借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

体験談

借金返済のために働いている人

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

お金はとても大切なものです。

お金がなくても愛情があればという考えもありますが、愛情も大切でもお金もなければ生活をすることができないのです。

まずは働いて収入を得ること、それなしでは食べることも着ることもできないのです。

健康で体が不自由でもない状態であれば、職業労働はできるのです。

ですから、しっかりと仕事をしていくようにすれば問題がないのです。

借金返済のために働いている人02
しかし、実際には毎日の生活でカツカツの状態になっていて、働けど全て最低限の生活と借金返済をしている人もいるのです。お金を借りたら返済をする必要があるのです。

どのような形であってもお金を借りたら、時間をかけてでも返済をしていくのです。

それができないと自己破産をしていくようになるでしょう。

知りあいでこんな人がいました。

男性でしたが、妻が心の病気を患っており、かなり厳しい生活をしていました。

子供も二人いて、上が女の子、下が男の子でした。

元気な子どもたちでしたが、妻が心療内科に通っていて人に会うことさえも好まない状態だったのです。

その夫はいつでも家事に協力をして、休日ともなると子供の面倒を見たりしていました。

しかし、ある時自宅に消費者金融からの返済の催促の通知がきたのです。

夫は驚き、妻を問い詰めました。

その借金は妻が借り入れていたものであって、夫に内緒で複数のところから借りたことがわかったのです

その使い道としては、欲しいものがあればすぐに購入をするという病的な買い物にあてられたものだったのです。

夫は病気である妻でも信用をして全ての給料を預けていました。

その中でやりくりをしっかりとしていたと思っていたので、とてもショックだったようです。

具体的には、使いもしないブランド物のバッグを購入したり、宝石類なども購入していました。

自宅を探してみると、借金をして購入したものがたくさんあったのですが、夫にはわからなかったのです。

病的な部分があるとしても、やはり借金を勝手にして浪費をしているということはとても困ることでした。

そこで、妻の親に相談をして一緒に同居をしてくれないかという相談もしたのですが、それも断られました。

ただ、子供たちがいることなので、離婚という選択をしたくないということでしたが、しばらく我慢して生活をしても良い方向に行くこともなく、最終的には距離をおくことにしたのです。

そして、子供たちを引き取った彼は借金返済をするために毎日働いています

もちろん、子供たちを育てるためにも安定した収入が必要です。

家事をして、仕事もして、本当に大変だと思います。

そして、妻は別居をして実家暮らしをして、親の目の届くところで生活をしている状態です。

今後、どうなるのかはわからないのですが、妻の意識が変わってくれることを期待しているようです。

人生はなかなかうまくいかないという人も多いようです。

借金問題というのは時には致命的な問題に発展してしまうこともあるのです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談