体験談

尻ぬぐいの借金って悲しいですね

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

友人は息子さんが犯した犯罪から多額の借金の肩代わりをしてきました。当の息子さんは罪の意識がなく、感謝すらしていません。息子さんはまだ25歳と若いので、派手な遊びに夢中で、転職を繰り返してはだらだらと暮らすフリーター兼ニートです。生活費が足らなくなると、母である友人に泣きついて無心しています。友人もそんな息子さんを見捨てることができないようで要求されるまま渡してしまうのです。息子さんの父親である彼女の夫は、子育てには無関心で、ただ感情的に怒るだけの父親でした。

尻ぬぐいの借金って悲しいですね02

息子さんは当然父親を煙たく思い、だんだん実家へも行かなくなり、母親にだけメールや電話でお金が要る時のみ連絡すると聞きました。友人はそんな息子さんに怒りを感じながらも、頼りにされることへ嬉しさを感じていると話します。友人にはもう一人娘さんがいて、その娘さん夫婦と二世帯で暮らしているのですが、入り婿さんとうまくいかず、娘さんとも顔を合わせば口喧嘩孫になってしまうようです。お孫さんが二人いますが、おばあちゃんである友人になつかないとこぼします。せっかく一緒に住んでみても、牽制し合うだけの関係なら寂しいですよね。結果、甘え上手で出来の悪い息子さんに気持ちが入ってしまうようです。

先日、その息子さんがサラ金でまた借金をして、返済ができないから都合してくれと電話があったようです。50万用立てたことが、ご主人にばれ、夫婦喧嘩になり、一方的に責められたことで友人はカッとなり家を出て息子さんのアパートに転がり込みました。息子さんは散らかった部屋でゲームに興じており、友人はせっせと料理を作り、息子さんに尽くしたのですが、彼女らしき女性が泊りに来て、若い世代のあまりのだらしない付き合い方に驚愕したと言います。その彼女とはネットで知り合い、年はメイクを落とすと高校生ではないかと疑っていました。友人の息子さんは25歳なので、高校生を連れ込んで変な関係になってしまえば犯罪ものではないか、また借金が増えるのではないかと恐れているのです。

息子さんは過去に傷害事件を起こし少年院を出ています。彼女が息子さんの尻ぬぐいで負った借金は多額であり、今後も増えることでしょう。彼女は言います。「父親なんて冷たいものだ、自分だけはあの子を見捨てるわけにはいかない。それが母としての務めだから」と。私は親友として「その考え方は危険で、少なくとも成人したこどもの尻ぬぐいはすべきではないし、かえって自立を妨げている」と説得しますが、どうやら彼女の心には響かないようです。私にこどもがいないこともありますが、彼女みたいに頼られれば全力で尽くしてしまうという生き方は、とてもイタイと思えます。問題との関係性を切り離せず、息子さんの責任を自分のものと感じてしまうのですから。聞いていてやりきれないですが、彼女は冷たくあしらい楽をするより、重い荷物を背負うことを選んでいるのですね。「借金なんて返せるし、今に息子もよくなるだろう」と彼女は希望を捨てません。それが彼女の生きがいならば黙って見守るしかないと思っています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.