体験談

従兄弟が借金に困っていた話

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私の従兄弟は、派遣やアルバイトで職を転々としていました。

住み込みの仕事もよくやっていて、住所もよく変わります。

そんな私の従兄弟ですが、借金問題で困っていて、よく私にお金を貸して欲しいと言ってきました。

最終的には、借金が200万円くらいまで膨れ上がっていました。

友人の借金にアドバイスをして大変なことに

そもそも、なぜそんなにお金が借りられたのかという話から入ります。

金融機関もプロですから、返済能力のない人にはお金を貸しません。

返済能力がなくてもたくさんのお金を借りられるのなら、1億円を借りて逃亡したり自己破産をする

という人がたくさん出て来そうですが、実際にはそれはありえません。

派遣やアルバイトで働いている人は、借りられてもせいぜい50万円程度でしょう。

複数の会社から借りても100万円くらいだと思います。

私の従兄弟は、一時期パチンコ屋の正社員で働いていて、とても良い給料をもらっていました。

ボーナスの金額を聞いたときにはびっくりするような額だったことを覚えています。

福利厚生も充実しており、とても良い待遇で働いていたようです。

その時にクレジットカードやカードローンをたくさん作っていたのだと言っていました。

従兄弟が借金に困っていた話03

仕事を変えたり、退職したりするとカード会社に連絡をするようになっていますが、

転職をして収入を減ったときにわざわざ「収入が減りましたので限度額を下げてください

などと不利な報告をする人はあまりいないのではないでしょうか。

従兄弟も、転職をしたことは伝えずに、カードをそのまま使い続けていたようです。

そして、債務が膨れ上がって200万円にまで達してしまったようです。

なぜそれほどまでに債務を膨らませてしまったのかですが、これは容易に想像が出来ます。

パチンコ屋の正社員で働いていたときに、従兄弟はとても良い生活をしていました。

良い服を着て、おいしいものを食べて、それでもまだまだ余裕があるという生活でした。

そういう生活に慣れてしまって、転職をして収入が減った後もその生活を変えなかったのでしょう。

収入に見合わない生活をしていては、あっという間に借金は膨らんで返せないレベルになってしまいます。

私は電話で何度も生活レベルを下げるように言いましたが、従兄弟は「いざとなったらまたパチンコ屋で働けばいい」と言っていました。

しかし、仕事はそう甘くはありません。

一度正社員の仕事を辞めたら、もう一度働きたいといってもお店があっさりと雇ってくれるわけではありません。

借金が200万円まで膨らんだところで、従兄弟はついに借金が返済できないことを認めました。

幸いだったのが、従兄弟の借金には連帯保証人がついていなかったことです。

連帯保証人がついていたら、債務整理をしたときに必ず保証人となっている家族や友人に迷惑をかけます。

保証人のない借金だったので、私は債務整理を勧めました。

 

弁護士に相談をしたとき、従兄弟は仕事をしておらず、フリーターという状態だったので、自己破産を勧められたようです。

精神的に弱っていたことも関係していると思います。

従兄弟はまだ20代後半でしたし、任意整理で解決できればよかったのですが、200万円を5年間で返済する

というのはその時の従兄弟には荷が重い状態だったのでしょう。

結局、自己破産をするということで弁護士に依頼をしたようです。

それから一年ほど経過して、従兄弟から連絡がありました。

Business team working at office desk, unrecognizable people, hands close up

また仕事ができるようになって、派遣で働いているとのことでした。

自己破産をしてしまったことで、およそ10年間は住宅ローンが組めず、マイホームは諦めなければなりません。

自動車ローンなどの他のローンも組めません。

結婚適齢期の従兄弟にとってはかなり大きなデメリットですが、本来返さなければいけない借金を踏み倒したのですから

そのくらいのデメリットならまだ軽いものでしょう。

今後は借金をしない生活を送ってくれることを祈るばかりです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.