体験談

みんなFXで失敗?返済方法と体験談

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

FXで借金をした方に聞いた、借金を返済した方法

FXで最初に大きな儲けを偶然出してしまい、それからハマり込んでしまいました。

一時は数百万単位のプラスがあったものの、それから一転して負け続け、逆に100万もの借金を背負ったところで目が覚めました。

やっぱり楽して儲けるのは良くないと、それから地道に働くようになって節約生活をしながら月に5万円ずつ、2年ほどかかって完済。

チャートを見ながら一喜一憂していたあの頃よりも、今のほうが気持ちが楽で幸せです。

3083086 (2)

 

FXは生活資金ではなく、余裕資金で行うという事につきるそうです。

余裕資金で行えば、生活とは直接は関係のない投資になりますから、心に余裕が生まれて、取引もうまくいくそうです。

FXは心理的な要素が非常に重要と言います。

少なくとも、余裕資金で借金の利息を上回る利益を出せば、最終的には完全返済となるのです。

例え、道のりは長かったとしても希望の火が灯されるのです

3067756

 

FXで借金を作ってしまいました。

少し欲張りすぎて、儲けようとし過ぎた気がします。

FXで作ってしまった借金は妻の持っている貯金で返済しました。

自分でなんとしようと思いましたがどうすることもできなくて、妻に頼ってしまいました。

妻のおかげで返済できたので、もう資産運用なんて夢みたいなことは考えないようにします。

3073100

 

私はFXにはまり過ぎて借金をすることになってしまいました。

お金を借りてまでやるくらいなので、全く利益を出すことができていませんでした。

お金を借りた重大さに気づいて、FXをすぐに辞めました。

借金を返すために、親に少し援助してもらって返済することができました。

地道に働いていることが一番良いと気づきました。

3083087

 

当時、FXで200万円ほどの損失を出しており、そのうちの150万円が借金でした。

何とか取り返したいと頑張るのですが、なかなかうまくいきません。

勝ち負けでいうと圧倒的に勝ちのほうが多いのですが、コツコツと10回少額の利益を出しては1回で大きくやられてしまうという繰り返しでした。

そんな時に相場の流れに乗り、2日で150万円ほど利益がでました。

5分ほど考えましたが、ここは借金返済をすることにしました。

3066335

 

FXで作ってしまった借金は、FXで返しました。貯金もないし、アルバイトをして稼ぐこともできません。

会社に副業がバレてしまったらクビになってしまうので、そんなこともできませんでした。結構時間はかかりましたが、なんとか返すことができました。

これからは真面目に働いて貯金をしようと思います。

夢をみすぎた気がしました。

3073101

 

FXで作ってしまった借金は、FXで返しました。

貯金もないし、アルバイトをして稼ぐこともできません。

会社に副業がバレてしまったらクビになってしまうので、そんなこともできませんでした。

結構時間はかかりましたが、なんとか返すことができました。

これからは真面目に働いて貯金をしようと思います。

夢をみすぎた気がしました。

3076225

 

FXをする前は投資に興味を持ってなかったのですが、

友人がFXで相当お金を稼いでいるという話を聞いて手を付けたのです。

初めはこんなに簡単にお金を稼げるのかと思ったほど儲かり、

歯止めがきかず借金をして投資を続けた結果借金まみれになってしまったのです。

知り合いの弁護士に債務整理をしてもらいましたが、今でも返済は続いています。

3076226

 

一攫千金を夢見てFXを始めたのが運のつきでした。

損切りすることができなくて、借金してまで取り返そうとするあまり、どんどん苦しい状況になってしまいました。

副業のつもりが、むしろ生活を苦しめることになってしまいました。

マジメに働くのが一番だとわかり、それからは昼間は会社で働き、夜は居酒屋でアルバイトして借金を返済しました。

3076227

 

現在、高い人気を誇るFXに挑戦して、およそ100万円の借金をしました。

定職に就いていなかったせいもあり、返済できる可能性もありませんでした。

そこで、株取引で返済を試みることにしました。

以前から株取引をしていたこともあり、FXよりも多くの利益を得ることができました。

バランス良く投資をすることで、上手に借金を返すことに成功しました。

3073102

FXで借金返済しようとした人の失敗談

カードローンで借金を作ってしまい、なんとか工面しようと思い立ち、ネットで調べたところ、小額で投資ができるFXという広告が目に入りました。

これなら自分でも出来そうだと返済のために始めてみました。

ところが全くといっていいほど金額が増えず、逆に減っていくばかり。

これでは、失敗です。事前にFXについてよく調べてみてから始めれば良かったと後悔しています。

うまい話には安易に乗らないことをおすすめします。

3071554 (2)

 

