体験談

娘まで自分の借金の犠牲にした人

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

村下さんは(仮名)、週末になれば競馬場か競艇場にいました。

携帯電話にも出ないので、急な用事がある時には競馬場か競艇場を探し、案の定見つかるといった感じです。

人が悪いとは言いませんが、お金にはだらしがない人でした。

イラストレーターでしたので、広告代理店に勤めている私は、村下さんの担当になると本当に気が重くなっていました。

締め切り間際になればどうせ連絡がつかなくなり、きっと競馬場や競艇場を探すことになるでしょうし、お尻を叩いては締め切りに間に合わせなければなりません。

村下さんに発注しなければいいのですが、村下さんの娘と私は同じ学校の同級生でした。

娘まで自分の借金の犠牲にした人02

お母様、村下さんにとっては奥さんですが、病気がちで入退院を繰り返しています。

「父に仕事がないとたちまち困る。よろしく頼む」と言われていました。

仕事の内容自体は文句がなかったので、発注することは嫌ではありません。

ただただ、だらしがないから使いにくいのです。

口座を娘から取り上げられてしまったようで、ギャンブルをするために村下さんは消費者金融からお金を借りました。

仕事をしたお金は、奥さんの治療費に消えていました。

消費者金融からの借金は膨れ上がり、とうとう破産をしてしまいました

借金総額は480万円程度だったでしょう。

その後借金がしにくいから、かえってそれもいいだろうと回りは考えていましたが、

世の中には破産した人に積極的に貸付を行う中小の貸金業者が存在しています。

正規業者なので全く問題がないのですが、そういったものがあると知らなかった娘は、村下さんの新たな借金に驚いてしまいました。

給料袋 現金|mny0057-001

しかも母親の大きな額の治療費の支払いが近づいていました。

保険が利かない治療です。

娘も貯金を母の件で使い果たしていました。

借金もできるところからはしています。

父親に借金をさせようかとも考えましたが、もはや人的保証がないと新たに貸付できないと業者からは言われていたようです。

 

Japanese hanko on white background

娘は父親の保証人になることを決意しました。

ギャンブルのために新たな借金を作っていなければ、この時にも単独で借金することが可能だったでしょう。

その話を聞けば、なんとか回せる仕事は回してあげたいとこちらも思います。

 

あとは村下さん自身が、しっかりと仕事をしてくれるかどうかだけの話。

もしこの借金の支払いが出来なくなれば、ギリギリの生活をしている娘も破たんしてしまいます。

とにかく死に物狂いで働いて欲しいと願っていました。

しかしギャンブル癖はなおりませんでした。

仕事にも身が入りません。

借金返済と妻の治療費をカバーできるだけ稼げない村下さんのせいで、娘が窮地に立たされました。

破産寸前まで追い込まれたのです。

そんな時、察したわけでもないのでしょうが、母親、村下さんの妻がとうとう亡くなりました。

Woman takes the chequered flag

その生命保険が入り、なんとか全額返済をすることが出来たのです。

ほんとうにギリギリのところでした。

妻がなくなったショックで、村下さんは無気力になってしまいましたが、幸いなことにギャンブルも止めてしまいました。

仕事をしないのとギャンブルをしないのとでは、どちらがいいのか判断はつきませんが、とりあえず娘が犠牲にならずに済んだのにはホッとしました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.