体験談

借金トラブルから、うつ病にどうのりこえたらよい?うつ病と借金のかかわり

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金を背負ってしまい、うつ病になってしまった。

強いストレスを背負うと、どうしてもそうなってしまいますよね。。。

 

大丈夫ですか?

 

つらいですよね。。。

 

大きなストレスから、うつ病にかかる。。。

経験者なので、よくわかります。

 

それでも、現実と向き合い、返済をしていかないといけない。

つらいですよね。。。

 

無理をしていませんか。。。?

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

 

ここでは、借金のトラブルからうつ病になってしまった人の体験談。

うつ病と借金との共通した部分、うつ病を背負いながらも

 

借金を乗り越えていける方法、体験談など集めてみましたので

 

それでは。

載せてみましょう。

 

a3b35baae5061bb6cb53705649807361_s

【うつ病と借金の深いかかわり】

断言します。

借金とうつ病は、かかわりがあります。

 

細かく説明をすると。

 

借金のストレスが悪化して、うつ病になってしまう。

と、説明した方がいいです。

 

原因は自分だと、言うことも一理はあります。

 

しかし。

 

失業をしてしまったり、事故などで働くことが難しくなったりしたことで

借金(お金を借りる)と言う、ことになる場合もあるのです。

 

どちらかと言うと、楽観的と言うような人よりも

真面目な人ほど、借金とうつ病の両方を背負ってしまうことがあるようなのです。

 

とても、つらいですね。

 

うつ病についても、少し説明しましょう。

どんなトラブル(悩み)が、ひきがねとなってうつ病になってしまうのか。

 

 

9ca7ed65ac32b636658bfb7f9defba93_s

【身体面でのトラブル要素】

蓄積された疲労

 

【精神的なトラブル要素】

仕事・財産を失ったとき

 

など、一例としてあげました。

 

蓄積された疲労、働きすぎたからと

考えられそうですし。

 

仕事・財産を失ったことも、借金におちいるひきがねになりそうですね。

大丈夫でしょうか?

 

うつ病を背負いながらも、借金を返済したい

そう、思う方もいると思います。

 

では。

 

b2895ac8ab156513261e1e11e2b2cd52_s

向き合う覚悟を決めて、返済を挑んだ方たちの話もあげてみましょう。

【例1】

妻が多額の借金を作ってしまい、返済をすることになってしまいました。

離婚をするべきか、考えたのですが。。。

 

働いて返済をすることを、決めて。

一生懸命、働きました。

 

しかし。。。

 

精神的にも、体力的にも、追い詰められてしまい。

 

つらかったです。。。

 

そして、心療内科で通院をしながら、生活が始まりました。

現実には、病気と借金と向き合わなければ。。。

 

しかし、気持ちや、やる気はあっても

 

体が悲鳴をあげてしまいました。

どうしようか。。。

 

そんなときに、弁護士への無料相談をしました。

気持ちが楽になった気がします。

 

まだ、話をあげたいと思いますが。

読んでいる、あなたがつらくなるでしょう。。。

 

こう言った話は、スマートに済ませておくことが良いですね。

大丈夫でしたか?

 

古傷をかきむしるような、つらさを思い出させてしまったのなら。

 

 

お詫びします。。。

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

 

しかし。

 

借金(お金)の不安

病気(うつ病など)の不安

生きていくうえで、必ず遭遇するでしょう。

 

遭遇するのなら。

 

ダメージは最小限に抑えれる方法があればと、思いますよね。

 

そこで、街角相談所があります。

 

うつ病の悩み事は、心療内科でお話をしたほうが

専門的なアドバイスを、いただけると思いますが。

 

e5d1b049b08d317d8af2f8ff154bf4ea_s

借金の問題なら、街角相談所。

とても、頼りになり、親身になってくれると

 