FX取引もそうなのですが、借金を返済するにもルールを決めておかなければなりません。

例えば、10万円の利益がでたら即返済に回すなどという感じです。

これがないとなかなかうまくいきません。

特に、FX取引の場合には、もっと儲かるのではないかと次から次に欲望が出てきて且つ膨らんでいきますので、

勝ってても負けてても途中でやめるということが難しいのです。

ましてや借金をしていれば尚更です。

3066336

 

私は妻がパチンコで作った借金をFXで返そうとした事があります。

ギャンブルで作った借金はギャンブルで返してやろうと思ったのです。

海外業者でアメリカの雇用統計の時に勝負しました。

指標が発表されて相場が動き始め、初動で利益が乗りました。

よし!と思って決済しようとしたところ、なんと約定拒否されました。

相場が荒れてるときはよくあることです。

そこから今度は逆行して結局ロスカットされ、返済計画は失敗しました。

3070399

 

当時、借金は10万円程度でした。

少額であること、また知り合いの多くがやっていたことから安易な気持ちでFXを始めました。

当初は順調に利益を伸ばしましたが、結論から言うとビギナーズラックでした。

リーマンショックですべてを失ったため、借金返済は幻に。

FXはハイリスクローリターン。

真面目にコツコツ働くことが最善の道であることを悟ることができました。

3076228

 

パソコンが得意だったこともあって、専業主婦の私がFXを始めたのはつい最近のことです。

お金儲けをしようと企んでスタートさせましたが、結局のところ儲からずに借金を繰り返していたのです。

センスがなくずっとこのままというわけにもいかないのでますますFXにのめり込みましたが、結果的には損失だけが膨らんでしまったのです。

3067757

 

借金を返済するためにFXに手を出しました。

チャートが上昇するかどうかを見るだけの簡単なゲームのようなものだと思っていましたが、負け続けました。

確率で言うならほとんど50%のはずなんですが、なぜか負ける確率のほうが高いようでした。

それほど大金をつぎ込んだわけではないので、数万円を損しただけでしたが、もうやりません。

3066337

 

FXで借金を返済しようと思い付き、さっそく取引を始めました。

実際にやってみると、損失が出た時にそれをなかなか認められず、決済せずにそのまま放置してしまいました。

数日経ってからまた見てみればレートが戻っているだろうと楽観的に考えていたら、強制ロスカットにかかっていました。

資金をFXに使わず、返済の一部に充てていくべきだったと反省しています。

3067758

 

お金を借りて返済の時にFXで借金を返済をしようと思ったのですが、思ったよりも収入がなく、借り入れを返す事に失敗してしまいました。

借金をしてからはお金がなくなってしまい、さらにFXで利益もなくてお金を返す事が困難になり、親に頼み混んでお金を返す事になりました。

自分の甘い考えで、お金を返せなかった事が失敗になりました。

3066338

 

FXで一攫千金して借金を返済しようとしました。

でも昼間は会社勤めをしているのでFXばかりに気を取られている暇はありません。

あわよくば借金を返済できるかもと思いましたが、失敗に終わりました。

ずっとつきっきりで売り買いできるなら勝てるかもしれませんが、仕事をしながらなんて博打と同じようなものかなと思いました。

3068750

 

私にはクレジットカードのキャッシングでの借金があり、できるかぎり早く、そして楽に返済しようとFXを始めました。

結果、ロストカットを発生させない為に更なる借り入れをし、取引を続けるという最悪の悪循環に陥ってしまいました。

FXは生活資金ではなく、余裕資金で行う必要があり、そうしなければ、冷静沈着な取引はできないと痛感したのです。

 

3066339

FXで借金し、失った1000万と大切な彼女

数年前に塾講師の仕事の傍らFX取引を始めました。始めた額は手元にあった10万円でした。

素人知識で始めて上手くいくはずもなくあっという間に10万円は消えました。

ここで取引する人間にありがちな発想に行き着いてしまいました。

「取引して取り返してやろう」と。
10万円を失った焦りがあったため、

FXに対して知識を深める間もなく手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用して10万円を借り入れてすぐに取引を再開してしまいました。

