体験談

学生時代に何とか自力で借金を返済した弟

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金といえば、弟が学生の頃に消費者金融何社かで借りていたのを思い出します。

既に成人していて、アルバイト収入もあったこと、友人と旅行に行くということで借り入れたのがきっかけで、その後数社のキャッシングやカードローンを利用していたようです。

もちろん私はこのことを知らず、やたらにあちこちに出かけたりしている弟を見て、アルバイトがうまく行っているのだなとばかり思っていました。

ところがある時、身内に不幸があって田舎に帰省した際に、やはり帰省していた弟が、ちょっと相談があると言います。

一通りのことが済んだ後、弟から話を聞いてみると、借金が返せないのでいくらか貸してくれと言うのです。

学生時代に何とか自力で借金を返済した弟

正直いって、驚くというより呆れました。

ともかくいくら借りているのか訊いてみたところ、150万くらいあると言います。

既にその時私たちの父は他界しており、母にも頼みづらかったということですが、私も家族がいますので、これは困ったことになったと思いました。

付き合いのある司法書士に連絡して、債務整理を考えるべきかとも思いましたが、社会人ならまだしも、学生のうちに債務整理というのも感心しません。

ともかく、アルバイトの収入がいくらあるのか訊いたところ、月10万ほどだそうです。

それで頑張って返せないのかと尋ねたら、そのまま黙ってしまいました。

とりあえず母も交えて3人で相談し、まず借り入れをしている消費者金融に頼んで返済方法を見直してもらう、それでもできない時はいくらか援助するということでまとまりました。

Old woman feel sick

母も少なからず驚いていましたが、最終的にはそれで合意できました。

これでもまだ甘いかなとは思いましたが、そうしないとさらに借金を重ねて、破産してしまうような気がしたのです。

弟は学費と家賃は母に出してもらっていて、普段の生活費を自分で稼いでいました。

月々の10万円を更に削るのは大変かもしれませんが、その借金をしたのも弟なのですから、黙って様子を見守ることに決めました。

結局のところ、返済方法の見直しもうまく行ったようで、どうにか少しずつ返済しているようでした。

またいつものアルバイトの他に、短期の仕事なども入れて収入を増やしていたようなので、これでどうにかなるかなと思いました。

ところが何か月か経って、弟が卒業を間近に控えた頃に、やはり少し援助してもらえないかという電話が来ました。

何でも借りていた内の1社は完済し終わったものの、残りの2社がまだ何万か残っていて、卒業までに完済したいけど今のままでは足りないのだそうです。

私は自分の趣味用に取っておいた3万円を渡して、これで足りるかどうか訊いてみました。

弟は何とか足りると言って、卒業する前の月にかろうじて完済し、どうにか借金を残さずに大学を卒業することができました。

私への返済は、就職後給料が出てから分割で払ってくれました。

本当は3万円くらいなら、弟への就職祝いとしてあげてもよかったのですが、せっかく本人がその気になっているのだからと受け取っておきました。

asian businessman smile face closeup isolated on white background

その弟も社会人になって4年になります。

未だに独身で、休みのたびにあちこち出かけたりしているようで、私としてはまた借金を作らないかと多少心配ですが、今のところ特にお金が足りないという状況ではなさそうです。

社会に出てから、借金がどのようなものかを少しは理解したこともあるでしょうし、また、社会人になる時に、もうこれから先は金銭面での援助はできないから、自分でどうにかしなさいと伝えたことも功を奏しているのかもしれません。

今後もまだ結婚資金や、あるいは住宅ローンなどを組む時は私に訊いてくることもあるでしょうから、その時には相談に乗ってやりたいと考えています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.