体験談

夫の借金。。。離婚トラブルの悩み

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

結婚したら幸せになれると思って、油断をしていました。

夫が借金を持っているということが発覚して。

トラブルに巻き込まれてしまいました。

 

夫との試練だと思って、返済をしようとしましたが。。。

 

乗り越えることが出来ず、離婚を選びました。

 

借金のトラブルを避けるためには、借金を持つ人と縁を切るしかないのか、悩みました。

 

典型的な形だと思いますが、

夫の借金のトラブルを一つ、あげたいと思います。

118d28e48741c8b01c4c120438503a22_s

 

【麻雀やパチンコで遊びすぎる】

ちょっとだけ遊ぶつもりが、没頭しすぎてしまう模様。

 

男性がなぜ、ギャンブルに凝るのかも、興味ありますが。

お金の使い方は、しっかり考えてほしいです。

 

社会人よりもまず家庭を持つ、夫として。

離婚するべきか、関係を維持するべきか。。。

いろいろな意見があると、思います。

 

載せてみましょう。

①お金を借りて、借金をしてしまうこと。お金に対する、意識がゆがんでいて。返す考えも持たずに、ただ借り続けるようです。

 

②借金をすると、嘘をつく癖もあらわになって人間性もさらされてしまいます。そこまで見て、この人を信じれるのか、見切りをつけるべきか。

 

③意識が無く自堕落な姿がさらあされます、その姿を見せつけられて、家族・周りの人にも心配や不安を煽ってしまいます。

 

④男は徹底すると、すべてを捨ててまで、欲望に執着する場合があります(女性も)

 

⑤ギャンブルに対して意識していないなら、浪費はどんどんと増えていきます。

など、意見があつまりました。

 

 

借金は自堕落者がしてしまう。イメージがありますが。

生活の出費でしてしまう、場合もあるので。。。

難しいですね。

 

00bc5f471a02801f32638b81603fedb5_s

 

 

では、迷っている方へ。

簡単に説明をしましょう。

 

①お金に対して、価値観をもう一度、話し合ってみる。

ギャンブルをする夫(妻のパターンも想定)

豪遊に癖がついたなら、簡単にはなおりません。

 

妻や家族にも、借金返済の火の粉が降りかかる可能性を、覚悟していかないといけません。

 

②夫が作り出した借金を返済していくことを、夫婦の目標として生活をする。

自堕落な夫、それでも、想い続けるという強さです。

返済のために危険な目にあったり、なにか事件のようなものにも遭遇するでしょう。

 

しかし。

 

夫を想い、一緒に背負うことは大事ですが。

自分の身を危ない目にあわせないようにしましょう。

 

最終的に相手のためを想うなら、厳しい決断も覚悟していきましょう。

借金の悩みなら、なおさら。

 

でも、自分自信を責めて生きていてはいけません。

 

③私の夫は生真面目な人だから、安心と言う発想は持たないこと。

先ほどに、少し文章に出てきた、連帯保証人と言う文章があります。

 

こちらは、相手の借金を助けたいために。

背負ってしまう借金のことです。

 

優しさは大事。

 

でも。

 

4807dda9f8ef0b8cdd154b1c2889884c_s

 

お金の負担を背負うってことは、優しさでしょうか?

 

では。。。

 

街角相談所があります。

 

なにか、知りたい答えがあるかもしれません。

 

自分独りで、夫の借金と向き合えないとき。

なにか、話してみませんか?

離婚したら住宅ローンはどうなるの?

離婚することにより、現在残っている住宅ローンをどうするべきか、頭を悩ませることになります。

しかも、借金の問題があり、借金返済をどういう計画で立てていき、借金返済のメドが立つのかどうか

考えて離婚のタイミングを計るとなると、事態は複雑になります。

また、不動産や住宅ローンの名義を変更するにしても、連帯保証人を別の人にするにしても、銀行の承諾が必要です。

このため、離婚による住宅ローンの取り扱いをどうするか、とても大事になっていきます。

離婚した時の住宅ローンはどうなるの?0

一番シンプルなやり方は、不動産を売却してしまい、住宅ローンを返済してしまうというものです。

夫婦として暮らしていくために広々とした一軒家などを買ったものの、1人で使うには広すぎる場合借金返済などでお金が必要な場合には

いち早く住宅を売却してしまい、住宅ローンを返し、余ったお金で財産分与したり、

借金返済に充てることが効率的であり、将来的な借金返済などの財政的な負担も軽減することができます。

 

せっかく高いお金を出して買ったのだから、どちらかが住めばいいのではないかという話になった場合はどうでしょうか。

不動産名義も住宅ローンの名義も夫のままにする場合、銀行側としては契約者の名義も変更されないことから特段の問題はありません。

この場合の財産分与は、不動産の時価相当額から住宅ローン残高を引いた額が対象となります。

仮にマイナスになってしまった場合も、そのマイナス分を財産分与することになります。

ですので、これに伴う借金返済を離婚の前段階で考えておく必要があります。

100万単位で借金が残り、その借金返済はとても大変です。

一方、それによって躊躇し、離婚のタイミングを逸することもあり得ます。

名義を同じままにしておくことが誰にとって一番いいのか、よく考えなければいけません。

妻の側に収入があり、借金返済になんら支障のない場合であったとしても将来的なことをよくよく考えるようにしましょう。

 

一方、ローン名義を妻にした場合、住宅ローンを引き受けることになる妻が新たに申し込みを行い、

今までの夫名義のローンを返済し、名義を入れ換えるということをする必要があります。

この場合、妻の側に離婚する前から安定した収入がないと成立しません。

パートなどの収入ではいくら住宅を担保にしたとしても、借り換えは難しいでしょう。

 

