体験談

学生時代の借金を引きずっている話

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私は現在社会人ですが、学生時代からの借金があります。

当時一人暮らしをしていた私は、ろくに学校へ行かず、バイトと遊びに明け暮れていました。

その当時遊んでいた仲間はバイトで知り合った人でしたが、趣味がギャンブルでした。

当初は私は興味がなく、誘われても断っていましたが、ある日パチンコで5万円勝ったという話を聞いて、楽に稼げるのではないかという淡い期待を持ち、誘われるがままにパチンコ屋へ友人と一緒に行くことにしました。

学生時代の借金を引きずっている話01

最初は、サンドに1000円入れても数分でなくなるので、恐ろしい遊びだと感じました。

そして5000円くらいまでは試してみるかと思い、4000円入れたところで、大当たりしました。

最初はよくわからなかったのですが、球が下皿にあふれ出てきました。

最初は飲まれるだけだったのが、その逆の勢いで玉が出てくるので、びっくりしたのを覚えています。

結局その時は5連チャンほどして、3万円ほどの勝つことができました。

これが、ギャンブルにハマったきっかけです。

ビギナーズラック後、今度は一人で行くようになりました、そうすると意外に勝てるもので、一週間で20万円ほど勝つことができました。

その時の私は、こんなに簡単に勝てるのだから働くのはばからしいと思うようになっていました。

これが、自分が堕ちていくきっかけでした。

当然ビギナーズラックは長くは続かず、その時に勝った20万円はすべてなくなってしまいました。

しかし、私はおかしいと感じながらも、またきっと勝てるという淡い願望から、生活費やバイト代をつぎ込むようになりました。

もちろん、たまに勝ってしまうこともありましたが、勝った分もパチンコにつぎ込み、結局はなくなるといったことを繰り返していました。

最悪なのは、その後生活費にまでとを出すようになったことです。

バイトの給料日のその日に全額を使ってしまったこともあります。

当初は、少しあった貯金が残ってはいたので、何とか生活はできたのですが、そのうちそれにまで手を付けて、とうとう無一文になってしまいました。

焦った私は、何とかお金を工面しようと模索します。

その時に目にしたのが、消費者金融の看板です。

気になって調べたところ、学生でもアルバイトをしていれば借りられるということだったので、申し込んでみることにしました。

借金をすることには抵抗がありましたが、生活ができない恐怖の方が勝り、消費者金融の店舗へと赴きました。

young beautiful business woman working in office

そこで驚いたのが、イメージとは異なり、明るい雰囲気の店舗だったということです。

そのため、借金に対する抵抗が和らぎ、気づいたら申込用紙に個人情報を記入していました。

当時、それなりにアルバイトをしていたので、30万円の借金をすることができました。

この時に辞めておけばよかったのですが、私は友人とパチンコに行くことを辞めませんでした。

そうこうするうちに、借りたお金はすぐに無くなってしまいました。

そこで、2社目に手を出してました。

そこでも同様に、30万円の枠を作ってもらうことができたので、上限いっぱいのお金を借りました。

すでに借金に対する抵抗はなくなっており、むしろお金を借りられることに安心感を抱いていました。

もちろん、このお金はすべて溶かしてしまいます。

その後も同じように3社目に走り、結局トータル90万円の借金ができました。

実はこれも溶かしてしまい4社目に行ったのですが、さすがに貸してもらうことはできませんでした。

これが、借金をやめようと考えるきっかけとなります。

とはいえ、学生時代は生活費を稼ぐので精一杯でしたので、借金を返すのも難しい状態でした。

そのため、毎月の返済は利息だけで、ほとんど元本は返すことができませんでした。

今では社会人となり、収入も安定してきたので、当時の借金を少しずつ返済しています。

今現在、ようやく半分の45万円ほどに減ったところです。

借金をしたことは若さゆえの過ちと考えて、二度と繰り返さないように注意して行きたいと考えています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.