭感覚の違いでした。

当初は彼も奥さんに遠慮していたようですが、またギャンブルにのめり込むようになり、借金を作るようになっていたのです。

しかし、返済が遅れたため家に電話がかかり、あまり知らない名前だったので、奥さんから誰かと訊かれて、あっさり借金をしていることを認めてしまったようです。

それがもとで、奥さんからは借金を止めてくれとさんざん言われたらしいのですが、ギャンブルでしかストレス発散ができなかったこと、しかも、負けっぱなしであれば諦めもつくのでしょうが、時々当たることもあったため、味を占めていたようです。

しかも悪いことに、その時彼は多重債務状態で、返済がかなり苦しかったようです。

今度は競馬で当てて返済したいなどと言うので、それは止めろと注意したのですが、聞き入れようとしませんでした。

それから数か月経って彼に連絡を入れてみたところ、自己破産をする予定のようでした。

結局そうなったかと思いました。

もっとも、自己破産すればしばらくはお金を借りられないわけですから、これで懲りるだろうとも思っていました。

しかし、事態はもっと悪い方向に行ってしまったのです。

それからしばらくして、私は転勤で地方にいました。

Smiling businessman

外回りの帰りに信号待ちをしていたところ、私の名前を呼ぶ女性がいるので、誰かなと思ったら、彼の前の奥さんでした。

立ち話も何なので、そばのベンチに座って話したところ、彼が電話をして来て、金を貸してほしいと言って来たらしいのです。

正直言って呆れました。

そもそも自己破産後だから金を貸すところなど無いだろうと思っていたのですが、どうやら闇金で借金をしたらしく、また、彼の身内はケアハウスに入っている母親しかいませんので、元の奥さんに連絡をしたのです。
彼の今の居場所を尋ねてみようと思っても、住所を知らないので探しようがありません。

仕方なく昔のメモを見て、彼と奥さんが以前住んでいたマンションに行ってみましたが、もちろんそこにはいませんでした。

また、彼の携帯に電話をしてもその時には通じなくなっており、もちろんメールも送れなくなっていました。

そのまま何日か過ぎ、携帯でネットのニュースを見ていたところ、交通事故のニュースがあり、その中に彼の名前がありました。

Kanagawa, Japan - January 5 The fire recue demonstration in the New Year

都内の某所で、飲酒運転でバイクの若者にケガをさせたということでした。

そこを管轄している警察署に連絡を取って、彼に会わせてもらえないか頼みました。

頼んだ挙句ようやく会わせてもらえたのですが、ひどくやせていて老けてみえ、かつての面影はまるでありませんでした。

闇金の件は弁護士に頼んで何とかしてもらったものの、取り立てが会社に来たため会社にいられなくなり、辞めた後は請負で作業の仕事をして、何とか暮らしていたとのことでした。

彼には、こんな形で会うとは思わなかったなと言いましたが、内心なんて馬鹿なことをしたのだとも思っていました。

すると彼も、こちらの心中を察したように、馬鹿だったよと一言いい、その後は黙ってしまいました。

この男が少なくともギャンブルだけが生き甲斐でなければ、別の人生があっただろうに、今考えても何とも腑に落ちない気分です。

ギャンブルで借金を滞納してしまった人

ギャンブルにハマってしまっている人の中でも、パチンコは徐々に首が締まるギャンブルといった印象です。

もちろん競馬や競艇、競輪などの公営ギャンブルもハマってしまうと困りものですが、何百円かの豆券でも遊べるということは、かなり良心的かと思います。

個人的な意見なので「それはない」という人もいるかもしれません。

しかしパチンコは毎日勝負できますし、100円では余程のことかぎり、良い目は見ません。というか、100円から遊ばせてくれるような店が、あまりないのです。

公営ギャンブルのよう一発で何百万円も勝つという夢も見ることができません。物理的に無理です。

ギャンブルで借金を滞納してしまった人02

しかし何千円、何万円か、時として十万円、二十万円を勝つことは可能です。

パチンカーなら何度かは、そういう経験あるでしょう。

要するに、支払いに何千円か足りない、もしくは支払いをしてしまうと全くお金が残らないという状況の時、「増やして遊び金を確保してから支払おう」とか「何千円か支払いに足りないのなら、パチンコで勝てばいいと思ってしまうようです。