一番あり得るのは、名義は夫のまま、そして妻が住み続け、夫がローンを払う場合です。

その代り、財産分与の際に、預貯金を夫が多くもらったり、子供がいた場合の慰謝料を少なくするといった配慮が行われます。

一見、良さそうに見えますが、銀行側からすると契約者であるはずの夫が家からいなくなることで、仮に夫が住宅ローンの支払いを拒んだり

支払い不能になった場合のリスクが予想されます。

そのため、あまりいい顔をしないということがあります。

離婚によって返済が滞る可能性を妻の側も考えないといけません。

最悪の場合、住宅が差し押さえられ、競売となり、家を手放すことも十分考えられ、そうなると元も子もありません。

また妻が連帯保証人の場合には、ローン返済が滞ったとき、自らもそれを支払うことになります。

離婚後の夫も離婚した妻のローンと自らの居住費を支払い、生活が困窮し、借金に頼らざるを得ず、借金返済がままならないこともあります。

こうしたリスクを妻は考える必要があります。

夫側が借金返済を理由にローンの支払いを拒むという可能性もあります。

財産がなかった場合など、自らの生活費や元妻へのローン返済でどうにもならず、お金を借りた場合、

借金返済の必要性に迫られると最初に削られるのはローン返済のお金です。

住宅ローンも借金であり、ローン返済も借金返済の一種ですが、自らの生活が優先されるのは仕方ないことです。

とはいえ、そのツケは元妻に帰ってくるので、元妻が代わりに借金返済をしていくことになります。

借金返済が滞ってしまうと自己破産まで考える必要が出てきます。

住宅ローンを巡り、連帯保証人の問題などを含め、とても複雑な問題といえます。

離婚する際に離婚協議書公正証書で取り決めをつくり、返済が滞った場合の対処などを決めておけば、ある程度のリスクは減らすことができます。

住宅ローンもれっきとした借金であり、借金返済はとても大変です。

住宅を買ったタイミング、住宅ローンを組んだ時期、またその時点で夫婦関係がどうだったかも含めて離婚のタイミングよく検討しましょう。

家を買うよりも相当な覚悟が必要になるかと思いますが、どの選択肢がお互いにとってリスクが低いかどうか重要な要素となるでしょう。

共働きで一緒に返済していく方式だった場合などはもっと慎重になるべきで、離婚後、一気に負担が増してしまいます。

離婚はただでさえ時間と労力がかかるものですが、そこにローンが加わると事態はさらに複雑化します。

長い時間をかけて、話し合いを持つことをおすすめします。

離婚すると消費者金融の借金はどうなるの?

作成中

あなたはどのような借金で離婚しましたか?

