体験談

還暦を超えて発覚した父の借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

それはまさに青天の霹靂でした。

2年前のまだ真冬と言ってよい平日の夜遅く、珍しく父から電話がかかってきました。

遅い時間に電話に少し嫌な予感がしたのですが、案の定「店を畳むことにしたから」との言葉が受話器越しに聞こえてきます。

父は自営業で30年ほど生計を立てており、事業も比較的順調に軌道に乗り、自宅とは別に小さいながら仕事用の建物も所有していて、生涯現役で仕事をするというのが口癖でした。

まだ65歳。

現役を退くには早く、瞬時に悪い病気にかかったことを考えました。

しかし返ってきた答えは予想外なもので、事業の運転資金を数年前から滞納するようになり、ついには1億円近い借金を抱えてしまっていると言います。

金額の大きさにまずは茫然として言葉を言えずにいると、自己破産をしようと考えているとも付け加えられました。

還暦を超えて発覚した父の借金02

その時までそれほどの借金を抱えているとは夢にも思っていなかったのです。

事業が軌道に乗って以来、学生時代は私も弟も中学から私立に通い、何不自由なく生活させてもらいました。

両親共に節約するタイプではなく、むしろ娘の私はその点が不安に思い苦言を呈す度に「将来面倒みてもらうつもりはない」「一生現役でいるから」と嫌な顔をされていた程です。

年末やお正月に会った際も生活に変化はなく、本当に全く気づきませんでした。

一瞬頭は真っ白になったものの、今後のことを考えなければなりません。

事業を継続し運転資金に関わる借金を無駄に増やすことは無意味なので、店をたたむ事は賛成です。

しかし自己破産は別です。

Unemployment and economic crisis conducive to family crisis

マンションは両親の共同名義なので、父が自己破産すれば住む場所がなくなります。

他にも借入先や母が保証人になっていないかなど確認したいことも数多くあったので、以降父と度々会い状況を確認することになります。

父の友人の弁護士さんにも何度も話を聞いていただき、大変お世話になりました。

確認していくと想像より悪い状況であることが次々判明していきます。

まず自宅のマンションはローンの返済が終わっていない上に、抵当に入っています。

残金は多くないので、まずこれを母の貯金から返済し名義を母に変更しました。

母は老後や孫の為にと貯めていた貯金が半分以下になり半狂乱でしたが、仕方ないとしか言いようがありません。

お嬢様育ちで比較的ブランド志向の強い母には、贅沢な生活が出来なくなくことが何より辛そうでした。

娘の私はそれどころではなく、両親の面倒をどこまでみなければならないか、今まで予想もしなかった将来が不安でパート以外に仕事を増やし、週に6日は働くようになっていました。

そんな心境なのにいつまでも気持ちの切り替えの出来ない母にも、その金額に至るまで無策だった父にも腹が立って仕方ない。

そんな気持ちを仕事することで解消していたように思います。

その後店舗の借り手が現れ、その家賃収入で借金の返済計画を立て、当面はそれでいける状態になったのは救いでした。

借入先が付き合いの長い信用金庫と公庫系であったことも幸運です。

他ではもっと取りたてが厳しいでしょう。

しかしこうなこと予想出来るのに貸し出す側にも怒りを覚えますが、全ては父が悪いので本当に仕方ないと飲み込むばかりの日々でした。

Front view of frustrated stressed young Asian business man with hands touching head and feeling disappointed or exhausted with job.

65を過ぎると再就職も厳しく職探しも難航していましたが、付き合いのあった人に紹介していただいて今は年金の他に毎月の生活費程度は収入を確保しているようです。

当面は落ち着いて見えますが、現在の返済額では一生かけても返すのは不可能です。

詳細は聞いていませんが、母名義に切り替えた実績を作るための数年が経過したら、自己破産をするつもりでいそうです。

自宅だけは残ればいいのですが、それさえも残らなかった場合はどうするか。

考えると不安しかないので、一層倹約するようになり楽しみもなくなってしまっています。

私達は娘に迷惑かけたくない一心で既に老後にも回せる程蓄えてきていたのに、思いもよらないこともあるものですね。

あの2年前で自分の人生も終わってしまった感覚が拭えません。金の切れ目はなんとやら、縁が切れた親族もいます。

身の程を知る事。

借金は不幸しか生みません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.