体験談

借金は気づけば自分ではどうしようもなく増える

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私は、今から15年ぐらい前の大学生の時代に、消費者金融からキャッシングをして借金をしていた時期があります。

その当時、いわゆるグレーゾーン金利が認められていた時代でしたので、かなりの金利の契約をしていました。

最初は、遊ぶお金が欲しくて、1万円ずつ借りては返し、借りては返しを繰り返していたように思います。

現在の場合もそうですが、クレジットカードなどを使う際には、1回払い、2回払い、リボ払いが選択できますが、当時私が借金をしていた金融会社ではリボ払いが通常の返済方法でした。

その為、最初の内は毎月の返済額が少額である為、感覚がマヒをしていたと思います。

借金は気づけば自分ではどうしようもなく増える00

あと少し良いかなという気持ちになり、徐々に元金が増えていきました。

当然借金を繰り返していけば、生活に支障が出てくることになります。

例にもれず私も生活が苦しくなり、別の消費者金融会社からキャッシングをしていく事で返済に充てていきました。

Businessman chasing money on fishing rod

正に自転車操業です。

 

借金というのは、自分でも気づかない内にあっという間に増えます。

当時、アルバイトをしていた私に対して、消費者金融会社の設定した限度額の金利は、恐らく50万円ぐらいだったと思いますが、最終的に私は5つの消費者金融からキャッシングをすることになり、総額250万円ぐらいだったと思います。

札束 計算機|mny0048-001

一社に対して、恐らくつきの返済額は2万円から3万円ぐらいだったと記憶しているので、毎月の返済額は総額で10万円を軽く超えていたと思います。

社会人になっても、そのような状態を継続していました。

そんな状態の私がどうやって返済をできたのかというと過払い金制度でした。

ある時、毎月の返済額が大きすぎてどうにもならなくなってしまったので母に相談しました。

一部の返済は母が立て替えてくれたのですが、とても全額母から借りるわけにもいかず途方に暮れていたのですが、そんな時金融商品に関する法改正が行われ、テレビのCMなどで弁護士事務所や司法書士事務所が過払い金の請求について勧誘をすることが多くなってきました。

藁にも思いだったのですが、丁度自分の住んでいる隣の県で司法書士事務所による相談会があるというので訪れました。

現在、金融商品の金利の上限は約20%ですが、私が借金を始めてした当時は上限金利が約29%でした。この差額がグレーゾーン金利と言われるものだったのですが、法改正により、このグレーゾーン金利が違法であると制定され、差額分の払い過ぎたお金として取り戻すことができるのが過払い金請求です。

私の場合、学生時代から社会人までの長い期間借金をしていたので、司法書士事務所の方にかなりの額が戻ってくるのではないかと言われました。

この差額分は、借金をしていた私が消費者金融側に貸していたことになりますので、そこでも金利が発生し、私の様に総額が大きい場合、金利もかなりあったようです。

結果から言うと、250万円の借金は、全て完済になり、手元に30万円ほどのお金が消費者金融側から支払われるという信じられないような現象が起こりました。

相談会に行った司法書士事務所に過払い金請求を依頼したのですが、私が行った事と言えば、消費者金融に借金していた金額と期間を担当者の方に伝えただけです。

あとは担当の方が全て行って下さいました。

もちろん手数料を取られるのですが、私の依頼した司法書士事務所では、取り戻すことができたお金の15%程度だったと思います。

成功報酬ですので、依頼することにより私が新たにお金を払う事も無かったので予期せぬお金が30万円もらえたという気持ちになったほどです。

私は運がよく、大した負担がなく完済できたと思っています。

二度と借金はしません。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.