3076293

独身の頃に作った借金が妻にばれてしまいました。

少しずつ返済はしていたのですが、月々のお小遣いの中から返していくのはかなりつらくて、

妻に相談したところ、多額の借金にショックを受けたようで大泣きされました。

そして、隠し事をするような人とは暮らせないと言われ離婚することになりました。

こんなことなら最初から正直に話しておけば良かったです。

3076294

夫にもともと浪費癖があることは知っていたのですが、まさか借金をしてまでお金を使っていたとは思いもよりませんでした。

原因はパチンコや競馬などのギャンブルだったのですが、もう二度としないと反省していたこともあり

家族で協力して返済していきましたが、完済したあとも懲りることなくギャンブルを続けていたのです。

これで愛想が尽きて離婚することに決めたのです。

3074447

お人好しな旦那は、友人の借金の保証人になってしまいました。

しかし、友人は行方不明

その後、すぐに返済催促の電話が立て続けに鳴るようになり、着拒すると、今度は家に怖い人が来ました。

「旦那が返せないなら奥さんが払えよ。」と脅され、子供の学校にも現れるようになりました。

妻子に危険が及ぶのを避けるため、一時離婚」をすることに決めました。

早くトラブルを解決して、元に戻りたいです。

3076295

事業に失敗して作ってしまった借金返済のために、妻も一緒になって働いてくれましたが、

お嬢様育ちの妻には荷が重かったらしくて、ついに夫婦の間に亀裂が生じてしまいました。

妻を自由にしてあげたくて離婚することにしました。

妻は泣いて謝りましたが、僕の借金のためにこれ以上苦しめるのも嫌で離婚しました。

これですべてを失った気がしました。

旦那には浪費癖があることは結婚前から知っていたのですが、借金をしてまでお金を使っているとは思いませんでした。

それを打ち明けられたときは本当にショックを受けましたが、三人の子供のためにも離婚は避けたかったのです。

返済するために朝から晩まで働き、節約生活を送ってコツコツと返済していきましたが完済まで6年間もかかりました。

結婚して7年目に旦那から借金を抱えていることを打ち明けられました。

原因はギャンブルキャバクラ通いだったのですが、旦那は本当に反省していたので家族で協力しあって返済したのです。

しかし完済したあとも借金をしてギャンブルをしていたことが発覚しました。

私はそんなダメな旦那に愛想が尽きてしまい、離婚を決意したのです。

お金を借りたのがもとで、離婚してしまうケースもあるのをご存知ですか。私の場合がそれでした。

夫はいわゆる借金依存体質のようで、方々からお金を借りまくり、返済できなくなっていました。

無用なトラブルを抱えたくないので、私が少しずつお金を渡していたのですが、それがよくなかったのでしょう。

ついに何百万も借金を背負ったため、諦めがつきました。

無論慰謝料ももらわず、今は一人で仕事をして暮らしています。

数年前に、私の借金返済トラブルで離婚をしました

夫婦には扶養義務がありますので、配偶者の借金はひとごとではありません。

妻は我慢ができなくなったと離婚届をつきつけてきました。

私に落ち度があるのは明らかでしたので、おとなしくサインをしました。

子供がいなかったのが幸いだったかもしれません。

分与する財産もなく、元妻には迷惑をかけたと反省しています。

自分にコンプレックスを持っていたためエステに通ったり、高級な化粧品を借金をしてまで購入していました。

数ヶ月後には大きな借金となり、ひとりでは抱えきれなかったので旦那が激怒することを承知で相談したのです。

けれど旦那は返済に協力してくれず、数日後には離婚しようという結果になりました。

バカなことをしたと今でも反省しています。

借金を返済しようとして他から借りて、かえって借金まみれになってしまいました。

雪だるま式に増えてしまったというやつです。

マジメに一緒に返済してくれようとしていた妻も、私の馬鹿さ加減に呆れてしまい、ついには離婚することになってしまいました。

すごく良くしてもらったのに、幸せにしてあげることができなくて、すごく後悔しています。

 

離婚による借金返済方法

3074422 (2)

離婚をして、借金ができました。

家を出てひとり暮らしを始めたのですが、その家を用意するために、敷金や礼金を支払わなければなりませんでした。

体1つで家を出たので、家具や家電も揃えなくてはならなくて、かなりのお金が必要でした。

毎月返済していこうと思いましたが、利息をはらうのがもったいなくて、実家の親にお金を借りました。

3073107

離婚で借金をしました。

夫と別れて暮らすことになったので、家を引き払って新しい家を見つけました。

引っ越し費用や敷金や礼金も必要だったので、貯金だけでは賄うことができなくて借金をしました。

返済するのに時間がかかりそうだったんで、ひとまず実家の両親に相談をしてお金を立て替えてもらいました。

今は少しずつですがお金を返しています。

私が夫を裏切って離婚してしまいましたので慰謝料を支払うことになってしまいました。

幸い子供はいなかったので養育費は発生しないのですが、100%自分に非がある不倫でしたので慰謝料は500万円

貯金を全額引き出しても足りずに結局300万円を借金して支払いました。

今は別の会社で働きながら、月に3万円ずつローン会社に返済しています。

自分が悪いとはいえ生活が苦しく、本当に馬鹿なことをしたと身にしみています。

3068751

離婚して新しい生活を始めるにあたって借金をしました。

引越し代や新しく家を借りるのに敷金や礼金が必要だったのです。

お金がないからといって、いつまでも元夫と暮らしていくわけにもいかないので仕方がありませんでした。

離婚を機に私も社会復帰して仕事を始めたので、給料の中から少しずつですが返済に回そうと思っています。

3066346

離婚の際に借金をすることになってしまいました。

引っ越しのためです。

慰謝料もなく、すぐに家を出ていかなくてはならなかったので、引っ越し代を友人に借金をしました。

仕事はしていましたが引っ越しで家具も家電も何も持っておらず全部買わなくてはならず

お金が全然たりなかったので、返済のためにキャバクラでアルバイトをしました。

それでなんとかなりました。

3073108

急に離婚をしたので、時間がなくお金もないのに家を出なくてはなりませんでした。

派遣社員で働いていましたが貯金がほとんどなく、友人に借金をして引っ越しをしました。

その友人は、引っ越し先は仮の住まいだから、生活が落ち着いてまた引っ越す時に

敷金が返ってくるはずだからそこから返してくれればよいと言ってくれました。

そのため、その通り2年後の転居の際に一括で返済しました。

3067763

一文無しの夫が全く働かなくなってからというもの、生活は非常に苦しい状態へと転げ落ちていきました。

日雇いのアルバイトぐらいはしてほしいのですが、尻を叩いてもその気がないので諦めて離婚をしたのですよね。

その後、シングルマザーとして働いていますが、借金を抱える羽目になってしまいました。

働きながら返済をしていますが、相変わらず苦しい状態です。

3076237

結婚して8年でしたがなかなか子供ができず、僕は愛人との間に子供を作ってしまったのです。

妻とは離婚するかわりに慰謝料を支払ったのですが、貯金もなかったこともあり借金をして工面しました。

しかし自分の給料だけでは返済することが難しいと思い、債務整理の手続きをしました。

借金は今も返済し続けていますが、あと2年はかかりそうです。

3073109

 

離婚が原因で借金をすることになりました。

僕の浮気が原因だったので、元妻に対して慰謝料を支払わなければなりませんでした。

お金はなかったけれど、払わないで済ませるわけにもいかず、借金をしてお金を用意しました。

子供がいなかったので養育費は必要ありませんでしたから、毎月の給料の中から少しずつ返済していきました。

 離婚に至ったのは僕の浮気癖が原因だったのですが、離婚する際に前の妻から慰謝料を請求されました。

当然の事だと思っていたので支払いには同意しましたが、貯金もほとんどなかったので借金をして慰謝料を払ったのです。

しかし、どう頑張っても完済するのは難しく、最後の手段として債務整理の手続きを取ったのです。

おかげで負担なく返済はできていますが、あと二年はかかりそうです。

 

まじめな夫の突然の借金と別居、そして離婚(体験談)

