体験談

雪だるま式に膨らんだ借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金地獄は本当に恐ろしいものです。私は学生時代に本当に貧乏な生活をしていました。毎日のようにバイトをして生活費もぎりぎりまで切り詰めて生活をしていました。大学を卒業して就職で初任給をもらった時はその額の大きさに驚きました。それくらい切り詰めた学生生活を送っていたのです。はじめのころはしっかりお金を貯めようという思いから貯金をしていましたが、社会人としての付き合いや、学生時代にあまり遊べなかった反動からか、いろいろと買い物をするようになりました。

雪だるま式に膨らんだ借金02

一度贅沢が始まると、なかなかやめることができません。次から次へと様々なものを買ってしまい、給料日前はまた学生時代のような極貧生活を送るようになってしまいました。それでも給料の範囲内でという思いは強く持っており、頑張ってはいたのですがあるとき、仕事でとてもいやなことがあり、気分が苛立っている時がありました。給料日前でお金もなく、うっぷんを晴らす手段を探していました。そんな時に消費者金融の看板が目に入ってしまったのです。どうにかしてイライラを解消したいという思いと、我慢を続けていた限界から5万円を借りてしまいました。給料が入ればすぐに返せるという軽い気持ちで借りていました。

実際給料が入ったらすぐに返済しました。しかし翌日も給料日前になるとお金が足りなくなります。先月に余分に5万円使っているから当然です。これまでだったら我慢できていたはずなのに、また消費者金融でお金を借りてしまいました。そうなるともう歯止めがききませんでした。あっという間に上限まで借りてしまい、ほかの消費者金融からも借金をしました。利息を払い続けている限りは何も言ってこないので、危機感がかなり薄かったのだと今は思います。そうして次々に借金をしていくうちに額が膨れ上がり、利息も払えなくなってしまいました。自分で作った借金ですから自分で何とかしないとと思っていましたが、どうにもなりません。こんなことで親を頼るのは嫌でしたが、ほかに頼る人もなく借金のことを母に打ち明けました。母は当然ながら怒っていましたが、私を引っ張って弁護士のところまで連れて行ってくれました。

こういう母の行動力は今でもすごいと思います。弁護士の先生に相談したら、債務整理で借金は減らせますと言ってくれました。実際過払い金がかなりあったようで、借金は5分の1まで減りました。そして利息も払わないでよいことになりました。その額を見てものすごくほっとした覚えがあります。コツコツと返済を続けて、つい先日返済が終わりました。やっとまともな世界に戻ってこられたそんな気がしてすごくうれしかったです。あの時母に相談していなかったら、母が強引に弁護士の先生のところに連れて行ってくれなかったら、私は自殺していたかもしれません。それくらい追い込まれていました。それからは余分な遊びはせずに貯金するようにしています。借金と違って増えるスピードは遅いですが、額が少しずつ増えていくのはなかなか楽しいです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.