体験談

追っかけで借金をこしらえていた叔母の変化

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私の叔母なのですが、以前からある歌手の大ファンで、追っかけのようなことをやっていて、借金をしていたのを思い出します。

本人も仕事をしていたので、その分を注ぎ込むのは構わないのですが、費用を捻出するために、借金をするようになりました。

そのことを母が知ってひどく怒り、若い娘でもないのだから、いい加減にしなさいと言っていたのを思い出します。

母によれば、叔母は若いころから好きな物に対して、あとさきを考えずお金を出して後で困るというところがあったようです。

そのため姉である母も、両親である祖父母も困ったことがあると言っていました。

それでも祖父母がいたころは、まだいくらか面倒を見てあげられたのですが、母によればそれがいけなかった、甘やかしたのだというわけです。

そして祖父母がいなくなっても、分不相応な使い方をしているとも言っていました。

追っかけで借金をこしらえていた叔母の変化01

そんな折、叔母がふらりと家に立ち寄りました。

電話位しなさいという母に向かって、叔母は言いました。

お姉さん、お金が無いから貸してほしい」もちろん母は呆れ、そして怒りました。

何も考えずにお金を使うからそんなことになるとお説教が続き、ついに叔母は涙ながらに頼みましたが、それでも母は首を縦に振りませんでした。

母が他の部屋に行った後、私は叔母に返済できない借金があるのかと尋ねてみました。

叔母はうなずき、今50万円くらいの赤字だと言いました。

CD.

その50万円とは、叔母が好きな歌手のCDやグッズに加えて、ファンクラブ関係のお金も含まれているらしい。

しかしそれなら、叔母の収入で何とか返済出来そうなものです。

なぜそうしないのかを訊いてみたところ、今度のライブで地方に行くから、その飛行機代や宿泊代も別に必要だということでした。

私も、正直言ってこれは異常だと思い、少しあちこちに行くのを控えてはどうかと言ってみたのですが、叔母は聞く耳を持ちません。

これは、借金の問題でもあると同時に、叔母自身も生き方を変える必要があるとも思いました。

結局母と3人で話し合った結果、50万円は自力で返済すること、そして今後お金のかかる追っかけのようなことは止めるということで、一応話はまとまりました。

しかしやはり叔母は不服そうです。そのため、役所のカウンセリングに予約を入れ、なぜ借金をしてまで歌手の追っかけをやるのか、話を聞いてもらうことにしました。

私も同席したのですが、そこで叔母は、その歌手のAさんがいないととても生きられないと話し、そのためなら借金してまでもついて行こうとしたと話していました。

Beautiful asian businesswoman

カウンセラーの方は、お友達は誰かいないのかと訊き、今のあなたは仕事とAさんのことしか頭にないようですが、もう少し普段から付き合えるお友達を作った方がいいですよとアドバイスしてくれました。

そういえば、叔母の友達らしき人というのを聞いたことがありませんでした。

たまに他の人の話をするにしても、会社の人とか、そのAさんのファンクラブの人とかで、日常的に付き合っている人というのはほとんど耳にしませんでした。

そのため、こういうことに借金してお金を注ぎ込んでも、特に誰も注意しなかったのだと思い当たりました。

しばらく経って、叔母は借金を返す一方で、ジムに通うようになりました。

母は、またお金のかかることをとこぼしていましたが、私は、叔母は友達を作ろうとしているのだなと思いました。

そして2か月ほど経って、また叔母がアポなしでやって来ました。

私は叔母の話を聞いてあげようと思い、お茶を勧めました。

Kabukiza Theatre in the Ginza district of Tokyo in Japan, This is the principal theater in Tokyo for the traditional kabuki drama form

返済は順調に行っていること、そして歌舞伎を一緒に見に行く新しい友達ができたことなどを話してくれました。

以前の、Aさん一辺倒で借金があったころと違い、どこか穏やかになって来た叔母が私には好ましく感じられました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.