普段からクレジットカードもあまり使わず、借金というものには無縁だった夫でしたが、ある時派手な夫婦喧嘩をやってしまってむしゃくしゃしていたのでしょう。

突然消費者金融で50万円のお金を借りてしまい、それをギャンブルに使ってしまったことがあります。

そこそこの蓄えがありましたので、最初は完済できてやれやれと思いました。

しかしそれに味を占めたのでしょう、それから何かといえば借金を作るようになりました。

まじめな夫の突然の借金と別居、そして離婚02

しかも、将来的に家を増築するための貯金まで下ろしてしまい、それでアパートを借りて、機嫌が悪いとそこに出かけて、何週間も帰らなくなってしまいました。

元々、夫の借金のきっかけとなった夫婦喧嘩の発端は私にありますので、私もいくらかの責任は感じていましたが、

いくら何でも黙って家を出て行くのはひどいと思い、あちこちで相談をしたりもしました。

そのうちに会社も欠勤するようになったようで、私の所に会社から電話が来て、今日はお休みですかと訊かれるようになりましたが、

私も事情を知らないので、何とも答えようがありませんでした。

夫の実家にも相談して、今度家に帰って来たら話をしてみようと言ってくれました。

しかしそういう時に限って、何か月も帰って来ません。

向こうでの生活はどうしているのかと思いました。

遊びに来た実家の母も、夫が不在のため不思議そうな表情をしているので、出張なのだとごまかしておきました。

そんなこんなで3か月近く経った時、急に夫から連絡がありました。

あなたのお父さんとお母さんも心配しているから帰って来てと頼みましたが、その次に出て来た夫の言葉は驚くべきものでした。

金を100万円用意できないかと言うのです。

驚いて二の句が継げない私に、夫は借金だらけでどうしようもできないと言いました。

仕事はどうしているのと訊いた私に、以前の会社は辞めて、他の仕事をしていると答え、そこの収入ではとても完済できないらしいのです。

自分名義の定期預金がそのくらいあるから、それを崩すように言って、その後夫は一旦家に帰って来ました。

 

しかしその時の夫は、以前のきちんとスーツを着たサラリーマンとは似ても似つかぬ姿で、しみのついた普段着にはほころびがいくつかありました。

委任状がないと、私が夫名義の預金を引き出すことはできないと言ったので、夫はその足で印鑑と通帳を持って銀行に行きました。

その間に私は夫の両親に電話し、帰宅している旨を伝えたところ、すぐにこちらに来るように言われました。

夫の実家は車で2時間程度の所でしたので、預金を引き出して来た夫を説得して、車に飛び乗りました。

夫は、実家で義父から散々に説教をされました。

私たちには中学生の娘もいますし、すぐ家に戻ってまじめに働くように義父は諭しましたが、驚くべきことに、夫はその場で離婚を切り出しました。

何でも、向こうのアパートで、昔付き合っていた女性と何度か会ったらしいのです。

今の仕事もその女性の伝手によるものでした。

私と夫は見合い結婚で、そこそこうまく行っていただけに、このようなことを言われてショックでした。

涙がぽろぽろ出て来て、義母は私を慰めてくれましたが、夫は別れるの一点張りでした。

義父はそこで、借金をまず清算するように言い、夫はアパートを解約して、仕事に行くかたわら財産の分与を行い、またどうにか借金を返済して行きました。

その後家庭裁判所で調停を行い、私たちは正式に離婚しました。

娘は私が引き取ることにして、慰謝料も決まり、夫はその女性の地元で暮らすことになりました。

夫と最後に交わした会話は、新しい奥さんを借金で苦しめないようにというもので、夫も黙ってうなずいていました。

今、私は娘と2人で夫が残してくれた家に住み、内職の仕事をしながら過ごしています。

借金が主な理由で離婚に至りました(体験談)

私が借金を背負うようになってしまったのは、一言でいえば別れた旦那のせいです。

私は子供のころから貯金が趣味のような性格で、お金に関しては非常に細かく、自分の収入以上の買い物をするという行為は、あり得ないことでした。

そんな私が出会った相手は、全く逆の、お金には頓着のない、ざるのような金銭感覚を持つ男で、自分自身に使うだけでなく、夫婦になっても私や私たちの子供、

そして私の親兄弟にまでお金を使うような、気前の良い旦那でした。

実家も小金持ちだったこともあり、金銭に対する教育はそれほど受けず、甘やかされて育ってきた旦那は、

自分で起こした事業もそれなりに順調だったので、世間のバブル期はとうに終わっていたにもかかわらず、私たち家族は本当にバブリーな生活を送っていました。

借金が主な理由で離婚に至りました

しかしやはり、どれだけ収入が多くても、稼ぐ以上のお金を使っていては、家計のバランスが保てるはずもなく、

そのうち事業が傾き始めたのをきっかけに、どんどんお金が不足するようになってしまいました。

しかし、この状況から彼が行ったのは、生活を見直すことではなく、借金をして生活を維持させることで、実家の母親からどんどんお金を引きだすだけではなく、

私が結婚前から持っていたクレジットカードを使って、キャッシングやカードローンをしまくるという対処法で、

まさに自転車操業でお金をまわす日々が始まりました。

今まで私にプレゼントをしてきた貴金属や車を次々と質屋にいれ、返済に回してきましたが、そんなことで間に合うはずがありません。

 

