体験談

父子家庭だから借金が出来た

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

母子家庭行政の助けが大きく得られます。

母子家庭手当のようなものが良く知られていますが、そのほかにもいろいろと助けられる施策があるものです。

実際に母子家庭であれば不満や不安はあるのでしょうが、

それでもそういった助けがあるのとないのとでは、雲泥の差があります。

 

Happy blond hair Mother with Daughter baking together

夫婦が揃っている家でも生活が楽ではない人も多いのですから、

そういう人と比べた時に「母子家庭の方が余裕がある」といった現象も起きてしまいます。

それに対して父子家庭は大変です。

行政の助けもなければ、子育てのために仕事はセーブしなければなりません。

結婚して家庭を安定させるという手もありますが、それはそれで打算的だと受け入れ難く感じる人もいるでしょう。

子供にとって良いことかどうかの迷いも生まれるはずです。

父子家庭だから借金が出来た02

私の古くからに友人の志田さん(仮名)も、シングルファーザーになってしまいました。

自分の両親を早くに亡くし、元奥さんの両親とも折り合いが悪く、頼れる人はいません。

保育園に預けて仕事をしていますが、残業はできませんし出張もできません。

有能な人物であっても、そのことが原因で出世はあきらめざる得なくなりました。

子育てのために部署も変わりました。

給与は激減です。

しかし母子家庭のように優遇されていません。

保育園のお金もバカになりません。

また食事は外食が多くなり、自分で手が回らないところはハウスキーパーなど、

お金で解決しなければならない部分も出てきます。

出費は夫婦でいた時以上です。

それでも給与はしっかりとありますので、低所得のラインは超えています。

低所得者住宅の申込もできず、借金をするにも社会福祉協議会が窓口となっている資金の利用はできません。

借金はごく普通の金融業者、しかもスピーディな貸金業者からの借金を重ねることとなり、それは年々増えてゆきました。

そうしているうちに良くしたもので、子供が大きくなってゆきました。

小学校中学年ともなれば、お留守番もできますし、だんだんとご近所や子供の同級生のご両親など、理解者も増えてゆきました。

残業や出張が可能となってきたのです。

girl making dough for cookies on wooden table

食事の支度はちょっとしたものなら子供が出来るようにもなってきました。

そこで志田さんは、お金が必要だった時期に作った借金を小さくし、生活を立て直すことを考えるようになりました。

借金全体として現在の総量規制の範囲は超えていました。

自分の信用情報にネガティブな情報が付くことは、息子にとってマイナスになることもあるかと、あえて任意整理は避けました。

給与振り込みや公共料金を引き落としている口座がある、いわゆるメインバンクのおまとめローンを申し込みました。

全体で280万円ほどの借金でしたが、その分がすべておまとめローンの審査で認められました。

その融資によって全ての貸金業者からの借金を完済し、その上で弁護士に頼んで過払い金返還請求を行いました。

過払い金の返還請求は、完済する前だと払い方変更などのネガティブ情報として個人の信用情報に乗ってしまう危険性もあります。

しかし完済した後であれば、マイナス面は最小限に抑えられます。

最悪その貸金業者はその後の契約を受け付けないなどがあっても、その他の貸金業者であれば問題なく契約できる可能性が高いのです。

Businessman and book

自分で請求を行うことも考えましたが、あまりに煩雑ですし、

貸金業者側に弁護士が代理人となっている人よりも雑に扱われるかもしれないと考え、弁護士に依頼しました。

大手の貸金業者ばかりだったので、過払い金が戻ってくるまでに半年ほどしかかかりませんでした。

それをおまとめローンの返済に充てるか、貯金してくか悩んだようですが、おまとめローンはかなりの低金利

このまま支払ってクレジットヒストリーを作ってゆくことにして、過払い金は貯金に回したとのことです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.