体験談 借金返済に必要な知識

相続放棄か?引き継ぐか?借金と遺産のかかわり

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

財産を相続する際、借金も相続しないといけない場合がありますよね。そう言ったとき、相続を放棄できるのか?と思いますよね?財産を得られることは、利益として手に入るものが多いのですが。もし、遺産が借金など相続放棄をしたほうが良いような欠点ばかりだったら。どうしようかと、悩みますよね?遺産は相続をしないとダメなのか?それとも、相続放棄できるのならした方が良いのか?どちらを選びたいですか?不利があるけれど、遺産として得られるのなら。相続をしたいですか?それとも、不具合が多い相続になるのなら放棄したいですか?ここでは、それをテーマにあげていきたいと思います。

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

借金。相続放棄の欠点とは?

まず、相続放棄するのなら。財産を得ることも無いですが、借金の負債も受け継ぐことは無くなります。しかし。新しい相続人が出てくることになります。さらに、わかりにくくなる状況になっていきます。相続放棄をすると新しい相続人が出てきますが、その相続人が相続を放棄したら。新しい相続人が出てくると言う状態になり。大変、わかりにくい状況になってしまいます。

自分が相続放棄をしたことで、状況が複雑になるような感じかと思いますが。どう伝わりましたか?自分は専門的な知識が無いため、読んでいてよく理解していないのですが。。。読んでいる、そちらもよくわからないと言う状態だと思います。ただ、相続放棄には周りの親族にも影響を与えるため。自分一人で考えて決めると言うことは、ダメな気がしますよね?大きな遺産(借金も含めて)かかわってきますから。自分一人で勝手に、相続放棄と考えて動くのは良くない気がしますね?相続放棄の前には、何を考えないといけないのか?を意識させられますね?相続放棄の際、トラブルは避けたいですよね?

 

・相続放棄の撤回は出来ない

民法で決められているのですが、相続放棄を認めてしまう発言の撤回は出来ないようです。

b3efe3f4f74a916db6a6d191ccda6488_s

 

遺産について、よく調べないまま。相続放棄と伝えるだけで、撤回できない状況になると言うことですかね?もし、高価な財産で得られるものの方が多いと、相続放棄した後に気づいても撤回が出来ないため。相続できないと言うことですかね?相続放棄は、法律上では相続人ではなくなると言うことにされます。(家族関係がなくなると言うわけでは無いそうです)どうでしょうか?ここまで読んでいて、遺産の相続は面倒なことだと思う方もいるかもしれませんね?しかし。大きな遺産(借金も含め)をどうしていくかの話になるので、真剣に話し合う機会が出来て良いかもしれませんね。注意点も気になると思いませんか?次は相続放棄の際、注意しないとダメなことをあげてみましょう。

借金。相続放棄の際、注意するべきことは?

【相続放棄は、3か月以内に家庭裁判所に申し立てをすること】

相続財産に手をつけたことにより、相続したとみなされて。相続放棄ができない状態になります

【借金などがある場合、相続放棄をしたほうが良い】

多額の借金の方が多い遺産の場合、相続人が借金を引き継ぐことをしなくてもよい権利。(それを、相続権利と言います)

 

・相続放棄をしても、自己破産のように官報にのることも無いですし、自分から話さない限り。人に知られることもありません。

相続放棄の際、こちらでいろいろと知っておくと物事を進める際に好都合ですよね?わからないことが多いので、記事を載せていて自分自身も勉強になります。専門家に聞くことで、もっといろいろ知ることも出来ますよね?次はよく誤解されがちな、相続放棄の疑問をあげてみましょう。

 e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

 

誤解されがち?借金と相続放棄についての疑問

相続放棄について、わからないことがたくさんありますよね?ここでは、相続放棄について疑問に思っていること。気になっているのではないか?と言うテーマをあげてみましょう。

【質問集】

・相続放棄すると、私の子供・配偶者に相続がまわっていくのですか?

相続放棄をした方の子供、配偶者には相続がまわっていくことがありません。

 

・現時点で見つかっていない借金については、相続放棄をすることができないのですか?

亡くなった方が残したものを全て放棄する手続きです。現時点で見つかっていない借金も含めて、放棄することが出来ます。

 

・債権者には、相続放棄を隠した方が良いのですか?

相続放棄は法律で認められた権利です。債権者に対して、隠す必要はないです。債権者に相続放棄を伝えても、手続きを妨害されることはありません。

 

・故人の連帯保証人になっています。その場合。相続放棄をすることで、借金の支払い義務を免れることはできますか?

