体験談

借金をした理由と現在思うこと

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私が借金を背負うことになった最初の理由は引っ越し資金が足りなかったからです。

その時は2か月か3か月ちょっと食費や交際費を削るなど、がんばればすぐに返せると思っていました。

その余裕が仇となったのか、引っ越しするまで住んでいた家の敷金が戻ってきたり、仲介業者に払っていたお金も返金されたりと引っ越し資金にと借りたお金の半額以上が戻ってきたのにすぐに返済にはあてませんでした。

ちょうど好きなアーティストのライブがいくつもあり、使いたい金額が増えていたのも要因だったのだと思います。

借金をした理由と現在思うこと02
結局戻ってきたお金は全く返済にはあてず、遊ぶのに使い果たしてしまいました。

その後、職場を退職することになり、貯金はないけど、お金を借りればいいや、まだ借入金額結構あるし。

と思い、たいして危機感を持たずだらだら過ごしていました。

そして、だんだんと借金額が増え、もうすぐ借りられなくなるという段階でやっと危機感を持つようになりました。

最初に借りた金額は15万円で、月5千円の返済だったのに気づけば借入可能額の50万円まで借金を重ね、現在の毎月の返済額は初めの5千円の倍以上になる1万2千円です。

借金苦というほどではないかもしれませんが、やはり借金を返済するまでは後ろめたさがありますし、返済のたびに利息などを見ると完済する頃には一体いくら利息を払うことになるのだろうと憂鬱な気分になります。

初めは軽い気持ちで借りましたが、今では自分の計画性のなさを心底後悔しています。

引っ越し資金も引っ越しを考え出した時から地道に貯めていればこの利息分で少し贅沢なディナーに行けたかもな、あれ買えたかも、などを考えてしまいます。

少しでも利息を抑えたいと思い月々の返済額を増やし1万2千円のところを2万円入れたり、定期券外の電車での移動を控えて、スイカにチャージしたつもりで返済に充てるなどをしています。

安い家賃の家に引っ越せば差額分を毎月貯金できると考えていたのに、ずるずると借金を重ねてしまったせいで、前の家の家賃との差額など返済額とたいして変わらなくなってしまい、これなら前の家に住んでいたほうがよかったと思うことも数多くあります。

最近では今の家を早く出たいと思い、将来のことも考えて家賃を払って生活するよりも家を買った方がいいんじゃないかと思うようになり、住宅情報や住宅ローンについても調べましたが、利息の面でもやはり借金額は少ない方がいいのだと痛感しました。

まずは今の借金50万円を返さなければ、家を買うなんてまず無理な話ですが。

今更ですが、借りるときは本当に軽い気持ちで借りられても返すのは大変だと身を持って感じました。

まず今の借金を返済して、それからマンションを購入するために頭金をとにかく貯めなければと思っています。

家や車のような高額なもののローンを抱えている人は少なくはありませんが、借金にかわりありません。

息として払う金額を少しでも抑えられるよう頑張ろうと思っています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.