体験談

妹の借金とその後の生活について

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私の妹なのですが、借金を返済できなくなって私に泣きついて来たことがあります。

当時妹はある食品関連企業に勤めていたのですが、そこの給料ではとても満足の行く生活ができないと言って、転職を考えていました。

就活の甲斐があって、大手銀行の系列会社に就職することができ、収入も増えたといって喜んでいました。

そこはキャッシング関連会社だったのですが、まさかそれがその後の妹に影響するとは、考えてもいませんでした。

妹の借金とその後の生活について02

その会社に移ってから数年たった頃です。

久々に妹と会ったところ、お金がないから貸してくれと言い始めました。

以前より給料がいい所に移ったのに、それでも足りないのは、使い方が悪いのではないかと叱ったところ、借金があるというのです。

Woman with a wallet

しかも数十万円程度ならまだしも、100万円ほどあるとのことで、正直言って驚きました。

私は結婚していますが仕事を続けており、いくらかの収入はありますが、家のために回すお金もあるし、夫にいっても恐らくは難しいかと思い、妹に悪いとは思いましたが、それだけの金額は出せないといいました。

そもそもなぜ借金をこしらえたかというと、妹が付き合っている男性が旅行や写真などが趣味で、それに合わせるために色々お金が必要になったと言うのです。

確かに相手の趣味を理解してあげることも大事ですが、何もかも相手に合わせて揃えることもありません

またそういうことに、男性の方からお金を出してくれるということもなかったようなのです。

借金に加えてもう1つ問題ができてしまったわけですが、何はともあれ、まず借金をどうするかが先決で、返済方法をまず見直す必要に迫られました。

悩んだ末、夫にも相談したところ、いくらか協力できるかもしれないと言ってくれましたが、やはり援助してもお金をすべて返済するのは難しそうでした。

Close-up Of Businessman Inspecting Invoice With Magnifying Glass At Wooden Desk

結局、夫の友人でもある弁護士に相談して、任意整理をすることにしました。

妹は当初完済したがっていたようですが、私の夫の援助があっても無理だと悟り、弁護士事務所で手続きをして、その後3年半をかけてお金を返し終わりました。

また、付き合っていた男性とは別れたとも伝えてくれました。

すべてを返し終わった時点で、私は妹を家に呼んで、夫と3人で一緒に食事をしました。

その席で妹は、本当に悪かったと涙ながらに話し、今後は気を付けるからとも言いました。

キャッシング会社に勤めていたため、お金を借りることがどのようなものかわかっていたはずなのですが、逆に業界事情を知っていたため、キャッシングについて様々な知恵がついてしまい、これなら返せそうだということで申し込んでしまったらしいのです。

もちろん、当時の妹の彼が浪費癖もあって、借金が雪だるま式に膨らんで行ってしまったというわけでした。

Creative people working in office on computer

妹は任意整理を始める前にその会社を辞め、以前仕事をしていた食品会社の関連企業に、パートとして入社しました。

 

そして任意整理が終わって半年ほど経って結婚し、今は主婦としての日々を送っています。

結婚前に、相手には任意整理のことをすべて話したそうです。

断られるかと思っていたようですが、意外にもすんなり受け止めてくれて、とても嬉しかったと言っていました。

私もまた、あの時の夫の協力に感謝すると同時に、借金のリスクを改めて知る思いでした。

今は妹は、夫の収入と自分のパートの給料だけで、つつましく暮らしています。

夫婦で旅行もしたり、趣味を持ったりもしているようですが、自分たちの収入でできる範囲でということに留めているようです。

考え方を変えれば、あの時借金をしたせいで、妹も十分成長したと思います、その意味では、あの100万円の借金は反面教師であったといえるかもしれません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.