体験談

贅沢をやめられない父の借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

友人の父親が借金によってすべてを失った話です。

友人の父親は小さな会社の経営者でした。

友人が小学生の時までは非常に羽振りがよく、家族で毎年海外旅行へでかけるほどのお金持ちで、自宅は父親の両親と同居の大きな一軒家、高級な車も所有していました。

贅沢をやめられない父の借金02

友人には兄弟はなく、父親は仕事で家にいないことが多かったようですが、母親と祖父母がいる家庭だったため、それほどさみしい思いはしなかったようです。

父親と長い時間を過ごすことができる旅行は友人も楽しみにしているイベントという感じで、私も海外旅行の素敵なお土産をよくいただいていたのを覚えています。

小学校の高学年になったころ、友人が突然転校することになってしまいました。

普段もよく遊ぶ仲でしたし、一緒に卒業することができなかったことが悲しかったことを覚えています。

友人が転校してから半年ほどの間に、お互い2通ずつ手紙のやりとりをしましたが、それぞれに部活や友達との時間が忙しく、その後は連絡が途絶えてしまいました。

高校に入学して、縁があったのかまたその友人と再会することができました

Take a class junior high school students men and women of Rear View

同じ高校に合格したのです。

小学校の時とそれほど顔かたちは変わりないのですが、どことなく華やかな雰囲気はなくなっていました。

友人はいつも同級生とは少し違う素敵な持ち物も持っていましたし、みんなが憧れるような雰囲気の持ち主でしたが、以前とは違う感じを受けたのです。

その時は成長や、久しぶりにあったせいかなと思いましたが、再会を機にまた仲良く過ごすようになって、その原因がわかりました。

転校した理由は父親の会社が倒産したことが原因だったということがわかりました。

小学生の自分にはわからなかったことですが、高校生にもなると意味が分かります。

倒産を機に、自宅を売り払い、少し離れた地域に家族で移り住んだようですが、友人が高校入学するまでの期間に祖父が亡くなり、祖母は病院に入院するようになってしまったようです。

父親は違う仕事について、それまで専業主婦だった母親も働きに出るようになったそうですが、父親の仕事は長続きせず、家族にあたるようなこともあって、母親は友人を連れて違う家に移り住んで、現在に至るということでした。

Couple holding broken heart on white background

父親は離婚に応じてくれたかったようなので、強制的に別居するという形になってしまったようです。

 

友人の母親はひとり親家庭で得られる援助も受けることができず、相当苦労したことと思います。

高校で再会したあとはお互い社会人となった今でも友人と付き合いを続けています。

友人はそれほどの苦労をしながらも人を思いやることができるとてもいい人間で、そのような人間になったのは友人を育てた母親もまた素晴らしい人であるからだと今思います。

別居を数年間続けると、相手が応じなくても離婚を成立させることができようで、現在は正式に父親とは離婚し、他人となったのですが、親子の血縁は切れないものなのでしょうか。

父親は別居をしたあともどこからか居場所を探して親子に迷惑をかけているのです。

closeup hand hold smartphone mobile isolated on white

友人が働いたお金もあてにしているようで、時々連絡してきては借金をお願いされるようなのです。

連絡がくると借金のお願いだとわかるため、毎回嫌な気持ちになっているようで、その話を聞くと私も悲しくなります。

父親は贅沢な暮らしの経験から抜け出すことができず、会社が倒産したあとも生活水準を落としたくないからと借金をしてまでも相変わらず高級車を所有したり、ブランドの洋服を身に着けていたようです。

Tumbling yen 3D render of yen symbols

その借金が積み重なり、最終的には自己破産

そして現在は生活保護を受ける身となっているようです。

これから友人が結婚して子どもが生まれることもあるでしょう。それでも父親が子どもとその家族に迷惑をかけることを続けるのかと思うと心配で、なんとか父親とは縁を切って幸せになってほしいと願うのです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.