体験談

株で借金した話

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

世間的には投資の方法として一般的な株ですが、失敗すれば借金をするという話はよく聞かれますが、私の場合には借金が出来てしまう危険な取引を行ってしまいました。

私の経験から株で借金をしないためにも始める前には正しい知識を身につけることが大事ですし、あくまでも余剰資金を使った投資であることを肝に銘じて行う必要があります。

優待大好きさん(35歳/男性)の体験談

 

株にハマった理由について

株はもともと興味があるものではありませんでした。

しかし知り合いに誘われたので、はじめてみました。

 

利益というよりは株主優待がメインで、それほどトレードの手法を使わずに、少額で買える有名企業の株を購入していましたが、幸いその時は市場が良く多くコンスタントに利益を得ることができました。

もちろん現物取引ですから、株が下がっても借金が出来るようなことはありません。

しかし、意外と簡単にお金を増やすことができることから、次第にトレードの方法を勉強し、より本格的に投資を行うようになって、得られた収入の多くのお金を株式投資に使うようになってしまいます。

トレードの手法が良かったことや、市場の状況が良かったので、短期間のうちに多い時では年収の半分以上のお金を得ることが出来ました。

得られたお金は消費に使ってしまいさらにお金が欲しくなり投資を増やしていくことになり、信用取引を使うようになります。

信用取引を行うことで、より多くのお金を得られたので、多い時には年収近くのお金を得ることができました。

 

このように簡単にお金が手に入るようになると本業もおろそかになりがちで、それも問題があったので、一念発起して専業トレーダーを目指すことにしました。

ただすぐに専業というのも難しいので目標としては1年間を通じて年収以上の利益を得るというもので、これが達成できたら専業トレーダーになるものです。

しかし、結論から言えば専業トレーダーどころではない結果になります。

信用取引で借金を負うことはありませんが…

専業トレーダーになるために年収以上の利益を得るという目標を立てた以上は信用取引しかありません。

信用取引は証券会社に証拠金を預けて、その金額の何倍かのお金を動かして取引でいるシステムです。

メリットは買いの時は預けたお金以上の株を購入することができることですが、なんと行っても最大のメリットは空売りができることです。

株の現物取引では購入しか出来ませんから、上昇している時しか儲けることができませんが、空売りが出来れば下落している時でも儲けることができます。

ただ信用取引のデメリットは期限が区切られていることで、それまでに決済しなければならず、証拠金が足りない場合には追加で入金しなければなりません。

基本的には 信用取引だけでは借金をすることはない システムになっていますが、専業トレーダーを目指すといった目的から焦ってしまったことが大きな間違いでした。

 

最初は堅調に取引が出来ていたのですが、株価が乱高下するようになると売買が交錯して、含み損が増えていきます。

含み損を防ごうと空売りをすると上昇して、上昇基調に戻ったりするなど、思うように利益を得ることができません。

そのうち証拠金が足りなくなり、強制決済されそうになると貯蓄を取り崩したり借金をしてそれを避けるようになります。

この時点で止めておけば良かったのですが、ズルズルと借金をするようになり、多い時には50万円を超えるような借金を抱える羽目になり、結局専業トレーダーになることはあきらめました。

株式投資は現物取引に限ります

結局、借金を抱える結果になった事もあって 専業トレーダーの夢は綺麗サッパリあきらめる ことにしました。

場合によっては億というお金を手に入れることが出来たかもしれませんが、それまで蓄えてきたお金にも手を出してしまっては、 無一文になるリスクにも気づいたから です。

信用取引で作ってしまった借金に関しては、株で儲けた時に購入した自動車やブランド品を処分するなどして返済したので、幸いなことに借金は残らずに済みました。

それと実のところそれまで行ってきた株取引の収支として見ればプラスです。

高い勉強代を払ったと思って証券口座も解約しました。

 

では、今は株は止めたかというと実は続けています。

整理をした時点で、止めようと思っていたのですが、証券口座を解約してから数ヶ月経って本業にも力を入れるようになった頃から、お金にも余裕が出来るようになったからです。

そもそも銀行に預けても利子が付くわけではありませんから、銀行に寝かしておくよりも投資で少しでも増やした方が良いと考えたからです。

でも、行っている株式投資は信用取引ではなく現物取引です。

初心に立ち戻って、またこれまで得られたノウハウを活かし株主優待や長期間のチャートの流れを見たトレードを行っています。

 

それまで、かなり激しい取引をやっていた頃と比べて、余裕をもって取引をすることができ、また現物取引ですから証拠金に追いかけられることもなく、今ではコンスタントに利益を得ることが出来ています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談