法律上。連帯保証人は借金をした人自身と同じ責任を持つことになります。なので、相続放棄をしても、連帯保証人としての責任はそのまま残ります。なので、支払いの義務からは免れません。

0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_s

 

最低限だと思いますが、いろいろ知ることが出来たと思います。少しでも、相続放棄についてわかることが増えていくと、実際に相続放棄について問題が出てきた場合。ある程度の対応が出来そうですよね?では、遺産相続の前の段階と言えば良いと思いますが。相続の前に親が借金をしているのか?と知っておければ、相続放棄をするのか。それとも、引き継ぐのかと考えることが出来るかもしれませんね。次のテーマは、親の負債している借金を調べることが出来ないか?についてあげてみましょう。

 

相続放棄?受け継ぐ?親の借金を知る方法は?

これを知っておけば、相続の際に放棄するべきか、受け継ぐべきか。考えやすくなると、思いませんか?ここでは、親の負債している借金の金額を知ることが出来る方法をいくつかあげたいと思います。

51c0922dd82ec67ce2485c32889bf20d_s

 

【銀行からの借金を調べたい】

問い合わせは、全国銀行協会の全国銀行個人信用情報センターへ問い合わせることが出来ます。

 

【クレジットカード・消費者金融の借金を調べたい】

その場合は、CIC。もしくは、JICCに問い合わせる形になります。

d68bf13f5f9bee32354e054cefcdfdb7_s

 

まとめ

相続を放棄すると、撤回が出来ないので先ずは、遺産の情報(借金が多かったり、得られるものの方が多いなどを知る)を知ることが大事だと思いますよね?ただし、遺産に借金が多いと言うような場合は、相続放棄を視野に入れることも良さそうですよね?相続放棄をするか、引き継ぐかは親の借金の負債額の多さで変わっていきそうですよね?遺産として、得られるものが多い場合。しっかり、相続をした方が良いと言うことに思えますよね?

もし、相続のことで悩んでいるのでしたら。こちらの記事を読んでみて下さい。

 

相続で借金を負ってしまった人の体験談①

相続をすると相続税を支払わなければならないということはほとんどの人が知っていますし、奥さんや夫が配偶者から相続を受ける場合には、それなりの税金の優遇処置もありますので、相続する金額によっては相続税に支払いがなかったということもあります。しかし遺産には負の遺産もあることを忘れてはいけません。その認識がないまま相続を受けると、後から大借金を負うことにもなりかねません。いとこのマキちゃんは、お父さんが(わたしの叔父ですが)小さいころに逐電していました。母子で暮らしてきたようなものです。母も亡くしてしまいましたが、その時の相続は大した金額ではありませんでした。マキちゃんは一人っ子なので、相続でもめることもありません。実にシンプルでした。

相続で借金を負ってしまった

そこから何年か経って、蒸発していた父親からの相続財産があることがわかりました。どういった経緯で知らされたのか詳しくは知りませんが、蒸発していたの父親と友人関係にあったという人が知らせてくれたとのことでした。その相続財産も大した金額でもなかったようで、それをそのまま相続というか、受け取りました。しかし大変だったのはそこからです。相続して1年ほど経ってからでしょうか。その父親の借金が、どんどん押し寄せてきてしまいました。マキちゃんの父親は微々たる財産とともに、大きな金額の負の遺産を残していたのです。ざっと430万円程度でした。30万円程度の遺産を受け取って、430万円の借金支払い義務も相続したのであれば、こんなに割に合わないことはありません。

しかも長年蒸発していた父親です。その間の生活の様子を図ることができませんし、人が来て「あなたのために一生懸命貯めていたお金で、渡すように頼まれていた」などと言われれば、それもそうかと思ってしまうものです。相続を放棄しようにも、それが出来る期間は既に過ぎていました。なぜ限定相続にしなかったのかというのが悔やまれるところですが、母親の相続に時に何も起こらなかったので、どこにも相談することがなかったのでしょう。430万円の借金のせいで、マキちゃんは破産を選択せざる得ないようなところにまで、追い詰められてしまいました。マキちゃんの父親は結局のところ私の父方の兄弟で、父は5人兄弟。自分の兄弟の不徳に心を痛めていました。兄弟4人は相続の時点でマキちゃんの力になってあげられなかったことを悔やみつつも、それぞれが出来る範囲でマキちゃんに援助を行い、430万円の借金のうち400万円を支払ってあげました。それによってマキちゃんは破産を回避することが出来たのです。

