体験談

大学のサークル活動の旅行で借金をして

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私は、大学生の頃飲食店でアルバイトをしておりました。

両親からも仕送りはしてもらっておりましたが、アルバイトをしないと、サークル活動などの集まりに参加したりすることができないため、一生懸命アルバイトをしておりました。

アルバイトで稼いだお金はほとんどがサークル活動の集まりでなくなってしまうため、自分で遊ぶお金はほとんどないため、消費者金融から借金もしておりました。

毎月それほど高い金額は利用しておりませんでしたが、サークルで旅行に行くことになり、親に仕送りの増額を頼んだのですが、認めてもらえませんでした。

そこで、消費者金融からいつもよりも多く借金をしました。

来月の支払いが少し心配だったものの、旅行にはどうしても行きたいという気持ちには勝つことができませんでした。

Time to explore the world, house and the city top view from the airplane at day time

 

借金をしたお金を旅行資金として使い、台湾に行きましたがとても楽しい思いをして帰ってきました。

今まで日本を出たことがなかったため、日本とは違う文化に触れることができ、とても貴重な体験をすることができました。

日本に帰ってきてからが大変でした。

借金の支払いが以前よりも高く、支払うために、別な消費者金融から借金をしました。

そのときは、少し位すぐに返すことができると思っておりました。

しかし、思いとは裏腹に生活はどんどん苦しくなっていきました。

アルバイトをする時間を増やしたりもしたのですが、旅行で使った金額がかなり大きかったため、返済することが大変になってしまいました。

Cutting telephone cord isolated on a white background

借金の悪循環で、どんどん増えていってしまい、とうとう借金を返済することができなくなってしまい催促の電話や、手紙が来るようになってしまいました。

督促状など、結構高額な金額を請求されて、返済が難しいため、以前からテレビコマーシャルなどでよくやっている弁護士事務所に相談することにしました。

親に相談すると、旅行は親に反対されていたため、一人暮らしをすることに対してもかなり反対していたため、今回の件で一人暮らしをすることすら許してもらえなくなってしまうと思ったので、親に相談することはどうしてもできませんでした。

弁護士に相談すると、自己破産を勧められました。

自己破産なんてするのは大げさなような気もしたのですが、親に知られてしまうと、一人暮らしをすることができなくなってしまうし、アルバイトということで、お金を返済していくのが大変だと思ったので、とにかく自己破産をすることにしました。

自己破産をすると、不利になるようなことが多いようなことをいわれていたので、少しそのことについて気になっていたのですが、思っていた自己破産のイメージと違い、思ったよりも簡単にすることができて、しかも、何か生活で困ってしまうことはないかといわれると、とりあえずお金を借りることができないということだけでした。

大学でのサークル活動でも、無理をしないようにして、なるべくアルバイトで稼ぐ範囲内で参加するように勤めました。

サークル活動で参加できないイベントもありましたが、いろいろとたのしかった大学生活も終わり、その後無事に大学を卒業することができました。

Young business man using laptop and look to blue sky and cloud with cityscape in the background, business and cloud computing concept

大学を卒業してから、大手企業に就職することができました。

会社の待遇なども別に自己破産をしたからといって変わることもなく、今のところ、生活で自己破産をして困ったことはありません。

自己破産をしてから、もうすぐ10年になるため、また新たに借金をすることができるようにはなりますが、そうなったらローンを組んだりするときくらいに借金をするぐらいに留めて置こうと考えております。

一回お金に困ったことで、お金の大切さがかなりわかったような気がするので、お金は大切にしたいです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.