借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

体験談

旦那の会社がやばいのに借金を作り続けた人

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

マイコさんのご主人はベンチャー企業の社長。結婚した時には「まさに勝ち組」といった感じでした。

高校時代の同窓生ですが、同窓会では常に一流ブランドの衣装に身を包み、持ち物も素晴らしく、常に女王様のようにふるまっていました。

おこぼれにあずかろうと言うのか、誰かいい人でも紹介してもらおうと思っているのか、同窓会を機会にトリマキになる人も何人かいました。

確かに華々しい感じがありました。

旦那の会社がやばいのに借金を作り続けた人02

とはいえ高校時代のマイコは家が貧しく、持ってきたお弁当を隠して食べるほどでした。

お弁当の中身は大概塩コンブとタクアン程度

だからといって隠して食べる様が、私は気に入りませんでした。

貧しいことは恥ではないし、もし勉強を頑張ったり、運動を頑張ったり、人柄が良かったりすれば、貧しさをバカにするような人はいなかったように思います。

もっと堂々としていればいいのにと感じていました。

そういった反動があったのかもしれません。見返したい気持ちもあったでしょう。マイコは異様に派手でした。

しかしマイコのご主人の会社は、とある投資をきっかけに、傾いてゆきました。

私はそれをいち早く知ることが出来る立場にありましたが、人にそれを言うことはできません。

ちょうど同窓会があり、マイコのことが心配で、注意してみていました。

しかしなにも変わったことはなく、トリマキに「マイコに変わったとこあった?」と聞いても「全くない」とのこと。

それがかえって不気味です。

なぜならば、もうすでにご主人の会社そんな状態にないわけで、それでもそのままマイコがお金を使い続けているのであれば、それは借金です。

そしてその借金がマイコの家庭を圧迫することになるのも目に見えています。

もしここで夫婦そろって踏ん張れば、会社だけは守れるかもしれませんし、浮かぶ瀬もあるでしょう。

マイコがこれでは、その一縷の望みもなくなってしまいます。マイコに近づき、ただ「ご主人を大切にしてあげて」とだけ言いました。

その1カ月後だったでしょうか。

取り巻きだった子から電話が入り「びっくりしたよ!マイコのクレジットカードが止められてた!」とききました。

なんでもいつものように食事会をし、マイコがクレジットカードを使っておごろうとすると、全てのクレジットカードが使えなくなっていたとのこと。

マイコは大した現金を持っていなかったため、何とかみんなで出し合ってその店を出たそうです。

家族カードだったので、旦那が意図的に止めたのか、カード会社から止められたのか、それはわかりません。

2カ月後、ご主人の会社は何とか持ち直しました。

銀行も借金に応じ、助けたようです。

将来性はあると判断したのでしょう。

しかしマイコとは離婚した様子。

奥さんが会社の危機をわかっていながら、次から次へと借金するところに、もはや夫婦としての信頼関係が築けなかったことが原因だと聞きました。

奥さんとはマイコです。

マイコに借金が残ったことはないようで、請求もされなかった様子。

ご主人にとっては借金の痛手よりも、奥さんの態度がショックだったのでしょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談