丁度といってはなんですが、父方の私の祖母が亡くなり、それによって父やその他の父の兄弟は遺産を受け取ることになり、マキちゃんも相続に加えられました。こちらはしっかりとお金の出入りも明らかにされていましたし、遺言も残されていました。マキちゃんのように後から借金が来るというような心配もありません。遺産相続は慎重に行わないと、借金を伴ってしまうことがあるということを、私は初めて知りました。そういったケースでも救済されるように、限定相続と言う方法があるのも知りました。大体、後から聞けば時効になっていたはずの借金もありました。債権者側は「時効になっていますが」などとは言ってくれません。また支払いを承諾してしまった時点から、前の時効は消滅し、新たな期間が発生します。マキちゃんにとってももちろんですが、私にとっても勉強になった出来事でした。自分が遺産を残すようになった時に、遺族が戸惑わなくていいように、しっかりした対策や遺言を、弁護士などに相談の上行っておくべきだと思うようになりました。

 

相続で借金を負ってしまった人の体験談②

私は地方都市、都市とは名ばかりの方田舎で生まれ育ちました。実家は自営業を営んでおり、農機具販売と修理で事業を始めた祖父と、父はそれを受け継ぎつつも住宅設備の仕事にシフトさせ、贅沢はできずとも何とか食べていくに十分な稼ぎがありました。

 

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s

私は長男でしたが、住宅事情もあって、大学を卒業してUターン就職を果たしてからは家を出てアパート住まいをしていました。その頃から母が、時々電話で申し訳なさそうに家計を少々助けてほしいといってきました。このご時世では、零細企業に厳しかろう、という認識を持つようになりました。月数万円の援助を実家にしていましたが、実は水面下ではそれだけでは到底すまない債務が膨らんでいたのでした。祖父が他界したとき、その零細企業には不釣り合いなほどの立派な葬儀が営まれました。農機具販売と修理は地域と密接に関わる仕事だから、義理もあるのだろうと私は黙認していましたが、父はそのために銀行からの借金が上限になっていたことから、JAからも借金をこしらえていたことが後に判明しました。

 

a70ff43439853225ad8b3b9e0e92abe2_s

母からの援助の依頼は、徐々に大きな金額となり、果ては、金曜日の夜だというのに明日までに仕入れ先への支払いで10万円が必要である、という依頼に変わっていきました。その不自然さに、私はついに両親に顛末を全て話せと強要するに至りました。両親は涙ながらに、時に茫然自失となりながら、淡々と話し始めました。私は会社で、話しは結論から述べるようにというトレーニングを受けていましたから、この時系列で思い出しながら話す両親に多少のイライラを感じながらも最後まで聴き取りました。そして既に土地と家屋が抵当に入っており、それらを取り上げられるのも時間の問題であることを知ったのでした。

一番大きな借金は、とある地方銀行の支店からでした。そして悪いことに、私の勤める会社のメインバンクかつ支店でもあったのです。両親からいきさつを全て聞いた後、ほどなくその銀行の副支店長から「相談があるので、出来るだけ早いタイミングでお話をしたい」という電話が会社にかかってきました。悪い予感がしましたが、まずい話は出来るだけ早い方がよいだろうという考え方から、会社には通院で外出と申し入れて、話があってから数日後にその支店を訪ねました。副支店長からの話しは想像通りでした。返済が滞っている零細企業種の長男が、取引のある会社に在籍していると突き止めた副支店長が、借金の返済を私に求めたい、すなわち父の借り入れ総額と同等額を私が借り入れ、返済してほしいという要望でした。

若いサラリーマンが背負うべき金額ではありませんでした。私は考える時間がほしいと伝え、問題を先送りにしました。

 

87689b55d4f75a4ca3a83e19452d9b06_s

その頃から父の健康状態が悪化、末期の胆のう癌であることが分かりました。病院でそう告げられた時には手遅れで、3か月後に父は他界しました。そして借金の保証人・連帯保証人であった母と弟は自己破産を遂げました。私は大いなる後悔と後ろめたさに悩みながらも、自分自身の生活が立ち行かなくなることを恐れ、妻と小さな子供を守るために、方策を検討しました。父が借り入れを起こしていた銀行の、例の副支店長からも度々連絡が、しかも勤務先にはいるようになっていました。

各方面に相談したところ、そのうちの一つである、会社の上司からのアドバイスはこうでした。選択肢は二つある。一つは親会社から何かの名目で借金肩代わりのためのお金を借りて、無利子でそれを返済すること。そしてもう一つは、父が死去し連帯保証人は自己破産したのだから、それをかぶることを避けるために相続放棄器をすること。この二つの示唆でした。世の中は不景気で、会社もその影響を受けていたことから、熟考した結果私は後者、すなわち相続の放棄をしたのです。

 

4fe78a2b57370ff4e6d9e43ecfea8e98_s

相続には二通りあります。資産を相続する場合、借金を相続する場合です。私の場合は後者になるので、早速家庭裁判所に債務の放棄を申し立てました。間一髪だったのは、その申立の後ほどなくして、会社が解散してしまったことです。大きな借金を抱えて路頭に迷うことだけは避けられたのでした。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談, 借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.