今思えば彼の買い物の目的は、困った時により多くのお金を貸してもらえるであろうデザインを基準に選んでいたふしもあり、

それが全く見抜けなかった私のバカさ加減にも、離婚後しばらく経って気づかされました。

結婚後には、夫が作るクレジットカードの家族カードを持つなどしていたので、私名義のクレジットカードは十枚ほどあり、

また旦那が買う高級車の契約時の連帯保証人にもなっていたりで、主人だけではなく私名義の借金も膨れ上がり、毎日のように取り立ての電話が鳴り、

督促状が山のように届けられる日々が続いていたので、このころからお金をめぐって罵倒し合う激しい喧嘩も増えていました。

最終的には、住んでいたマンションの家賃が払えないということで、私たち親子だけではなく自分まで私の実家に転がり込む始末で、

そのころにはもう私もパートなどを掛け持ちするようになっていたので、それでも変わらない旦那に嫌気がさし離婚を決意しました。

話し合いでは決着がつかなかったので調停に持ち込み、養育費なしで私名義の借金をきちんと返済する旨の約束を公正証書にまで残しましたが、

一度返済があっただけで行方知れずになり、結局多額の借金を押し付けられた形になってしまったのです。

これだけの返済は、とても自分では行えないし、彼のようにキャッシングで回し雪だるま式に膨れ上がらすなど考えられなかったので、

弁護士事務所に相談に行き債務整理を行うことにしました。

任意整理を行うに当たっては、親に再び頭を下げてまとまったお金を用立ててもらい、

とりあえずは取り立ての日々から抜け出せたので、精神的なストレスからは解放されました。

そこから朝から晩までがむしゃらに働き、実家に子供ともども置いてもらえていたので、

約三年で親に借りた三百万を返し、ようやく借金なしのまともな生活が営めるようになりました。

私の場合は、協力してくれた実家があったから、路頭に迷うことなく子供と生きてこられましたが、

頼る場所がなかったならばどうなっていたかわかりません。

任意整理を行い五年たったころには、クレジットカードも作れるようになり、今は子供と三人で暮らせるようになっています。

弟のお嫁さんが借金をつくり離婚になりました。(体験談)

3歳年下の弟が会社勤めをしていましたが、そこに6歳年下の女性が入社してきました。

弟が教育係を勤め仕事を教えていました。

その為仲が良くなり交際する事になり、1年の交際期間を経て結婚をしました。

義理の妹は少し派手目でしたが、反対する理由もないので結婚を祝福しました。

義理の妹は会社員を辞めて専業主婦になりました。

なぜ辞めるのか?少し不思議でした、共働きでも良いと私は思っていましたが、義理の妹の希望との事でした。

弟のお嫁さんが借金をつくり離婚になりました。02

その後あまり付き合いはありませんでしたが、母から「お嫁さんが「息子のお給料が安い、安い」と言われている」と聞きました。

同じ会社だったので収入については知っていると思っていたので不思議な感じがしました。

その後、義理の妹に何度か会いましたがいつもブランド品を身に着け、持ち歩いていたので違和感がありました。

弟のお給料では少し贅沢ではないか?と思いましたが、弟が許しているならいいと考えていました。

しばらくして母から弟から「お金を貸して欲しい」と言われたと言ってきました。

理由を聞くとお給料が下がり生活費に困ってると言われたようです。

母は生活費として5万円貸したようですが、お給料が出ていも返済がなかったようです。

その後も何度か「生活費のむしん」があったと聞きました。

弟に一言、言わないといけないと考えている時に弟から「お金を貸して欲しい」と借金の申し入れがありました。

母からも聞いていたので「何があったのか?」と尋ねると最初は「会社の業績不振でお給料が下がってしまったから」と言っていましたが、

私が「奥さんにも働いてもらったら?」と言うと言葉を濁してきたのでピンときて

「奥さんが散財しているんじゃないの?」と聞くと困った様子でしたが「そうだ」と言われました。

弟のお嫁さんが借金をつくり離婚になりました。03

義理の妹はブランド品好きで生活費までブランド品につぎ込んでしまったようです。

借金の総額を聞くと「250万円程ある」との事でした。

これではいくら生活費を渡しても「焼け石に水」と思ったので両親と私と弟夫婦で話し合いを持ちました。

義理の妹は謝罪と借金返済を自分の両親に頼む事を言ってきたのでその場は落ち着きました。

義理の妹は自分の両親に借金の肩代わりをしてもらい、返済の為に働くようになりました。

「これで安心」と一時期は落ち着いていましたが、残念ながら義理の妹のブランド品の購入は

止められなかった様で隠れて買いあさり、また借金を作ってしまいました。

弟が気が付いた時には消費者金融数社から総額200万円になっていました。

 

今度は義理の妹の両親も交えて相談をしましたが、義理の妹の両親も「これ以上は払えない」との事で義理の妹には破産してもらう事にしました。

弟は愛情も冷めたようで「これ以上借金に悩みたくない、離婚したい」との事でまた、話し合いをしました。

義理の妹は「離婚だけは許してほしい」と泣いて懇願し、義理の妹の両親も「離婚しないで欲しい」と言っていましたが、

弟の気持ちは「離婚一本」で決められていたので、私と両親は弟の考えを支持しました。

義理の妹と両親は「説得して欲しい」と頼みにきましたが私も両親も「説得は無理」とお引き取り頂きました。

離婚については義理の妹が原因なので慰謝料なしで話が進み、弟は離婚しました。

その後も義理の妹から弟に復縁の話や、お金についての相談があったそうなので、また借金をしているようです。

一応、元義理の妹は仕事をし始めたようですが、借金は減ってい様です。

今は弟にも接触がなくなりどうなったかはわかりませんが、これ以上関わりたくないと思っています。

弟は一生懸命に働いて両親に借りていたお金を返しているので少し安心していますが、

変な女には引っかからない様にして欲しいと思っています。

随分と面倒な事に巻き込まれたと思っています。

内緒の借金で離婚にまでなった生田さん(仮名)