これは多分「パチンカーあるある」のようなもので、添えをネタのしていた芸人さんもいました。

普通なら、ちょっとだけ足りない時には、今あるお金を減らさずに、何とか出来ないものだろうか、バイトすればいいのでないかといった、建設的な考え方をするはずです。

「勝てばいい」と思ってパチンコに行く人は、尋常ではありません。

とはいえ、往々にしてそう考えがち。私の大学の時からの友人である諸田君も、楽天的なパチンカーでした。

足りない時には「増やせばいい」と思い、結果、にっちもさっちもいかないほど減らします。

そして人にお金を借りて、借りていながらまた「増やしてから支払おう」と調子に乗るものですから、借金したお金も使いはたしては頭を抱える繰り返しでした。

さすがに社会人になると人に借りるのが憚れるようになったのか、諸田君は人に借りないで、消費者金融から借りるようになりました。

ただ競艇や競馬で失敗した人に比べ、お手上げ状態になる速度がゆっくりの気がしました。

パチンコはなにも考えないで遊んでも勝つ時がありますし、朝から晩まで遊んだとしても、毎日のように10万円単位で負け続ける方が難しい掛け事。

その点、公営ギャンブルは天井しらずです。

借金で首が回らなくなるのに時間はかからないでしょう。

諸田君はパチンコ一本でした。

大学時代からキャンパスキャッシングを利用し、社会人になってからは多重債務者になりました。

しかし多重債務者は多重債務者なりに、良く粘っていたと思います。

予算 無駄遣い 税金|mny0015-001

自転車操業で、何とかやりすごしていました。

しかし総量規制の法律が出来、上限金利がかわってからは、借金が返済ばかりになってしまった上に、おまとめローンなどの審査基準も厳しくなりました。

そうなってしまうと、どうしようもありません。

破産しかないかと考えていたようです。

その件も含め他の方法もないかと弁護士に相談しました。

するとひき直し計算によって、諸田君の借金は、5分の1ほどに圧縮できることがわかりました。

消費者金融によっては、全て返済しなくていいだけでなく、過払い金戻ってくるところすらあったのです。

元金は全く減っていませんでしたが、利息だけでも長年払い続けてきたことが良かったのです。

もしいっぺんに借金をして数に破産でもしていれば、こういった救済方法は選択できなかったでしょう。

何事もなく完済してから過払い金返還請求をした人と比べれば、信用情報の面で一時的にネガティブな情報はついてしまう可能性が高いことは、諸田君も弁護士からも聞いていました。

それでも破産に救済を求めた人よりずっと、信用情報の回復には期待が持てます。

「なんか、貯金な苦手なおれが、貯金をしていたような気分だ」といっていました。

ギャンブル依存者の長い借金返済の道

地方から関東のプログラムの開発・運用を行う企業に就職し、少ない収入から 実家へ仕送りをしていました。

当初は金のかかる趣味は持っておらず仕送りをしても生活に困るということもありませんでしたが、ある日、配属先の先輩方と飲み会に参加する ことになり、待ち時間があったため数人と一緒に近所のパチンコ屋へ入りました。

当たることもなく数千円を使って止めましたが、その時から私は狂い始めていたのだと思います。

やがて勝ち負けにこだわらずのめりこむようになり、数ヵ月後には少し借りるくらいなら大丈夫と思い、初めて消費者金融との契約に踏み切ってしまいました。

勝ちよりも負けが多いのがギャンブルだとわかっていてもやめられないまま、借金の額は増えていきます。

ギャンブル依存者の長い借金返済の道

また、仕事の取引先が金融関係の会社なのですが、そこでクレジットカードの契約をどうかと勧められて断ることもできず契約してさらにそこからもお金を借り、事態は悪化していきました。

