体験談

勤めていた会社が倒産し借金を抱えてしまい

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私は、以前は外資系企業に勤めておりましたが、倒産してしまい、給料もなくなり、失業保険を頼りに暮らすことになりました。

倒産だったため、退職金もほとんど出ず、失業保険も、以前の給料よりも少ないため、親子3人で生活していくのにかなり厳しい状態になってしまいました。

また、住民税の支払や、その他諸経費、ローンなどの返済など、お金に関する困ったことがかなり出てきました。

妻にも、生活費の切りつめなど頑張ってもらいましたが、以前の生活からランクを下げるのは容易ではありません。

勤めていた会社が倒産し借金を抱えてしまい02

とりあえず、食費を切り詰めることから始め、次に光熱費などの節約なども積極的に行ったのですが、そのほかの支払については借金に頼るしかありませんでした。

友人からもいくらか借金をしましたが、失業する前に契約していたキャッシングなどもフル活用しておりました。

とにかく次の仕事が見つかるまでは何とかしなければいけないため、生きるための資金調達はかなり必死にやっておりました。

ハローワークに通い、新しい仕事を早く見つけなければいけないので、できるだけ多くの求人に応募しました。

失業したのが6月ということもあってか、なかなか新しい就職先に巡り合うことができませんでした。

会社が倒産して、就職もできずに2カ月が経とうとしていたころ、とうとうキャッシングが利用できなくなってしまいました。

住宅ローンなどの支払いに充てたらかなりの金額を借りることになるため、キャッシングだけでは限界がありました。

妻にもパートに出てもらうなりして、頑張ってもらって、妻の名義でクレジットカードを作ってもらったりもして、

何とか生活できるようにしようと思っていたのですが、なかなかうまくいきません。

就職してから一度もこのような体験をしたことがなかったため、とても苦しい生活を送っておりました。

子供の誕生日も満足にしてあげることができなかったので、子供にもつらい思いをさせてしまいました。

 

借金を返すのに借金をするようになり、謝金の借入先も、闇金みたいなところからしか借りることができなくなっておりました。

あきらめずに就職活動をし続けてきたのですが、なかなか雇ってくれるところはなく、かなり苦悩しておりました。

しかし、失業してから半年経った頃、以前働いていた会社の同僚から連絡があり、話をしたところ、

彼が働いている外資系の企業で人材を募集しているからということで、上司に話を付けてくれることになりました。

 

私は、彼が話を付けてくれた会社で面接をし、めでたく就職をすることができました。

ただ、いままでしてきた借金はかなり残っているので、返していくのはかなり大変です。

借金の返済の催促の電話がくるのですが、生活費を支払うだけで精一杯だったため借金の返済にまで今の生活ではお金を回すことができませんでした。

友人jから借りたお金の返済もしなければいけないので、借金の問題はまだ大きく、以前の生活に戻ることはできませんでした。

そこで、弁護士に相談しました。

自己破産をすると家がなくなってしまい大変なので、弁護士に相談した末に、住宅ローン以外の借金を整理することができる個人再生の手続きをしてもらうことになりました。

個人再生なら家は残すことができるため、家を手放すことになるかもしれないと妻には言っていたため、家を手放さなくてよいと知った妻はかなり喜んでおりました。

友人に借りたお金はしっかりと返済し、個人再生の支払も近々終わりを迎えます。

借金のことで色々周りに迷惑を掛けたりもしましたが、

普通に生活することができるということがこんなにも幸せなのだということを知ることができました。

もう妻にも子供にもこういった苦労を掛けさせないためにも頑張っていくつもりです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.