体験談

金銭感覚の麻痺で多額の借金を背負った私

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

Disappointed Asian woman

私は、たった1年間で300万円以上の借金を抱えてしまいました。

なぜ1年という短い期間でこれだけ多額の借金を背負うことになってしまったのか、私の過去を振り返りながら説明していきます。

私は22歳で大学を卒業しましたが、就職活動をまともに行っていなかったため、定職に就くことなく何となく毎日を過ごしていました。

実家暮らしだったため、生活に不自由することはありませんでしたが、安定した職に就いていなかったこともあり、収入は常に不安定でした。

Woman hand showing credit card, closeup

ちょうど学生時代に作ったクレジットカードがあったため、買い物はいつもカードで行っていました。

しかし、何度も申し上げている通り、当時の私は定職に就いていなかったため、毎月の莫大な支払いに対応出来ず、「リボルビング払い」に切り替えることで何とかしのいでいました。

しかし、毎月毎月リボ払いを続けているうちに、カードの上限に達してしまい、これ以上リボ払いに切り替えることが出来なくなっていました。

当時、私はカードを3枚所有していましたが、3枚とも上限まで使ってしまっており、3枚のリボ払い残高の合計は70万円近くに達していました。

当時の私は、リボルビング払いが形を変えた借金とは理解しておらず、気がついた時には到底返済出来ない借金を抱えていました。

月々の支払いは数万円程度ですが、利息ばかり支払う一方で肝心な元本はほとんど減りませんでした。

それと並行して、生活費の工面のために消費者金融3社から200万円借金をしていましたが、こちらも高い金利のせいでいくら返済しても元本がほとんど減ることはありませんでした。

Angry girl in winter clothing is about to kick snowman

いわゆる「雪だるま式」に借金が膨らんでいく状態です。

まさか私がこんな「借金地獄」に巻き込まれるとは思っておらず、自分の金銭感覚のおかしさを嘆きました。

やがてカード、消費者金融ともに毎月の返済が滞るようになり、支払い督促の電話や手紙が頻繁に送られるようになりました。

Portrait unhappy young woman talking on mobile phone looking down. Human face expression, emotion, bad news reaction

特に、消費者金融の督促は恐ろしいもので、必ず決まった時間にきっちり電話をかける業者もあれば、こちらが出るまで永遠に電話を鳴らし続ける業者もありました。

手紙の内容も日に日に厳しくなっていき、「このまま支払いがなければ訴訟を起こす」というような内容の手紙も送られてきました。

返済しなければならないのは分かっているけど返済する経済的余裕がない、私は見事に借金の泥沼にはまっていきました。

今思えば完全に自業自得ですが、当時の私は度重なる督促の電話や手紙に日々怯える生活を送っていました。

そして、ついに法律事務所から代理で督促状が来るようになり、このまま返済がなければ「法的措置」も辞さないと言われてしまいました。

さすがにこのまま放置する訳にはいかないと思い、私は「自己破産」することを決意しました。

現在は、地元の法律事務所に自己破産の手続きを依頼し、毎月弁護士費用を少しずつ積み立てているところです。

それと並行して、自分の狂った金銭感覚を正常に戻すために、日々家計簿をつけて自分の収支をきちんと把握するよう心がけています。

もう二度とあのような辛い思いはしたくありません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.