結果は、皆さんの察する通りまたも簡単に失敗に終わりました。

こうなってしまうと坂を転がるように人生が狂って行きました。

FXで借金し、失った1000万と大切な彼女02

今度は計20万を取り戻そうと新たにキャッシングをしてまたも失敗です。

さすがに為替相場の勉強もし始めましたが、勉強通りに相場が動いてくれるほど簡単なはずもなく、

気づけば手持ちのクレジットカード全てのキャッシング枠150万円をFX取引につぎ込んでいました。

この時点で150万円借金の返済には月2万円ずつが必要になっており、

手取りの給料が僅か18万円ほどだったために同棲生活をしていた彼女にも自然と知られることになりました。

受験生としてエリートだった私は、塾講師という仕事で受験勉強したことが確実に実っていたことがここで裏目に出ます。

「自分が勉強して負けるはずがない」と。

受験勉強と為替の勉強を完全に同一視していたために「結果は必ず実る」という発想から抜け出せませんでした。

気付けばクレジットカードのショッピング枠を現金化してさらに借金を増やしていました。

この時点で総額は250万円。

月の返済額は5万円近くに達しており、彼女の手を借りないと毎月の生活に困るところまで落ちていました。

250万円もの借金も実ることなく消えた私は、出来るだけの原資をかき集めようと銀行のカードローンに手を出しました。

この時点でまだ「原資さえあれば勉強は実る」と思っていた私は親友からも借金をし、彼女名義のローンカードまで作成してもらって取引するようになっていました。

すでに借金の総額は1000万円に達しており、月の返済額は20万円を超えていました。

それでも取引で結果を出そうと資金を減らし、彼女が風俗で働いて何とか返済する生活にまで転落して行きました。

彼女の稼ぎが大きかったので最低限の生活は出来ましたが相変わらず取引では結果が出せず借金の額は変わらぬまま時間が過ぎました。

ここまでで取引開始から2年が過ぎていました。

献身的に取引を見守って働いてくれていた彼女の精神が限界に達した時に全て終わりました。

家は彼女名義で借りていたので数日で私が出ることになり、行く当てもなく実家に戻るしかありませんでした。

40近くにもなって突然実家に戻ることになった不自然さのために借金のことは家族にも自然と知られることになり。

気持ちの行き場を失った私は元来持っていた鬱病を大きく悪化させることになりました。

1000万の借金は消えることなく、毎日のようにやってくる督促状・裁判所からの送達・電話に悩まされる日々が始まりました。

二人のために良かれと思って始めたFX取引で逆に大切な彼女を失い。

同時に返しきれない借金だけが残るという最悪の結果に終わりました。

どうしてもっとうまく動くことが出来なかったのかと自分を責めるばかりの日々で、

当然家族にも顔向けできず、自殺を何度も考え、実行しては死にきれず、その自分をまた責める・・・という悪循環に陥り、

更に神経を悪化させてしまい、塾の仕事も結果として辞めざるをえなくなりました。返済のために最も稼ぎが必要なのにも関わらずです。

全て私が悪いので、悔しさや情けなさだけを噛みしめながら将来を絶望しながらも1000万円という莫大な借金という現実を突きつけられる毎日を送っています。

FXで借金を作った井口さん(仮名)

