体験談

働くことで借金を返済する

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

お金というのは大切なものです。食べるものや着るもの、そして住まいに関するものまでお金がないと用意することができないからです。お金がないと、生活をしていくのが大変になってしまいますし、家族みんなで困ってしまうこともあるでしょう。ですから、毎日しっかりと働き、収入を得ることが大切になります。
しかし、働いてもその人たちの生活レベル以上のことをしてしまうと生活が立ち行かなくなってしまうこともあります。例えば、家族4人で15万円程度の月々の収入ではそれほど贅沢もできないものです。それに家賃や光熱費、教育費などもかかるようになると食費などにもなかなかまわすことができなくなってしまうこともあるために、それなりの生活をしていくようにしなければならないのです。

働くことで借金を返済する02
これは知り合いの人の話ですが、収入よりも贅沢をしすぎてしまって借金が増えてしまった実例になります。前に挙げたように月収が15万円、妻は仕事をすることができず、子供が2人いるという夫婦ですが、賃貸物件に暮らしていました。家賃は4万円、光熱費やスマホなどの通信費などで家族で3万円ほどかかっていました。それに子供の習い事や塾、学校にかかるお金などの教育費で3万円ほど、そして車は普通車に乗っていました。
車を維持していくだけでもかなり大変であるのに、後先を考えずに購入して乗るという生活をしていたのです。そしてこの家庭の家計の弱点というのは、ボーナスがないということでした。ですから、手取りの年収としても200万円にも達していなかったのです。
それでも子供には流行の服を着せたり、食事も外食をするなど、かなり贅沢をしていたのです。生活レベル自体が収入に見合った形になっていなかったのです。もちろん、そのままの収入の状態では生活をしていくことができなく、大型のショッピングセンターでつくったクレジットカードで買い物をしたり、キャッシングをするようになってしまったのです。
夫はそれを知らずにいたのですが、主には妻の方がカードを使うようになっていました。妻は自分が働いているわけでもなかったので、お金の重みというのがよくわかっていなかったのかもしれません。気付いた時には当初1社だけだったクレジットカードが5社ほどになっていました。全ての限度額いっぱいまで使ってしまったことで、合計200万円の借金に膨れ上がってしまったのです。
ある時、その事実の気づいた夫がどうにかしなければならないと妻とよく話し合いをしました。そこで、妻もパートに出て働き、生活自体も地味に質素にするということを約束したのです。
こうして2年の月日が流れて、200万円あった借金も生活を切りつめた分と妻のパートで稼いだお金を合わせて返済にあてて、借金の完済することができたのです。
これを機にお金の使い方について気を付けるようになって、借金をしないで普通の生活をしていくようになったようです。やはりお金は大切なものなので、気をつけて使うようにしたほうがいいのです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.