パートで一緒に働いていた生田さん(仮名)は、大のパチンコ好きでした。

勝った話は聞くものの、負けた話は全くしません。毎日パートの帰りにパチンコに行っているにもかかわらず、勝った話は週に2回程度。

ということは、そのほかの日は負けているのでしょう。

冷静に話を聞いているこっちとしてはそのおかしさに当然気が付いているのですが、だからといってそれを指摘するほど深い仲でもありません。

人のことには口出ししない方がマシです。

とくに女性が多い職場だと、余計なことを言えばトラブルに発展してしまうものです。

そんなある日、他のパート仲間から、「生田さんにお金を貸したけど、全然返してくれない」といった話を聞くようになりました。

一人二人ではありません。同じシフトの人は、ほとんど貸していたのではないでしょうか。

私にはその話がありませんでしたので「なんでだろう」と不思議ではありました。

「私にはそう言ってこないよ」というと「ケチそうに見えるんじゃない?」とか「説教されそうな気がしたんじゃない?」

と言われ、それはそれで気分が良いものではありませんでした。

内緒の借金で離婚にまでなった生田さん(仮名)02

しかしそんな私にも、とうとう生田さんから借金の申し入れがありました。

他の人には全て借りてしまったので、とうとう私に言うしかなくなったのかもしれません。

1万円貸してくれと言うことでしたが、うちだって楽ではありません。

断りました。

生田さんは私を罵って、あることないことを噂するようになりましたが、それも仕方ありません。

それからしばらくして、生田さんあてに電話が会社に頻繁に入るようになりました。

私もその電話を受けたことがありますが、それは穏やかな物言いの電話でした。

生田さんに取り次いでからの生田さんの対応で、「借金の取り立てなのだな」と言うことがわかりました。

ただ正規の業者なのだろうということも、おおよそ予想が付きました。

それからしばらくして、今度は激しい口調の電話がひっきりなしに生田さんに入るようになりました。

しかも電話で対応した赤の他人に、生田さんが全く借金を返済しないこと、生田さんが支払うまでずっと

会社に電話し続けることなど、まるで恫喝するような口調でまくし立てる電話です。

これには会社の人たちも辟易してしまいました。

上司は「お前が払え!」まで言われたようです。

とうとう生田さんに事情を訊くことになり、生田さんが消費者金融から140万円の借金がある事、今電話がかかっているのは違法の貸金業者からであることが明らかになりました。

上司もひっきりなしにかかってくる電話がストレスだったのでしょう。

人前で事情を訊くことはしないなどの配慮はできていませんでしたので、会社中に知れ渡ることになってしまいました。

会社にも過大な迷惑がかかっているのですから、上司は生田さんのご主人に事情を話すことにしました。

生田さんは泣いて「それだけはやめてほしい」と言いましたが、他の同僚からも借金していることなどもあって、

「話さないわけにはいかない」と言うところまでになってしまったわけです。

それができれば、解雇することもしないといった話であったろうと記憶しています。

 

生田さんはそれから会社を無断欠勤するようになりました。

ここからはさすがに人前で話などはしないのですが、どこからか話は耳に入ります。

御主人は違法業者には弁護士の相談の上で対応し、一応の解決したとのこと。

同僚からの借金も、上司立会いの下でご主人が返済したようです。

しかし正規業者からの借金については、会社などに迷惑をかけるものではなく、ご主人にも関係がありません。

違法業者からの取り立ては、ご主人の会社にも入っていたようで、解決せざる得なかったのですが、正規の借金は解決する義務もありません。

御主人は生田さんに債務問題の解決のための弁護士費用は渡した上で、離婚したとのことでした。

無断欠勤のまま消えた生田さんでしたが、先日パチンコ屋さんに入る姿を見ました。

ギャンブルは恐ろしいものです。

離婚問題で借金をつくる

今、彼を結婚できてとても幸せです。

私は独身だったのですが、職場の同僚だった彼は7つ年上であり、同級生だった妻と子どもが一人いました。

彼の仕事に対する姿勢などを間近で見ていて、とても惹かれるものがありました。

仕事上のかかわりのほかに会社の飲み会などでお近づきになる機会があって、初めは素敵な同僚という印象だったのですが、

お酒の場を重ねるごとに親しくなっていきました。

もちろん、奥様やお子さんがいることも知っていたので、距離をほどよくとっていたのですが、

半年くらい経ったころにお互いの気持ちが高まり、男女の仲になったのです。

 

離婚問題で借金をつくる00彼との関係は、とても自然な流れであり、彼も私のことを、私も彼のことを真剣に考えているということを感じていました。

何度、彼が独り身だったらいいのにと思ったが、数え切れません。

そして彼も妻子と別れて私と新たな生活をしたいということを言ってくれていました。

彼の言葉を信じて、いつか公にできるだろうという気持ちがあったのです。

私たちのはとても強かったのです。

 

815cb976f5cbb410150470c6c5a9b7d8_s私たちの仲も彼の奥様にわかってしまいました。

奥様を傷つけたのはとても悪いとは思っていたのですが、仕方がないことでした。

彼と私は正直に奥様に話すことを決意しました。

奥様は気持ちが戻らないことがわかっていたのか、離婚をすることに意外に素直に応じてくれました。

しかし、問題があったのです。

それは慰謝料と養育費のことです。

彼は子どもの親権も奥様がとることを了解したので、協議で済ませることができたのです。

もちろん、弁護士には相談をしました。

ただ、慰謝料と養育費はかなり厳しい条件になりました。

それは奥様が専業主婦だったからです。

別れるための条件として、慰謝料は200万円という金額、そして養育費は一括で4歳の子どもが20歳になるまでと考えて、

毎月5万円を12ヶ月、そして16年間ということで1000万円を支払うという内容になったのです。

全部で1200万円だったのです。

 

