借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

体験談

借金についての注意点について

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

初めて消費者金融やカードローンで借金するときはドキドキするものですが、何度もするうちに人は慣れていきます。

足りなくなったら借りればよいという考えになって、安易に借入を繰り返し借金額がどんどん増えて、

やがて返すことが不可能な金額に膨れ上がっていったら危険です。

借金についての注意点について02

借金はしない方が絶対によいです。

ですが、もしもどうしても借金をしないといけなくなった場合、はじめてのときにきちんと理解したうえでお金を借りるようにしましょう。

お金を企業に借りるとなると、企業も利益を得るために行なっている以上、ある程度の利息は返す必要があります。

金利の額は業者ごとに違います。

できるだけ少ない額のところで借りたほうが返済は楽になります。

気軽に近場で借りるのではなく調べてから利息の少ないところで借りるようにしましょう。

リボ払いなど金額が分かりづらくなる借金方法はやめておきましょう。

返済期日までに返済できなければ遅延損害金というのが発生します。

Tired woman

最初は電話でいつまでに返せるのか確認程度ですが、電話に出なかったり返済が遅れると債権回収代行業者から返済を迫られたり給与の差し押さえなどに発展します。

最近の大手の消費者金融の場合、厳しい取立てが職場や自宅に来るということはありませんが、法に則って機械的に回収されますし、その後のローンや借金はできなくなります。

返せなかった場合の危険性についても知っておいたほうが危機感を持って返済することができるでしょう。

お金を借りるのは必要なときに最小限だけ使うようにしましょう。

借金があると本当に必要となったときに借り入れることができなくなってしまいます。

今は年収の3分の1以上は借りれないよう総量規制がされています。

特に、借金返済が進んできて借入枠が少し空いたときには油断して更に借りてしまいがちですが、転職や病気・事故など突発的にお金が必要となる機会はないとは限りません。

どんなに大手の会社に入っていたとしても会社が倒産してしまう可能性もありますし、ボーナスを当てにしていたところ減少したり支払いがなくなったりということもあります。

Woman with money

気が緩みがちですが、返済が終わるまではできるだけ出費を締めて考えていくようにしましょう。

金融機関でも借入限度額というのを設けていますが、その金額最大まで借りるのではなく、もしものためにもそれより低い金額を自分の限度額と考えて置くようにしましょう。

どこまでなら借入できるのか、どこからは自分の力では返せなくなって債務整理しなくてはならなくなるのか限界を考えておきましょう。

最近は主婦であっても安易に借りることができる時代です。

Young female cashier helping a customer pay

パートやアルバイトであっても安定した収入があるとみなされてキャッシングの申し込みが可能なのです。

簡単に借りられるからこそ、簡単に借りないよう日ごろから計画的にお金の管理をしていることが大切なのです。

できれば一度も消費者金融のお世話にならないで済むようにしましょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談