三年目には自分の収入ではとても払いきれない金額に膨れ上がり、月々の返済のために他社から借りるという自転車操業に陥ります。

加えてそういった判断力が鈍っていた時期に価値のない物を売りつけられる詐欺被害に遭ったことも状況の悪化に拍車をかけ、とうとう支払いが遅れるようになりました。

ギャンブルは一度はまってしまうと抜け出せない病気のようなもので、このような危うい状況にも関わらず
使う金額は減ってもどうしてもやめることができません。

ついには会社にも電話がかかってくるようになってしまい、これ以上迷惑はかけられないと会社を辞めることにしました。

収入もなくなり、食べるにも困るようになって闇金融に手を出したこともあります。

illustration of cartoon businessman with loudness from telephone

当然払えるわけもなく向こうは夜だろうとお構いなく電話を鳴らし続けるため電話線を抜いたり携帯電話の電源を切ったりして逃げていました。

ただ逃げるよりはと思い、弁護士に相談に行ったこともありますが、闇金融一件の解決にも数万円が必要と言われ

一件分のお金だけは何とか工面しましたが、一旦は借金の全面解決のための契約を交わしたものの結局は報酬が払えず契約破棄となりました。

連日長時間にわたって電話を鳴らされ続ける苦しみは辛いものがありますが、かといって弁護士に
依頼しても次の仕事も決まらないままでは報酬を払うこともできません。

悩むうちに手持ちのお金もほぼ尽きてしまいました。

もう自分の力ではどうしようもないと分かっていましたが、ギャンブルにのめりこんだことから借金を重ねたという
後ろめたさから実家に相談などとても出来ず、最終的に私は連絡手段も絶って失踪するという最低の選択肢を選びました。

翌年には実家に連れ戻されましたが家族がある程度の返済をしてくれたこと、消費者金融数社は交渉の末に和解契約を
成立させることが出来たこと、また地元で就職先が見つかったことで少しずつではあるものの各社への借金返済を再開させる
ことができました。

Midsection of male judge striking gavel while holding scale with money in courtroom

自分で交渉した消費者金融のうち一社のみが頑なに交渉に応じてもらえず、裁判所での調停を経て
分割払いによる返済という条件で和解に持ち込めました。

約十年以上かけて借金の返済はほとんどが終わりましたが、ここに来て会社の業績悪化による減給や社内での人間関係の
悪化から退職を余儀なくされ、支払う手段を失いました。

幸い支払いの残っている消費者金融には柔軟な対応をしてもらえたため、減額しての支払い継続となりましたが
それでも残額は勤めていた会社の給料数か月分あります。

順調に返済が進んでもう少しと安心していましたが、
不測の事態は起こるものです。

長い返済期間の終わりが見えたところで失業し、今後に不安を抱えています。

失業してからギャンブルにはまり借金

私は、40代の男性です。

現在、とある工場の従業員として働いております。

以前は、営業の仕事をしており、その仕事に誇りを持っておりました。

上場はしておりませんが、当時は経営はしっかりしており、当時はまったく心配はしておりませんでした。

しかし、30代後半、会社がやっている不正が発覚し、会社の経営は瞬く間に悪化しました。

はじめは、早期退社を募っておりましたが、仕事に誇りを持っていたため、辞めたくないし、今後も仕事を続けて、この会社を立て直したいと思っておりました。

失業してからギャンブルにはまり借金
しかし、そんな思いもむなしく、会社の経営は悪化する一方で、大規模リストラを行うことになりました。

その大規模リストラにより、私の肩も叩かれて、15年働いてきた会社を辞めるはめになってしまいました。

退職金により、大きいお金は入ってきたものの、30半ばで手に入れた分譲マンションのローンの支払いなどに当てました。

そこそこ給料は悪いほうではなかったため、そこそこ失業保険などで生活できるかなとも思っていたのですが、以前より収入が減ったことには変わりはありませんでした。

すぐに新しい仕事に就けると思っていたのですが、思い通りに仕事を見つけることができず、以前の営業の仕事を希望していたのですが、どこの面接を受けても取ってくれるところはなかなか見つかりませんでした。

仕事が見つからないということは大きなストレスになりました。

そのストレスは、ギャンブルに向けられました。

ハローワークや面接に行った帰りにパチンコ屋に寄り、お金を使っておりました。

毎日のように通っているうちに、月に10万円以上使うようになっておりました。

妻にももちろん内緒ですし、本当はそこまでは余裕はありません、しかし、キャッシュカードとクレジットカードのキャッシングを使えば、お金はいくらでも引き出すことができました。

しかし、次の月に何に使ったか妻に問われて、こっぴどく怒られてしまいました。

それで辞めておければよかったのですが、審査のとても甘い消費者金融で契約し借金をしました。

結構簡単に借りることができるということで借金を繰り返してしまいました。

Young man using a laptop building online business making money dollar bills cash falling down. Money rain beginner IT entrepreneur success economy concept

仕事探しとギャンブルの日々だった私にも、やっと新しい就職先が決まりましたが、新たに作った多額の借金がかなり大きく、気がついたら利子なども合わせて200万円を超えておりました。

審査が甘いということで、金利も高く設定されているため、余計に多額になってしまいました。

希望の職ではないものの、仕事が決まったことだし、しっかりと整理しようと思い、とりあえず、妻と子供を妻の実家に預けて、私は借金をなんとかして返していくために、弁護士に相談することにしました。