僕は思います。

借金返済のプレッシャーでうつ病になることがある?体験談

うつ病というのは、脳が疲れた状態にあることだと聞いたことがあります。

借金返済のプレッシャーを抱えながら生きていたり、将来の不安返済ができないことの罪悪感人に話せないような問題

そんなことで夜も眠れない日々が続くと、うつ病になりやすいと思います。

私が借金をしていたときは、ずっと気持ちが暗い状態が続いていましたが、悩みすぎて脳が疲れていたのでしょう。

3062849 (2)

 

軽い気持ち消費者金融から10万円を借りたことがきっかけで、気がつけば多重債務に陥っていました。

毎日借金のことが頭から離れずに、いつ督促の電話がかかってくるのかというプレッシャーで、

気分が滅入ってしまい食事もろくに取れなくなってしまいました。

病院でうつ病と診断をされ、仕事を休職せざるを得なくなり、結果的には借金を返せずに自己破産するという結果に。

もう二度とあのような日々を繰り返したくありません。

3066270

 

借金をしていた時には、普段から返済のことが頭にあるために、常にプレッシャーを感じていました。

毎月の借金返済額が多いために、給料日を迎えるたびに大きなプレッシャーを感じることがありました。

返済のことばかりを考えてながら生活しているとうつ病になってしまうと思い、できるだけ気分転換をするように心がけていました。

3062850

 

生活がとても厳しく借金をしてしまいましたが、毎月の返済がやはり大変で返済日が近づくにつれて、

返済出来ないとどうしようと思う気持ちがプレッシャーになり重くのしかかり、

そのうち、それをかんがえると体調が悪化し外室も出来なくなり他人に会うのが苦痛になり仕事も上手く行かず、うつ病になっていく自分に気がつきました。

 

実際経験したことがある人ならおわかりでしょうが、借金返済のプレッシャーというのは大変なものがあります。

特に私の場合は複数利用していて、それぞれの期日が違っていて、それに間に合わせなければなりませんでした。

うつ病と表現するべきかどうかはわかりませんが、特にお金がない時は、本当に八方ふさがり状態でした。

それでも何とか完済し、その後はしばらく気が抜けたような感じでした。

3062851

 

毎月いくら返済しなくてはいけないという借金のプレッシャーからうつ病になりました。

それでもお金は返済しなくてはいけないし、誰かに頼ることも相談することもできませんでした。

まさに負の連鎖です。

体の不調を抱えながらも仕事をしなければいけないことがなによりも辛かったです。

そして自身がうつ病であることを認めることもまた辛かったです。

3066272

 

知人が長年の多重債務状態ののちにうつ病を患いました。

毎月の返済が滞るようになり、先が見えなくなったこと、返済のための資金繰りのプレッシャーなどが原因のようです。

結局、会社も休みがちとなり退社することになりました。

これが原因で自己破産をしました。

借金返済で長く苦しむくらいなら、もっと早く債務整理を考えればうつ病は免れたかもしれません。

3062852

 

ブランド物のバッグやアクセサリーを衝動買いすることが癖になり、借金をしてまでショッピングをしていたのですが、

気が付けば多額の借金を背負ってしまい、返済不能な状態に陥ってしまいました。

催促のハガキが届いたり、電話がかかってきたりの毎日で、プレッシャーで夜も安心して眠ることができませんでした。

あの頃は精神的にもかなりの負担がかかりました。

 

返済スケジュールを守っていても借金をしているという事実にストレスを感じてしまう事はよくあります。

少しずつ金融サービスの世間的イメージが良いものに変わってきているので、

昔ほどではありませんがお金を借り始めて間もない頃は返済のプレッシャーでうつ病になりそうになった事がよくありました。

今では早期に返済をすれば利子も発生しないので、昔ほどストレスを感じなくなっています。

3066273

 

冠婚葬祭が続いたことで生活費に余裕がなくなり、キャッシングでお金を借りていたのですが、それがどんどん蓄積されて大きな借金となってしまったのです。

きちんと返済できる日もありますが、返せない月がほとんどだったので、催促のハガキや電話が鳴る日々が続き、プレッシャーから精神的にもおかしくなってしまったのです。

vector silhouette of lonely man in front of the window

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.