FXをギャンブルと同じというと反感を買うかもしれませんが、メンタル面がとても影響するということでは変わらないといっても良いのではないでしょうか。

私から見て井口さんは、メンタルの面で向いていない人といった感想でした。

良きにつけ悪しきにつけ、判断が遅れるのです。要するにロスカットのタイミングが悪く、上昇している時の判断も遅いのです。

確かに10%程度で損切りをしていると、それが底値だったということは良くあります。

ロスカットによって損失は限定されますが、そればかりしているとじわじわと資産が目減りしてゆくものです。

そこから銘柄が復活することもあるでしょう。

ですから損を小さく、利益を大きく、この2つがセットでようやく儲かるのがFXなどの気がします。

私はFXをしませんので良く分からないのですが、なんでもこういったものは同じなのではないかと感じています。

素人の私から見ても、井口さんの判断はまずい気がしていました。

FXで借金を作った井口さん(仮名)03

井口さんがFXにハマったのは、初めての時に儲けたからです。

井口さんの友人で、私の知らない人が、井口さんにFXをすすめたのだそうです。

そこから井口さんはハマりました。勝てなくなると様々な教材にも手を出しました。

教材もスタンダードなものであれば、良かったのですが、「儲けている」と豪語している人の教材を買いあさっていました。

「儲けている人がわざわざ教材を売りだすだろうか」というのが、私の疑問でした。

儲けているなら人に話しません。

すこし遅い教材を提供しているのではないかと思いましたし、そういう教材を見せてもらうととどのつまりは「自分自身のメンタル」と言うところに落ち着いています。

「なんか危なっかしいなぁ」と、井口さんを見ていました。

そんな井口さんが「お金を貸してくれ」と言ってきたのは、FXにハマってから1年ほど経ってからでした。

FXだけかと思っていたら、とうとう信用口座まで手を出していました。

それは借金を作ってしまって当たり前でしょう。

せめて現物だけの勝負をしていればよかったのです。

今は総量規制もあるので、現物だけの勝負であれば、借金で種銭を作ってもたかが知れています。

信用口座であれば、ある意味青天井。

というか、こんな普通のサラリーマンにも信用口座が開けるのかと、それにも驚きました。

200万円貸してほしいと言われ、そんなお金はないというと、私の持っているロレックスとピアジェを売って作れないかというのです。

これは親の形見です。

なんで人の借金ために売らなければならないのでしょう。

わけがわかりません。

そういったことも解らないほど、井口さんは追い詰められていたのでしょう。

しかしそれところとは話が別です。

断固として断りました。

そうすると今までに聞いたことがないような声で罵り、電話を切りました。

他の友人にもきっと頼み込んでいるだろうなと電話をすると、やはり他の友人も「貸せない」と言った途端に罵られていました。

車を売ってとか、家を抵当に入れて借金してくれとまで言われていた人もいました。

「破産やなぁ」と言う話になって友人の一人が「投機とかで出来た借金は免責出来ないんじゃないのか」と言っていました。

しかも「200万円の借金のはずがない。200万円でもうひと勝負しようと思っていたのではないか」といった友人の言葉も、本当のような気がしました。

それはちょっと心配になったので、知り合いの弁護士に訊くと、「投機であっても近頃では裁判官の裁量の範囲で免責されることも多くなっている」と教えてくれ、少し安心しました。

結局井口さんは自己破産しました。

親からもらった山も抵当に入れていましたので管財事件となり、勤め先の損保募集人の仕事も辞めざる得なくなりました。

FXで借金を作りました

30代の専業主婦です。

5年前に借金をしました。

借金を作ったきっかけはFXによる失敗です。

結婚前までは働いていましたが、子供ができたことを機に退職し、ほどなくして夫の転勤があったため知らない地方へ移り住むことになりました。

夫は標準的なサラリーマンです。

特に裕福というわけではありませんが、年齢に対して平均的な給与を受けていたので生活が苦しいわけではありませんでした。

ただ、子供ができる前まではずっと働いていたため、何か収入につながることをしたいと思っていました。

しかし、転勤先で知り合いもおらず、赤ちゃんがいるので働きに出ることもできず、家でできることを探した末、インターネットを使ってできる投資に行きあたりました。

 

FXで借金を作りました000

始めは自分の独身時代の貯金を使って投資をしていました。

はじめのうちは堅実に資金内で行っていましたが、ビギナーズラックなのか調子よく資金が増えていきました。

いい気になってハマっていった矢先、大きめの損失を出してしまい、それを取り戻すためにレバレッジをかけての投資を行い始めました。

それでも初めのうちはうまく取り戻すことができていたのですが、レバレッジの魔力に取りつかれ、徐々に大きな金額を投じるようになりました。

気付けば独身時代からの貯金は底をつき、家計の貯金を投資を行うようになりました。

それでも、その時はまた取り戻したら家計に戻せば良いと思っていました。

しかし、その額もだんだん大きくなり、このままでは夫にばれると思い、外で借りることにしました。

クレジットカードのキャッシングです。

 

70bcc426b949b10b5b0eeb1a0c469f26_s

基本的には私が家計を握っているので、夫がカード明細を見ることはありません。

銀行預金の残高も夫が見ることはそうそうないのですが、預金の場合は引き出した形跡が残ってしまうので、

後々見られた時に説明が面倒だと思い、外で借りることにしました。

今思えば、利子もつくし、なによりも借金をしたという経歴が残ってしまうので、借金をすることの方が大ごとなのですが、

その当時はとりあえず夫に気付かれないように貯金を補てんすることしか考えていませんでした。

というのは、夫は堅実な人間で、投資にもいい顔をしていませんでした。

私に指図をするタイプではありませんが、投資については私の独身時代の貯金で行うということで容認してくれていた部分もあるので、

家計に手を付けたとはとても言いだしづらい空気があったのです。

クレジットカードのキャッシング以外ではカードローンも考えましたが、専業主婦ということで夫に確認の連絡が入るかもしれないと懸念してやめていました。

 

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

返済は毎月少しずつ行っていましたが、収入がない身なので家計からコツコツ少しずつ返していかなければなりません。

また、いつ夫に気付かれてしまうのではないかという不安感もあり、少しずつ精神不安定になっていくのを感じました。

日々生活していても全く楽しくなく、子供の顔を見ても可愛いと思えない自分が怖くなりました。

周りの人は私が見知らぬ地で孤独な子育てをしていて育児ノイローゼになったのではないかと心配してくれましたが、

実は借金があるからとはとても言えず、さらに内にこもる日々が続きました。

 

e7016f1a695418667a540704cacea6eb_s

結局、耐えきれなくなって、実親に打ち明けて肩代わりしてもらい完済することができました。

ただし、実親が肩代わりしてくれる条件は夫にすべて話すことでした。 親にも立ち会ってもらい、夫に打ち明け謝罪しました。

このような思いをするのは二度と御免なので、投資からもすっぱり足を洗いました。

今思うと、投資にはまっていた頃は、もしもっと借りられる条件に恵まれていたらもっと多額の借金をしていたと思い、

そうでなかったことが幸運だったと思います。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.