現在住んでいるマンションなどを手放したくないし、今後のことも考えて任意整理を行いました。

おかげで借金の額は大きく減額され、過払い金も少し多めに入ってきました。

過払い金のおかげで半分近く返済することができ、さらに大幅に月々の返済額も減ったため、以前と比べてかなり減った私の給料でも支払うことができました。

それから2年で借金をすべて返済し、妻と子供を戻して、また、同じマンションで家族で暮らすことができるようになりました。

本当に周りの人にはかなり迷惑をかけてしまいました。

妻と子供にはこれ以上嫌な思いをさせないためにも、一生懸命働いて不自由することない生活を行っていけるようにしたいです。

借金がばれてしまったときには、妻との離婚も覚悟しておりましたが、息子のこともあるからということで、最悪の離婚の危機までには至りませんでしたが、あの頃は本気で離婚しようと思っていたといわれました。

今後はこのようなことがないようにしたいです。

ギャンブルで借金をしてしまいました

私は現在ビルの清掃の仕事をしている61歳の男性です。

 

私は以前、ある大企業で営業の仕事をしていました。

借金をしていたのは、今から15年ほど前です。

借金をしたのは、ギャンブルでお金を使い過ぎてしまったためです。

私は競馬がすごく好きで、最初の頃は少額をかけて楽しんでいたのですが、初めて万馬券を取ったことで、考えが変わってしまったのです。

オッズの高い馬券をたくさん買えば儲かるという考えに変わってしまいました。

しかし、万馬券なんて、そんなに取れるわけないので、ほとんど当たらなくなってしまいました。

一度おいしい思いをしたので、そこから本命馬券に賭けて、少しずつ儲けるということはできなくなってしまっていました。

 

ギャンブルで借金をしてしまいました最初の万馬券以降、一度も取れなければあきらめもつくのですが、それから、ごくまれに当たっていたので、やめられなくなってしまいました。

ごくまれに当たっていた馬券も当たらなくなってしまい、次第に生活費にまで手をつけるようになってしまいました。

嫁にばれないようにやっていたつもりですが、生活費がなくなっていることに、すぐに気づかれました。

ギャンブルが原因で生活費に手をつけるということは、一番やってはいけないと言われました。

私もその通りだと思って、一度はやめようと思ったのですが、すぐにまた始めてしまいました。

始めてすぐにまた万馬券が当たったので、のめりこんでしまいました。

そこから1年くらいまた当たらなくなり、生活費に手をつけるわけにいかないので、借金をしようと思ったのです。

消費者金融ですぐに借りることができると聞いたことがありました。

すぐに消費者金融の店舗に行きました。

大企業で働いているということで、すぐに借りることができました。

とりあえず10万円だけ借りることにしました。

 

 

8df2a82820f3c0609a39e4616aff209d_s

しかし、当たらないという流れは変わらず、借金で借りたお金もすぐに使い果たしてしまいました。

嫁に借金をしたことを言う訳にはいかないので、会社に相談をしました。

相談をしたのですが、ギャンブルでお金を借りたことは、会社ではどうしようもないと取り合ってもらえませんでした

最初の消費者金融で借りたお金を返すために、別の消費者金融から借りてしまいました。

借りたおかげで、最初の消費者金融の借金は完済できたのですが、結局借りた会社が変わるだけになってしまいました。

私のギャンブル癖が全く抜けることなく、その後も次々に借金を重ねてしまいました。

 

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_s

ついに、嫁に内緒でいることができなくなり、正直に話したところ、離婚を切り出されてしまいました。

私も同意せざるを得ない状況になってしまいました。

借金を返すために、勤めていた会社の退職金でも借金を返すことができなくて、しかも嫁からは慰謝料を請求されました。

会社の退職金は嫁への慰謝料として使い、消費者金融へのお金はどうしたら良いかわからなくなり、弁護士に相談をしました。

相談をしたところ、一人身になり、今の状態での完済は不可能だということで、自己破産を勧められました。

 

cc9e8e36fc63c17322349b01d081b068_s

自己破産するだけの条件は揃っていたのですが、その後の生活を考えると、すぐには受け入れ難い状態でした。

しかし、自己破産以外に現状を打開することはできないので、受け入れることにしました。

弁護士に手続きをお願いして、自己破産が成立しました。

今までしていた借金はなくなったかわりに、大企業で仕事をしていた頃と比べると考えられないくらい貧しくなりました。

自分で家事をほとんどしたことがなかったので、すごく大変な生活になってしまいました。

今は、地道に働くことしか考えていません。

ギャンブルをしようにも賭けるお金がないので、二度とやりません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.