体験談

家の購入には借金することも

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金というと、とても嫌なイメージがあります。お金がなくてほかからお金の借り入れをしているということであり、それがマイナスに感じられることもあるからです。借金にはいろいろなパターンがあって、友達や身内から借り入れるちょっとしたお金も借金になります。その費用の高い安いに関係がないのです。友達から気軽に借りた100円であっても、借金になるのです。特に親しい人から借りるお金には注意が必要です。お金のことというのは、とてもシビアな問題であって、どんなに仲の良い人でも揉め事の原因になったりするのです。できることなら、利害関係のないところに借りるほうが気が楽になるでしょう。

家の購入には借金することも02
ただ、大きな買い物になると現金で購入できなかったりするので、借り入れも仕方がないことになるでしょう。住宅を購入したり、車を購入したりする場合です。特に家や土地を購入する際には借入額が高額になるので、金融機関などに借りるようになることでしょう。
これは私の妹夫婦の話ですが、結婚をして5年、賃貸マンションに暮らしていたものの、その家賃の支払いをしていくのが勿体ないと感じるようになったようです。そこで、物件を購入しようと検討をしていました。その時の家賃が8万円ほどで、年間で100万円ほど支払っている計算になっていました。それなら思い切ってマンションを購入して家賃分を返済にあてていけば、自分たちの財産にもなるということだったのです。
ちょうどそのころに妹の妊娠も判明して、子供が生まれたら自分たちの所有する家で家族3人で暮らしたいという気持ちがあったのです。地方に暮らしていたので、マンションを購入するにも2千万円程度だったようです。その時の家賃分の費用とボーナス払い併用で20年間のローンを組みました。借り入れは地元の銀行です。
それから3年の月日が流れました。お腹の中にいた子供ももうすぐ3歳になります。春からは幼稚園に通います。妹は専業主婦で旦那さんは一部上場の企業に勤めています。それほど給料がよいわけでもないのですが、特に贅沢をすることもなく、つつましく暮らしています。
住宅を購入するために借りた借金も順調に返済をしているところなのだそうです。今でもよく妹はいうのですが、あのタイミングで家を購入しておいてよかったようです。子供が生まれたときには今のマンションに引っ越しをしていたので、それが子供が生まれた家になっているのです。
ローンの返済もあるのですが、それは当たり前のこととして、それまでの家賃の支払いと変わりがないので、気持ちも違うそうです。自分たちが所有している家というのはとてもよいものであり、ゆっくりとくつろげるし、生涯をここで生活をしていくという気持ちになれるということでした。
家のような大きな買い物では即時支払ということがほとんどできないのですが、借金をしてでもマイホームというのは持ちたいと思える夢でもあるのです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.