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s
1000万円という金額はとても私たちにはすぐに支払える金額ではありませんでした。

当時私は28歳、彼は35歳、両方の貯金などを合わせてもやっとの思いで800万円を捻出できたという感じだったのです。

残りの400万円をどうするのかと二人で考えたときに、借金をすると決意をしたのです。

ただ、金利などの問題もあったりするので、やはり経営が堅い銀行などで借りようという話になったのです。

もちろん、こういった形で一緒になるということでお互いの実家の親はいい顔はしませんでした。

ですから、経済的に頼ることもできず、結果的には用途自由のローンを銀行で組んだのです。

借金の金額は彼が300万円、私が100万円でした。

不貞行為をしていた私にも責任があり、奥様にも悪いという気持ちがあったからです。

幸い彼も私も正社員として仕事をしていて、一緒になるのを機に配置換えをしてもらい、

職場としては異動をすることにはなったのですが、

毎日の生活は共にすることができるようになりました。

 

6c700525a4b64c948c1f5906ca196fbc_s
借金はあっても彼の要る生活は本当に幸せです。

一方で不幸になってしまった奥様とお子さんには悪いという気持ちもあるのですが、

お金で解決する形で私たちの気持ちを伝えることにしたのです。

それが3年前のことです。
銀行でつくった借金は順調に返済できており、私の100万円は3万円ずつの返済ですでに終了しました。

そして彼の300万円は6万円ずつの返済をしているので、あと1年ちょっとで終わる予定です。

借金が残っていてお金はない生活ですが、愛がある生活で満足しています。

来年は借金が完済できそうですし、もう一人家族が増える予定です。

もう不倫カップルなどとは言わせません。

離婚をするために借金をする

最近は日本の社会においても離婚率が上昇しています。

バツイチ、バツ二という状況が当たり前になっている世の中です。

以前のように世間体を気にしなくても生きていけるようになったのは、

女性が社会に進出をして経済力を持つようになったことも影響していることでしょう。

これは私の別れた夫の話です。

離婚したのは15年前のことで、当時子供も5歳でした。

ですから、その娘も間もなく成人式を迎えます。

夫は会社員で勤めていた職場の女性と関係を持つようになりました。

いつもと違った様子に怪しいと感じながらも生活を続けていました。

夜帰るのも遅くなったり、飲み会などと理由をつけては深夜に帰宅をしたり、休日といっても外出をするようになっていました。

また、子供も小さかったので、夜の生活も程遠いものになっており、私たち夫婦の絆は弱くなりつつありました。

それでも娘のために我慢しようと努力をしました。

しかし、状況は悪化する一方で帰宅するのも朝になることもありました。

そんなある時、携帯電話をそっと見てみると、女性とのメールのやり取りの一部始終が判明しました。

とても辛い気持ちになりました。

またその相手のために浪費をするようにもなり、このまま継続できないという判断になったのです。

相手の親とも話をしたりしたのですが、状況は変わらず、結果的には協議ができない状況になりました。

そこで調停をすることになったのです。

彼の気持ちが変わらない、私に戻らないこともわかり、離婚するという気持ちになりました。

この決意は固く、調停委員の人なども入れて話を進めたのですが、離婚の方向で話をしました。

離婚理由としては、相手の不貞行為になるので、それも踏まえて慰謝料を200万円、

養育費を3万円ずつという形で4回目の調停で離婚が成立することになりました。

幸い私も仕事を持っていたので、その程度で妥協をして、速やかに新生活をしたいという気持ちがあったのです。

財産分与も行い、彼にも支払うだけの慰謝料の金額が手元にあったはずですが、相手との生活のために残しておきたかったのでしょう。

まずは120万円を支払ってもらい、その後2万円ずつで約3年慰謝料を分割で借金の返済のように払うという約束になりました。

慰謝料を借金のような形で支払うようにしてもらったのです。

やはり不貞行為の代償は大きいもので、200万円もの慰謝料で、一部借金のような状態で支払いが続きました。

彼はその後相手との生活がどうなったのかは聞いていませんが、しっかりと慰謝料を支払い、

毎月の養育費も欠かすことなく支払っていたのは、唯一よかったことです。

私はそのあと子供もいたのですが、幸せに再婚をすることができて、今の生活になっています。

分割で借金返済のような慰謝料も完全に支払ってもらうこともできて、再婚を機に養育費の支払いもストップにしました。

人生というのは何が起こるのかもわかりません。

離婚をするために借金のような形でお金の支払いを約束することになる場合もあるのです。

しかし、常に前向きに明るく生活していければ、楽しい毎日も待っているものです。

浮気、借金、離婚とトラブル続きの知り合いの話

私の両親が仲人をした知り合いの若夫婦の話です。

祖父母同士が仲の良いご家族がいて、そこの孫息子が結婚する際に私の両親が仲人をすることになった間柄でした。

若夫婦には息子が二人いました。

弟の方が事故で亡くなってから家庭崩壊が表面化したようです。

離婚の話し合いをするために、親子で数回我が家に来ていました。

浮気、借金、離婚とトラブル続きの知り合いの話02
夕食後から夜間になることが多く、眠くなってしまうので子どもだけでも入浴させました。

すると、何日も入浴していなかったのか、子どもが手をついたところが黒く汚れ、

体を流しただけで湯船に入れてしまうとお風呂のお湯が泥水のように濁りました。

母が慌てて湯船のお湯を入れ替えていたのを覚えています。

もともと、若夫婦の奥さんはスナックで働いていて、旦那さんはそのお店のお客さんでした。

旦那さんと結婚する前から浮気相手がいて、一人目の息子は旦那さんではなく浮気相手の子どもだったのです。

そのことは、出産した時に血液型が明らかに違っていたため、産院の先生から直接旦那さんに伝えられたそうです。

それでもお腹にいる時から自分の子だと思って準備をしてきたのだからと旦那さんは良いお父さんであり続けました。

二人目で旦那さんの実の子が産まれましたが、兄弟に差をつけることなく可愛がっていたことは周知の事実でした。

しかし、その二人目の子が亡くなると、悲しみを紛らわすために奥さんがまた浮気を始めました。

外食代やホテル代を払うために金融業者から奥さんの名義で借金をしますが、浮気相手の男性に逃げられ借金だけが残りました。

督促の電話だけでなく、書面の郵送も届き、旦那さんの職場にまで電話がかかってきたことで、借金だけでなく浮気も発覚し、離婚の話し合いになったようです。

私の両親も仲人を受けた手前、お互いの話を聞いたり、子どものためにやり直す方法はないのかと説得したりしていましたが、

何か気持ちが不安定になると浮気に走り借金を重ねる奥さんに愛想をつかし、旦那さんの気持ちは戻りませんでした。

どうやら浮気はその一回だけではなかったようで、旦那さんにバレてもうしないと約束した後だったようです。

さらに、浮気でかかるお金は奥さんに支払わせるような相手ばかりで、少しずつ借金の金額が増えていったらしいです。

利息がついて借金が100万円弱程あったことと、奥さんが育児放棄する可能性があったため、

夫婦間だけでは解決できず、お互いの両親も交えての離婚協議に入りました。

奥さんは専業主婦で収入が無いので、借金返済は旦那さんが手切れ金代わりに返済しました。

奥さんの浮気や借金が招いたことと、息子も実の子どもではないので養育費の支払いは無しで決着したそうです。

奥さんも旦那さんもそれぞれの実家に帰り、息子は奥さんが引き取ることになりました。

実際には奥さんの両親が面倒を見ることを約束して納まったようです。

離婚成立後、旦那さんも私の両親も奥さんとは連絡を取っていません。

借金が元で離婚となった姉は

実際に借金をした人は義兄だったのですが、結果的には姉にも被害が及んできました。

結婚当初はきちんとした一部上場会社に勤めているということもあり、両親も安定した生活が送れることと思って喜んでいました。

それが、その頃から既に借金をサラ金からしていたことは後で姉も分かったらしいですが、

当時は全く借金と言うことは私たち姉妹には生活に関係が無かったこともあり、

義兄がしている会社が終わってからしている生活を疑ったことはなかったと言っていました。

借金が元で離婚となった姉は02

でも、実は社内預金をするからと言ってかなりの金額は手元には来なかったにも関わらず、

それも不足だったらしく借金を重ねていたらしいのです。

それが分かった時は、随分時間が経った時ですが、お金に要り用ができて、姉が社内預金をしているそこから幾らか下ろして欲しいと頼んだのです。

すると、義兄が実は言っていなかったけれど実兄、それは姉から見て義理となるお兄さんです、

から依頼されたから社内預金分を貸したと言ったらしいのです。

そう聞いた時に姉は離れてくらしている義兄のお兄さんの所に連絡をしたのです。

今、こちらで経済的に要り用ができたのでよかったら返してもらえないだろうか、と、そしたら離れて暮らす義兄である、

お兄さんは、お金なんて借りていない、むしろ貸しているという事を聞いたと言うのです。

それからは大きな騒ぎとなり始めました。

最初は義兄は何も認めず、今度は言うに困ったのか会社で付き合いがある人から頼まれて貸したと言い張ったとの事でした。

姉はそれじゃあ、その人に聞いてみるから誰なのかと詰め寄ったのでした。

それは嘘だったので、誰なのかを言えるはずもありませんでした。

社会的に認められていた会社に勤めていたこともあり、姉は義兄が自分の給料から社内預金をしている

とばかり思っていて自分で数字を見てはいませんでしたが、

毎月とボーナス時期にはかなりのものを預けていたと思っていたのでした。

実際、後で分かったことはある時期までは本当に社内預金をしていたのだそうです。

会社の経理の人があまりにも残高を減らすような行動をとるのを不思議に思っていたと、

姉はずっと後になって聞いたと言っていました。

実は、姉も同じ会社で働いていて職場結婚だったのです。

それなので、他の人たちともある程度、交流はあったのですが、家族内のことだろうと特に何も思わなかったということを聞かされたと姉は言っていました。

それから、どのくらいの借金があるのか、姉や義兄の両親なども集まって話し合いが行われました。

するとサラ金何社からも借りていて義兄の両親が数百万円という大きな支払いをしてくれたのでした。

姉は子供が1人いましたが、お金でトラブルを持つ人は気持ちを入れ替えたからと謝ってもそれは一時的なことだと、

私たち両親の言葉もあり、離婚をしたのです。幸い、姉が借金の保証人になっていなかったことが良かった事でした。

それから姪も今は大学生となり姉も今はすっかり落ち着いています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.